カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020/06/30

ホテル「グランドバイカル」 Отель Гранд Байкал

 2019_191126_0086_20200628170201 
ホテル「グランドバイカル(Отель Гранд Байкал)」

美味しいランチの後はホテル視察に連れ回されます。
旅行会社としてはとてもありがたいです💕
が、が、なかなかバイカリスクまで送客するのは難しいですよぉ~。
2019_191126_0085_20200628170201
こちらは、リビング+ベッドルームですので、ちょっとランクが上。
料金は1泊4,500ルーブルくらい(7,650円)
(ホテル予約サイトによって異なります) 
2019_191126_0087_20200628170201 2019_191126_0090_20200628170201
シャワー+バスタブ
これはうれしいですね😃
2019_191126_0088_20200628170201
スタンダードのシングルルーム
1泊2,600ルーブル(4,420円)くらい
2019_191126_0094_20200628170101
ロビー
2019_191126_0095_20200628170101
外観です。
全体の外観は撮り忘れ💧

バイカル湖まで徒歩で行けます👟
日本人観光客は全くいませんので、究極の異国感と世界一のバイカル湖を堪能できますよ💡

リストビャンカからのバイカル湖も素晴らしいけれど、
バイカリスクでの落ち着いた眺めもいいですよ💕

ほらっ、「耳」に願いを叫べるし(笑)

まだまだイルクーツク州政府に連れ回されます。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/29

900m展望台からバイカル湖を眺めながら

Xyzp9086  
ソボリナヤスキー場の900mヒュッテでランチをいただきました🍴

なぜここまで来たのか?はこちらの記事をご覧ください。

イルクーツク州政府のご招待です。

おいしい料理をいただく前に
「バイカリスクとソボリナヤスキー場」の紹介ビデオを見て、州政府の担当者のスピーチを聞きました。
これらは日本では知られていない情報なので貴重だなーと思いながら耳を傾けました。
この情報を必要としている日本人がいるのかは疑問ですがね💧

2019_191126_0106
ペリメニのスープ
2019_191126_0107
山菜ときのこの前菜。
なんとなーく韓国系がはいってるでしょう。
味が想像できるでしょう?
そう、そのお味です!

2019_191126_0108
白身魚のマリネっぽいモノ。
2019_191126_0104
またイモだ!
魚は鮭系でしたが、なんだろう?
2019_191126_0101
焼きたてのクレープとジャム2種類💕
2019_191126_0100
紅茶に添えられているのは、松の実とチェリー。
美味しすぎていくらでも食べられます😃
2019_191126_0102
イチゴのフレッシュジュース🍓

さすが、イチゴの町!
うますぎるぜぇ~!!!!!

🍓の町についてはこちらの記事をどうぞ。

視察団からは「フクースナ!(おいしい)」という声がたくさん聞こえました。 

お料理って「目」で食べるってことも重要ですよね😃
盛り付けもオシャレだし✨、ジャムが入っているスプーンのような食器もグッとくるくらい
イケてます✨💓
さらには、900mから見るバイカル湖。
贅沢すぎるぜぇ~~~!
ココまで来てよかった😃😃😃

イルクーツク州政府の接待はもう少し続きます。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/28

ロシアから「金出せ」攻撃を受けた視察団です

2019_191126_0005
バイカリスクにある「ソボリナヤスキー場」です。
ロシア語は
Байкальский горнолыжный курорт "Гора Соболиная"

日本人は知らないであろうスキー場です🎿
世界中のスキー場を滑っています、という方でも知らないのでは?と思うくらい
情報が少ないと思いますよ。

「滑ったことあります」という貴重な方がいらっしゃいましたら、コースの良し悪しについて教えてほしいです。
実際に滑らないとコースの状況はわかりませんからね。
2019_191126_0081_20200619170801 
なぜ、我々訪問団がココに来たのか?
イルクーツク州政府のご招待、と言えば聞こえがいいかもしれませんが、
言い換えれば、
ココに投資してくれ!
ってことで、ここに連れてこられたのです。

イルクーツク州政府がこのリゾート開発を行っていて、外資を取り入れようとしています。

投資概要のパンフレットを配られ、いかにこの計画が素晴らしいか、
いかに将来性があるか、いかに注目されているか、
まさに、今、投資する価値があることを説明されました。
すでに海外から注目され、投資家も現れていて、
どんだけスゴイことかを延々と。。。。。。。💦

でたでたでたーーー‼

でたよ、ロシアの嘘つき話

と、アタシは心の中でつぶやいてました。
ツッコミどころ満載でしたが、じっと黙ってました。(大人ですから笑)

ロシアビジネスやっていると、ロシアから「金出せ」攻撃を受けます。
「金ちょーだい」が「投資」というキレイなお言葉に変身するのが
大得意のロシアです。

Photo_20200625143401
なんかのイベントなんだろうーけど、田舎の地元民のステージって感じ。
2019_191126_0114_20200619170901
3人乗りリフトで900mまで行きます。
2019_191126_0113
バイカル湖がとってもキレイに見えるのです✨✨

リフトから見る世界一貯水量が多いバイカル湖。
2019_191126_0109_20200619170901
900mの展望台とロッジ
アタシが着ているジャンバーはレンタルで使用しているウェアだそうで、
寒いので貸してくれました。
スキー場のマスコットは猫?なのか、展望台にも本物の猫ちゃんがウロウロしていましたよ。

2019_191126_0098
リフトを降りるとき、眼下はバイカル湖!
ダイナミックです!!!

日本からの視察団を受け入れるのが初めてだそうで、担当者はとても張り切っていました。
こらからいろんな場所に連れていかれたのです。
続く。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

バイカル湖の眺めの動画はこちらです。

2020/06/27

プーチン大統領が保養する秘密の場所

2019_191126_0008
バイカル湖とイチゴ🍓

バイカル湖の最南端に面している町「バイカリスク БАЙКАЛЬСК」に到着です。

バイカル湖畔の散歩道にイチゴのオブジェがいくつかありました。
お天気は曇りです☁
ちょっとどんよりとしてますが、雨は降っていません。
2019_191126_0007 

ベンチもイチゴ色
ゴミ箱もイチゴ。

この町はイチゴが有名だそうです。
🍓🍓🍓🍓🍓

ベンチに座ってバイカル湖を眺める💓

昨日とは違うバイカル湖と出会いました。
ここも透明度はすごい✨✨✨

リストビャンカでバイカル湖の衝撃的な透明度と出会ったので今日は落ち着いてバイカル湖と触れ合えました。
2019_191126_0013
発見!!!
芸術的なバイカルアザラシがいました!
NICEでーす😃😃
2019_191126_0011
何に見えますか?

耳です。

左手で掴んでいる丸いところからバイカル湖に向かって願い事を叫ぶと叶うそうです。
もちろん、叫びましたよ、小声で(笑)

〇〇になりますよぉ~にぃ~~~!!!

〇〇はナイショです(ヒミツ)

耳の上にぶら下がっている三本の金の棒が風でぶつかっていい音を出してました🎵

2019_191126_0010
発見!!!
ココにもいたよー、バイカルアザラシちゃん。
2019_191126_0009
ロシアでよくある光景です、ロシアあるあるです。
ハンカチやリボンを結ぶイベント。
ここに来ましたよという証でもあり、願い事をする意味もあるとか。
2019_191126_0015
さて、タイトルの話。
プーチン大統領がココで保養するの?
はい、そうです。
プーチン大統領がココまで来るの?
はい、そうです。

イルクーツクからココまで、「プーチンロード」なるものがあるのです。

日本でも政治家や権力者が作った(整備した)道をその人の名前をとって「〇〇道路」とか言いませんか?
もちろん、正式名・一般名ではなく、地元でしか通じないネーミングですが。

次回はプーチン大統領が宿泊したホテルなどを書きますね。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/26

バイカル湖で有名なオームリ発見!

2019_191126_0016
バイカル湖といえば、もちろん世界一の透明度。
(バイカル湖の絶景はこちらの記事をどうぞ。)

そして、
バイカルアザラシ

そして、もう一つ
オームリ

さかなです。
2019_191126_0019
オームリは美味・珍味として有名なんです。

しかーし、、、

乱獲による減少のため、漁獲停止となっているそうです。

なのに、、、

売ってるじゃん!!!
2019_191126_0017 2019_191126_0018 2019_191126_0020
ロシア人は塩漬けがお好きらしい。
2019_191126_0026
売っていたのは、ドライブインというか、日本でいう「道の駅」です。
2019_191126_0027
ショップが何軒かはいっていて、そこに売っていました。 
ショップというのはなんか違う。。。
そう、ただの売店だ(笑)
2019_191126_0022
ラズベリータルト
2019_191126_0023_20200619170501
ブルーベリータルト

写真をパチパチ取っていたら、
お店のおばちゃんが
「この外国人、写真だけ撮って、買わないのかよー、チェッ💢」
とか言ってるし。

2019_191126_0025
カフェにはおいしそうなケーキもありました☕

一切れがびっくりするほど大きいのですよ❗
別腹じゃなくて、主腹にどっしりとはいってしまうので、パスしました。

オームリ食べたのか?
いえ、食べられませんでした。
誰か買うのかな~と思っていたのですが、
だーれも買わなかった。
自分でも積極的に買おうとは思わなった。
なぜなら、これから目的地へ向かうところだったので
うーん、この燻製を買って持ち運びするのも嫌だなーと思ったのよねー。

有名なのはわかっていたのですが、、、

おー、これがオームリなんだー。
へぇ~、写真とっておこうー。

で終わってしまった💧

それではこらから、日本人視察団として初めて行く場所へGO💨

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/25

ロシアでストレスフリーの滞在は可能なのか?

