« июня 2017 | Main | августа 2017 »

ロシアのクレジットカード

Img_2492今日のおやつ。
缶のイラストがいかにもロシアって感じnotes

クッキーはいたって素朴な味。
空になった缶は何に使おうかしら?

事務所のロシアコーナーに飾っておきます。

ロシアのクレジットカードとは???
ロシア人が日本に持参してくるカードはほとんどが日本でいうところの「デビットカード」です。

日本人が使用するクレジットカード(VISAとかMasterとかAMEXとか)はカードで支払いして、月末に請求がくるタイプですよね。
ロシアは「後払い形式」はほぼありません。

カードにお金を入金しておき、それを使用するdollar
支払した時に代金が銀行口座から即座に引き落とされる仕組みです。

なので、銀行口座に残高がないと、クレジットカードは使用できないのです。

カードを発行した銀行によっては、海外での使用を制限しているところもあり、たまぁーにロシア人が「もうカードが使えなくなったweep」と言っています。

日本のカードも限度額があるので使えなくなることはありますが、ロシア人の「使えない」という意味は「残高がない」という意味なんです。

ちなみに、、、ロシアに行く方は、VISAかMasterを持参してください。
AMEXやダイナースは使えない所も多いです。
ATMがあるのでカードでルーブルに両替も可能ですyen
ルーブルですが、5000ルーブル札はほとんど使用しませんので1000ルーブル札をたくさん持参した方が良いです。
理由・・・スーパー等で750ルーブルの買い物をしたとき、5000ルーブル札を出すと、おつりがないという理由で購入できないこともあります。
タクシーに乗って5000ルーブル札を出しても「おつりない」と言われますよ。
常に100や500ルーブル札を数枚持ち歩くのが良いと思います。

ロシアでは「おつりはいつもない」のです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人の夏休み、休暇という考え。。

Img_2491しばらくブログのUPできず、ひたすら業務をこなす日々でしたsweat01
もちろん、土日も出勤。
せっせと事務所で作業してますpc

今日のおやつ。
松の実がはいったしっとりとしたクッキーです。
松の実って、アンチエイジングや美肌効果があるそうですheart04

ロシアは夏休み真っ最中です。
ロシアの学校は約3ヶ月、サラリーマンたちも1ヶ月~2ヶ月は休みます。
海外で過ごす人もいれば、ロシア国内の避暑地sportsに行く人もいれば、田舎に帰省する人もいる。
みなさんそれぞれ長い休暇を思いっきりのんびりするのですよ。

「夏休み」をテーマにロシア人と会話すると、意思疎通がほぼ不可能、お互いが理解に苦しむし、しばしばケンカになる。
アタシはいつも「イラッ」annoyとくるので、このテーマでは深入りしないようにしている。

「日本人の夏休みは長くて1週間くらいだよ。」って言うと
「なんでそんなに短いのか?」と聞かれる。

ロシア人はどうして夏休みが長いのか?」って聞くと
「働くために休まなければならない、働いたから休暇が必要だ」と言われる。
学校が3ヶ月の夏休みってことは教師の夏休みでもある。

絶対にロシア人に理解できないことは・・・

「企業の中の1人が休みをとったら、その人の仕事は誰がする?それは同じ部署の人とかまわりの人がその人の分をやらなくてはいけないでしょう。負担が増えるでしょう。だからあまり休まないで自分の仕事は自分でやる。周りに迷惑をかけないようにする。何かトラブルがあった時に対処できないとクライアントに迷惑がかかるとか、相手のコトを考えるのが最優先になるんです。
それを考慮して、交代に休みをとったりして対応するんですよ。」

8月のお盆の時期は「お盆休み」として会社が休みになりますが、ほとんどは3~5日ですよね。
その前後に2,3日の夏休みをとって、1週間の休みにするとか、ですよね?
それも、同僚と休みが重ならないようにお互いが配慮するでしょう。

