« ステキな写真 From ロシア | トップページ | ロシア文学談話 »

2006/04/08

訪日ロシア人は増える!

060408_1949 本日の北海道新聞「週間フムフム」の特集は“訪日外国人旅行者、2010年に1000万人をめざす”

ビジット・ジャパン・キャンペーンが12ヶ国で行われているが、ロシアは対象外なのがちょっと残念。

訪日外国人 No1は韓国 No2台湾 No3 米国  

ロシアが何位なのかはデーターが載ってないのでわからないですが、毎年確実に増えていると思います。

個人旅行と団体旅行の割合は、中国と台湾が5:4 韓国が8:2 米国が9:1。
日本滞在中の1人あたりの支出額の平均は14.97万円だそうです。(全外国人平均) 

これらのデーターをじっーーーと見ながら訪日ロシア人データーを勝手に作ってみました。
個人旅行と団体旅行の割合は9:1で米国型で、支出額は20万円でダントツ1位!
(有)さくらツアー企画のデーターによりますと、、、スキー客の平均宿泊数は12日間で宿泊費&リフト代&食事代を含めると1人平均23万円。札幌市内観光ツアーでも平均5日間で1人8万円、これにお土産代等を含めると10万円は超えます。

訪日ビザ制限が緩和されるかビザなしになれば、サハリンから多くのツアー客がフェリーや千歳・函館便で北海道に来るでしょう。ロシア極東のウラジオストックハバロフスクから飛行機で富山、新潟に来るでしょう。

外国人観光客1000万人を目指すなら、ロシアもターゲットになりますよ~。当社も去年の2倍以上のロシア人受け入れを目指します!

« ステキな写真 From ロシア | トップページ | ロシア文学談話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

①マーシャ社長の会社名は何というのですか?
②どこにあるのですか?(札幌だと思うのですが)
③どんなお仕事をしているのですか?(旅行代理店+
ガイド+輸入輸出業、色々やっていそうです)
④マーシャ社長は日本人でしょう?スタッフもそうですか?ロシア人スタッフもいるのですか?
⑤マーシャ社長の会社で求人はしていませんか?
  ロシア語初級(1年間毎日2時間学習、2000単語マスターぐらい)の実力では無理ですか?
  私の親友の甥で、高卒後3年ぐらいニートしている男の子がいるのですが、1年間教えてそのくらいの実力をつけたら採用してもらえませんか?
  私自身は35年前に大学の第2外国語で1単位取っただけで、その後独学をしたものの中級の壁を突破できず、やがて初級もアルハべーまでも忘れてしまいましたが、ロシア語の手ほどきとロシア文化の魅力を伝えるぐらいはできると思います。
 ぶしつけな投稿で失礼だったとは思いますが、どうかご返事をくださいませ。
             

早速ご返事いただきましてありがとうございました。
 貴社で求人をされていないというのは残念でしたが、私はやはりその青年にロシア語学習を勧めたいと思います。
 ソ連崩壊後、私も対ロシアビジネスについて色々アイデアがありましたが、闘病のため実行できませんでした。ロシア語の勉強も断続的に行いましたがついにものにならず、もっぱら翻訳でロシア文学と思想に親しんできましたが、若い方にはぜひ実際のロシア人との友好交易に携わっていただきたいと念じています。
 

お忙しいところ再三の投稿で申し訳ありません。
今朝の第一投稿以来、ずっとブログを読み続けていました。まだ全部読み終えていませんが、思いついたことを忘れないうちに記します。
1.ヤフーオークションのようなものをロシアやカザフスタンとの間に開けないのでしょうか。
2.ブログを読んだ限り、マーシャさんが一人で持ち運べるぐらいの物品しか「貿易」なさっていないように思われましたが、たとえば北海道で新車や色々な製品をを買ってそのままJRのコンテナのようなものに一家揃って入って船旅で帰国するというようなアイデアを出している企業はないのでしょうか。


