隣りの国ロシアまで飛行機で1時間・船で5時間半

Ffff_2夏時期、隣りの国ロシアサハリン州と稚内間はフェリーが運航していますship

片道5時間30分watch

ロシア人ツアー客の多くは、稚内に到着後すぐに札幌を目指します。

当社のツアーには稚内滞在のプランはありません。
リクエストがある場合のみ稚内滞在ツアーを催行します。
めったにないです。

昨日は夜のお仕事night

稚内から列車trainで到着するロシア人ツアー客をJR札幌駅まで迎えに行き、そのあと、バスbusで到着するロシア人達をバスセンターまで迎えに行き、それぞれのホテルへチェックインさせる。

バスはロシア人で満席でしたfull(日本人はたったの2人)

バスから降りてくるロシア人達は一様に疲れた様子sad
「みんなぁ~ようこそ札幌へぇ~、まってたよぉ~」と元気に叫んでいる自分がみょーに浮いていた気がする・・・

それもそのはず・・・
コルサコフ~稚内までのフェリーが時化でかなり揺れたらしいsign04
その後、バスで6時間かかって、やっと札幌へ到着・・・
そりゃぁ~疲れるわよねぇ~。。。。

コルサコフの税関でかなり待たされ、さらに、時化でフェリーが遅れ・・・
稚内に到着したらぐったりsweat02
さらに、さらに、札幌までの長旅ですもんねぇ~。

「帰りは飛行機で帰りたぁ~い」と言っている女の子
母親が
「飛行機airplaneは荷物が23キロまでなんだもん、超過料金がかかるからダメ」と言ってる。

フェリーを利用するメリットは料金yenが安いということもあるが、一番は荷物がたくさん積めるってことです。

でもなぁ~、アタシは船はパス。
時間かかるし、揺れるし。
1時間でロシアへ行ける飛行機airplaneがいいな、やっぱ。
時は金なり。
Cccc
←おみやげにいただきました。

大理石だそうです。

でもねぇ~なんだか顔がこわいの。
なんだろう。
原住民?

手のひらサイズの置物だけど、ずっしりと重い。

玄関にかざっておこうっと。

明日から根室出張です。
いってきまぁ~すpaper

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン州第2の都市・ホルムスクへ

Img_2692ただいま・・ですscissors

2013年7月、2回目のロシア出張から戻りましたairplane
またまたサハリン州です。

月に2回のサハリンは結構つらいsweat02
体力的に・・・厳しかった。
まっ、これがでっかいビジネスにつながると思えば、なんともないさっrock

今回は、サハリン州第2の都市・ホルムスクです。
何度も書きますが、ジェット機airplaneで飛ぶと、新千歳空港からサハリンまではたったの50分ですから。
近いんです。アッという間です。
Img_2693
ユジノサハリンスクに到着後、お迎えのサーシャの車rvcarですぐにホルムスク市へ向かう。

ホルムスクまで83㌔。
ホルムスクは人口約52000人の日本海に面した港町。
樺太時代は「真岡」と呼ばれていました。

ホルムスクまでの道は舗装道路です。
時速100キロ近くで飛ばしましたので、1時間半くらいで到着しましたsign01

ホテル「ホルムスク」hotel

Img_2694
見た目は今にも崩れそうな建物ですcoldsweats01
中はそこそこキレイでした。

もちろん、エレベーターはございません。
重たいスーツケースを4階までよっこらせ、と運びますsweat01

私はエコノミーシングル部屋でした。

同行者たちはスィートルームでした。
スィートルームをのぞきましたが・・・ちょっと広くて、バスルームとシャワールームがあったくらいで、アメニティが良いとか、何か特別なモノはなかった。
Img_2696

それどころか・・・
後から
「オレの部屋、一番いい部屋だろー、なのにカーテンがなかったしcoldsweats01、シャワールームのシャワーが壊れてたし、テレビつかないし、ドライヤーの温風がでないし・・・」

うわぁ~upさすがロシア

スウィートルームにカーテンがない!(笑)