2019_191126_0043
訪問団全員でホテル視察👀に行きました。
宿泊している「ibis Irkutsk Center」ホテルのすぐそばにある

「COURTYARD BY MARRIOTT IRKUTSK CITY CENTER」
コートヤード・バイ・マリオット・イルクーツク・シティ・センター

名前が長い!

短くすると「マリオット」で通じますよね。
そーです。世界ブランドの「MARRIOTT」です!!!!!
2019_191126_0046
訪問したのが朝9時。
まずは1階の朝食会場になっているレストランを見学。

ゴールドのサモワールがゴーシャス✨✨✨

2019_191126_0044
朝食を済ませてきたばかりなのでヨダレは出ませんでしたが、
サラダやフルーツが色とりどりに並べられていて、目で楽しみました。
2019_191126_0049
ロビーがオシャレ💓
ぜーんぜん、ロシアっぽくないインテリアです。
(ロシアがオシャレじゃない、っていう意味ではなくってね)
2019_191126_0051
夜はムードあるバーに変身するのでしょうね、きっと。
2019_191126_0052
フロントです。
おっ!イケメンみーつけた(キャッ💕)
外資系ホテルです。英語対応は完璧です!
2019_191126_0050
レストランのキャパは大きいですよ。
2019_191126_0039
それでは、お部屋の中を見てみましょう~。
なかなか広い。こちらはツインルーム。
2019_191126_0045
ダブルルーム。
2019_191126_0040
バスタブがゆったりしています。
きっとアタシはすっぽり入ってしまいます。
洗面台の鏡は大きいので女子にとってはGOOD💋
2019_191126_0037_20200619163001
アメニティグッズも並んでいます。
2019_191126_0038 2019_191126_0036 2019_191126_0035
スポーツジムもありました。
2019_191126_0033  
ランニングマシーンはコナミスポーツでしかやったことないです。

ロシアで宿泊するこのランクのホテルには必ずと言っていいくらいに
スポーツジムコーナーがあります。
がーー、一度も利用したことはありません。
観光したり、仕事したり、一日中歩き回って疲れてるのに、ホテルに戻ってさらにランニング?
なんて、できましぇ~~ん💦

なので、どんなに最新型のマシーンがあっても興味ナシなんです。

出張のビジネスマンがストレス発散とか、ランニングを日課にしている人とかは利用するでしょうね。
ホテルを選ぶ第一条件が「ランニングマシーンがあるホテル」の人もいるのかもね。

このホテルはお部屋はキレイだし、料理もおいしいし、サービスもそこそこ教育されていますので
まーまーストレスフリーなホテルだと思います。

 ワタクシ、本業は旅行会社ですので、ホテル視察は重要でございまする。
イルクーツクのホテルを制覇するにはまだまだ時間がかかりますが、
【ユジノサハリンスク】と【ノボシビルスク】はほぼ制覇しておりますので何なりとご相談くださいね😃

イルクーツク情報はまだまだ続きま~す。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/24

優雅なディナーをバイカル湖畔にて。

2019_191126_0062
イモが多い。
イモだけでお腹がいっぱいになってしまう。
魚はシンプルに塩コショウ味。
2019_191126_0063
前菜のサラダにもお魚さん。
2019_191126_0057
「レゲンダ・ホテル」のレストランです。
かっこイー感じのレストランね!
夕方6時の様子です。
まだまだ明るくて、昼間の感覚になってます。
2019_191126_0066
ロケーションが最高!!!

バイカル湖を眺めながらのディナーです。
2019_191126_0055
なんか、バイカル湖にうっとりしてしまい、デザートの味が覚えていない💧

2019_191126_0061
新鮮なお魚さんです。
なんというお魚かなぁ~?と調べると
2019_191126_0058
ロシア語で「シギ」
英語で「Coregonus」
日本語は「ホワイトフィッシュ」
って、白身魚ってことだよね💦

名前がない。

2019_191126_0056  
バイカル湖に見つめられながら(笑)
大好きなモヒートを飲んだ🍸

モヒートは350ルーブル(595円)
みなさんはハイネケンを飲んでました🍺

ハイネケン500ml、240ルーブル(408円)

おつまみとかも頼んでみんなで取り分けて食べたので、おひとり800ルーブル(1,360円)支払いました。

飲み物を合わせても1,955円也

極上の眺めとモヒート🍸

幸せホルモン、セロトニンがやってきた❗❗❗

お庭にテラスもあります。
次回は、、、テラスでモヒートを飲みながらイケメンとランチがいいなー(笑)
2019_191126_0074
これでバイカル湖ともバイバイ✋です。

チャーターバス🚌にてイルクーツクへ戻りまーす。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/23

バイカル湖畔のホテル「Legend of Baikal」

2019_191126_0079
「レゲンダ・バイカル」ホテル
バイカル湖畔沿いにあるホテルです。
予約サイトによっては「Legend of Baikal(レジェンド・オブ・バイカル)」
と書いてあります。
湖畔の町は「リストビャンカ」と言います。
イルクーツクから70kmです。
2019_191126_0064
フロントです。
世界中から観光客がやってきますので、英語対応OKです😃
日帰りツアーや送迎車🚗の手配もしてくれます。
2019_191126_0068
ホテル内見学ツアー。
2019_191126_0072 2019_191126_0071
なかなか立派なシャワーブースです。
2019_191126_0075
窓からはバイカル湖が目の前に迫っています。
2019_191126_0078
スィートルームです。
1泊朝食付き10,000円くらい。
シーズンによって料金が変動します。
2019_191126_0077  
スイートのバスルームです。
ゆったりしていてくつろげますね~💕

バイカル湖畔のホテルはたくさんあります。
大型の高級ホテルはありませんが、ビジネスホテルやゲストハウス、コテージ、ペンションなどいろんなタイプの宿泊施設がありますのでご利用下さい。

今回の訪問団は最初はココに宿泊する予定でしたが、アル事情により変更になりました。
宿泊施設とバイカル湖の博物館や展望台については語れませんが、、、

バイカル湖は

めっちゃ、最高だった✨✨✨

ということを思いっきりみなさんに伝えたいと思います😃😃😃

イルクーツクからの日帰りも十分に可能ですから、朝早くにバスで来て、夕方にイルクーツクに戻って、市街地でディナーもできます。
個人的にはこのプランの方が好きです。

アル事情により変更になった訪問先については、
続く。。。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/22

驚きの透明度!!!世界No.1のバイカル湖へ

Photo_20200618111201
やってきました!

バイカル湖

世界自然遺産です。

世界一の透明度
世界一の水深
世界一の貯水量
世界一古い湖

「世界一」の称号を4つも持っています。
その中で一番実感できるのは
透明度です!


2019_191126_0082
なんだこの透明度は!!!

想像以上です!

めっちゃキレイ!!!

素晴しい絶景です!!!
2019_191126_0081
湖石は青く透き通り、壮大な美しさです😃😃😃

2019_191126_0083
絶句するほどの美しい自然を目の前にただただ立ちすくみました。

まさに

シベリアの真珠です✨✨✨

2019_191126_0085
天気が最高に良かったので向こう側の山も見えました。
クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村


動画はこちら↓↓↓

2020/06/21

木造建築博物館≪タリツィ≫

2019_191126_0093
木造建築博物館≪タリツィ≫

バイカル湖畔に向かう途中、イルクーツクから47km、車で1時間の所にある
屋外博物館です。
シベリアの少数民族の歴史や伝統、18世紀当時の暮らしぶりを再現しています。
入場料は大人300ルーブルです。
2019_191126_0097
マップです。
とにかく広いです❗
ゆっくり見ると半日はかかりそうです👟👟👟
ガイドの案内で数ケ所をピックアップして1時間ほどの駆け足でした。
2019_191126_0096
「ザルビンという農民の屋敷」
長さ11m、直径36cmの丸太を用い寄棟造りで建てられまし。
窓枠を都会風に飾り、家と同じ高さで作った門にも屋根があります。
2019_191126_0091 
タリツィ博物館の見どころのひとつは「要塞」ですね。

要塞には8つの塔があります。
スパスカヤ塔の門の上のバルコニーは礼拝堂を兼ねており、イコンが飾られています。
バルコニーの床には隙間があり、そこから銃口を向けたり、攻めてくる敵に熱湯や熱した樹液をかけて追い払ったそうです。
屋上には監視塔が建てられ、
その前の壁にはロシアの国章である双頭鷲が掲げられています。
その国章は東向きになっており、
東方のシベリア地方に広がるロシア権力を表しているそうです。

