« октября 2016 | Main | декабря 2016 »

とことんインバウンドビジネスだ!

Img_1495ロシア人ツアー客のお見送りpaperとお出迎えheart04で新千歳空港へairplane

国際線ロビーは相変わらず外国人たちで大賑わい。
訪日客が増えているのを年々実感しますupwardright

昔は(そーねぇ、10年前くらい)そんなにインバウンドビジネスが盛んでなかったけど、今はインバウンドビジネスをやれば儲かるって感じだよね。

当社がよくお付き合いしている企業さんも、ターゲットを日本人客から外国人客へシフトしたら。。。これが大当たりで、いまは売上がキュー上昇だよupwardrightupwardrightdollar

これって経営者の才覚だろう。
アタシより年上の社長さんですが、外国人がどんどん増えると考えて、外国語のホームページを作成したり、語学堪能の社員を雇用して、数年前からいろいろ準備していました。
その社長の偉いなぁ~と思うところは、仕事を断らないこと。
いっぱい仕事がきてもほとんどすべて受けている。
同業他社に仕事を回してでも受けていた。
そして、「あの会社に任せれば大丈夫だ、なんとかしてくれる」という信頼を勝ち得ていた。

「あの会社に任せれば大丈夫」と言われるってスゴイと思うsign01

Img_1494
アタシ・・・いっぱい仕事きたら断るsweat02

量的にできない仕事はお断りするもんsweat02

「マナさんに任せれば大丈夫」とロシア人には言われるけど、日本人には言われない。

日本人ってさー、たまーにズルイのよ。
大手の旅行会社に依頼して断られたら、コッチに持ってきたりする。
それも面倒くさいことばかりだし。

いっつもお付き合いしている日本企業だったらいーけどさぁー、面倒な案件だけ当社に依頼するって、失礼よねーー、とアタシは思う。
お互いにWinWinなビジネスだったらいーけど、そーんなのないもん。

やっぱ、当社はとことんインバウンドをやることにするrockrock

今日も明日もロシア人と一緒に儲け話考えるわ(笑)
それがめっちゃ楽しいもんsign03happy01heart02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プーチン大統領が来日するのですが、、、

Photoおみやげにいただきましたheart04

おぉぉーーhappy02、新しいパッケージだ。
それになんと、新しい味が仲間入りです。

ホワイト・イエロー・チョコの3味だったのが、なんと、イチゴも入ってます!!!

おおおおおーーup、ちょっとテンション上がったupnotes

ただ、どれがイチゴがわからない。
何個も食べた。
5個目でやっとイチゴに当たったflair

初イチゴに喜ぶ。
隣りでロシア人ツアー客が爆笑してた。
「マナさん、そーーーんなにプチッツァマラコが好きなのぉ~upロシアに来たらいっぱい食べれるよぉ~heart04

イチゴのために、いっきに5個も。。。うううぅぅぅぅ、、、紅茶が欲しいcoldsweats01

この1ヶ月、ブログに書けないコトが山ほどあった。
そーなのよ、12月にプーチン大統領が来日するから、なんだかその関係で”ロシア”が注目されてて、アタシにまで影響が・・・
良い影響というより、ウザイ系の話しばっかsweat02

ロシアが注目されるのはいーのかもしれませんが、アタシには関係ないのよ。
アタシは〝インバウンドビジネスですから”

ロシアが注目されようが、シカとされようが
アタシはいっつもどっぷり“ロシア”ですから

なので、、、今後の展開についてとか、ロシアではどのようなニュースとなっているとか、ロシア人にとっての領土問題とか、、、
そーゆーの聞かれてもウザイだけpunch

ロシアでは領土問題なんてニュースになってませんから(サハリン州を除いては)
プーチン大統領が来日することすら知らないロシア人はいっぱいいるし、たとえ知っていても領土問題解決とかまったく関心ないし、どーゆー風に報道されているかというと。。。
「ビザ免除」がメインです。

ロシアのぜーんぶの新聞を読んだりネット検索しているわけではないので断定はできませんが、少なくとも、当社の受け入れているVIP客やビジネスマンや一般ツアー客からの聞き取りによるものです。

10月からずっと、この話題(プーチン大統領の来日)を気にかけてきました。
なので、来日するロシア人達にはしょっちゅう聞いてました。
「ねぇ、ねぇ、プーチン大統領が日本に来るの知ってる?そんでさぁ~ロシアではどーゆーニュースになってるのぉ~?」
といっぱい聞きました。
ロシアの地域によってニュースのとらえ方が違うし、一般人の意見も異なるんだよ。
日本ではロシアの世論はニュースに取り上げられないからね。

その後、アメリカでトランプ氏が次期大統領に決まってからは
「ねぇ、ねぇ、ロシアってトランプ氏が好きでしょぉ~upなんでぇ~upこれからどーなると思う~」
といっぱい聞きました。