あとねぇ、お湯が夜11時でストップするんです。
Img_2698
お湯の出る時間は
朝7時~10時と
夜7時~11時でした。

最初、夜は水が出ないcoldsweats02・・・と言われていたので覚悟してたのですが、水は24時間OKでした。

時期によってはSTOPすることもあるらしい。




Img_2697
トイレはキレイでしたが、ペーパーホルダーが壊れていた。
この右側にシャワールームがあります。

シャワーを出しっぱなしでシャンプーしてたら、下から水が漏れそうになったあわてたよ。

後で同行者のみんなに聞くと、何かかしら壊れていた。
まともな部屋ってないのかねぇ~。

仕方ないか、ロシアだから。

ホルムスクに宿泊する方はたぶんここのホテルしかないでしょう。
他にもあるけど、かなりひどいらしいsad


Img_2704
←ちょっと外へ出てみる。
ホテルの目の前に記念碑が。

交通の便について・・・
ホルムスクへは車で行くのが一番便利。

あとは、バスのみbus
バスは約2時間くらいかかる。

鉄道trainだと、北部横断線を経由するのでなんと、7時間くらいかかるそうだ。

Img_2702
ホルムスクの友人知人からは「遊びにおいで」と何度も誘われていたが、わざわざホルムスクまで行くつもりはまったくなかった。

今回、ビジネスマッチングのお仕事でホルムスクまで来ることが出来てすごくうれしく思うhappy01
行ってみなくてはわからないコトがたくさんあった。

一つの事を目的に訪問&視察してみたが、ひとつどころか、
次から次へと新しいアイディアやビジネスのネタが出てくるのであるflair
Img_2703
「百聞は一見にしかず」である。

本当にホントに、「見るeye」ことがビジネスにつながるのですよ。

私にとっても貴重な経験になったし、ロシアビジネスの幅がぐーんと広がったのですsign03

視野がおーきく広がった。
ビジネス分野がさらに拡大された。

行動するって、いいねheart04

Img_2710
夜7時
レストランrestaurantで宴会が始まる!

飲むbeer・食う・飲むwine・食べる・そんでもってまた飲む。

乾杯beerの嵐typhoon

ホルムスクまでやってきた日本人達をあたたかく迎えてくれたロシアのみなさん、ありがとうございます。

ステキな出会いに乾杯の連続beer

これから一仕事ある。。。って言うのに、そんなに酔っぱらっていいのかぁ~up
と思いながら、、、バクバク食べる。
Img_2708
「ペリメニが食べたい」とリクエストしたら、ペリメニはなかった。
似たようなモノ(たしかマンティと言ってた)があるのでそれが出てきた。

でっかい!
こんな大きな餃子もどきを5個も食べられなかった。
その他にも牛肉やオヒョウのステーキが出てきたwobbly

「マナさん、好きなモノ頼んで。おまかせするから」って言われたので、テキトーにオーダーしたら、すんごーい量になってしまった。
Img_2707

ボルシチだけでおなか半分いっぱいになったよ。

とにかくロシア料理はうまい!

初日からこんなにはしゃいでいいのかぁ~って思うくらい楽しんだ。

なんと、この後、夜12時まで仕事したんです。
アタシが
「絶対シャワー浴びたいから10時半までホテルに戻りたぁ~い!」と何度も叫んでいたのに、、、日本人にはムシされ、ロシア人は酔っぱらっているから「OK!」と言うだけ。
Img_2706


←刺身かな?と思ったら、エビはボイルされていた。

ホタテはめっちゃでかい!
身がカチッとしてた。

魚がおいしいhappy01

食べ過ぎた。

ウオッカも3本くらい飲んでたようだbottle

「みなさぁ~ん、これから仕事ありますから、飲みすぎないようにねぇ~」
と叫んでもみんなムシ。
ウオッカで乾杯!
Img_2715
夜11時、会社の社長室で。

ほら、見てみ-、イリヤさん、顔が赤いでしょぉー。

もう、この時点で温水シャワーは間に合わず。

「あーあ、シャワー、間に合わなかった」とでっかい声で言うと、
「マナさん、水シャワーでいいじゃん」って酔っ払いのロシア人と日本人が答える。

「いいよ、明日の朝にするから・・・」
みーんな酔っ払いなのに、そこそこちゃんと仕事してるから立派だと思った。
アタシはその横でひたすら通訳。
早くホテルに戻りたいから、「あっ、その件は明日にしよう」ってことで12時には切り上げた。
夜の12時だけど、日本時間は夜10時なのよね、でも移動で疲れたんだもん。
Img_2730