要塞の壁は高さ4.6m、土に1.8m埋めてあります。
壁の材料にはカラ松を使い、梯子から落ちた敵がけがをするように、壁の丸太の先端は尖らせてありました。

2019_191126_0095 2019_191126_0094
「ロシア人の村」
のんびりとした雰囲気です。
2019_191126_0090
どーしても、顔出ししたい衝動に駆られてしまいました💡

2019_191126_0088
小学校の教室です。
建物内は、廊下、教室、教師の食堂、教師の寝室に仕切られています。
教師は住み込みだそうです。
2019_191126_0087
おみやげ屋さんがいっぱい並んでいました。
マトリョーシカのお顔はぜーんぶ違いますので、お気に入りがありましたら記念におひとつどーぞ。
2019_191126_0031
ばいかるあざらしちゃんを買いました。
150ルーブルです。

みつめられちゃったんだもん💕

2019_191126_0089
森を抜けるとアンガラ川です。
空気がとってもおいしかったわぁ~😃

全ての建築物を紹介できませんが、
穀物などの備蓄倉庫、当時使われていた農耕器具が展示されていますし、
少数民族の生活様子がよくわかる博物館です。

ブリヤート人をはじめ、エベンキ民族、トファラール民族などの家があります。

さて、木造建築と言って思いだすのが
≪プレオブラジェンスカヤ教会≫です。

ロシア連邦カレリア共和国のオネガ湖に浮かぶキジ島にあります。
キジ島は1990年に世界遺産に登録されました。

1994年6月にたった一人でキジ島へ行ってきました。
サバイバル旅でした。
自分でもいまさらながら驚く行動力だったと思う。

もう無理💦
あの時の度胸なはい💧
あの時代のロシアを生きる自信はない〰

いつか、アノ時のサバイバル体験を語れる時がくれば、、、

話をもどそう~。
「木造建築博物館タリツィ」
バイカル湖へ行く途中ですので、天気がよければ立ち寄ってみてください。
のんびりとまったりと歩きながら、
18世紀のシベリアへタイムスリップしてみるのも楽しいです。

まだまだ続きます。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/20

アレクサンドル3世の立派な銅像と台座。

2019_191126_0114
だーれだ?

「アレクサンドル3世の像」です。

アレクサンドル3世の命令によってシベリア鉄道の建設が始まりました。
台座にはシベリアを征服したエルマーク・スペランスキー伯爵、ムラヴィヨフ・アムールスキー伯爵の銅像があります。
さらに、ロシアの国家権力を表している双頭の鷲や台座の隅にはイルクーツクの紋章もあります。

アンガラ川沿いに建っています。
2019_191126_0109
アンガラ川では、ちょうど噴水ショー?が始まっていました。

おさんぽ動画はこちら↓↓↓
2019_191126_0134
だーれだ?

「イルクーツク創設者の像」です。
モスクワ門の近くにあります。
2019_191126_0037
だーれだ?

「レーニン像」です。

おなじみのレーニンさんです。
夕方に通りかかったので写真が暗い。

中心街のレーニン通りとカールマルクス通りの交差点に建っています。
アレクサンドル3世の銅像の台座に比べるとシンプルです。

いよいよバイカル湖へ! つづく。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/19

≪シベリアのパリ≫イルクーツク観光

2019_191126_0138
2019年5月31日(金)
イルクーツク観光に出発でーす!!!
天気も最高に良く、気温は26度です☀

半袖にすれば良かった、日焼け止めクリームをもっとたっぷり塗れば良かったと後悔した。
2019_191126_0141
ライラックが見事に咲いていて、札幌と同じだぁ~と親近感MAX状態!
2019_191126_0135
ガイドMAP看板がありますので、自分がいまどこにいるかわかります。
そして、次の場所への道しるべです。
日本語表記はないです💧
2019_191126_0140
戦没者慰霊碑・永遠の炎
2019_191126_0127
「バガヤヴリェーンスキー聖堂」
(エピファニー大聖堂とも言います)
イルクーツク最大の教会です。
2019_191126_0130
2019_191126_0131
中はフレスコ画とイコンで埋め尽くされており、圧巻の美しさです。
2019_191126_0126
「スパスカヤ教会」
壁には金で描かれたイコン壁画が残っています。
中には入りませんでしたので、外観の写真のみです。
2019_191126_0120
「ズナメンスキー女子修道院」
市街地からは少し離れています。
ここには、ロシア革命に反対した指導者コルチャークの像やデカプリストの乱で流刑された人のお墓があります。
2019_191126_0118
イルクーツクの街歩きには定番ルート(グリーンライン)があります。
徒歩でゆっくり観光名所巡りがおススメです。

今回は訪問団の一員として参加していますので、観光はチャーターバスで移動していたため
実際に自分の足で歩いていないので上から目線では書けません💧

次回、ゆっくりとイルクーツクの市内観光をしたいなーと思います。
ネットワークもできましたので、ツアー造成もラクラクです💕

イルクーツク市内観光、続きます。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

動画はこちら↓↓↓

2020/06/18

600円のビジネスランチは大満足だった in イルクーツク

2019_191126_0166
ビジネス交流会で、日本人参加者にイルクーツク州政府からプレゼント🎁が贈られました。
イルクーツクの観光ガイドブック(英語バーション)やポストカード、キーホルダーなど。
そして、このぬいぐるみでーす。
ばいかるあざらしちゃんでーす💕💕💕

めっちゃ、かわゆぅ~いですよねぇ~。

日本でも水族館に行けばショップで売ってるんじゃぁねーのぉ~?
と言われればそーなんですがねー。

いえ、これはフツーのアザラシちゃんではなくって

バイカルアザラシちゃんですからぁ~!!!!!

日本まで持ってかえりまぁ~す。
2019_191126_0178
ランチ🍴は「DELTA HOTEL」1階のレストランで。
2019_191126_0181
①スープ
「ウハ」という魚のスープです。
2019_191126_0182
②サラダ
ロシアの代表的なサラダ「毛皮のコートを着たニシン」
一番下にニシンをおいてその上に玉ねぎ、ジャガイモ、たまご、ニンジン、ビーツを層にして積み上げていきます。
豪華なサラダです。
2019_191126_0180
③メインディッシュ
マッシュポテトの上にビーフシチュー的なソースがかかっています。
2019_191126_0179
④デザート🎂
アップルパイです。
でっかくて濃厚な味がして、別腹も満足いたしましたぁ~😃
2019_191126_0186
ビジネスランチ、6通りのオーダーが可能です。

上から
スープ+メイン=280RUB
サラダ+メイン=300RUB
サラダ+スープ+デザート=310RUB
サラダ+メイン+デザート=330RUB
サラダ+スープ+メイン+デザート=350RUB

コーヒーor紅茶は全部についています。

欲張りですから、ぜーんぶ食べました。
料金350RUB(約600円)

安すぎます!!!

大満足でございまーーーす💕💕💕
2019_191126_0143
夕食はホテル近くのスーパーでお惣菜を買って(ポテトサラダとピラフ)
お部屋で食べました。
ばいかるあざらしちゃんに見守られながらね、うふっ💋

明日からいよいよイルクーツク観光です!
ワクワクです💓

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/17

パクリだろう~コレ、あやしい着ぐるみだなぁ~。

2019_191126_0184
2019年5月30日(木)
イルクーツクにて「日露観光ビジネス交流会」開催です。
宿泊はibis Irkutsk Centerですが、交流会会場は別のホテルでした。
「DELTA HOTEL」
中心街から徒歩20分くらいかなぁ~。
2019_191126_0175
外観はこんな感じ。
フロントの方とお話したら、このホテルは外国人客は少なく、ロシアのファミリー層が多いとのことでした。
2019_191126_0176
日本人講師のセミナーの後、ロシア側のプレゼンテーション、日本側の自己紹介&プレゼンテーションと続きました。
ロシア側からのプレゼンの目玉はもちろん「バイカル湖」です。
我々が知っている「バイカル湖」はほんの少しの情報ですが、
イルクーツクの担当者はそれ以上の情報をこれでもかーっ💨てくらいに紹介してくれました❗

バイカル湖の凄さは良くわかったよ。

それをいかに観光に結びつけるか?が重要よね。

交流会のテーマに
「バイカル湖観光へ日本人観光客誘致のための自由討議」
があったのですが。。。。

昨日の夜にイルクーツクに到着したばかりで

まだ、バイカル湖に行ってねーしー、

討議できねーしー。

と思ったのですが、ロシア側の真剣さが伝わったので、無下にすることもできず、
黙って座っていました😃

2019_191126_0172
イルクーツクの旅行会社の方達はなんだかおとなしい。

「ビジネスやろうぜぇ――」とガンガン👊👊圧してくることがない。
控えめなのか、やる気がないのか、遠慮がちなのか、なんなのかなぁ~と思って話をしてみると
「経験値が低い」というのがアタシの結論。