最近、この2つのニュースのおかげで、ロシア人達とめっちゃ討論会(笑)

道端での雑談さえ盛り上がったsign03

いろんな意見のロシア人達。
コッチはひたすら聞き役ear
うなずきながらメモるpencil

そして、最後のまとめの会話は・・・
「マナさん、政治家がやってる上の話しはオレ達にはカンケ―ないよなぁ~。オレ達は個人と個人のつながりを大事にしてるんだよ、国じゃぁないんだよ」

そーなんだよ、アタシはロシアという「国」とビジネスしてるわけではない。
ロシア人「個人」と対等にビジネスしてるんだもん。

アタシたちは仲良しコヨシ。。。ルンheart04ルンheart04

今日もまた、ロシア人達とお食事会でぇ~すwine
ルンnotesルンnotes

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑭総括編

Photo《総括編》

ノボシビルスクバージョンをそろそろ終わらなくては。
まだいっぱい書きたいことがあるけれど。。

このへんでまとめましょう~happy01

←←いつか、ノボシビルスクでこーゆーオフィスが持てたらなぁ~。
ロシアへ進出するなら、ノボシビルスクsign03

理由
1.マーケットがそこそこでっかい。

モスクワサンクトペテルブルクは遠いし、マーケットがでかすぎてアタシ1人では手におえないsweat02
サハリンはこれ以上マーケットは広がらない。
本土の極東地域はマーケットが小さいし、ノビシロがないと思う。
(極東からモスクワへ進出するにはかなり無理があると思う)

2.誰もやらない地域だから面白いでしょ。

ビジネスで成功するにはみーんなと同じことをしてもダメ。
他人がやらないこと、誰もやらないことをやるから儲かるのだ。
シベリアノボシビルスクと本気でビジネスしようと思う日本人ってほとんどいないと思う。
だから、ねらい目!rock

誰もやらないから、アタシがやる!rock

3.ネットワーク構築がそこそこ成功している。

とにかく人と会う。
とにかく仲良くなる。
とにかく声をかける。(ナンパとも言う(笑))

とにかく信頼関係を築くこと。
そのためにはたくさんの人と出会うこと。
Photo_2
大勢のロシア人と会った。
来年また再会したら
「あっ、あの小っちゃいオバチャン、みたことある」
って気が付いてもらえればいいな。

ビジネスマン達とはいろいろと情報交換を続けて行こう。
どんな繋がりでどんなビジネスが始まるかいまは未知数でしょ。

今回のノボシビルスクトムスク訪問は大成功です。
いや、それ以上
大・大・大・大・大成功scissorsscissorsscissorsscissorsscissorsheart04

貴重な体験をさせていただきました。
みなさまに感謝です。
今後の益々の発展を誓います!
Photo_3

帰国した時、スーツケースはこんな状態になってました。

投げられたのねぇ~、かわいそうweep

よく頑張ったね。coldsweats02


来年(2017年度)の事業もどんどん計画中です。

ノボシビルスク交流ツアー」も募集いたします。
一緒に行きませんか?
ロシア人と交流しませんか?

10月上旬で7泊8日くらいを予定しております。
全国各地から参加者募集いたします。
ソウル(仁川空港)で集合することもできますよ。

ご興味のある方はお問合せ下さい。
こちら  hasesho@nifty.com

ノボシビルスク①~⑭を読んでいただき誠にありがとうございますheart04
ご質問等がございましたらいつでもメール下さい。mailto

Facebookでも発信しております。
https://www.facebook.com/sapporonov/

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
NPO法人札幌ノボシビルスク協会 
  理事長 長谷川真奈

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑬観光編

Photo《観光編》

ノボシビルスク市内から車rvcarで約40分のところにある「アカデミガラドク」

大規模科学研究都市。

日本の筑波学園都市のモデルとなったと言われています。

ここには大勢の研究者が集まり、大学や研究機関が多数集積されています。



Photo_2
ノボシビルスクの動物園です。

結局、今年も行けませんでしたcrying

訪問団のみなさんは、大学生達と一緒に観光しました。
寒かったですが、現地の大学生達をふれあい、雑談をしながら楽しい時間を過ごしていました。

来年こそは行くぞ!

観光するところも結構あります。
博物館・美術館art・劇場・コンサートnote・教会・市場・スーパーとかとか。
退屈しませんよぉ~。heart04
Photo_3

地下鉄構内subway

トンネルの上に掲示板、見えます?