←樺太時代の王子製紙真岡工場跡

廃墟です。

更地にすることなく、日本時代の建物がそのまま残っているんですね。

歴史を感じるね。




Img_2755


日本時代の鉄道trainも残っています。











Img_2757






Img_2759

ホルムスク港の入口







Img_2760


フェリーターミナル

ここからロシア本土ワニノまで船が出ています。ship








Img_2761
ホルムスクの手前の熊笹峠

丘の上に戦勝記念碑がたっています。



ロシアビジネスに興味があれば、ぜひ、ロシアへ行ってみてください。
実際に自分の目で見て下さい。
たくさんのロシア人に出会って下さい。

今回、一つの目的で訪問したサハリンでしたが、ホルムスクの後、アニワに行き、別のロシア人ビジネスマンと交流を深め、さらに、キーパーソンともアポがとれ、一緒にウオッカを飲みwine、お互いに腹を割って語り合い、ビジネスに対する理解を深め。。。。
充実した出張でしたnotes

今回も感じたこと。

 

それは、ロシアには未知数のビジネスチャンスがあること。

アレもやりたい、コレならできる、こーしたらどーだろう、よぉーしやってみるかrock
テンションあがりまくりupupup

おもしろいねぇーロシアって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリンの情報交換

080410_122637 今年は折りたたみ自転車bicycleをGETしました。
(去年ママチャリを盗まれたので)

初乗りしました。
ハンドルしっかり握っているつもりなのですが・・・なぜかフラフラ~~~~sweat01

←札幌駅北口自転車場を利用しました。
一時駐輪はyen100でした。
入口の自動販売機でシールを購入して自転車に貼り付けます。
となりは交番なのでちょっと安心。

今日はサハリンから来日しているロシア人と情報交換でした。
今のサハリンロシア国のなかでもかなり景気の良い地域で物価の上昇が激しいって。
商品によってはモスクワよりも高い。。。ってことは日本よりも高い。

たとえば、ガソリン1L ハイオク約140円 レギュラー約110円rvcar

サハリンで日本とビジネスしたいやる気のあるビジネスマンがいたら、マーシャはお手伝いするからね、連絡待ってるよhappy01
って宣伝しておいた。

サハリンのみをターゲットにする日本の大手企業はあんまりない。
サハリンの中小企業と取引できるのはきっと北海道の中小企業だと思う。
地理的にも近いしね。
サハリンの企業は北海道との経済交流を望んでいる。
毎年増えてはいるけれど、まだまだ開拓の余地はたくさんあるはず。
スキマビジネス狙っちゃいましょう~rock

| | Comments (2) | TrackBack (2)

サハリンからのお客様

北海道とサハリンを結ぶ定期航路 「アインス宗谷」運航が始りました~。
サハリンからのツアー客やビジネスマン達が利用します。
もちろん日本人客もたくさんいます。
「アインス宗谷情報」はコチラへ

夏のツアーシーズンにはたくさんの乗船客で賑わうのでしょうね~。
特に親子(子供が小学生くらい)には人気ありますよ、船旅って。
飛行機より格安だし、楽しいよね。

今年はビジネスマンのガイドや通訳の仕事もはいってきましたので、当社の通訳が稚内まで迎えに行くこともありそーです。
人手が足りないのでマーシャも行かねば・・・(とぉ~い~なぁ~)

今日は、ロシア人と「流通事情」のことで話し合いしたんだけど・・・
話がかみ合わず、お互いに納得できないまま、なんだかスッキリしないのよね~。
後から、
「あ~言えば良かった、こんな例を言えばわかってもらえたかな~、ロシアとの違いがうまく説明できなかったな~」
とか反省した。
ロシアはこーだ」
「日本はこーだ」
って違うのは当たり前で、それをわかったうえで
「じゃぁ、どうすれば取引が上手くいくか、お互いにメリットがでるか?」
って考えるよね。
それが難しい。。。。。

カンケーないけど。。。。。自転車盗まれた。。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリンからの今年最後の飛行機

やっと、飛びました!

