« 北方四島の色丹島の馬 | Main | 英日露医療用語辞典のご紹介 »

ロシアとの打ち合わせは何度も何度もしつこいくらいにやろう。

290今年もまた、ノボシビルスク第4ギムナジウム学校で「さっぽろまつり」をおこなう

小学3年~5年生の日本語を学ぶ生徒達がホールに集まり、クイズ大会・ステージ発表などが行われる。

教室では、折り紙を教えたり、日本文化について説明する。

子供達のキラキラした目、元気な返事、まっすぐ伸びる手、、、本当にかわいい
成長した生徒達に会えるのが楽しみです。

いろんな行事がたくさん行われるので、ノボシビルスクのパートナー達と毎日打ち合わせをしています。
去年の行事も経験しているのである程度スムーズに行ってます。
ノボシビルスクとの打ち合わせはさほどストレスではない。
まして楽しいのです

しかし、他のロシア企業(モスクワ・サンクトペテルブルク・ウラジオストク・サハリンなどなど)はストレスだらけになる(笑)
何度も何度も繰り返ししつこいくらい念を押さなくては。
そこまでやっても、、、当日はまったく違ったりすることがよくあるのですよ。

なので、、、現地でどーにかなるさ・・・的にゆるぅ~く考えた方が良いのですが、日本企業数社で行う事業はそーもいかない。
アタシが「まっ、どうにかなるから、こんなもんだろう」と思っても
となりに座っている他の日本企業の担当者は「ここはもっと詳しく聞いた方がいい」と思っているし。。。

自分が納得しないとビジネスは進まないから、とことんロシアと打ち合わせするのは賛成です。
(ただ、アタシがやらないだけ)

あああーーー、今日は何を書きたいのかわからなくなっきた
忙しくてアタマが回らない。。。

仕事以外にもいろいろありすぎて、ミニパニックだ

今日はやめておく。

|

« 北方四島の色丹島の馬 | Main | 英日露医療用語辞典のご紹介 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロシアとの打ち合わせは何度も何度もしつこいくらいにやろう。:

« 北方四島の色丹島の馬 | Main | 英日露医療用語辞典のご紹介 »