左側は現在時刻clock

右側は前の地下鉄が出発してから何分たったか、の表示ですって。

1:30だったら、前の地下鉄が行ってからまだ1分半しかたってないから次の電車はまだ来ない、、、という判断。

6:00だったら、もう6分たっているからそろそろ次の電車が来るだろうな~という判断。

つまり、地下鉄に時刻表はないから、自分で判断するらしい。
Photo_4
やっぱ、ノボシビルスクは都会です。
大きなビルも高層マンションもなんでもありますbuilding

rvcarcarも多いし、人も多い。

”ロシア”と言っても、いろいろある。
モスクワサンクトペテルブルクや極東地域だけではないのだよ。

ロシアのど真ん中、シベリアだって”ロシア”だもん。

ロシアはでっかい、ロシアは広いsign03
ロシアビジネスはいっぱい可能性があるflair
改めて感じたノボシビルスク滞在でした。

ロシアのど真ん中に行ってみたい方!
2017年10月3日~ ノボシビルスク交流ツアーを企画しております。
興味のある方、一緒に行きましょう~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑫大学編

Photo《大学編》

ノボシビルスク市内には日本語学科のある国立大学が4つあります。
私立大学は1つです。

いろいろな理由で日本語を学んでいます。
日本文化が好き、アニメが好き、マンガが好き、日本の音楽が好き、日本で働きたいから、日本に住みたいから。。。

みなさんとっても一生懸命に勉強していますheart04
日本人と出会うチャンスも少ないし、生身の日本人と接することはほとんどないのですよ。

そんな環境の中にいる学生達に会いにいくと、とても喜んでくれるhappy01

質問攻めにあいますよ。
「どうしてロシア語を習いましたか?」
ロシア人のどこが好きですか?」
ロシアのことをどー思っていますか?」とかとか。
Photo_2
今回、各大学で教えてきたことわざは

「継続は力なり」

語学でもなんでもそーですが、すぐに上達しません。コツコツと毎日少しずつ勉強しましょう。それを続けることで力になりますから。
諦めずにがんばって下さいね。

と応援してきましたpaper

彼らに足りないコトは
「会話力」です。

大学3年生、4年生になると「聴く耳」earはできてきます。
アタシの行っていることの7~8割は理解できていました。

しかーし、、、アタシと1対1になると、会話ができないdespair
自分の言いたいことが言えない。
会話が成り立たないのです。
たとえ、日本語能力検定3級の取得者でも、会話ができないsweat02

なので、、、文章を繰り返し声に出して練習しましょう~と指導してきました。
ロシア人の日本語教師にも「どんどん会話をさせてください」とお願いしてきました。

恥ずかしい。。。と思うのは当たり前。
日本人だってそーでしょう。英語を話しのが恥ずかしいと思っているでしょう。
でも、話さないと上達しません。
間違ってもいーんです。
ドンドン話せ!

日本語を理解しているのに話せない学生をみると、ちょっと残念sweat01
もっと話せ!
アタシが教えてあげたい!と思っちゃう。
Photo_3

某国立大学の学長に会えました!!

おっとスゴイぞぉ~sign03sign03

協定書を交わして握手してきました。

まさか、学長にお会いできるとは思っていなかった。
サプライズをありがとうhappy01heart04

シベリアの企業のトップはここの卒業生が多いのですよ。
シベリア経済を担う実力のある経営者とのネットワーク構築のため、お力を借ります。
シベリア地域、ノボシビルスクの企業も日本との経済交流を望んでいますから。

今後も信頼関係を築いてグイグイ攻めましょう~scissors
行動あるのみ!

お互いにWinWinのビジネスをガンガンやろうぜぇ~rock

いやぁーーー、この学長さん、面白かった。
でねぇー、国際部長がイケメンだった(笑)
あー、写真撮るの忘れた。
来年も絶対行きます。

話しはもどるが。。
シベリアの奥地で、日本との交流があまりない所で、一生懸命に日本語を学習して、いつか日本にいくぞぉ~という夢をいだいている学生達、めっちゃスゴイと思う。
日本語熱が冷めないように、年に1度訪問してカツを入れてあげようと思った。
若者達が日本を理解すること、日本人もロシア人を理解すること、相互理解があってこそ両地域、さらには日本とロシア両国の友好関係が深まるのであるよ。

たっくさんの学生達を出会っていっぱいパワーをいただきましたrock
アタシも頑張るから、みんなもガンバレrock

来年また会いましょう~paper

ノボシビルスクの大学生達とお友達になりませんかぁ~heart04

一緒に大学訪問したい方、同行者募集します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑪ショッピングセンター編

