« ノボシビルスク⑦レストラン編 | Main | ノボシビルスク⑨ホテル編その2 »

ノボシビルスク⑧ホテル編

Photo《ホテル編》

アタシのビジネスはいちおう(笑)旅行業ですから、いろんなホテルを研究しなくては・・・ということで、訪問団とは別に一人でホテルめぐりをしました

今年新しくご紹介するのは
Park Inn Radisson Novosibirsk 」

鉄道駅に近い新しいホテルです。
ホテル研究は1泊ではよくわからないので2泊以上することにしています。

鉄道を利用する方には便利なホテルです。
鉄道駅の目の前のホテル(去年泊まりました)もありますが、そのホテルよりグレードは上です。
Photo_2
まず、フロント対応がすこぶる良し!

イケメンが出迎えてくれます(アハハ)

午前中に荷物を預けに行くと、フロントのイワンさんが丁寧に対応してくれました。
スーツケースを預けて、番号札をもらい、さらに彼の名刺ももらいました。
「私があなたの荷物を預かったという証拠です」と言われました。

荷物を預けて外出して、夜遅くに戻りました。
スーツケースを受け取りカウンターでチェックインの手続き。
Photo_3
チェックインの時に冷蔵庫のバーの前金を要求されました。
なに?なぁ~んだ?と思って聞き返すと。。。

前金で1000ルーブルを支払うか、クレジットカードで支払って下さいとのこと。

「必ず支払うのですか?」と聞くと
「いいえ、バーを利用しないのであれば冷蔵庫をロックします」とのことなので
「バーは利用しません」と答え、お金は支払いませんでした。

エレベーターはカードキーをかざさないと動かないシステムです。
自分の部屋の階以外は泊まりません。
Photo_4

お部屋は広くてキレイです

ホテルのイメージカラーは「赤」ですね。

アイロンもアイロン台も用意されています。
ビジネスマンにはありがたいサービスでしょうね。

冷蔵庫のバーをのぞいてみました。
ロックするっていったけど、開けられるわ。。。と思っていると
ピンポォ―ンと誰かがきた。

Photo_5ルームサービスのおねーちゃんが、
「冷蔵庫にカギをかけにきました」とのこと。
さっそくロックされちゃった。

窓からの景色は気持ち良い。
シベリア鉄道がみえるでしょ。

鉄道オタクには魅力的なんじゃないのぉ~と思ったわ。

たまぁ~に列車の音が聞こえます。
日本の列車の発車音とかとは全く違う。
ボヨォ~ンっていうか遠くまでやわらかぁ~く響くような音でした

Photo_6
サービスのお水が2本
コンセントも便利な場所にある

想像していたよりずっと立派な部屋だったし、清潔だったし、静かな環境だったし、合格点だと思う。

ただ、バスタブがないです。

シャワーのみです。

お湯をためてゆっくりつかりたい方には不向きかな。

Photo_7
ロシアのホテルはどこもそーなのですが、、、チビッコのアタシにはシャワーヘッドが高くて届かない

背伸びしたり、時にはジャンプしなくては(笑)








Photo_8

朝食はどうでしょうか

すごくすごく良かった!
いっぱい種類があった!
味もGOOD

ハチミツの種類も多かったし、ドライフルーツがいろいろ。

チーズも5種類はあった。

朝からテンションが上がりました

Photo_9
朝食会場も広くてゆったり。

めっちゃ気に入りました。

な・の・で・・・

支配人に会えないかなぁ~と思い、フロントのイケメン君に聞きました。

「ワタクシ、日本から来ました。旅行会社の社長です。ここのホテルがとても気に入りました。支配人にお会いすることができますか?」と聞くと。。。
「少しお待ちください」と言われ、彼はどこかへ・・・
待つこと2分、素敵な女性が現れました。
Photo_10
営業部長のナターリアさんです。

彼女はソチオリンピック会場のホテルの責任者をしていたそうです。
オリンピックが終わり、去年からこのホテルで働いているとのこと。
出身はサンクトペテルブルク

ずばり、ヘッドハンティングですね

社員教育から営業まですべて任されているらしく、ほぼ支配人の立場だそうです。

うまく書けませんが、すごく仕事のできる女性です。たった1時間ですが、一緒に話をしていて良くわかりました。
仕事の話しもしたし、雑談もプライベートもいっぱい話しました。

彼女は日本人と会うのは初めてとのこと。
彼女にとって日本人=マナ・・・ということなので、印象が悪くならないように気を使いながら接しました。
こーゆー感覚って何年振りかなぁ~。
ロシア極東の人とお付き合いしていて、「日本人に会ったの初めてぇ~」と言われることはほとんどなくなってるからなぁ~。

ノボシビルスクに行くと、「日本人は初めてです」と言われることが良くあります。
入場が厳しい場所や許可制のところに入る時に入口でパスポートを提示しますが、警備員がアタシのパスポートをジッ―とみていることがある、そして「おぉー、日本のパスポートを初めてみた」と言われます。

話しをもどします。。。

ナターリアさんから言われた印象的な言葉があります。

「日本ってどう思いますか?」と聞いたら

「日本はコスモス(宇宙)です」と答えました。

「つまり、別世界ということですか?」と聞き返すと

「いえ、コスモス(宇宙)です」と。

この言葉にアタシはかたまりました。。。。

シベリアの人にとって、ノボシビルスクの人にとって、サンクトペテルブルクの人にとっては日本は遥か遠い国、手の届かないような場所、この地球ではないような未知の世界。

アタシがいまお付き合いしているサハリンロシア極東の人は
「日本は隣の国、日本人は隣人、日本はご近所さん」と答えます。

こんなにも違うんです。

ロシア人からみる「日本」とは。

ナターリアさんと出会えたことに感謝しています
いろんな意味でアタシは勉強になりました。

今回、ノボシビルスクで出会った人の中でもかなり強烈な印象を残してくれた1人です。
ナターリアさん、本当にありがとうございました

Photo_12

ホテルの外観はこんな感じ

バスタブがなくてもOKの方にはおすすめのホテルです。
英語とドイツ語がOKです。








|

« ノボシビルスク⑦レストラン編 | Main | ノボシビルスク⑨ホテル編その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ノボシビルスク⑧ホテル編:

« ノボシビルスク⑦レストラン編 | Main | ノボシビルスク⑨ホテル編その2 »