カテゴリー

無料ブログはココログ

« サンクトペテルブルクから | トップページ | ロシアビジネス(カニ編)続き »

2007/05/13

はじめのロシアビジネスは・・・

先日のプレゼンで、たくさんの方にお会いしましたが、ロシアとのビジネスは他の外国とは違う、というイメージの方もいらっしゃいました。
そ~なのかな~?
どっぷりロシアに浸かっているマーシャには見えない&わからない事もあると思う、それは認める。
客観的に見たら、ロシアビジネスはまだ特殊なのかもね。
でも・・・・チャンスはたくさんあるよ!

マーシャが最初にロシアとビジネス始めたのは
★「カニ」でござる★

当時、ロシア船が北海道の港にたくさん「カニ」を運んできた。
日本人輸入者は大喜びで、とにかく買いまくった。
ロシア人は日本にカニを持っていけば「Money」がたくさんはいるから、とにかくたくさん獲って持ってきた。

日本人輸入者はロシア人に対して「買ってやるから持って来い」という態度。
ロシア人の足元をみて、値段を安くしたり、騙したり、うそついたりしてとにかく儲けていた。
「こんな落カニいらねぇ~、買えねぇ~」
って言って、ただで取引している業者もいた。

そんなビジネスは長続きしないでしょっ。
ロシア人だって、自分が命がけで獲ってきた「カニ」は少しでも高く売りたい。
日本人が騙すからイヤになるでしょっ。

せっかく持ってきた「カニ」を日本人の言いなりで取引されるロシア人がすんご~くかわいそうになったのよ。
でー、マーシャが受入れしてあげることにしたの。

もちろん、ロシア人にはうそはつかない、正直にビジネスした。
「カニを持ってきてくれてありがとう」という気持ちで取引した。

これってどーゆー事かと言うとね。
ロシア人が運んできたカニをセリに賭けたんだけど、
全てのセリ値をOPENにした。
そーすると、ロシア人は
「おれらが持ってきたカニはこんな値段なんだ~、よぉ~し今度はもっと(状態の)良いカニを持ってきて、高く売るぞぉ~」
って、やる気がでるのよ。

活カニ(生きているカニ)の値段は、落カニ(死んだカニ)の数倍です。
落カニを5トン持って来るより、活カニ1トンの方がセリ値が高くなることもあります。

マーシャのカニビジネスは

活カニ 勝負!  

でした。

続きはまた今度ね☆

« サンクトペテルブルクから | トップページ | ロシアビジネス(カニ編)続き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめのロシアビジネスは・・・:

« サンクトペテルブルクから | トップページ | ロシアビジネス(カニ編)続き »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PVランキング

にほんブログ村