Photo《ショッピングセンター編》

大型ショッピングセンター
「AURA」です。

専門店がたくさん入ってます。notes

待ち合わせのため、4階のレストラン街へ直行したのでショッピングはまったくできず・・・

去年は立ち寄る時間もなかったけど、今年は来ることができたのでちょっとラッキーflair

来年こそは、少しだけでもショッピングができればなぁ~。
Photo_2

平日の昼間だからかそんなに人は多くなかった。

同行してくれたロシア人に
「ここで買い物しますか?」と聞くと

「ここの商品は高いので買いません」とのこと。

そこそこの値段でしたよ。
ブーツも4000ルーブルくらいだったし、ジャケットは8000ルーブル。
Photo_3

月収が50000ルーブルくらいの会社員や公務員には贅沢品になるのかな。

人口が多いからそこそこ富裕層dollarはいるし、購買力もあるんだろうな。

なんてったってロシア第3の都市ですからね。

シベリアの中心都市ですからね。

マーケティングに関してはこれからもっと勉強したいと思う。
Photo_4

もうひとつの大型ショッピングセンター
「ガレリア」

最近オープンした新しいショッピングセンターです。

前面ガラス張り
おぉー、なんかオシャレshine





Photo_5
広すぎて・・・迷子になりそう。

文房具店でロシアのボールペン、シャープ、ノート、絵葉書、アルバムなどを購入。

おみやげに定番のマトリョーシカを数個購入。

ココでしか買えないであろう、シベリアみやげをいっぱい購入happy01




Photo_6
たしか、3階はフードコートcafe

マクドナルドあり。
日本と違うのは、ココではタッチパネルで自分で欲しいモノを選び、会計も済ませると番号が書いたレシートがでてきて、店舗の上のテレビみたいなとこに番号が表示されると、カウンタ―にいって商品を受け取る。

オーダーを聞く店員はいないです。

日本でこのタイプの店舗、あります???


Photo_7
ココは、ドーナツ店。

「イポンスキー・ポンチキ」
訳すと「日本のドーナツ」

みたことありますか?

サハリンへ行ったことのある人であれば、もしかしたらご存知かも。

ユジノサハリンスクのシティーモールの3階にもあります。

つまり、本社がユジノサハリンスクで、ロシア国内で数店舗展開している企業なんです。
社長とは長いお付き合いでして、良きパートナーなんですheart04
去年社長に会った時に
「マナさん、今度はノボシビルスクに店舗を出します」と報告を受けたとき、すんごぉーくうれしくてうれしくてhappy01heart04heart02。。。
だって、ビジネスがどんどん成功していくんですものscissors
アタシも負けられないぞぉ~って張り切っちゃいますrocksign03
写真の彼女はサハリンで働いていたのですが、今はこちらを手伝っているのです。Photo_8


1階はスーパーマーケット

鮮魚コーナー

イクラ缶
299ルーブル

サハリンより安いです。
どこの商品なのかな、と思って2つ購入しました。
ひとつはウラジオストクの工場、もうひとつはモスクワ近郊の工場でした。

帰国してから食べ比べをしました。(③と④は自宅の冷蔵庫にあった)
モスクワ近郊
ウラジオストク
サハリン・コルサコフ
④北方四島の択捉島

アタシはやはり、④の択捉島で作られたイクラ缶が圧倒的に美味しかった。happy02
家族は③でしたが。。。

具体的にどうなの、、、と言われても、、、うまく説明できませんがぁ。
イクラの粒の大きさや味付けなんだろうなぁ~。
Photo_9

サケの切り身もいっぱいあった。












Photo_10














Photo_11

食べたいものいっぱいあった。

買いたいものいっぱいあった。

面白いものいっぱいあった。

不思議なものいっぱいあった。

面白い国だね、ロシア

ね、みんな、行ってみよう~!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑩町の様子編

Photo《町の様子編》

すでにノボシビルスクから戻って1ヶ月が過ぎているのに、ノボシビルスクの話題のブログが続く。
書きたいことがまだまだあるpencil

この1ヶ月の間に、ロシアビジネスがどんどん進んでいて、楽しい話題もいっぱいあるのに、ノボシビルスクの記事が終わらないので書けない。。。

来月の山口県での日露首脳会談に向けて、ロシアビジネスに関するインタビューやオファーが多くて困ってます。
今までまったくロシアに関係なかった企業までもが「ロシアでもやるか!」みたいなノリでロシア視察の依頼が来たり、逆にロシア極東からビジネスマン達が来日したりと、大忙しsweat01
Photo_2
話しは戻ります。

我々訪問団がノボシビルスクに滞在している時、10月7日にノボシビルスクで初雪snowが降りました。

この写真は初雪の次の日です。

おおおーーー、とうとうシベリアに冬がキタぁ~dash

そして、初雪の次の次の日、同じ場所の様子はこーなっていました。

Photo_3
雪の重みで木が倒れていました。

うわぁ~、たいへぇ~ん。

いっきに冬。。。snow









Photo_4
他の場所でもこんな感じ。

木がじゃまで歩道がふさがってました。

ノボシビルスクで初雪を体験して、日本に戻ってから札幌で初雪を体験する。
今年は「初雪」をtwo回体験したってことだよ。








Photo_5
とにかく街中は車が多いrvcarbuscar

なかなか進まないのよ。

駐車場も少ないしsweat02。。。

うーーーん、渋滞解消するにはどーしたら良いのでしょうねぇ~。

日本車の率はロシア極東より低いdownwardright
それでも日本車はいっぱい走っている。



Photo_6

都会です。

ホントにでっかい町。

今年もまたアタシはタクシー移動がメインだったので、ほとんど街を歩かず。
そのため、街が良くわからない。
どこがメイン道路でどこがスーパーで、どっちに行くとホテル?というのがいまいちわからん。
1人では歩けるけど、看板をみて、あっ、ココの通りだー、とかすぐにわからない。