どういうことか?
「バイカル湖」という世界でも有名な観光地のおひざ元なので、何もしなくても観光客は世界中から来ていた。
州政府の観光事業拡大という声掛けに民間の観光会社が動きだしたが、何をすればよいのか試行錯誤。
日本の旅行会社とのこのようなビジネスマッチングも初めての会社も多く、
どのようにPRすればよいのかもよくわからない。

なので、我々に意見を求めるシチュエーションになったわけでぇーー。

たしかに、バイカル湖は誰でも知っている、聞いたことはあるでしょー。
でも、気軽に行ける!とは思ってないよね。

イルクーツクまで日本から直行便✈が飛んでいるんだから
もっともっとプロモーションすれば、絶対に売れる旅行商品になります。
2019_191126_0183
ホテル前にいた着ぐるみたち。

まじかぁ~⁉、ってなるでしょう(爆笑)

勇気を出して聞いてみました。
「な、な、なにしているのですかぁ~?」

「お客様を出迎えているのよ!
子供達がすごく喜んでくれるから!」

たしかに、車から降りてきた子供達がキャッキャ言いながら着ぐるみに抱きついたり
写真とってたもんね。
ダンスもしたりと、サービス精神アリアリでしょ💕

「写真とっていいですか~?」と聞くと

「もちろんよぉ~」と言ってポージングしてくれましたぁ~✨

この後、お客様がいなくなったので、着ぐるみの頭を外して階段のところに
座っていました。
みーんな若いロシア美女さんだったのよ💋
それもまた驚いたけどね。

ロシア美女さんたちを写真とればよかった、失敗💦

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/16

「ibis Irkutsk Center」 ホテルに泊まる

2019_191126_0191
「ibis Irkutsk Center」ホテルです。
こちらに4泊しました。

「ibis」はヨーロッパ諸国をはじめ世界各国にある大型ホテルチェーンです。
日本にもあります。
たしか札幌、東京、大阪、京都だったかな。

2019_191126_0192
我々が宿泊していた時は、客層はほぼヨーロッパからのお客様でしたが、中国人も多いとのこと。
デザイン、インテリアはヨーロッパスタイルです。
ヨーロッパの方達が安心して泊まれるホテルって感じ😃

2019_191126_0189
エントランス😃
2019_191126_0195 2019_191126_0194 2019_191126_0196 2019_191126_0198 2019_191126_0197 2019_191126_0193
朝食会場は1階のフロントの横にあります。
夜も食事ができます。
1回だけココでひとりディナーをしました(後日書きます)
ホテルに戻ってくる人を見ながら食事をするってくらいオープンスペースです。
逆に言うと、ホテルへ戻ってくる人からチラッと覗かれます。

2019_191126_0199
ちょっと高級なビジネスホテル系
オシャレ✨
2019_191126_0203 2019_191126_0202
バスタブなしのシャワーのみ。
シャワーの勢いは文句なしです。
2019_191126_0201
ホテルの立地ですが、静かです。
旧市街地までは徒歩で30分かかりました。
往復歩きましたが、かなりバテました。
体力に自信がないので、すぐ疲れるのです💦

イルクーツクやバイカル湖をご紹介していきます。
クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村


ホテルの動画↓↓↓

2020/06/15

オーロラ航空でイルクーツクへ飛ぶ。

2019_191126_0210
2019年5月29日(水)
22:00  ハバロフスク空港発✈SU5652 
23:30  イルクーツク空港着

機内食、丸いパンと厚めのハムがポイントです💡
ロシア人の食べ方はこうです。
①ナイフでパンの横に切れ目を入れる。
②ハムとレタスをその切れ目に挟む
③ハムバーガー🍔の出来上がり!
④ガブッとかみつく
2019_191126_0211
ハバロフスク空港で出迎えてくれたクマさん(笑)
白いTシャルには≪I LIVE KHABAROVSK≫
「いってらっしゃぁ~い」✋
2019_191126_0209
チケットはロシアアエロフロート航空の「SU」ですが、
運行はオーロラ航空です✈

オーロラ航空(昔のサハリン航空SAT)は新千歳ーユジノサハリンスクを
週に5回運航している航空会社です。
アタシは数えられないくらい搭乗しています。
新千歳ーユジノサハリンは飛行時間が1時間ちょっとですから、機内食はありません。

ハバロフスク―イルクーツク間を乗ったのはこれが初めてです💕

オーロラ航空の機内食はおいしいことに気が付いた!!!
というか、比べるのがS7航空なので、レベルの低~い対決ですが💦
2019_191126_0206 2019_191126_0208
3時間30分のフライトでした。
遅い時間ですが、イルクーツク空港内は混んでますね。
2019_191126_0207
空港はロシア語で「АЭРОПОРТ」ですが、最後の文字「Т」のライトついてません。

ちなみに、成田空港からイルクーツクまで週に1回直行便があります。
飛行時間は5時間30分です✈

運行はS7航空ですが、JALの共同便なのでJALのマイルも利用できますよ!

バイカル湖観光の拠点でもあり、「シベリアのパリ」と呼ばれるくらい
すてきな町ですよ。

イルクーツクネタもたくさんありますので
クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

動画です。↓↓↓

2020/06/14

ソバの実ごはんのビジネスランチは510円

2019_191126_0225
これはいかにもロシア料理。
「グレーチカ」と言われるソバの実のごはんとトマトシチュー風タレがかかっているワンプレートディッシュ。

ソバの実は栄養価が高く、食物繊維が多くてダイエット食品になります❗

日本ではお蕎麦は良く食べますが、なぜソバの実ごはんは食べないのでしょうか?
習慣がないからですよねー。

ソバの実ごはん、好んで食べたいとは思いませんが、ロシアで食べると
「あー、ココはロシアだ💓」と
実感できる食べモノです。
2019_191126_0224
お魚のスープですが、なんの魚かは覚えていません💧
風貌はサンマちゃんでした(笑)
イモとニンジンも入っていました。
あっさりしたコンソメ味のスープで美味しかった。

サラダはコールスローサラダ。

ビジネスランチで300ルーブル(510円)です。
安いですぅーーーー❗

2019_191126_0227
レストラン「Bier Kopf」です。
メイン通りからちょっと入ったところにあるのでわかりにくいです。
住所は Ул.Дикопольцева 46 

2019_191126_0226
「ВЕСЕЛЫЙ ПАПА」 
ビール屋さんです。
2019_191126_0229
たっくさんの種類のビールがあります🍺🍺🍺🍺🍺🍺

どれを選んでよいか迷います。
それもまた楽しいでしょう~😃

2019_191126_0223
おつまみも取り揃っておりまーす。
鮭とばが美味しいそうでしたが、いま、ここで買ってもねぇ~、まだ先が長いのでやめておきます。
スーツケースにいれたら思いっきりニオイますから💧

今回はハバロフスクの観光名所はあまり行きませんでしたが、
2日間くらいあれば一通り見学できる規模の町です。
物価も安いので、美味しいロシア料理をいっぱい食べて、お買い物しても
予算内に納まるか、おつりがくると思います💕

日本からたった3時間💿で行けて、ヨーロッパの雰囲気も感じられる
アナ場だと思います✨

成田発着2泊3日で7万円くらいですよ。(AIR代✈+ホテル2泊🏦)

せっかくロシアへ行くなら、ハバロフスクの他にもあと1つ違う町も
行ってみても良いかも。

サハリン(旧樺太)やウラジオストク、イルクーツクでもいいし。
シベリアのど真ん中、ノボシビルスクもおすすめです💕😃

ハバロフスクでの「日露観光ビジネス交流会」が終わり、
次はイルクーツクに向かいます。
続きます。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/13

日本総領事館でレセプション開催!!!

2019_191126_0219
(写真:ハバロフスクの旅行会社の社長さんたちと)

在ハバロフスク総領事公邸にて総領事主催の歓迎レセプションが開催されました。
ビジネス交流会に参加した日本人訪問団とロシア側の関係者が出席して
立食形式で行われました。
2019_191126_0221
セミナーもありました。

ハバロフスクの観光協会や旅行会社と日本側訪問団が各社プレゼンテーションをしました。

アタシはロシア語で北海道と札幌を売り込みました、、、が、
今回はハバロフスク側が日本人観光客をGETしたいための商談なので
「お互いに良きパートナーとなり、WinWinの関係を築きたい、
そのためには情報交換が大切だと思っているので、ハバロフスクの最新情報を流してください。」
と提案してきました。

すると、、、コーヒーブレイクタイム☕の時に、ロシア側から質問されました。
「どうゆう情報が必要ですか?」と。
「日本ではハバロフスクに関しての情報は大変少ないです。日本からのインバウンドを増やすためにはPRが必要です。
当社もSNS等を利用して発信しますので、観光名所のことや新しくOPENしたショッピングセンターなどの新鮮な情報をぜひ教えて下さい」と
お願いしました。
2019_191126_0213
総領事にご挨拶。

すると。。。。。

なんと!!!!

総領事は

高校の先輩でした!!!!

ビックリでぇぇぇーーーす!!!!

「まさか、ココで高校の後輩に会うとは思ってなかった」と総領事も驚いていました!!!

