カテゴリー

無料ブログはココログ

« ぎゅぅうぅぅぅにくまつり | トップページ | ほっぽうりょうど »

2007/06/03

ロシアの作家

070603_204313 「恐怖の兜」

ヴィクトル・ペレーヴィエン

文学大国ロシア
現代ロシアで最も人気がある作家。

パソコンが一台置かれている知らない部屋にたった一人。
“ここはどこ?”
居場所を確認するため、チャットを始める。
そこの集まった男女8人。
迷い込んだのは「恐怖の兜」をかぶった巨人の世界・・・・・・・・・・・・・

この本を図書館に予約したのは2月。
忘れた頃に電話がきて、さっそく借りにいきました。

話は全然変りますが・・・
マーシャはやっぱり自転車と相性が悪いと思う。
もう3回も(札幌で)自転車の盗難にあっているし、また購入してもきっと、、、という不安が。
今日も買おうかな~と思って自転車を見ていたら、思いっきりつまづいて転んで青あざできて凹んだ。
きっと、“買ってはいけない。乗ってはいけない”って言われている気がする。

それに、最近は運動不足なので、自転車で楽をしてはイケナイのだ。
と思うことにした。
でー、明日からは地下鉄&徒歩にする。

« ぎゅぅうぅぅぅにくまつり | トップページ | ほっぽうりょうど »

コメント

はじめまして。
こちらはやっとプーシキンでしてペレーヴィエンまで
は・・、というところです。(ボリス・アクーニン
もいました)。
むしろ「プーチン大統領が・・・」「シャラポワは
・・・」のほうがわかりやすいかな、という程度の
ロシア語です。

EXLIBRIS様
こんにちは。コメントありがとうございます。
プーシキンはロシア語で読んでいるのですか?
マーシャはペレーヴィエンは“日本語”で読みました。
ロシア語は難解でさっぽりわかりません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの作家:

« ぎゅぅうぅぅぅにくまつり | トップページ | ほっぽうりょうど »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

にほんブログ村