Photo_7

1回だけ地下鉄subwayで移動しました。

こんな感じ。

地下鉄移動も学生達の後を歩いていただけなのでよくわからない。

人まかせで人について歩くと自分で道を覚えられないよね。

よぉ~し、来年こそは1人で街歩きshoeをしよう~!
(たしか去年も同じ事かいたはず・・・)

ノボシビルスクで市民と交流したい方、2017年も10月初旬に行きますよ!
一緒に行きましょう~!notessign01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑨ホテル編その2

Azimut_hotel《ホテル編その2》

訪問団が宿泊したのは

「AZIMUT HOTEL」です。

立地は、バレエオペラ劇場まで徒歩15分shoe
メイン通りから少し入ったところなので静かです。
ロビーが広くてゆったり。
バーもあるので、ちょい飲みもできますwine
アタシはいつもここでジュースを買ってました。

部屋タイプもいくつかあります。

Azimut


スタンダードシングル
16㎡

連泊特典として、スリッパや歯ブラシなどがサービスです。







Azimut_2


スタンダードツイン

ふつーです。
特にコメントなし。








Azimut_3

スタンダードダブル
18㎡











Azimut_4


トイレ&バスルーム

どの部屋もこんな感じでした。
バスタブはあります。










Azimut_5
ホテルの支配人と営業部長さん達。

今後のビジネスの打ち合わせです。
もっともっと日本人の観光客やビジネスマンに宿泊してほしいとのこと。

何かリクエストがあればなんなりと言って下さいとのこと。

値段yenも交渉可とのことで、ありがたい提案をいっぱいいただきました。
ヤッタぁーscissors!!!!!

しっかりと旅行会社の営業もしてきましたよrock
Azimut_6

朝食ですrestaurant

パンの種類が多いので、毎日違う味のパンを楽しめますbread

訪問団のみなさんにも満足していただいたようなので、良かった。

朝食会場も広く、並ぶことはないし、ゆっくり食べられます。happy01


《おまけ》

トムスクのホテルも紹介します。
夜遅く到着、朝早く出発のため、外観写真を撮るヒマがなかった。
ホテルは「ART Plaza Hotel Tomsk」
10
スタンダードツイン

きっと冬は寒いのでしょう~snow、クローゼットにバスロープがありました。
パジャマにするのかな???

立地・・・どこにあるのかさっぱりわかりませんcoldsweats01
夜10時過ぎに近所を散歩しましたshoe
24時間スーパーがありました24hours

そこで、今までに見たことのないロシアのチョコレートを大量に購入しました。
それと、アルミャニャックも買いました。
夜食も買いました。クリームパンとリンゴ1個とジュース。
12_2
こじんまりとしたホテルなので、レストランはなく、部屋を改造して朝食会場にしたような感じ。

チェックインの時に
「明日の朝食は何にするか?」と聞かれる。

なので、ブリヌィ2枚とスクランブルエッグとソーセージとコーヒーcafeをオーダーする。

出来立てほやほやのブリヌィはとっても美味しかったhappy01

今回のトムスク出張は駆け足だったので、来年はきちんと時間をとろうと思う。
ホテル研究もまだまだこれからだ!

誰か、一緒にシベリア&ノボシビルスク&トムスクに行きませんかぁ~?
来年の10月上旬です。
いまからスケジュールを開けておいてくださいませぇ~notes

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑧ホテル編

Photo《ホテル編》

アタシのビジネスはいちおう(笑)旅行業ですから、いろんなホテルを研究しなくては・・・ということで、訪問団とは別に一人でホテルめぐりをしましたhotel

今年新しくご紹介するのは
Park Inn Radisson Novosibirsk 」

鉄道駅trainに近い新しいホテルです。
ホテル研究は1泊ではよくわからないので2泊以上することにしています。

鉄道を利用する方には便利なホテルです。
鉄道駅の目の前のホテル(去年泊まりました)もありますが、そのホテルよりグレードは上upwardrightです。
Photo_2
まず、フロント対応がすこぶる良し!

