カテゴリー

無料ブログはココログ

« バルト3国の旅 エストニア編② 旧市街のお散歩 | トップページ | バルト3国の旅・エストニア編④ 歌と踊りの祭典 »

2020/04/20

バルト3国の旅・エストニア編③ 世界遺産の街

75_191127_0093
2019年7月5日(金)天気☀
ホテルのすぐとなりにある市場へGO💨
新鮮で色鮮やかなフルーツが山盛りに売っています😃
75_191127_0096
バルト駅に近接した「TURGバルト市場」の入り口です。
オープン前に行ったのでまだ閉まっていました。
5分ほど待ってOPENと同時に入りました。
75_191127_0092
75_191127_0086

75_191127_0091
キャビアもあった。
食料品、衣料品、お土産、インテリア、雑貨、骨とう品などたくさんのショップが並んでいます。
75_191127_0090  
とってーもいい匂いがしてる~と思ったら、焼き立てのパンやさん。
75_191127_0089
朝からみーんなでおっきなイチゴをほおばりました(笑)
イチゴ1パック2.8€

今日は1日、タリンの旧市街観光です。
ワクワクドキドキ💕
どんな世界が待っているのでしょう~
それではLet's GOOOOO💨💨💨💨
75_191127_0088
まずは、トームペアの北側の階段をのぼって展望台へ向かいます。
タリンの旧市街はぜーんぶが世界遺産です。
ふたつの地区に分かれていて、トームペアと呼ばれる丘の上と、下町です。
75_191127_0084_20200419123501  
コホトゥオツァ展望台
トームペアの丘からは美しい旧市街が見下ろせる展望台がいくつかあります。
どこから見てもうっとりする景色です。
75_191127_0078
75_191127_0075
大聖堂
入場料は2€
1219年にデンマーク人がトームペアを占領して建てたエストニア最古の教会。
教会ですが、なんと墓所でもあるのです!
75_191127_0069
75_191127_0073
大聖堂の中です。
床には墓石があります。
75_191127_0071 75_191127_0072
貴族たちが葬られており、のちにはトームペアの職人も加わりました。
壁にはドイツ騎士団の紋章が所狭しと飾られています。

教会の下に墓があるとはどういうことでしょう?
墓の上を多くの人に歩かれるというのは、
自分の人生を認めてもらう。
ということだそうです。
75_191127_0062
 トームペア城
1227~29年ドイツ騎士団が要塞として建設し、支配者が変わるたびに改築されています。
現在の姿は18世紀後半のもので、国会議事堂です。
ピンク色がかわいい💕
75_191127_0064
アレクサンドル・ネフスキー聖堂
1901年帝政ロシアによって建てられたロシア正教教会。
1242年ペイプシ湖での氷上の戦を指揮し、ドイツ騎士団の東方進出を抑えたノブゴロド公アレクサンドル・ネフスキーに捧げられている。
サンクトペテルブルクの高名な建築家ミハエル・プレオブラジェンスキーが設計しました。
75_191127_0061
のっぽのヘルマン塔
塔の真上にエストニアの国旗がなびいてます。
75_191127_0052
デンマーク王の庭
どうしてここにデンマークの国旗が?
エストニア人との戦いで窮地に陥ったデンマーク王はココで神に祈った。
すると、空から赤地に白十字の旗が舞い降りてきて、それに鼓舞された彼らは砦を落とすことができたと言われています
そして、これがデンマーク国旗となったとさ(1219年6月15日)
75_191127_0058
顔のない修道士像です。
すっぽりはいっちゃいました(笑)
75_191127_0047
リュッケ・ヤルク通りを降ります。
トームペアの丘から下におりる狭い通りです。
75_191127_0045
聖ニコラス教会
まっすぐそびえる尖塔がカッコよい!
シンプルで頑丈な造りになっています。
75_191127_0044
ジッ―と立っているストリートパフォーマー🎵
地面に置いてある帽子にチップをいれると、お礼の動き&ラッパを演奏してくれました。
75_191127_0046
ワバドゥセ広場に到着。
エストニア独立戦争戦勝記念碑です。
ステージではコンサートがひらかれていました。
そーです、昨日から5年に1度の「歌と踊りの祭典」が始まっているのです❗❗

お天気も良く、最高のお散歩日和です。
75_191127_0042
エストニア劇場
75_191127_0041
かわいい電車?が走ってました。
75_191127_0038
12時、ランチの時間でーす。
エストニア劇場の向かいにあるショッピングセンター「ソラリス」
フードコートでおいしいランチをいただきまーす😃

「LIDO BISTROO」ランチバイキング10€
どれを食べようか迷うほどたくさんのおいしい料理が並んでました。
75_191127_0040 75_191127_0039
エストニア風のボルシチ?
食べ過ぎた💧
いーのだ、これからまだまだ街探索は続くから!
75_191127_0037
タムッサーレ公園を横切る。
75_191127_0033
ヴィル門
旧市街地への、メインゲートです。
この門をくぐると、中世の世界に突入です。
75_191127_0031
ヴィル門をくぐると右側には城壁が続き、ショップも並んでいます。
75_191127_0032
お花がいっぱい💓
75_191127_0027
一番賑やかなヴィル通りを歩いてラエコヤ広場へ。
昨日も散歩で訪れた広場、どの通りもココへつながっています。
75_191127_0020
ラエコヤ広場に面した「市議会薬局」
ヨーロッパ最古の薬局のひとつです。
75_191127_0017 75_191127_0022 75_191127_0021
見たことのない道具がいっぱいあって、なんだコレ?ばかり。
歴史のある薬局って感じ、クラシカルな空間が広がってました。
75_191127_0016
カタリーナの通路

めっちゃお気に入りの場所です。
こんなにステキな通りがあるなんて(感動・感動)💕💕💕

75_191127_0014
城跡沿いに街探索。
75_191127_0013 75_191127_0010 75_191127_0009
タリン最古のカフェ
「MAIASMOKK」でお茶する。
75_191127_0006
コーヒーとケーキ 6€
歩き疲れも吹っ飛ぶおいしいケーキ☕
75_191127_0005
75_191127_0048
かわいいお土産ショップをいっぱい回りました。
キャラメルやアーモンド、お皿や巾着とか、みなさんいっぱい買ってました😃
75_191127_0003
スーパーでお惣菜を買って、ホテルに戻りSさんのお部屋でパーティー😃
Guinnessのポテチがめっちゃおいしかったのです!
帰国前に買おうと思っていたのですが、エストニア以外で見かけなかったのよ。
あーーー、大量に買ってくれば良かった。
ポテチ大好き人間なんです、アタシ。。。

世界遺産の街をいっぱい歩いた。
中世の街並みに大感動😃
明日もまた楽しみです。
続きます。

« バルト3国の旅 エストニア編② 旧市街のお散歩 | トップページ | バルト3国の旅・エストニア編④ 歌と踊りの祭典 »

バルト3国の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バルト3国の旅 エストニア編② 旧市街のお散歩 | トップページ | バルト3国の旅・エストニア編④ 歌と踊りの祭典 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PVランキング

にほんブログ村