« ノボシビルスク限定チョコレート | Main | ノボシビルスクのホテル「リバーパークホテル」 »

ロシアに輸出するものがあった

Photo_20200219140801
ロシアへ輸出する商品を運んで小樽港へ行きました。
レンタカーやさんでハイエースを借りて、荷物を詰め込みました。
ハイエースの助手席は乗り心地が悪い。
ガタガタした冬道は揺れる💧

小樽の税関で申告書を提出して許可をもらい、停泊中のロシア船まで行く。
積み込みは船にお任せなので、商品は船まで運べばよいのです。

あいかわらず、岸壁には中古車が並んでいました。
ハーフカットの車も多いです。
Kuruma-2  
ハーフカットにすることにより「自動車」ではなくなります。
「部品」として輸出し、ロシアの税関では税金が安くなります。

ロシアに到着したら、ロシア人が部品をはずして販売するのです。
これらの部品はロシア本土へも輸出されますよ。

日本から中古車そのものの輸入はロシアでは税金がとても高いので、修理しながら乗っているようです。

富裕層や成金ロシア人はめっちゃ良い車を乗り回してますが、中間層(そんなのあるかな?)は
やっと買った日本の中古車を修理しながら長く乗っているようです。
ロシアに輸出される時点ですでに数万キロは走ってますからねー。

去年、ロシア極東でタクシーに乗った時に、ドライバーが
「日本車は最高だぜぇ~!この車はもう20万キロ走っているが、どこも故障しないぜぇ~」
と自慢していた。
20万キロ、、、、って。。。。

恐るべしロシア、、いや、恐るべし日本車!

小樽港でいっぱい仕事したので、小樽でおいしいお寿司を食べてきました😃

|

« ノボシビルスク限定チョコレート | Main | ノボシビルスクのホテル「リバーパークホテル」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ノボシビルスク限定チョコレート | Main | ノボシビルスクのホテル「リバーパークホテル」 »