Aさんは子供の夏休みに合わせるから8月1日~で、Bさんは田舎に帰省するからお盆の時期で、特に予定のないCさんは他の日にしよう、とか。

ここまでいろいろ説明してもロシア人とは話しがかみ合わず。

まず、自分が休んだら他の人に負担がかかる、という部分。
ロシア人は他の人の仕事はしません。
企業の経理の人が1ヶ月休んだら、経理は誰もやりません。経理の業務が滞る。
滞ったからと言ってだれも困らない。
「経理の方いますか?」と問い合わせると
「経理は夏休みなので出社は1ヶ月後です」
と答えるだけです。

当社の銀行口座へロシアから振込がありましたdollar
コレは何の代金?と思って、電話すると・・・
「マナさん、経理は夏休みなので戻るのは9月末です」とのこと。
「誰かわからないの?」と聞いても誰もわからず。
・・・こんな調子です。

夏はロシア人は働きません。
夏にロシア企業と打ち合わせはできません。ng

いま、夏休みのロシア人達がたくさぁ~ん日本に来ています。
沖縄のリゾートで優雅にのんびりと過ごしたりpenguin、京都や大阪で日本文化体験したりjapanesetea、日本語学校のサマースクールに参加したり、毎日ショッピングbagを楽しんだりと。。。

いっぱい休んで帰国したらガッツリ働いて下さい。

アタシは、そんなに休まなくてもガッツリ働きますrock
今日も休日出勤。
夏休みはナシ。
でも不満なんてこれっぽっちもない。
だって、お仕事楽しいもんheart04heart04happy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの問い合わせアレコレ。。。

Img_2431今日のおやつbleah

プレーン味です。
一度、ネギ味、にチャレンジしたが、撃沈したのでそれ以来、無難な味だけ食べてます。

日本の乾パン風です。

さて、タイトルの話し。
相変わらず、ロシアビジネスに関して問合せはあるが、「普通」の相談というものがあまりない。

ロシア」に注目するくらいの企業であれば、「普通」じゃないんだよ、きっと。
そー思って対応するようにしている。

最近、多いのが「食」と「資源」です。
面白いのが、「資源」に関して。
ロシアのでっかい土地にはそれはそれはたくさんの資源があるのでしょうsign01

聞いたことのない地域や町のことを聞かれる。
せっせとロシア語で調査して、簡単な報告書を提出するpencil

日本語で検索してもほとんどヒットしない地域だが、「資源」に注目するとかなり有望な地域だったりするんですねぇ~。

日本からどーやって行くのか?と飛行機airplaneの料金調べたり、現地で日本語ができる人はいるのかと知人に聞いたり、、、

最近の当社のネットワークは学生を通して広がっていく。
大学にはその地元の人だけではなく、ロシア各地から入学してくるでしょう。
たとえば、ノボシビルスク国立大学にはシベリア各地から優秀な学生が集まってくる。
中にはモスクワ近くの町から来ている学生もいるし、アルタイ地方、クラスノヤルスクオムスク、トムスク、北極圏からの学生だっている。
ロシア国内だけではなく、カザフスタンキルギスタンからも来ている。

ロシアって広いんだぁ~といつも思う。

ちっちゃいアタシですが、でっかいロシアを相手に日々奮闘しておりますscissors
だってぇ~、ロシアって面白いんだもぉ~ん!happy01heart04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NPO法人札幌ノボシビルスク協会の活動

Img_2490scissors
ノボシビルスクから来日中のパートナーと打ち合わせをしましたheart04

私が理事長を務めるNPO法人札幌ノボシビルスク協会の今年度の事業が9月10月と立て続けにあります。

ちょっとした事業ではなく、当協会にとっては結構大きな事業なんです。

事前準備も完璧にしたいし、抜かりなくやりたいのです。
とは言っても・・・アレもコレもとなんでもできる訳でもなく。。
みなさんが喜んでくれること、みなさんが楽しんでくれること、みなさんが笑顔happy01になってくれることが大切。

当協会の目的は

札幌の姉妹都市であるロシアノボシビルスク市との人的・文化・学術・経済・産業などあらゆる分野の交流活動を行い、町同士、更には北海道とシベリア地域の相互理解及び友好親善を深め、世界に開かれた地域社会の創造に寄与することを。