ウラっー!!!!!

サハリンへ帰国するロシア人は函館に宿泊して思いがけず函館観光。
「どこに行ったらい~い?」って聞くから
「そーねー、五稜郭とか~。赤レンガ倉庫群、函館朝市とかー」
ロシア人が喜ぶ函館観光名所ってどこなんでしょう?
今度調査してみなくては・・・

やっと、日本に来れた当社のツアー客たち。
2家族は貸切バスで二セコリゾートへ。

1家族はルスツリゾートへ。団体は国内線に乗り換えて札幌と東京へ。
乗り継ぎ時間がたくさんあるので、彼らも函館観光。

二セコに宿泊しているVIPファミリーは
パパはスノーボードで3Mountainsガンガン。
ママはプライベートスキーレッスン。
お嬢様はプライベートスノボレッスン。
ちびっ子お嬢様はゲレンデでソリ遊び?!

スキースクールの英語対応って、グループレッスンがないんです。
プライベートレッスンのみなんですって。
英語の話せるインストラクターがとても少ない。

ロシア語の話せるインストラクターがいたら、すごーい人気だろうな~。

誰かいませんか~?
当社で雇います(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

サハリン、またまた空港閉鎖!

ガーン^    飛びませんでした^

今日も一日中、サハリンのユジノサハリンスク空港閉鎖


大型の除雪機100台くらい導入してほしいねー。
来年からはボーイングが飛ぶのだから、必要よ。
2日間も空港閉鎖なんて・・・・

帰国する予定のロシア人は函館のホテルに泊まることになったし、成田行きのチャーター便に乗るサハリンエナジー社の社員達も東京に来れないし、スキーツアーのお客さんも足止め。
全て予定が変更ーーーーー。
あっーあ>>>>>>

明日は

飛んで下さい。飛んでください。おねがいしまーす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン、空港閉鎖!

Img_0235_3  本日サハリンは大吹雪のため

ユジノサハリンスク空港閉鎖!

17時のサハリンからの情報では、
夜には吹雪きもおさまり、天候回復する予報で、
明日の10時まで空港閉鎖で、それから飛行機の雪をおろして、滑走路の雪かきをしてから・・・
さぁー、飛ぶか。

明日の朝、新しい情報がでるって。

明日は当社のお客様がたーくさん来日します。
帰国するロシア人もいますしー。
今年最後の便です、無事に飛んで欲しいな~。

飛んでください。飛んでください飛んでください!

写真は千歳空港です。
スカイマークエアラインの下、滑走路に止まっているのが、サハリン航空(SAT)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン航空 函館ーユジノサハリンスク減便

Img_0235_1 ユジノサハリンスクー函館間を週2往復している定期便が来年1月1日から週1往復になります。
 現在使用されている旧ソ連製
《アントノフ24》が改正航空法の安全基準を満たさなくなったので
 米ボーイング社製の
《B737-200型》に転換されます。

36人乗りから108人乗りに。

座席は増えましたが、水曜日にしか函館便を使えなくなったので、ツアー日程を大幅に変更しなくては。
来年のスキーツアーを申し込んでいたお客様も、日程を延ばしたり短縮したり、千歳便に切り替えたりしてます。
お正月休みを利用してスキーツアーに来るお客様の帰国ラッシュも延びるかも。

座席が増えたのはうれしいですね~。
日本に行きたいのに、飛行機が満席で行けない~と言うことがなくなるかも。
いえいえ、108席でも足りない!というくらいに、サハリンからお客さんを迎えたいですね。

サハリン航空によると
「週1便は当面3月24日までで、それ以降は未定」とのこと。
サハリン便も増便して、ウラジオストック便とハバロフスク便を新設してくれると、
すんごーくありがたいのですがね~。