他の人たちも
「えっーーーー!長谷川社長って総領事と同じ高校なんですかぁ~
スゴイですねぇ~~~⤴」
と言われ、、、

心臓のドキドキ💓が止まらなかったです。
まさかの、まさかの出来事でした! 

この驚きのニュースを高校の同級生に伝えたいのですが、ロシアはLINEがつながらないので
帰国してから、伝えました。
みんなも驚いてた😃❗❗

在ハバロフスク日本総領事館を訪問したのは初めてではありません。
ハバロフスクへの視察団やビジネス交流、観光振興プロモーションなどで
訪問した際はご挨拶に伺ったり、今回と同じくレセプションも開催していただきましたが
その時の総領事は他の方でした。
Photo_20200609140201
記念撮影です。

アタシ、総領事の後輩なんだ、しっかりしなくっちゃ!

と背筋が伸びました。
というお話でした。

なんだか楽しくてしかたがない🎵

ロシアやってて良かった✨❗❗❗

これからもずぅーーーぅつとロシアだぜぇ💡❗❗
これからもずぅーーーぅつとロシアで稼いでいきますぜぇ~👊
コロナなんかに負けずに頑張るので
クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/12

【ハバロフスク】ウスペンスキー教会とか

2019_191126_0279
「ウスペンスキー教会」
アムール川を見下ろして、ドドォーンと構えているハバロフスクを象徴する教会です。
青い三角屋根の上に金色の玉がちょこんと乗っている。
白壁とレンガが特徴の独特な外観の教会です。

インスタ映え確定です💕

この教会はソ連時代に破壊されてしまい、
2001年に再建されました。
教会の周りは公園になっていて市民の憩いの場です。
2019_191126_0283
アムール川の向こう側は中国です。
中国ではアムール川とは呼ばず「黒竜江」または「黒河」です。
アムール川はキレイではないです、濁っています。
 2019_191126_0257  
ロシアの通貨、ルーブル紙幣最高の5000ルーブルの絵柄になっている
展望台とムラビョフ・アムールスキーの像です。
彼は東シベリア総督になった後、ロシア極東の政策を指揮し、
中国の清との間の国境協定「アイグン条約」を締結しロシア領土の拡大を成し遂げた人です。
2019_191126_0258
展望台から見たアムール川。
夏になると市民たちは砂浜で海水浴🎽です。
遊覧船🚢もありますよ。

2019_191126_0254
アムール川沿いの遊歩道。
2019_191126_0259
展望台近くの公園にありました。
2019_191126_0232
シベリア鉄道の「ハバロフスク駅」です。

シベリア鉄道ってなんかロマンありますよねぇ~💕
いつか乗ってみたい!という方も多いのではないでしょうか。

アタシのおすすめは
シベリアの大地を東西に走る区間です!
(つまり、ハバロフスク―ウラジオストク区間以外です)
イルクーツク~ノボシビルスク
ノボシビルスク~エカテリンブルク

時間がない方は、
日本との直行便✈があるノボシビルスクを起点に
ノボシビルスクーオムスク
ノボシビルスクークラスノヤルスク
などもいい感じですよぉ~。

ハバロフスクネタ、つづきまーす。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/11

充実度がハンパないぜぇ~⤴⤴ハバロフスク郷土史博物館

2019_191126_0253
「ハバロフスク郷土史博物館」
おすすめ度は5つ星です✨
いや、それ以上。
とにかくスゴイ!!!
見る価値アリアリ❗❗❗

アムール川沿いにあり、ウスペンスキー教会からもすぐです。

ハバロフスク地方だけでなく、シベリア地方に生息する動物のはく製🐱や自然、開拓の歴史が学べます。
マンモスのはく製はデカッ!
2019_191126_0248
チョウザメの水槽もオオぉーっ❗❗❗と声がでちゃう。

戦争のジオラマ展示は迫力がスゴイ。
日露戦争や第二次世界大戦、シベリア出兵などがロシア側の視点で描かれていて勉強になります。
軍事大国ロシアだなーと改めて納得します。
2019_191126_0240
ロシア極東からシベリアにかけての地図
良ーく見ると、、、サハリン南部と北方四島はロシア領土になっていなかった。
というか、地図上に凹凸がなかった。
2019_191126_0252
展示物がとても充実していて素晴らしいのです✨

ただ、難点があります。
それは、日本語表記やガイドブックがないことです。
日本語ガイドがいないとせっかくの博物館見学が展示内容が理解できないことで退屈なモノになってしまいます。

今回のガイドはMr.クチュックさんでした。
なんと、6年ぶりの再会です!!!!
アタシのことを覚えてくれていたのですんごぉーくうれしかったわ~😃
2019_191126_0236 2019_191126_0234  2019_191126_0235 2019_191126_0245
アムール川水域に住む魚たちです。

アムール川はハバロフスクから北上し、間宮海峡に出ます。
アムール川にはたくさんの支流があり、釣り天国です。

当社でも釣りツアー🐟を催行していて、満足度💕が高い商品となっています。

一番有名なのは「イトウ釣り」です。
1メートル超えがたくさん釣れるのです。

2019_191126_0246 
地元の幼稚園の子供達が見学に来ていました。
とてもお行儀よく先生のお話しを聞いていましたね。
えらい偉い!!
2019_191126_0239
これは何でしょうか?
昔の水の自動販売機です。(展示物です)
コップは1つしかなくて、飲んだらそのコップを逆さまにして置くと水がでてきてシャーっと洗ってくれる。
コップのたらいまわしです。

博物館見学は1時間ほどでしたが、じっくり見ると2時間はかかりそうです。
お時間がございましたら、ガイドと共に見学してくださいね😃

ハバロフスクネタは続きます。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/10

レストラン「スルタン・バザール」で異国を味わう。

2019_191126_0269
レストラン「Султан Базар(スルタン・バザール)」

でっかいお皿に豪快なお肉のオンパレード🍖🍖🍖
野菜もいー感じに焼きあがっています🥕

2019年5月28日(火)
ハバロフスク空港へ到着すると
今回の「日露観光ビジネス交流会」の主催者が出迎えてくれました。

日本からの参加者は10名です。
全員同じ飛行機✈に搭乗していましたが、ハバロフスクに到着するまで
みなさん知り合いではありませんので、到着ロビーにて「はじめまして」の名刺交換会が始まりました。

貸切バスにてホテル「PARUSU HOTEL」へ。
チェックインの後、お部屋に荷物を置いてすぐにロビーに集合
徒歩👣にてレストランへ
2019_191126_0270
あいにくの小雨模様、小走りでレストランへ。
2019_191126_0272
三角の蓋を開けると↓↓↓
2019_191126_0271
「ドルマ」という料理です。
ぶどうの葉でひき肉や香味野菜を混ぜたものを包みます。
見た目はロールキャベツです。
かなり香辛料がキツイです。

ロシア料理ではなくて、中央アジア、トルコ、ギリシャ、中東などで食べられています。
2019_191126_0273 2019_191126_0276 2019_191126_0274 2019_191126_0275
店内がうす暗かったので写真がイマイチですが、ご勘弁を。
2019_191126_0277   
レストランの外観です。
ハバロフスクのメイン通りに面しています。

飲みながら、食べながら、みなさんの自己紹介です。

自己紹介は簡潔に!
「札幌から来ました、(有)さくらツアー企画の長谷川真奈です。
ロシアビジネス25年やってまーす。
ハバロフスクは何度も来ていますが、イルクーツクがはじめてなので
楽しみにしていまーす。
どーぞよろしくお願いしまぁーーーーーす!」
以上。

飲んで食べて🍺、おしゃべりして、笑って笑って😃化粧がとれまくって
1日がしゅーうりょーう。

明日からも張り切っていきましょう~!!!
まだまだハバロフスクネタは続きます。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/09

お部屋は期待していたほどではないが、ぐっすり眠れました。

2019_191126_0298
ダブルベットのお部屋です。
清潔感があり、落ち着いた雰囲気のお部屋です✨
2019_191126_0295
机がさほど大きくないのでパソコンを広げての作業は不便ですが、
今回はスマホで完結できるくらいの仕事しかないので大丈夫でした。
FacebookとTwitterとInstagramはスマホでUPしていますし、ブログ投稿は帰国してからですから。
テレビは旧式だし📺、冷蔵庫もかなり古いですが、使わないからまぁ、いいかっ。
2019_191126_0297
バスルーム
バスタブがあります。
2019_191126_0296
銀色のパイプは集中暖房で、触るとほどほどに熱いです。
ココに洗濯物をかけておくと朝にはカラッと乾いています。
2019_191126_0290
紅茶と緑茶とコーヒー☕

2019_191126_0294
冷蔵庫はちょっと寂しい💧
扉にしか商品は入っていません。
右上はチョコレート
2段目はアップルジュース
2019_191126_0293
スリッパがうれしい。
今はロシアのホテルにはスリッパがあることが多いですが、ここ最近のことですよ。
以前は、あったとしてもペラペラの「スリッパ」とは言えないくらいの品質の悪さだったりしました。
なので、出張の時はスリッパは必需品でした。
バスローブはアタシが着ると引きずるので着ません。
2019_191126_0268
朝食ビュッフェ会場🍴
椅子のカバーがドレスみたいでしょ。
2019_191126_0266 2019_191126_0267 2019_191126_0265
アタシの朝食でーす。

昨日1日がとても長くて疲れたのでグッスリ寝ました💤💤💤
自宅を出発したのが朝6時、札幌駅からエアポートライナーにて新千歳空港へ。
成田空港に到着して、ランチして時間つぶしてS7航空でハバロフスクへ✈
夕食から戻ってベッドに入ったのが、0時。

ロシアの空気を吸って、ロシアのモルスを飲んで、

イケメンのロシア人を見たら元気がでます!

