カテゴリー

無料ブログはココログ

2022/12/07

ロシアの「新年の首都2023」はノボシビルスクです

20221204_171652_mh1670314015775
ノボシビルスク市内中心部です。
奥にドーム型の屋根の建物が見えますか?
これはノボシビルスクのシンボル「国立オペラ・バレエ劇場」です。
ロシアで最大規模の劇場なんですよ💃

イルミネーションのオブジェがすんごぉーくゴージャスですよね!

20221204_172223_mh1670169959115
すんごぉーい数の電球💡
光の天井!!!

今年は特別に豪華なイルミネーションなんです!
その理由は
ロシアの「新年の首都2023」がノボシビルスク市だからです✨✨🌲

「新年の首都」って何?
ロシアの首都はモスクワですが、毎年、新年のイベントの一つとしてその年の首都を決めます。
モスクワ以外の都市を首都と呼んで、そこでたくさんのイベントを行うので観光客やイベント出演者などがたくさんその首都へ集まるのです。

地方活性化事業のひとつか?とアタシは勝手に思っていますが。

2022年の12月下旬~2023年の1月7日まで(つまり2023年のお正月)の首都がノボシビルスクなんです。
何をするかというと。。。
このイルミネーションのように豪華に街中を飾ってお祝いムードを盛り上げています。
その他、人気歌手やグループのコンサートやスポーツイベント、サンタクロースが各地から集まったり、雪だるまコンテスト、コスプレ大会、各地の民族音楽コンサート、などなど。。。
20221204_173632_mh1670314646714
ちょうど1年前、12月にノボシビルスク市役所国際部とzoom打ち合わせがありました。
「マナさん!来年はノボシビルスクが「新年の首都」となりますので、ぜひ、日本のみなさん、来てください!とても楽しいイベントがたくさんあるので楽しいですよ!大歓迎します!」
と言われました。
日本から訪問団を結成してノボシビルスクへ行こう!
姉妹都市交流として、札幌市とも連携しよう!
日露交流のイベントもやろう!
とかなり盛り上がっていたのですよ・・・

最大の目玉イベントは「アイスホッケーU18世界選手権」をノボシビルスクで開催することでした。

しかーし、、、しかーし、、、
そうです、あの事があって、、、💥💥💥
ロシアがウクライナ侵攻をはじめたことで、経済制裁が行われ、「世界大会」なんてふっとんでしまいました。

結局、ロシア国内のロシア人だけが集まるであろう「新年の首都」イベントになりました。
海外旅行に自由に行けないロシア人が「新年の首都」のノボシビルスクに集まることでしょう。
すでにイベント参加者やマスコミ各社がノボシビルスクに来ていて賑わっているそうです。

本当は、訪問団としてアタシたち(NPO法人札幌ノボシビルスク協会)も参加する予定だったのにね。
「寒いシベリアになんて行きたくないよぉ~」と思うかもしれませんが、、、
いやいや、なんのその、、、
冬は芸術大国ロシアは「熱い」のですよ!
劇場で最高級のオペラやバレエを鑑賞できますよ!
日本では観ることのできない世界がすぐ目の前で観れます!
そーゆーキャッチコピーで新しい顧客を集客できたかもなぁ~と。

たくさん送られてきたノボシビルスクの写真を見ながら
「ボルシチ食べてぇ~」と叫びました。

にほんブログ村のランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

2022/12/06

ロシアの動物園からもふもふのマヌルネコちゃんをお届け

317370788_5761814450544835_5340951709600
もふもふのシベリアのマヌルネコちゃんです。
ノボシビルスク動物園から動画が送られてきました。
YouTubeに公開していますので、ぜひぜひご覧ください。
よかったらチャンネル登録もよろしくお願いいたします!
チャンネル登録者が増えないとYouTubeライブができないようです。

なかなか自由に行けなくなったロシアの動物園から動物たちの様子をLIVE配信したいんです🐱🐆🐻🐶🐓
今までZoomでオンラインツアーを開催してきましたが、やはりZoomでは画像がきれいに映らないことがありましたので、YouTubeライブに切り替えたいなと思っています。

