カテゴリー

無料ブログはココログ

« ロシア人の投資家 | トップページ | ひさしぶりに小樽 »

2007/10/31

ロシア極東の中古車市場

071030_102703 ←すでにクリスマスモード

札幌三越の地下1階の入口に出現してました。
おいしそぉ~なケーキの写真が。
よだれ・・・が。。。

昨日の「観光文化情報ステーション」のこと、新聞に載ってましたね。
札幌市内のほぼ全ての文化芸術イベント情報がここでわかる、そうです。
利用は無料です。

さて、なぜかわからないのですが、この時期になるとロシアから中古車の問い合わせが多くなるのです。
たぶん、マーシャの予想ですが・・・
ロシアの規制が変わらないうちに、中古車を輸入してしまおう、ってことかも。
ロシアって1月1日から法律や規制や税金が変わりますーってことが多々ありますので。
いま以上に厳しくなると困るから、かなぁ~。

ロシア極東の地域では日本車があふれています。
ウラジオストックでは展示場みたいのがいろんなところにあって、日本車を並べてあります。
ロシア内陸地方のバイヤーが集まってくる場所でもあり、そこで商談が行われます。

ロシア経済好調!と言っても、首都圏やサハリン州、資源開発地域のみだったのですが、そろそろロシアシベリア地域にも波及してきたのでしょうか?
シベリア地域でも結構高級な日本車が走っているようです。
もちろん、潤っているのは市民全員ではありませんが、富裕層が増えてきたってことですが。

シベリア地域のバイヤーも直接日本の市場をターゲットにして進出してきそうな勢いなんでしょうね、マーシャに問い合わせがくるくらいだから。
でも、なぜか日本のオークションで中古車を購入するよりも、ロシア極東の中古車市場で購入するほうが、安い。
日本のオークションにはいろんな国のバイヤーが来ているし、輸出専門業者が買うから、どんどん落札価格が上昇していく、って中古車輸出業者が話してました。

それでも、ロシア人バイヤーはオークションで自分で選んで自分で入札価格を決めたいのですよね。
がんばって、たくさん買いなさい!
って応援しているマーシャでした。

« ロシア人の投資家 | トップページ | ひさしぶりに小樽 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア極東の中古車市場:

« ロシア人の投資家 | トップページ | ひさしぶりに小樽 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村