最近のアタシは、午前中はNPOのお仕事して、午後からはさくらツアー企画のビジネスをする。

忙しいけど、頑張らねば。rock

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン出張~番外編~

Img_2248メンズグループは夜行列車trainnightノグリキへ向かった。
ユジノサハリンスク駅発18:30
ノグリキには次の日の朝8:30到着

14時間の列車の旅ですtrain





Img_22554人一部屋の個室
КУПЕ

上の段は頭が天井にぶつからないように気を付けなくては。
料金は上の段の方が安いです。

はるか昔シベリア鉄道に乗ったのを思い出しました。









Img_2259


廊下はこんな感じ

左側に個室が並んでいます。


Img_2263
ひとつひとつの車両に車掌さんがいます。
ほとんどがおばちゃんです。



今回のノグリキ行は同行できませんでしたが、次回は夜行列車で行ってみようかなぁ~と思った。

同行者募集しまぁ~す!!




Img_2277_2

日本円yenをルーブルに交換するため銀行へ行きました。

さんざん待たされたあげく
「日本円はひきとらないわ」
だって。。

早く言えよぉ~。annoy
なんだったんだこの時間、もったいない。

ちがう銀行に行く。
なんとか大金をルーブルに交換したbank




Img_2388
お友達がホテルまで会いにきてくれた。

年に2,3回、日本に来てくれるリピーター客です。
もう10年以上のおつきあい。

日本で出会って、サハリンで再会して、また日本で会う。。。の繰り返し。

幼稚園児だった娘さんはもう高校生だもんね。



Img_2389
彼女もまた、大切なお友達でありビジネスパートナーである。










Img_2423
帰りのスーツケース

ギリギリの22.9㌔

23キロまでが無料です。
でも。。。。オーバーしたからといって追加料金を要求された経験はないのよねぇ~。

なんで重いのか?

頼まれた「そばの実」を大量に買いました。





Img_2432

そばの実









なんだか楽しい出張でしたnotes
仕事もいっぱいしたし、観光もいっぱいしたし、なんてったって「女子旅」heart04でしたからいつもと違う旅でした。
さて、次はノボシビルスクだ!

夏にがっつり稼いでdollar、9月にはノボシビルスクでいっぱい交流するぞぉ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン出張~レストラン編~

Img_2205ツーリストホテルの1階にあるレストラン「タヌキ」です。
ロシア語表示は「タヌキン」になっている(笑)

宿泊客の朝食会場ですcafe













Img_2207
店内はこんな感じ。




Img_2208
ある日の朝食





Img_2209
ツーリストホテルの隣にあるレストラン
「シャフラン」

中央アジア料理ですrestaurant

料理はとても美味しかったし値段もお手頃でしたよnotes







Img_2266


ウズベキスタン料理







Img_2267

「ハチャプリ」といいます。

ジョージア(以前はグルジアと呼ばれていた)料理です。

パン生地の上にチーズ・バター・タマゴが乗っていて、それをかきまぜて食べます。

めちゃくちゃ美味しかっ!!!!happy01heart04

日本人のお口に合います。heart02


Img_2268


プロフ











Img_2245

「Мельница」というカフェcafe

チェーン店なのでいろんなところにあります。
ケーキもいろんな種類があって迷ってしまいましたcake
チョー甘いですが、ウマい。

街歩きに疲れたらちょっと休憩するのに最適なカフェでぇす。



Img_2331


ある日の朝食

Img_2272


ある日の朝食











Img_2333


ある日の朝食











Img_2397


ある日の朝食




Img_2300


レーニン通りに面したビュッフェレストラン
「マルーシャ」

以前は「ベランダ」というカフェでした。

安くておいしいですsign03



Img_2291

「マルーシャ」の店内

美味しい料理を食べながら、女子トークも盛りあがります!!!!