まだまだハバロフスクネタは続きます。


クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/08

ロシア大統領も宿泊したハバロフスクの5つ星ホテルに泊まる。

2019_191126_0284
「PARUS HOTEL(パルスホテル)」
ハバロフスクで最初の5つ星☆☆☆☆☆ホテルです。
レンガ作りの重厚な4階建てです。

現在は一般の観光客も宿泊できますが、以前は政府関係者や著名人のみしか宿泊できませんでした。
ゴルバチョフ元大統領、エリツィン元大統領、世界初の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリン、アメリカ元大統領などが宿泊されたそうです。

2019年5月28日(火)~6月2日(日)の5泊6日の出張です。
今回の目的は「日露観光ビジネス交流会」に参加するためです。
ハバロフスクとイルクーツクを訪問します。

2019年5月28日(火)
14:35  成田空港発 S76442便✈
18:30  ハバロフスク空港着 
飛行時間は3時間弱。
時差は1時間です。
ハバロフスクの方が日本より1時間早い。

日本より西に位置するのに、なんで日本より時間が早いのか?

さらに、
サハリンは北海道の真北なのに、2時間も早いのはなんで?

この質問は日本人によく聞かれますが、
いつも答えは
ロシアですから!
と言ってます。

これで日本人は納得してくれちゃうのが面白くて😃😃😃

ロシアは世界をムシしてロシア独自の時間帯で生きているとか
横に広いロシアだから仕方がないとか
ロシアのことはすべてロシアが決めるとか、、、
世界の中心はロシアだから、、、
プーチンが決めたから、、、(笑)

ロシアはグリニッジ標準時間(GMT)は全土にあてはめていなくて
協定世界時間(UTC)を利用しているのからなのか???

2019_191126_0289
エントランスです。
2019_191126_0287
歴史を感じさせるおつくりですねー。
2019_191126_0262
フロントにはロシア美女たちが。
チェックインをやってくれているのですが、、、スピード感はありません💧

別にトロトロしているとか怠惰だとかやる気がないとか、そーゆーのではありません。
彼女たちにとっては普通に仕事しているのです。
なので、お客様を待たせているという感覚はありません。

だって、ココはロシアですから!

2019_191126_0286
贅沢なインテリアが至ることろにあります。
スタインウェイ&サンズのピアノも。
プロが演奏するそうです🎵(曜日の時間は要確認)
2019_191126_0285 2019_191126_0263
廊下には絵画があるのですが、高そうですよぉ~。
年代モノ、有名画家のモノだったりするのかなあ~。
2019_191126_0264
ロシアには「0階」が存在することもしばしば。
レストランに行くときは「R」です。

このホテルはアムール川に面し、博物館や教会などの観光名所の近くで、レストランやおみやげ屋さんが建ち並ぶメインストリートにも徒歩で行けます。
宿泊料金は1名朝食付5200ルーブル
(1ルーブル1.7円計算で、8,840円)
高くはないが安くもない。
ハバロフスク市内にはもっと安くてそこそこのホテルはたくさんあります。

ちなみに、アタシの定宿は

連泊するときは「インツーリストホテル」
 団体で連泊すると料金交渉ができて格安です。
 お部屋はシンプルですが最低限のモノは揃っています。
 ソ連時代の建物ですが、リニューアルしたのでキレイ✨です。
 通常料金は1泊朝食付き2,700ルーブル(4,600円)
 安いからこんなもんだろう的なホテルですが、立地は良いです。
 アムール川、博物館、美術館、教会が徒歩圏内。

トランジットの時は「オーロラホテル」
 ハバロフスクに夕方遅くに到着して、朝早くホテルを出なければならない時。
 市街地に宿泊する必要がない時に利用します。
 すぐ目の前にショッピングセンターがあり、1階のスーパーでお惣菜を買ってお部屋で
 食べることもでできるし、
 近くにお手頃価格のレストランも数軒あります。
 朝はテイクアウトの朝食を用意してくれます。
 これがなかなかGOODなんです❤。
 場所が市街中心部ではないので宿泊料金は安い、2,500ルーブル(4,250円)
 トランジットのための宿泊でこのレベルのホテルでこの値段はコスパが良いです。

それでは、「PARUS HOTEL」の部屋の中はどんな感じか?

続きます。


クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/07

たった1泊のロシア出張が終わりました~。

Photo_20200603155401
ユジノサハリンスク
観光の一番のおすすめは新しくできた教会です。
ちょー豪華ですよぉ~✨✨✨✨✨

ユジノサハリンスクはロシアの中でも特殊な場所です。
日本領だったことがあるのですから。

かつて日本統治時代は「豊原」と呼ばれていました。
その時代の日本の建物も残っています。

サハリン州立郷土博物館は1938年樺太庁博物館として建てられました。
3年前のセレブな女子旅の様子はこちらです。

その他は
コルサコフ編
ドーリンスク・王子製紙工場廃墟
ノグリキ行の列車
201911_200528_0001
おみやげ・その1
ウオッカ
頼まれモノです。

201911_200528_0012
おみやげ・その2
スモークサーモン
左から、ベニザケ・シロザケ・ギンザケ
頼まれモノです。
201911_200528_0007
おみやげ・その3
赤:イチゴ味のモルス(イチゴ味のジュースですね)
黄:シーベリージュース
緑:タルフーン(タラゴンという薬草を使ったソーダ―ジュース)
並べてみたら信号機だ(笑)
201911_200528_0002
おみやげ・その4
おかし
紙コップ型の中はチョコレート味のパフ、上に付録のブロックおもちゃ。
薄味の乾パンみたいなお菓子。

ブロックを組み立ててみたのですが、、、出来ない(泣)
ホントに部品全部はいっているのかぁ~???
説明書もないし💧
きっと、子供の方が上手に作れるんだろうなぁ~。

201911_200528_0018_20200603155601
飛行機に乗る直前の待合室💺
狭いです。
右側はちっちゃいDUTY FREE SHOP
品揃えは悪いですが。。。
たまーに珍しいモノが置いてあります。
見つけたら購入してください、絶対におすすめです。

それは

バシコルトスタン共和国のはちみつです。

クリックしたら写真があります。

もっと高級なのはこちら。

201911_200528_0017
201911_200528_0011
2019年11月7日(木)
14:30 ユジノサハリンスク発 HZ4536
 201911_200528_0014
201911_200528_0010  
アニワ湾が見えてきた。
フライト時間1時間20分、あっという間に新千歳空港到着でーす。
時差2時間。
時計を戻す。
日本時間13:50 

サハリンは

1時間ちょっとで行ける海外です。


 2020年6月7日現在、新型コロナウイルスの影響で自由に行き来ができません。
日本外務省はロシア渡航中止勧告、ロシア側は外国人受け入れ拒否。
早く終息を願うばかりです。

両国の渡航が可能になったら、まずはすぐにサハリンへ行きます!
たった1時間ですから!

今日で「1泊2日のサハリン出張編」は終わります。
明日からは「ハバロフスク・イルクーツク編」になりまーす。


クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/06

北朝鮮の方達にお仕事をお願いすることになった

201911_200528_0019
ユジノサハリンスクにある大型ショッピングモール「СИТИ МОЛЛ」(シティーモール)
空港に近いので帰国の前にお土産🎁を買いに立ち寄るのが定番です。
1階にはスーパーがはいっています。
201911_200528_0020
1階のエントランス入ってすぐのインフォメーション。
年に1度「北海道物産展」が開かれます(主催は地方自治体のことが多い)
「北海道観光展」もやったこともあります。
もちろん、当社も参加しました。

201911_200528_0016
3階のフードコートです🍴☕🍔

ハンバーガーショップ、カフェ、ドーナツ、ラーメン、韓国料理、ロシア料理、、、あとなんだろう。
そこそこなんでもあります。
和食はなかったはず。
201911_200528_0024  
仕事に関しては、午前中に現場に行って打ち合わせしてきました。
サハリンにはかなりの数の北朝鮮からの労働者がいます。
ロシア本土(特に極東のウラジオストクとか)よりは少ないかもしれませんが。
2019年の年末までに全員北朝鮮に帰国させる、というニュースもありましたが、全員というわけではないようです。
雇用されている企業の力関係らしいですよ。

北朝鮮からの労働者はロシア人よりも安価で働くので重宝されています。

韓国人の通訳が間に入って話をするのですが、アタシがロシア語を話すので北朝鮮の方達は直接アタシと話をします。
と言っても、、、北朝鮮の方はロシア語が片言なので、通じないことも多々あり、結局通訳が再度確認するというパターン。