イケメンが出迎えてくれますheart04(アハハ)happy01

午前中に荷物を預けに行くと、フロントのイワンさんが丁寧に対応してくれました。
スーツケースを預けて、番号札をもらい、さらに彼の名刺ももらいました。
「私があなたの荷物を預かったという証拠です」と言われました。

荷物を預けて外出して、夜遅くnightに戻りました。
スーツケースを受け取りカウンターでチェックインの手続き。
Photo_3
チェックインの時に冷蔵庫のバーの前金を要求されました。
なに?なぁ~んだ?と思って聞き返すと。。。

前金で1000ルーブルを支払うか、クレジットカードで支払って下さいとのこと。

「必ず支払うのですか?」と聞くと
「いいえ、バーを利用しないのであれば冷蔵庫をロックします」とのことなので
「バーは利用しません」と答え、お金は支払いませんでした。

エレベーターはカードキーをかざさないと動かないシステムです。
自分の部屋の階以外は泊まりません。
Photo_4

お部屋は広くてキレイですshine

ホテルのイメージカラーは「赤」ですね。

アイロンもアイロン台も用意されています。
ビジネスマンにはありがたいサービスでしょうね。

冷蔵庫のバーをのぞいてみました。
ロックするっていったけど、開けられるわ。。。と思っていると
ピンポォ―ンと誰かがきた。

Photo_5ルームサービスのおねーちゃんが、
「冷蔵庫にカギをかけにきました」とのこと。
さっそくロックされちゃった。

窓からの景色は気持ち良い。
シベリア鉄道がみえるでしょ。

鉄道オタクには魅力的なんじゃないのぉ~と思ったわ。

たまぁ~に列車の音が聞こえます。
日本の列車の発車音とかとは全く違う。
ボヨォ~ンっていうか遠くまでやわらかぁ~く響くような音でしたnote

Photo_6
サービスのお水が2本
コンセントも便利な場所にある

想像していたよりずっと立派な部屋だったし、清潔だったし、静かな環境だったし、合格点だと思う。

ただ、バスタブがないです。

シャワーのみです。

お湯をためてゆっくりつかりたい方には不向きかな。

Photo_7
ロシアのホテルはどこもそーなのですが、、、チビッコのアタシにはシャワーヘッドが高くて届かないsweat02

背伸びしたり、時にはジャンプしなくては(笑)








Photo_8

朝食はどうでしょうかrestaurant

すごくすごく良かった!
いっぱい種類があった!
味もGOODscissors

ハチミツの種類も多かったし、ドライフルーツがいろいろ。

チーズも5種類はあった。

朝からテンションが上がりましたupnotes

Photo_9
朝食会場も広くてゆったり。

めっちゃ気に入りました。

な・の・で・・・

支配人に会えないかなぁ~と思い、フロントのイケメン君に聞きました。

「ワタクシ、日本から来ました。旅行会社の社長です。ここのホテルがとても気に入りました。支配人にお会いすることができますか?」と聞くと。。。
「少しお待ちください」と言われ、彼はどこかへ・・・
待つこと2分、素敵な女性が現れました。
Photo_10
営業部長のナターリアさんです。

彼女はソチオリンピック会場のホテルの責任者をしていたそうです。
オリンピックが終わり、去年からこのホテルで働いているとのこと。
出身はサンクトペテルブルク

ずばり、ヘッドハンティングですねrock

社員教育から営業まですべて任されているらしく、ほぼ支配人の立場だそうです。

うまく書けませんが、すごく仕事のできる女性です。たった1時間ですが、一緒に話をしていて良くわかりました。
仕事の話しもしたし、雑談もプライベートもいっぱい話しました。

彼女は日本人と会うのは初めてとのこと。
彼女にとって日本人=マナ・・・ということなので、印象が悪くならないように気を使いながら接しました。
こーゆー感覚って何年振りかなぁ~。
ロシア極東の人とお付き合いしていて、「日本人に会ったの初めてぇ~」と言われることはほとんどなくなってるからなぁ~。

ノボシビルスクに行くと、「日本人は初めてです」と言われることが良くあります。
入場が厳しい場所や許可制のところに入る時に入口でパスポートを提示しますが、警備員がアタシのパスポートをジッ―とみていることがある、そして「おぉー、日本のパスポートを初めてみた」と言われます。