happy01kissmarknoteshappy02




Img_2318


今回の出張で一番贅沢だったレストランはインペリアルパレスホテルの1階にある
「ゴールキー」









Img_2320
ロシア人家族が招待してくれました。

私は彼らを「華麗なる一族」と命名しておりますshine

この方達、スゴイ人なんです。
詳しくは書けませんが。。。
怪しい意味ではございません。






Img_2324
カニサラダです。

お皿もオシャレですよぉ~up











Img_2325


店内はゴージャスshine



Img_2326

日本でいうと「コロッケ」です。

コロッケがなんだかオシャレになってでてきたって感じ。









Img_2327

シューの中にバニラアイスがはいってました。
キャラメルソースも抜群!

このレストランは高くておいしい。
高い、、、と言っても1人3000円くらいかな。







Img_2391

レストラン「チョールナヤ・コーシュカ」

日本語に訳すと「黒猫」

日本で売っているロシアのガイドブックには必ず載っているはず。
昔からあるレストランでサービスも良い。
英語メニューもあります。





Img_2395


店内の様子










Img_2393


ボルシチ



Img_2394


ペリメニ











Img_2392


ビーツと豆のサラダ


Img_2406


一番大きい商業施設
「シティーモール」のフードコート



Img_2417
ロシア料理を堪能してきました。
ビーツも持って帰りましたので、自宅でボルシチ作ります。

いっぱい食べた!
満足満足!

あー、また行きたい、ロシア

happy01happy01happy01









| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン出張~ドーリンスク編~

Img_2339出張続きでバテバテですcrying

東京の暑さsunにはマイッタ(汗(^_^;)

北海道を通り越してサハリンへ戻りたい気分になりました。

ブログも途中になりごめんなさい。

さて、今日はドーリンスク編。
日本統治時代は「落合」と呼ばれていました。

ユジノサハリンスクから北へ約40キロです。
風景は北海道のような感じ。
taurusがたくさんいるし、地平線が広がっているし、でっかい大地、、って感じで、まさに北海道の風景ですclover
Img_2338

温室栽培ビジネスも拡大していて、野菜がいっぱい作られていました。

ビニールハウスで作られるサハリン産のお野菜たちです。








Img_2351
旧王子製紙工場跡です。

廃墟となっています。

こららの建物は日本人が造りました。

目をつぶると当時の活気溢れる工場や人々の生活が浮かんでくるようでした。

私の祖父はココで働いていました。

建物を見ながら、もしかしたらこの部屋の窓からおじいちゃんが顔を出していたのかなぁ~とか、この道を歩いていたのかな~とか、そーゆー何とも言えない思いがこみあげてきました。
Img_2345
私の父はココで生まれましたが、2歳の時に北海道へ移ってきたので、全く記憶がないそうです。

なので、行きたいとも見てみたいとも思わないそうです。

私の祖父は私が7歳の時に他界したので樺太の話しは全く聞いたことがないし、樺太の写真もないです。

ロシアビジネスをはじめて、サハリンといっぱい取引するようになり、頻繁にサハリンへは行っていましたが、なかなか「ドーリンスク」までは行きませんでした。

今回、やっと行けたrock


Img_2344
時代を感じます。

歴史を感じます。

時の流れを感じます。



活気に満ちた時代があったのですよね。
















Img_2346_2






Img_2350


























Img_2343
樺太にゆかりのある方は多いと思います。
ノスタルジーというか、歴史を肌で感じることができる大変貴重な体験になりました。

「おじぃちゃぁ~ん!」

と叫びました。









王子製紙工場の廃墟はサハリンには数か所あります。
ホルムスクに行った時も見てきました。
その時のブログはこちらです。
サハリン州第2の都市・ホルムスクへ」
http://sakura-tour.air-nifty.com/russia/2013/08/post-c12c.html

でも、やっぱり、おじぃちゃんが働いていたこの「落合」の工場が一番心に響く。

「おじぃちゃぁ~ん!」noteshappy01happy02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京出張中、暑くてバテバテ(汗)

東京出張中、暑くてバテバテ(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« июня 2017 | Main | августа 2017 »