9月に開催した「ノボシビルスク動物園オンラインツアー」の様子はコチラです。
↓ ↓ ↓ 
ロシアに行けないからロシアからライブ配信しました。

日曜日はマヌルネコのダイエットの日です。

ノボシビルスクは毎日マイナス15~20度くらいです🥶
外でジッーとしていると寒くて凍っちゃいそうです。

人間はかなり辛いですが、冬型動物はとっても生き生きしています。
ホッキョクグマやユキヒョウなどなど、ね。
シロフクロウのかわいい動画も送られてきたので編集したらUPします。

まずは、マヌルネコをどーぞ

↓ ↓ ↓


マヌルネコのパンチで悶絶する人続出です(笑)
本当に愛らしい可愛さです。

ノボシビルスク動物園で見てみたい動物がいましたら教えて下さいね。
動画を送ってもらうように頼みます。

にほんブログ村のランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

2022/12/05

北朝鮮人の代わりにキルギス人が増えたロシア極東

317935846_606120011269255_19670721315594
ロシアのサハリンにある教会の中です。
イコンがびっしりで壁画もゴージャスですよね✨✨✨
異国感たっぷり☆
たった1時間で行ける別世界だったのにね✈

さて、タイトルの話です。
ロシア極東地域には北朝鮮からの労働者がたくさんいたのですが、2020年に帰国してしまい、現在は彼らに代わってキルギスからの出稼ぎが多くなってきていますとさ。

2019年にサハリンへ行った時に、現場の作業員が全員北朝鮮からの人たちでした。
アタシは日本人の指示をロシア語で話し、
韓国人の通訳がアタシのロシア語を朝鮮語に訳して、彼らに伝えていました。
なんとも、めんどーな💦

韓国人通訳は現場をいくつも担当していたようで、1日のうち2時間くらいしか我々の現場にいませんでした。
なので、アタシが直接北朝鮮の人たちにロシア語で指示を出すという状況になったのですよ。
彼らは長期間ロシアで働いているのである程度のロシア語は理解できました。

彼らはアタシのロシア語を真剣に聞いてくれた。
アタシも理解してもらおうとゆっくりと丁寧に話した。
紙に書いたり、ジェスチャーを交えてとにかくしっかりと伝えようとした。
すると、、、通じるのですよね!
お互いに理解したら「OK」と笑顔でハイタッチしたりしていた。

ロシア極東地域にとって、北朝鮮からの出稼ぎ労働者は貴重な存在だったのですが、今はキルギス人がその役割を果たしています。
男性は建設現場や作業員として、女性はスーパーのレジや飲食業、清掃業などで働いているようです。

ロシア人曰く
キルギス人も北朝鮮人と同じくとても良く働くとのこと。
ロシア語もわかるので違和感がないというか、もう地域に溶け込んでいるって。

2018年や2019年にアタシがロシアへ出張に行っていた頃にもキルギス人は労働者としてロシアに在住していましたが、その時の数倍に増えているらしいです。

ロシア人曰く
現在、ユジノサハリンスク空港の新ターミナル建設に従事しているのは9割がキルギス人だそうです。
ま、肌感覚だろうから正確ではないと思いますが。
たまたま、ロシアのニュースで空港建設の現場が写っていたのですが、人の顔が全く写らず背中だけだったのを見ていて
「マナさん、ロシア人が働いていないから顔を写さないんだよ」って言ってた。

きっとロシアもいろいろと変化があるんだろうなぁ~。

にほんブログ村のランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

2022/12/04

ロシアの観光ホスピタリティ大会

Fcbee83d3f603a6fa4aa868bd104167dd3d072b8
画像はロシアこちらのサイトからです。

ロシア・サハリン州の州都ユジノサハリンスクで、観光業関係者(旅行会社など)と観光業界を目指す大学生による「ホスピタリティ大会」が開催されました。
観光名所や観光施設などのプレゼンテーションを行ったり、学生は自分たちが企画したツアーを発表しました。
旅行会社の知人が参加していたので興味を持ちました。

数年前に、サハリンの旅行会社による日本人観光客誘致のためのセミナーに参加したことがあります。
日本人観光客を増やすためにどうするか?
という意見交換会でした。
日本人はサハリンに何を求めているのか?
日本人に対してどのようにPRすればよいのか?
どのようなツアーを企画すれば売れるのか?
などなど、いっぱい考えることはあるのですよ。。。。。。。