でもねー、なんだか通じちゃうものなのよ😃

北朝鮮の方が、一生懸命に通じるようにアタシに話してくれて、アタシもしっかり聞くから。

言葉って完璧じゃなくても、「伝えよう」「聞き取ろう」とするとわかっちゃうものよ。

パートナーのロシア人も
「北朝鮮人は真面目に働く、ロシア人よりずぅっと働く」と言ってる。
報酬が安いのにしっかりと仕事をしてくれる。
ロシア人のようにすぐ休んだりさぼったり時間を守らなかったりとかはないそうだ。

ちなみに、ロシア人と会話する時は「韓国」も「北朝鮮」も同じ単語「КОРЕЯ」(英語でKOREA)を使います。
韓国=南のKOREA
北朝鮮=北のKOREA

とりあえず、今回のお仕事は終了。
これからお土産を買って空港へ向かいます。
続く。


クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/05

サハリンでジョージア料理の≪ハチャプリ≫を食べる

201911_200528_0057 
ジョージア料理といえば
≪ハチャプリ≫

突然、すんごぉーく食べたくなる時があるんです。


2019年11月6日(水)
1泊2日のサハリン出張の夕食の話です。
先月、訪問団としてシベリアへ行って、たらふくロシア料理を食べたので、今回はサハリンで「ショージア料理」を食べることにしました。
比較的新しい、ジョージアレストラン「Хинкальная Казбеги(ヒンカリナヤ・カズベギ)」です。
メニューには写真がないのでロシア語がわからないと難しいかも。
Photo_20200530202001
頭だけコスプレしました(笑)
201911_200528_0059
シーザーサラダ
こってりの粉チーズが大量に混ざってますし、かかってます。
クセの強いチーズでした。
201911_200528_0056
ヒンカリ
つぼんだところを手で持って食べます。
中のジューシーなお汁がこぼれないように食べるのがなかなか難しいのですよ。
201911_200528_0055
なんかわからない練り物です。
うーむ、これはウオッカのつまみって感じです。
アタシは苦手でした。
201911_200528_0060 201911_200528_0066
シーベリージュースです。
ビタミンがたっぷり含まれており、美容と身体にとっても良いのです。
酸味と渋みが強いので生では食べられませんが、ジュースやジャムなどにして食べます。
また、化粧品にもよく利用されています。
201911_200528_0052
豪快なお肉のセットです。
食べきれませんのでロシア人達がTakeOutしていました。
「明日の朝食にする」と言ってました。

201911_200528_0065
レストランの中はこんな感じです。
結構広いのですが、人気レストランらしく、9時過ぎると満席になりました。
ステージもあったので週末になると賑やかになるそうです。
201911_200528_0069
外観はシンプルです。
夜はとっても見つけにくいです。
もう少し目立つようにすれば良いのに~とオーナーに言うと
「当レストランは味で勝負するので外観を派手にする必要はない」とのこと。
はい、そのとおーりです、大変おいしゅぅーございました💕

飲んで🍺食べて🍖お仕事のお話して、ホテルに戻ったのが夜11時くらい。
お風呂に入って、おやすみなさい💤

続く。


クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/04

ロシアに乗っ取られたホテルの中を見てみよう~。

201911_200528_0075
「乗っ取られたホテル」については昨日の記事をご覧下さいまし。

「サンタリゾートホテル」にはシングルルームはありません。
スタンダートツインルームです。
ベランダもあります。
ベランダにはチェアが置いてありますので、コーヒー☕を飲みながら新鮮な空気を吸ってリラックスできますよぉ~😃
今回は夜遅くにチェックIN、早朝にOUTだったので寝るだけでした💤
201911_200528_0074
ゆったりとしたバスタブがあります。
201911_200528_0073 201911_200528_0072
上の写真の壁に取り付けられた棚の中身です。
すべて有料です。
使用した場合はチェックOUTの時に自己申告してお支払いを。
(左上の水色タオルの奥に使用した商品のチェック用紙があります)
201911_200528_0071
アメニティグッズたち。
201911_200528_0067
強烈な温風が武器のドライヤー。
201911_200528_0037
TIGARのポットです。
日本製品の安心感っていいよね。
201911_200528_0042
クローゼット。
アタシがさくっと5人は入れます。
棚の上のセフティーボックスには手が届きません😖
201911_200528_0043
1階の朝食会場です。☕
夜はレストランになります。
ユジノサハリンスク市内にはホテルがたくさんありますので、この時期にこのホテルが満室になることはあまりないです。

201911_200528_0047
スイカは年中あります。
アゼルバイジャンのスイカらしいです。
201911_200528_0048
料理がほぼ写ってなくてすみません。
サラダコーナーです。
201911_200528_0044
アタシの朝食はこんな感じです。

ちなみに、ユジノサハリンスクのアタシのおすすめのホテルは🏢

パシフィックプラザサハリン
 一番新しいホテルで立地も良いしサービスも良いが値段はサハリンでは一番高い。
ガガーリンホテル
 コストパフォーマンスがとても良いが街からは少し歩く(と言っても20分)
 アタシの定宿です。
 今回はロシア側がホテルを手配&支払いしてくれたので「サンタリゾートホテル」でした。

ホテル選びは何を重視するかですね。
便利さか、部屋の広さか、値段か、施設の新しさか、サウナがある、バー🍸がある、あとなんだろう。

安ければ安い方が良い場合は、いわゆる「ホステル」「ゲストハウス」「民泊」系ですね。
二段ベッドが並んでる、共同トイレ共同風呂とかです。
アタシはそーゆー宿泊所には泊まりませんのでコメントできません😞
バックパッカーの方であれば利用するでしょうが、
ビジネス視察や訪問団、出張で利用するときは「ホテル」に泊まります。

ユジノサハリンスクの「ホテル」はほぼ制覇していますので✊、
ご希望を言っていただければ、おすすめホテルをご案内させていただきます。

続く。

クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/03

ロシアでガッツリ儲けましょうぜぇ~!!!!!

201911_200528_0035
「サンタリゾートホテル」です。
その名のとおり森林公園の中にある3階建てのリゾートホテルです。
ユジノサハリンスク市内から車で10分くらいで、市民の憩いの場、ガガーリン公園のさらに奥に入ったところにあります。
市街地まで徒歩👟で行くのには少し疲れます。
移動が車🚗の方にはおすすめです。

海外の高級なリゾートホテルではありません。
とある田舎の、そこそこのホテルと思って下さい。
ココはロシアですから、日本で当たり前と感じる「サービス」は期待しないでくださいね。
201911_200528_0039
外からみたロビー
宿泊したのは、ここが見えるお部屋でした。
201911_200528_0031
ロビーです。
吹き抜けになっていて解放感あります。
左側がフロントです。(写っていませんが)
201911_200528_0038
お部屋からの景色
朝は小鳥のさえずりが聞こえてさわやかな目覚めでした。✨
空気も新鮮で森林浴真っただ中😃
 201911_200528_0040
右の奥まった扉がエレベーターです。
ここがエレベーターとは気づかずに通り過ぎてしまうことも。。
201911_200528_0068
エレベーターの中です。
ボタンの位置や並び方は日本ではあまり見かけません。
しかし、インフォメーションにはしっかりと日本語が記載されています。
なぜでしょうか?
201911_200528_0045
館内にも日本語が散見します。
なぜでしょうか?

長年ロシアビジネスをやっている人には有名な話ですが、、、
このホテルはロシアにのっとられたホテルです。

簡単に説明すると、
日本とロシアの合弁会社のホテルだったのですが、
まんまとロシアにぶんどられたのです。

ソ連崩壊後の混乱の中では、ロシア国内で乗っ取った、乗っ取られた、騙した、騙された、ぶんどった、ぶんどられたなどはさほど珍しくもなく、混乱を上手に利用した(悪毒)人が勝ち組となった時代です。
しかし、日本企業を巻き込んでしまったので、日露首脳会議でも取り上げられる国際問題となってしまい、
このホテル乗っ取り事件が、ロシアとのビジネスに負の印象をもたらしたのです。

ロシアビジネスを始めた頃はしょっちゅうこの話題に触れられ
「ロシアと商売なんかできないっしょぉ~、騙されるだけでしょー」
という言葉を何百回、何千回と言われた。

そーんなことで凹むアタシではあ~りませんから~✊✊

怖がって誰もやらないから、ビックチャンスがあるのですよ!

騙された日本人をいっぱい見てきた。
だましたロシア人のやり方もわかってきた。
いっぱい失敗してたくさん学んだ。

他人のやらないことをやる。
それがビジネスだーーーーーー!!!

どっぷりロシア✊✊✊

ガッツリロシア✊✊✊

ロシアビジネスにとことん猪突猛進する💨💨💨💨💨

ロシアとお付き合いしてもう25年ですよ。
これからもロシアで稼いでいきまっせぇ~⤴(笑)


クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/02

ロシア・サハリン1泊2日弾丸出張

201911_200528_0091
2019年11月6日(水)🚢


13:00  オーロラ航空HZ4537便 搭乗手続き開始

サハリンへ1泊2日の出張でーす!