話しをもどします。。。

ナターリアさんから言われた印象的な言葉があります。

「日本ってどう思いますか?」と聞いたら

「日本はコスモス(宇宙)です」と答えました。

「つまり、別世界ということですか?」と聞き返すと

「いえ、コスモス(宇宙)です」と。

この言葉にアタシはかたまりました。。。。

シベリアの人にとって、ノボシビルスクの人にとって、サンクトペテルブルクの人にとっては日本は遥か遠い国、手の届かないような場所、この地球ではないような未知の世界。

アタシがいまお付き合いしているサハリンロシア極東の人は
「日本は隣の国、日本人は隣人、日本はご近所さん」と答えます。

こんなにも違うんです。

ロシア人からみる「日本」とは。

ナターリアさんと出会えたことに感謝していますheart04
いろんな意味でアタシは勉強になりました。

今回、ノボシビルスクで出会った人の中でもかなり強烈な印象を残してくれた1人です。
ナターリアさん、本当にありがとうございましたheart02

Photo_12

ホテルの外観はこんな感じ

バスタブがなくてもOKの方にはおすすめのホテルです。
英語とドイツ語がOKです。








| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑦レストラン編

Photo《レストラン編》

ロシア料理と言えば・・・
やはり「ボルシチ」でしょう~happy01

「ボルシチ」と言ってもレストランによって、家庭によって味は違います。

赤いビーツの色が食欲を誘います。

アツアツのボルシチ
ロシア本場のボルシチ

ウマい!happy02heart04

スメタナを入れたり、からしを入れたり、お好みのトッピングで召し上がれ。


Photo_2
ロシア料理と言えば
「ペリメニ」でしょう~。notes

日本の水餃子に近いですが、やはり本場のペリメニは美味しい

ペリメニの中身も肉だったり野菜だったりといろいろ種類がありますよぉ~happy01

ノボシビルスクでおススメのレストランは
「Печки Лавочки」です。

メニューも写真付なのでわかりやすいし、料金がおいしいのですよ。

料金もそこそこで、高い!と感じることはありません。


Photo_3


メニューはコレ

「ボルシチ」は119ルーブル(日本円で約200円)

「ペリメニ」は169ルーブル(日本円で約280円)

「ライムジュース」は149ルーブル(日本円で約250円)

おなか一杯食べても1000円くらいです。happy01





Photo_4
レストランの外観ですrestaurant

バレエオペラ劇場から徒歩3分くらい。

ノボシビルスクに行かれる方はぜひ一度行ってみて下さいね。

店内もゆったりとしています。
サービスも悪くありませんよ。





Photo_5
こちらのレストランは
「AMBAR」

ノボシビルスク鉄道駅から徒歩5分
AZIMUTホテルからも徒歩5分shoe

おしゃれでかわい~いheart04レストランです。

シア料理+中央アジア系のメニューがありました。



Photo_6



なんでもおいいしいbleahbleah










Photo_7

ひとり1500~2000円くらいでしたね。












Photo_8
AURAショッピングセンター4階にある日本食レストランrestaurant

カラフルですねぇ~note

日本の巻きずしとはかなり違いますが、それなりに美味しいです。

外国で食べる「日本料理」ってきっとどこもこんな感じなのかなぁ~。

わさびがあまり辛くなかった。







Photo_9

キュウリ&ツナ&クリームチーズ








Photo_10

まじおいしいぃ~。sign03


そこそこ良い値段ですが、それでも1人2000円以下ですよ。







Photo_11
訪問団が行ったレストランの中でココが一番オシャレだったかなぁ~shine

AZIMUTホテル1階にある
「シビルシビル」

オーナーがアイスホッケーのチームを持っている、、、らしい。
壁一面にはソチオリンピックでチームが使ったスティックが飾られています。




Photo_12


メニューはipad 。。。

1人ずつに渡され、自分でタッチしてオーダーします。

みーんな下を向いて真剣にタッチパネルをスライドさせている。。無言で。

そーなると、会話がなくなるのよねぇ~sweat02

なので、フツーのメニューをもらって、みーんなで一緒に、コレがおいしそう~とかコレ食べたいねぇ~とか言いながらオーダーしました。
Photo_13

想像よりはるかにデカい!

中のスープも絶品notes

ロシア料理は日本人のお口に合います。

まずい、、と思う料理はないです。
苦手なものはあると思いますがね。
たとえば、豚のラードとかそばの実とか。




Photo_14
次は街にある大衆食堂的なお店
スタローバヤと言います。

トレーを持ってケースに入っている料理を自分で選んで、オバチャンに「○○ちょーだい」と言ってよそってもらい、最後に会計するのです。

レストランほど豪華ではありませんが、一般のロシア人が食べる味ですし、安いのですよ。



Photo_15
簡単に手軽に早く食べられます。

マカロニ+カツレツ

これで180ルーブル(日本円約300円)









1005_2
ここもスタローバヤ

お昼時間には混むみたいですよ。











1005

手のひらサイズのチキンカツ
ライス
コールスローサラダ
ジュース

合計195ルーブル(日本円約330円)


Photo_16
ココからは
ウズベキスタン料理のレストランメニューです。


どれもおいしそうでしょぉ~happy02








Photo_17


去年もこのレストランに招待されました。
人気店ですって。






Photo_18


ちょっと辛い











Photo_19
これは別のレストランで食べたパスタ。

パスタ麺がうどんのように柔らかかったなぁ~。
なんかすぐに麺がちぎれた。

味はまーまー。

ロシア料理、いかがですか~?
是非来年はご一緒にロシアへ行きませんかぁ~?

当協会の交流ツアーでいっぱい美味しいロシア料理を食べましょう~note

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑥ トムスク編

Photo《トムスク編》

急きょトムスクへ行くことになった。

書道展も終わり、札幌祭りも滞りなく終了したので、トムスクへ向かうことにした。
訪問団とは別のプログラムで行動することになったのです。

トムスクとはどこ?