北海道経済を潤すためにも、是非是非
北海道ーロシア極東便を飛ばして欲しいですぅ。

写真は千歳空港。
スカイマークエアラインの下を滑走しているのが、サハリン航空(SAT)です。
ちっちゃ~い☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアへ帰国したツアー客

061114_2232 サハリンから来たお客様からいただいた(いつもの)チョコレートです。
 中にチョーあま~いマシュマロが入っていて、外側がチョコでコーティングされているサハリンでは一番有名なチョコ。

 日本にツアーに来て、ロシアに帰国すると、お客さんはロシアの旅行代理店に帰国報告の電話をするんですよね。
 個人ツアーのお客様はほとんどが電話するみたいです。
 「昨日日本から戻りました。東京ディズニーランドは天気も良くたくさん遊べて最高でした。ホテルも高級でサービスも良くて料理も美味しかった。新宿の夜景は素晴らしかった。浅草寺でたくさんおみやげを買ってきました。・・・・・」
などなど、ツアーがとても楽しくて大満足した、ということを報告するそうです。
そして
「マナさんによろしくお伝え下さい」
と言ってくれるそうです。

この言葉、うれぴーですよー。
あー、日本に来て楽しんでくれてホントに良かった、ってすごくうれしくなります。
この言葉は私だけでなく、送迎したロシア語通訳やホテルの方、レストランの方、みなさんのサービスのおかげなんです。

感謝・感謝×100万回ですぅ。
ロシアの旅行代理店には、必ずお客さんの声を私に伝えるように言ってありますので、
お客さんが旅行報告の電話をかけてきたらすぐに私の耳にも届くようにしています。

反省点もたくさんでてくるのですよ。
たとえば、ホテルの朝食。
“朝食バイキング” だったのですが、“和食バイキング”だったらしく、パンとスクランブルエックやベーコンを食べたかったお客さんには不評だった。
あらかじめチェックしておけば良かった>反省。
月曜日は美術館や博物館は休み、と伝えるのを忘れてお客さんが時間の無駄をしてしまった>反省。

これからもロシアからたくさんツアー客が来日して、相互理解&人的交流が盛んになることを祈っています。
みなさんも、ロシアの方を見かけたら
「ズドラーストヴイッチェ!」
と声をかけてあげてくださいませ。(特に北海道の方、特に札幌の方、ヨロシク☆)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

サハリン航路は日ロ交流の船

061023_0700_1 サハリンコルサコフ港と北海道の稚内港を結ぶ国際定期フェリー航路の便数が減るそうです。
 燃料油高騰&重機・建設機械の輸出のピークが過ぎて今後の大幅な増加が見込めないとか。

サハリンの人にとっては、日本に行く手段のひとつとして、安くて早いフェリーは人気があります。
 飛行機料金の半額ですからね~。
リピーターもたくさんいます。
061101_1253_1  
当社では稚内にロシア語ガイドを送迎に派遣して、お客さんを受け入れしました。
先日、小樽港とサハリンホルムスク港間を運行しているフェリー会社の代表者と会ったときに
「当社は船会社なので、フェリーの問い合わせがたくさんきます。
コルサコフー稚内のフェリーも利用したツアーを是非売り出したい」
と話していました。
ツアー客だけでなく、中古車バイヤーさんやビジネスマンも利用しやすいと思います。
サハリンの方にたくさん利用してもらいましょう~。

サハリン航路のおかげで、多くの交流が生れています。青少年交流や観光交流、ビジネス交流まで幅広いと思いますよ。
飛行機は料金が高いからなかなか来れませんが、フェリーだと他の外国へ行くよりも安く来れます。
サハリンから気軽に来れる「隣の国JAPAN」の足なのですから・・・

上の写真は、サハリンのチョコレート。パッケージはサハリン島。
チョコレートと言っても、中はチョー甘いマシュマロです。
(写真撮る前に食べてしまったので、空きスペースが・・・)

下の写真は、お世話になっているTお嬢様の中国出張のおみやげです。
いつもいつもありがとうございますぅ。
パッケージには「優の良品」って書いてあります。
バラエティーなアメが入ってました。こちらも甘かった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)