サハリンは日本から近い!という優位性がありますが、それを活かせていないのですよ。
情報発信不足です。

サハリンの魅力を発信できていないのがネックでしょう。
それにですねー、飛行機代がめっちゃ高額だからお手頃なツアーを日本の旅行会社が造成できません。
アタシはいっつも、ロシア人から
「サハリンはこんなに近いのに日本人の観光客(特に若い人)が少ないと思う」と言われるので
「だって、飛行機代がさぁ~高いのよ。飛行機代だけでヨーロッパへ行けちゃうんだよねー」と答えると
「日本の飛行機が飛べばいいじゃん!そしたらロシアの航空会社が独占できなくなるから価格競争で安くなるよね、サハリンの人達だって大歓迎だよ」
と言うのよね。

JALやANAが成田ーウラジオストク便を飛ばしたのだから、サハリン便だってできるんじゃん。
とか言うけど、、、知らんわ。

サハリン観光を盛り上げるためにはいっぱいやらなくてはいけないことがあるけど、それを言っても彼らはやらない。
日本人向けに合わせるってっことをしなかった。
自分たちはこうだから、これでいいとか頑固だった。
アタシの周りの人達だけかもしれないけど、ま、これはアタシの考えだから全員がそうってことはない。
観光業界のトップもたびたび変わるから方向性が決まらないこともあったと思う。

これらはコロナ前の話であって、経済制裁の影響下では今後はどうなるのかわからないですよね。
直行便がないからサハリンへ行く日本人観光客はほぼ皆無でしょう。
いま、サハリンへ渡航している日本人はほぼビジネス関係者です。

話は飛びますが・・・
先日、日本の港に初入港したロシアの大型船がありました。
乗組員に話を聞くと、オーナーが西側とビジネスしていたが制裁で取引が中止になったので、新たなビジネスパートナーを日本で見つけてブツを運んできたとのこと。
スゲーやり手じゃん!と感心した。
輸入元となった日本企業もスゲーなぁ~、だって今、この時期に新規にロシアとビジネスするって。。。

日本とロシアの輸出入に関してはあまり制裁はありません。

にほんブログ村のランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

2022/12/03

アゼルバイジャンの紅茶「アゼルチャイ」

316992516_1092376334784141_5132646592340
アゼルバイジャンの紅茶「アゼルチャイ」でございまする。
札幌在住のロシア人のお友達に会って、一緒にお茶していっぱいおしゃべりしてきました。

「アゼルチャイ」は日本ではなかなか入手困難なはずです。
通販でも稀です。
アタシはロシアでもあまり飲むことはありませんでした。
アゼルチャイはロシアの紅茶とあまり変わりはない気がします。
美味しいですよ☕

アゼルバイジャンは旧ソ連ですから、いっぱいロシア的なモノがあります。
カスピ海に面していて、リゾート地もあるのでロシア人が観光に行くようです。
特に今は、経済制裁の影響でロシア人が行くことができる海外が少ないので、旧ソ連国などビザが不要な国へ休暇に行きます。

ロシアではお正月とクリスマスが一緒に来ます🎄
どーゆーことかと言うとね、お正月は1月1日からで、クリスマスは1月7日なんです。
で、ロシアのお正月休みは1月1日~1月10日まで。
この時期はロシア人の中流階級以上、富裕層達は海外旅行へ行きます✈
特にロシア極東地域に住むロシア人にとって、人気なのがタイランドです。
10日間では少ないので、2週間以上または1ケ月近くお休みをとってリゾート地で休暇を過ごすのです。

もちろん、コロナ前までは日本にも来ていました。
日本中を観光したり(東京や大阪、京都など)、スキーリゾートに長期滞在したりしていました。
北海道ではやはり、ニセコリゾートやルスツリゾートが人気だったのです🎿
今年は・・・・・
当社で受け入れるロシア人富裕層は0です。
顧客がいない💦

インバウンドが戻ってきてはいますが、ロシアからはまだまだ戻りません。
辛いです💦
😢

にほんブログ村のランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

«サッカーの次の試合は「クロアチア」

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村