新千歳空港からサハリン・ユジノサハリンスクへは週5便飛んでいます。
飛行時間はたったの1時間20分です✈

東京へ行くより近いのです!!!

北海道のすぐ北にあるサハリン(日本統治時代は樺太)
日本の最北端の地、稚内の宗谷岬からサハリンの最南端のクリリオン岬までは約43km。
近いのですが、現在は国際フェリー航路🚢がありませんので、新千歳空港からの飛行機利用しかありません。
(成田―ユジノサハリンスク便もあります)

当社のロシアビジネスはサハリンから始まりました。
その後、ロシア極東ともネットワークができ、今は「シベリアビジネス」でも稼いでいます。

サハリンへは数えきれないほど行っています。
ビジネス視察が重なることも多く、1ヶ月に2回行くこともあります。
今回も、先週末にビジネスパートナーから
「来週来てください!」とお願いされて、チケットが送られてきた。

注:マルチビザなのでいつでもロシアへ行けます。

アタシにとって、「サハリン」は海外ではない(笑)

北海道はサハリンとつながりが深く、ビジネスで儲けている人もたっくさんいますので
頻繁にサハリンへ行く人はかなりいます。

201911_200528_0085
チェックイン→税関→出国審査→搭乗待合室
免税店でお土産を買う。
201911_200528_0089
レストラン街でランチ🍴
豚丼セットを食す。
201911_200528_0087
15:00  出発でーす。
機内は2-2の席です。
短時間のフライトですから、何の不満もありません。
201911_200528_0086
機材はDHC-8-400
プロペラの真横の席でした。
飛行機内での大切なお仕事があります。
それは、ロシア入国カードを記入することです↓↓↓
201911_200528_0082
離陸するとすぐにCAさんが配布します。
すぐに記載してください。
あとでいいや、、、と思っていると、すぐに着陸体制に入りますので書けなくなります。
☆ボールペンを用意しておく
☆パスポートを手元におく

ボールペンとパスポートは上の荷物棚に入れないでください。
記入するのに使いますから。

書き方がわからない方は、座席前にある機内誌の後ろの方のページに記入例がのっていますのでそれを参考にしてください。
旅行会社経由でビザやチケットを手配した方は、旅行会社から記載例が送られてきますので、その通りに書けばよいのです。

書き終えたころには、もうすぐ宗谷海峡を渡り、ロシア領域へ突入です。


アニワ湾沿いのコルサコフ市が見えます。
さて、あと数分でユジノサハリンスク空港に到着でーす。
201911_200528_0080
現地時間18:20 到着。
時差は2時間です。
日本より2時間進んでいます。
201911_200528_0079
1台のバス🚌でターミナルへ移動します。
201911_200528_0081
入国審査に並びます。
3ケ所あいてますが、一人一人に時間がかかるので待たされます。
なかなか進みません。

入国審査官にジッ―ッ👀とにらまれます。
目をそらさずにこちらもジッ―と見つめてあげましょうー。

先ほど機内で記入した入国カードにガチャっ、ガチャっとスタンプを押す音が聞こえたら、無事に通過です!
パスポートと入国カードの片方を返却されますので、大切に保管しておいてくださいね。

次は、預け荷物の受取です。
自分の荷物をとって、荷物番号の半券をおねーちゃんに見せて次のお部屋へ👟

ここで、荷物のX線検査です。
自分でよっこらせ、と重たい荷物をベルトにのせます。

ゴローンゴローンとベルトが進み、X線の機械を通ります。
怪しいものがあれば、
「ちょっと、荷物を開けなさい」と言われます。
よくわからないものがでてくると
「コレは何?」と聞かれます。
そこで、、、ロシア語で説明できない場合は
出口に出迎えに来ているロシア人に助けを求めましょう。
中まで入ってきてもらいましょう。

日本人が片言のロシア語で説明するより、ロシア人に任せた方が
断然早く解放してくれます。

だいたい、「何これ?」と質問されるようなモノは
ロシア人に頼まれて日本から持っていくモノですから(笑)

今回もアタシのスーツケースの中は
ロシア人に頼まれた「何これ?」がいっぱいあったのです。

ビジネスパートナーがあれこれ説明してくれて
19:00  無事に解放されました。

続く。


クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

2020/06/01

激マズの機内食で吐いちゃった(悲)

1010_200517_0017
iPhoneでの撮影はこれが限界です💧
もっときれいなんです✨

素晴しい夜景なんです💡

飛行機✈は離陸してすぐに右に旋回して、この夜景を「スゲーの見せてやるぜぇ~」と言っているかのように見せつけてくれます。

思い出します、5年前。
札幌ノボシビルスク友好交流協会を引き継いでもらえないかとお願いされた時、アタシにできることは何か?と自問し、
それを探るために20年振りにノボシビルスクを訪問した。

1週間の滞在で、たくさんのネットワークを作り、シベリアの事情も理解し、日本との交流について相談し、「できる✊」と確信した。
今までのロシアビジネスの経験を生かすこと、
誰もやっていない「シベリアビジネス」を実現すること。
そして、新たな挑戦の始まりだーという気持ちで帰国の途についた時、
(当時は日本までの直行便がなかったので、ユジノサハリンスク経由で帰国しました)
飛行機の一番後ろの右側の窓側の席から見た「この夜景」が目に焼き付いた。

涙で夜景がぼやけていた。

絶対にまたココに来る✋

必ずビジネスをやる❗❗❗

そう誓ってサハリンへ向かったのです。
毎回、この夜景を見るたびに5年前を思いだすのでした。

  1010_200517_0018
帰国の時は、右側の座席の方が夜景はキレイだと思います。
1010_200517_0021
あまりにも残念すぎる写真です💧💧💧
この時ばかりは、「もっと写真がキレイにとれるスマホが欲し~い」と思うのですよ。
1010_200517_0024
(台風のせいで)日付が変わる深夜便にも関わらず、シベリア文化センターのスタッフが見送りにきてくれました。
毎回、ここのお別れシーンで涙する人もいます。
その光景を楽しそうに写真を撮るのがアタシです(笑)
1010_200517_0010
大型の預け入れ荷物です🎁

訪問団の中の6名がビジネスクラスのチケットをJALで購入したのでこれらの荷物も無料となります。
他のメンバーの重量オーバー荷物もビジネスクラスの人が引き取って預けると無料。

ちなみに。。
ビジネスクラスのチケット💴はS7航空よりJALで購入する方が安いこともあります。
1010_200517_0025
S7 5771便 TOKYO
2019年10月12日(土)

この日は関東地方に大型で非常に強い勢力の台風19号が上陸したため🌀
飛行機は4時間半遅れの
02:30 に出発(日付はすでに13日)

日本のニュースを見ていると、とんでもない規模の台風だとのことだったので
飛行機が飛ばないのであれば仕方がない、と半分は諦めていた。
12日は成田空港は離発着停止だったから。
遅延でも飛んだのはありがたかった。
1010_200517_0016
ビジネスクラスの最前列右側の席
夜景を見ながらシベリアに別れを告げる。
食欲はほぼナシ。
パンだけちょっとかじる。
1010_200517_0011
見た目はよいでしょう~。
しかーし。。。マズです💥

パスタの生地が堅くてかたくて、味はしないし、プレスチックを噛んでるのか?ってくらいで、吐き出した
ロールの中は卵となんか。
それもまた、変なソースが絡んでいて、アタシの舌が受け付けず、リバース😖
もういらない。
見たくもない。
早くさげてくれぇーーー💢
1010_200517_0012
☀日が昇ってきた。
シベリアの大地を一面雲が覆い、朝日が照らす。
デザート🎂
ドロッとしたコーヒー☕
右はチョー甘いケーキ
おっ、上のシュークリームらしきものにピンクのクリーム?
なんだろう?
一口パクリ。
オエッー(汗)💦💦
シューの中身はミンチ肉だった。生臭い💢
いやー、この組み合わせ却下⤵
食べれません😖

コーヒーでお口直し、、、したいが、コーヒーもドロッとしてるからなんだかスッキリしないのよ。
仕方なく、ペットボトルの水を飲む。
フゥー。。。。

機内食でこんなに疲れたのは初めてだ。
深夜だからお口の中が寝ぼけてたのか?

ビジネスクラスに座っているメンバーに聞くと
3名は爆睡していて何も食べていない。
あとの2名はパスタではなくお肉メニューをチョイスしていたのでそれほどオエッーではなかったようだ。1010_200517_0009
日本上空はカラっと晴れています。
大型台風はすでに北上して、成田空港上空は穏やかです。

10月13日(日)
11:00  成田空港到着✈

ちょうど11:00に空港がOPENしたそうです(着陸の許可がでた)
この日の最初の到着便になったようです。

ロストバゲージもなく皆さん元気に帰国です。
ノボシビルスクの空港で荷物を積み忘れていないか心配でした。


クリックして応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PVランキング

にほんブログ村