2回メールをお送りしましたが、2回ともエラー表示が出ました。届いていないと思いますの、でこの欄に改めて別けて書きます。(うろ覚えですが)
*9月分を読み終えて*
昔読んだ詩か小説にロシアの春が描かれていました。杏、林檎、桃、梨などが一斉に花咲き、まるで桃源郷のようになるというもので、北海道によく似ているなあと思いました。そういう農村はスターリン時代に荒廃してしまったのか、健在なのか気になりますが、いずれにしても極東では果物は不足していると思います。
たとえばロシア人は夕張メロンを喜びますか?
ネットの張らない小ぶりで作りやすく(ビニールハウス不要)とても甘いプリンスメロンは日本では高級化志向のため売れなくなりましたが、ロシア人にとってはどうでしょう?
それでよいならネットメロンの何十倍もの生産が可能だと思います。もちろんネットメロンは高級品としてちゃんと需要があるでしょうが・・・
また野菜ではボルシチに欠かせない玉葱は不足していないのでしょうか?北海道では玉葱が生産過剰になっていて、作付け制限をしているほどなのですが・・・


*試し送信*
 この文章を打つのは3回目になります。最初E-Mail Meに送信しましたがエラーになり消えてしまいました。そこでこの欄で半分に分けて送信すると前に送った分はダブって載ってますし、後の分はなぜか消えてしまいました。
 私は30年前のパソコンになら思い通りに命令できましたが、今のパソコンに対してはピョートル大帝の前におろおろする臣下のごとくです。
 でも私は健康を奪われた替わりに時間だけはたっぷりいただきました。何度でも打ち直します。打ち直すごとによいアイデアが湧きよい文章になります。
 私が、対ロシア交易を北海道の基幹産業にしよう、北海道をロシア人のカリフォルニアにしようと考えたのは、もう20年ぐらい前でした。そのころそんなことを言うと「おまえは赤か?」とか「ロシアには(ルーブルには)決済能力がない」とか言われて一笑に付されたものでした。その後すぐ病気になり全ての希望は空しくなりました。
 どういう偶然か一昨日のことなのにもう忘れてしまいましたが、このブログに出会えた瞬間、ああインターネットというのは凄いなと思いました。
 そしてマーシャさんの活動と文章には、ああ「ロシア=ソ連」という幻想に惑わされてきた旧世代とはまったく違う人々が現れたのだなあと思いました。
 もう老兵は去るべきかとも思いますが、まだ少し老兵にも貢献できることがあるように思いました。それは若いマーシャさんより老兵のほうが日本のことに詳しいという点です。
 8月のブログの中で、ロシア人からインターネットで日本の商品を売りたいという話にマーシャさんが途惑ったという文章を見たとき私はかなりマーシャさんに助言できそうだと思いました。
 ここから先が消滅した文章になります。
 さて、この文章は届くかな?

*8月分を読んで*
ロシアのインターネットショッピング向け日本商品
1.着物、柔道着:いいと思います
2.作務衣:私は春秋はデニム地紺色、夏は木綿地のやはり紺色を着ています。1着2千円以下です。色は茶色など何色かあります。格子模様、千鳥模様などもあります。冬は寒いので下にトレーナーを着ますが、柔道着なら暖かそうですね。ただ首から胸元は寒いのでマフラーが必要ですが、最近あごひげを長くするとマフラーが要らないことを発見しました。ロシア人男性には、ぜひ昔のように髭を蓄えてもらいましょう。
(つづく)

ロシアのインターネットショッピング向け日本商品(つづき)
2.作務衣(さむえ):ヤフーショッピングで2千円から2万円の幅で出ています。
3.鎧兜(よろいかぶと):1万円から300万円まで約300点出品されています。
4.巾着(きんちゃく)類:藍染の布や縮緬(ちりめん)などで巾着や小銭入れ、ポーチ、バッグなどを作って売っている人と私は大の仲良しです。近いうちに見本をお送りします。
5~15:非公開にします。
わたくし、会社をつくってロシアへ直接売りにいきます。その折には貴社のお世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訪日ロシア人は増える!:

« ステキな写真 From ロシア | トップページ | ロシア文学談話 »