カテゴリー

無料ブログはココログ

« 今月は「日本フェスティバルinシベリア」をハイブリッド開催します | トップページ | 円山動物園に行きそびれたので焼肉を食べに行く »

2021/10/02

サハリンと北方四島を結ぶ新しい貨物客船

Cccc_20211002193001
2年前、ノボシビルスク空港へ訪問団が到着した時の写真です✈
天気が良かったんです☀
気温も17度くらいありました。

「10月のシベリアは寒い🥶ですからね、暖かい服装にしてくださいね」と
出発前にアドバイスしていたので、訪問団のみなさんはダウンジャケットを着ていました。
ノボシビルスク空港に到着して、ターミナルの外に出ると。。。
ポッカポカ☀
「あら、暖かいじゃん!」とうれしい誤算でした。

我々訪問団の到着を歓迎してくれたんですよ!!!
次の日からはグッと気温が下がりました⤵

シベリアの天気は変わりやすいし、気温差が激しいのです。
1日の気温差もかなりあって、体調を崩すこともよくありました。
体力がないとシベリアの冬は越せません。
あー、アタシには無理だわぁ~。

Photo_20211002195401
写真はロシアのサイトより。

サハリン南部のコルサコフ港と南クリル諸島(北方四島)を結ぶ新しい貨物旅客船「Pavel Leonov」です。
9月にロシア第2の都市サンクトペテルブルクから北極圏ルートでコルサコフ港に到着しました。

サハリンから北方四島へコンテナや車、旅客を運びます🚢
今までの船は冬時期は流氷の影響で運休しておりましたが、新しい船は1年中運航可能とのことです。

飛行機便と合わせ、アクセスが格段に良くなりましたね。
島の経済発展にかなり期待が持てる、とロシアのニュースで伝えていました。

サハリン州ではこれからますます観光産業に力をいれていくとのこと。

残念ながら、日本人は簡単には北方四島に行くことができません。
根室から出発する「北方四島ビザなし交流」で訪問するしかありませんが、この交流事業も参加できる人が限定されているので一般人が参加するにはかなりハードルが高いです。
北方四島出身者、その子供(いわゆる島民2世)、その孫(島民3世)は参加できます。
そのほかは、報道機関、研究者、北方領土返還運動関係者、お役所職員、通訳、日本語教師、交流関係者(たとえば、文化交流をやる書道家、茶道、華道師範など)

北方四島はおいといて・・・

サハリン州にはもっともっと観光産業を盛り上げてほしいと思います。
知名度をどんどん上げていけば、日本からの観光客はすんごぉーく増えます!
だって、新千歳空港からたったの1時間ですから✈

観光客を受け入れるサハリン側の体制はまだまだ整っていないのが実情です。
一般の観光客が自由に簡単に行けて、なおかつめっちゃ楽しめる観光地にならないとリピーターはGETできないから。

そんなことを考えながら、今日一日ステイホームでした🏠
だって、午後から円山動物園へ行こうと思ったら、土砂降り☔になってきたのでパス。

明日はどうかな?
行こうかな。


にほんブログ村のランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

« 今月は「日本フェスティバルinシベリア」をハイブリッド開催します | トップページ | 円山動物園に行きそびれたので焼肉を食べに行く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月は「日本フェスティバルinシベリア」をハイブリッド開催します | トップページ | 円山動物園に行きそびれたので焼肉を食べに行く »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村