カテゴリー

無料ブログはココログ

« ノボシビルスク訪問記⑯ トムスクでの事業 | トップページ | ノボシビルスク訪問記⑱ ワークショップ »

2018/11/22

ノボシビルスク訪問記⑰ おみやげ&ホフロマ塗

Photo_11トムスクにて「ホフロマ塗」のワークショップ。

 

ロシアのスプーン」といえば、このホフロマ塗。
木製のスプーン、ロシアの伝統工芸品です

 

 

黒の下地に赤と金色で絵を書きます。

 

草木やイチゴの木の実などのモチーフが描かれているのが多いです。

 

 

スプーンの他にも、カップやお盆、お皿などがあります。

 

 

スプーンはもちろんそのままスプーンとして使えますし、楽器としても使用されます。

 

スプーンを二つ、三つ使って、音を出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_12

 

 

 

最初に先生から説明を聞きます。

どのように描くとキレイか、コツを教えてもらっていざ挑戦

どんなイラストを描こうか?

 

見本シートもあるので、それをまねしてもいいかもね、とか相談している方も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_13みなさん、真剣に取り組んでいます。

先生曰く

 

みなさん、とても筆使いが上手!

そうですよねー、

 

日本人は子供のころから筆には慣れていますので、抵抗感は全くない。

筆を使う文化がない国の方だと、まったくできないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_15

 

 

だんだんと出来上がってきました

 

 

乾くまで少し時間がかかりますので、ドライヤーでブゥ―――ンと乾かしました。

 

 

スプーンの内側には今日の日付を書いて、手作りの自分のためのおみやげ!

すてきな体験

思い出に残るワークショップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_17
1階にはおみやげがたくさん売っています。

 

 

ロシアの民芸品がいっぱい。

いろいろな大きさのマトリョーシカや、琥珀の装飾品、食器やぬいぐるみまで。

さて、おみやげの話。

 

 

おみやげって何がい~い?

 

とよく聞かれます。

 

 

 

配る相手、値段によって違うのですが、

 

ロシアと言えば、、、、、
誰もが思いつくのが

 

ウオッカとかマトリョーシカかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_18
手軽に、となると

 

おすすめは

 

アリョンカのチョコレート

 

 

板チョコ1枚だと100gもあるし、重たいので、ミニチョコはどうでしょう?

 

 

これだと1枚15g

 

 

みーんなに、かるぅ~く配れるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_19

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノボシビルスク限定チョコレートも

 

なかなか良い。

 

 

だって、ノボシビルスクで製造されたチョコレートだからモスクワとかでは売っていない、はず。

イラストもノボシビルスクのシンボルであるオペラバレエ劇場ですから

 

 

限定モノですよぉ~。

 

 

この板チョコは1枚85gです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_21

 

 

 

松の実もいいですよ。

 

 

おいしい

 

身体によい

 

お手軽

 

 

ノボシビルスクの中央市場で購入しました。

 

小袋パッケージもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_22
グジェリ焼のティーカップ

 

 

白地に藍色の柄

 

これもロシア伝統の陶器

 

 

とてもキレイですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「NATURA SIBERICA」のハンドクリームとフットクリーム

おしゃれ女子に配るといいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_24

 

たまたま見つけた。

 

AURAのブランド店にありました。

 

 

Tシャツなのに品質が良い。

 

良すぎる。

 

こんな高価なTシャツは初めて買った。

 

家族へのおみやげにしました。

 

 

パーカーもあったのですが、、というか

 

パーカーも店員に勧められたのですが。。。

 

絶対に日本では着られないだろう~と思った。

なので、Tシャツだけ買った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_25

 

 

シベリア文化センターのオリジナルのネックピローです。

 

 

訪問団全員にプレゼントしてくれました

 

 

おかげで帰りの飛行機の中で、ぐっすり眠れました(笑)

 

その他。。。

 

ロシアの紅茶もいいですよ、いろいろなフレーバーティーがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートも「コルクノフ」や「ババエフスキー」というブランドのものもよい。

 

 

スーパーでかわいい包み紙のミニチョコレートを選んで量り売りで買うのも楽しいです。

 

Photo_26

こんな感じで売っています。

 

 

自分で同じ値段のチョコレートをビニール袋にいれて、計ります。

 

値段シールがでてくるので、それを貼ってレジで精算するシステム。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板チョコもいっぱい。
 
 
アリョンカの板チョコ1枚は
 
65~85ルーブルです。
 
(110~150円)
 
 
スーパーによって値段は違います。
 
安いところでは60ルーブルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港内のおみやげやさん。
 

 

 

チェブラーシカがずらっーと並んでいます。

 

 

種類はたくさんあるのでいいのですが、値段はめちゃくちゃ高いです。

 

 

3000円以上します

 

 

でも入手困難なので仕方ないかもしれません。

 

 

チョコレートはなんと、スーパーの6倍の値段でした。

 

1枚360ルーブル(620円)
えっーーーーーー!

 

ルーブルが余ってしまったから使ってしまおう~という方は良いですがね。

 

1枚620円って。。。。。
暴利だ。

Duty Free もありますので、飛行機に乗る前に買えます。

« ノボシビルスク訪問記⑯ トムスクでの事業 | トップページ | ノボシビルスク訪問記⑱ ワークショップ »

ノボシビルスク訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノボシビルスク訪問記⑰ おみやげ&ホフロマ塗:

« ノボシビルスク訪問記⑯ トムスクでの事業 | トップページ | ノボシビルスク訪問記⑱ ワークショップ »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村