カテゴリー

無料ブログはココログ

« ノボシビルスク訪問記⑦ さっぽろまつり | トップページ | ノボシビルスク訪問記⑨ ビジネスマナーセミナー »

2018/11/09

ノボシビルスク訪問記⑧ 生け花セミナー

Photo日本フェスティバルINシベリア(日本外務省認定事業)のメインプログラムである
生け花セミナー&生け花デモンストレーションをノボシビルスク国立工科大学で開催しました

 

立派なホールには日本語学科の大学生のほか、大学の講師や教授達も聴講に足を運んでくれました。

 

大森千穂子氏による
「生け花セミナー:生け花の歴史について」
サブタイトルは
≪日本の風土と植物の関わり≫

 

Photo_2

 

ノボシビルスクの学生達の知識レベルはロシアの中でもかなり高い方です。

教授達は知識人です。
相当高度なレベルの講義をしないと満足してくれません。

興味深い内容の講義が求められます。

大森氏の経験と知識からわかりやすく語られる講義はロシア人を十分満足させました。

日本人にとっても大変勉強になる素晴らしい講義内容でした
Photo_3質疑応答が絶え間なく続き、大森氏を控室まで追いかける状態でした。

聴衆の熱心さがビンビンに伝わってきました

もっと知りたい!

 

もっと教えて!
というようなキラキラした目が印象的です。

ほんとーに貴重なセミナーでした。

セミナーの後は、師範たちによるデモンストレーションです。

Photo_4
活ける方とアシスタントがペアになります。

静かな中、ハサミの音がひびきます

徐々に完成していく過程を目を凝らして見守ります。

スマホて動画撮影している人も多かったですね。

15分ほどで師範たちの作品が完成しました。


Photo_6

はるばる、ロシアに来て、ロシア人達の前で活ける。
ロシアの反応はいかに?
ロシア人達にどのような印象を与えるのか?

 


作品のテーマを師範たちが発表してくれました。


上にはロシアの国旗
下には書道の半紙をお花に巻き付け、日本&ロシアの融合を表現した作品。

 


Photo_7

日本からもロシアからも見えるひとつの「月」
同じ「月」を見ながら同じ地球上で生きている。

「月」をテーマにした作品


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_9

 

 



花瓶として利用した大きなペットボトルには富士山の水が入っていたとのこと。
さすがに、水はロシアまで持ってこれないので、これにはロシアのお水をいれました。



ロシアでの生け花パフォーマンスは師範達にとって初めてのこと。

いろいろ準備等もあり、道具等の運搬もあり、そんな中で堂々と披露する作品はどれもこれも素晴らしいものでした。



Photo_10

 

 


目の前で作られる芸術作品。

ロシア人達にとても強い印象を残したことは間違いないでしょう。


第1弾としての工科大学でのセミナー&デモンストレーションは大成功でした。

これから、トムスクと美術センター、シベリア文化センターでも行います。
後日追記いたします。

« ノボシビルスク訪問記⑦ さっぽろまつり | トップページ | ノボシビルスク訪問記⑨ ビジネスマナーセミナー »

ノボシビルスク訪問記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノボシビルスク訪問記⑧ 生け花セミナー:

« ノボシビルスク訪問記⑦ さっぽろまつり | トップページ | ノボシビルスク訪問記⑨ ビジネスマナーセミナー »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村