ノボシビルスクから北へ259㎞。
バスで約4時間の旅でしたbus

札幌祭りを終え、着物を脱いで訪問団へあずけ、バスターミナルへ向かったrun
このバスターミナル・・・ひどいですsweat02
建設途中というか、、、建設が中断しているってことらしく、なんだか150万都市にしてはみすぼらしいです。
16:30 ノボシビルスクを出発bus
Photo_2
けっして快適とは言えないバスに乗って、ひたすらシベリアの大地を走る。

いつまでもこーんな景色です。

果てしなく広がる地平線を眺める。

なーんにもない。
nightがひとつ。

途中で休憩がある。
ドライブインです。
そこで軽食を食べるcafe

ここでアクシデント発生!bomb
なんと、バスが故障したannoy
ドライバーが乗客に「違うバスに乗って」と案内している。
トムスクへ向かう違うバスに乗る。

ここでノボシビルスクのバス事情をちょっと書きますが、、、市営バスとか、大手バス会社は存在せず、ほとんどが個人事業者です。
バスを1台所有して自分がドライバー、ということ。

自分のバスが故障したので、乗客を他のバスのドライバーと交渉して乗せてもらうことにした。ということ。
24
20:40 トムスクに到着

バスターミナルはトムスク鉄道駅の隣にあります。

この写真は次の日の朝、撮ったトムスク鉄道駅ですtrain

トムスクについて。。。

1604年に建設されたシベリア最古の町のひとつで、現在の人口約50万人。

1830年代、シベリアの金の発掘が盛んになり人口が増えたupwardright
Photo_3シベリア鉄道建設の時、トムスクの先のオビ川周辺に湿地・沼地が多いため鉄道を渡すことができず、シベリア鉄道の本線からはずされ、東西交通の利益を得ることができず、シベリア最大の町の座を明け渡すことになったのですよ。。。

トムスクシベリア鉄道trainが通っていれば・・・ノボシビルスクはなかった。
とも言えますね。

シベリア鉄道が通ることにより、ノボシビルスク市が誕生したのですから。

シベリア鉄道が通らなかったから、昔の伝統がたくさん残る町として現在のトムスクがある、とも言えますね。
13
19世紀後半から20世紀にかけて経済的に栄えた時期にたくさんの木造建築が作られましたhouse

家のひさしや窓枠、バルコニーには透かし彫り装飾がほどこされ、彫刻はとても細かく、装飾はひときわ美しく、職人技術によって洗練されていったそうですshine

サンクトペテルブルクを手本にして作られた町だそうです。



17
時間がなくて町をゆっくり歩くことができず、すべて車窓からの観光でしたが、町はホントにきれいでした。

建物が町の雰囲気を作り出してますね。









Photo_4
トミ川のほとりに立つチェーホフです。

みーんな鼻をなでるので金色でした。

「またトムスクに来れますように~confident
とお願いしました。

絶対来たい!
今度はゆっくりと。

今回は滞在17時間でしたから、スンゲー駆け足run


22
丘の上に建つ
トムスク歴史博物館

展望台からはトムスクの町が一望できました。

Facebookに動画をUPしてますので、どうぞご覧ください。

https://www.facebook.com/hasegawa.mana

15
会議中です。
このためにトムスクへ行きました。

今回サポートしてくださった方はワジムさんです。

彼は13年前に日本語を学んでいたそうで、アタシの話す日本語をほぼ100%理解していました。
普段会話をしていないので、日本語を話すのが難しそうでした。
なので、彼はロシア語で答えます。
お互い、母国語で話しても通じるというシチュエーションでしたhappy01

13年間ブランクがあるのに日本語を理解できるってスゴイですsign03
それに彼はとても礼儀正しくホスピタリティが完璧でした!
彼はモスクワの日系企業で働いていたそうで、どーりで。。。日本人の扱いが上手いなぁ~と思ったのでした。
Photo_5トムスクは学生の町とも言われています。
5人に1人が学生だそうです。
つまり10万人の学生がトムスクに住んでいます。

トムスクの経済発展の軸は世界に誇るIT技術です。
ロシア国内トップクラスで、世界的に知られている企業もあるそうです。

トムスクのバスターミナルの写真です。

一番驚いたのは・・・
カザフスタン共和国のアルマティまでもバス路線があって、なんと40時間だってwobbly
40時間もバスに乗るのかい~ひえぇっ~sign04

トムスクへ行って良かったhappy01
収穫あり!

ここでもたくさんの出会いがあったsign03
行ったみて初めてわかったこと、たくさん勉強になった。

サポートしてくださったみなさん、本当にありがとうございますhappy01

トムスク・・・誰も行かないからアタシが行くrock
トムスク・・・誰もやらないからアタシが事業をするrock

ロシアの広さを実感したトムスクの旅でしたheart04




| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク⑤バレエオペラ劇場編

Photo《バレエオペラ劇場編》


2016年10月5日
ノボシビルスクへ到着したその日の夜、さっそくバレエオペラ劇場に「ドン・キホーテ」を観劇に行きました。

昨年はリニューアル工事のため観ることができなかったので、今年は初日から足を運びました。

事前にチケットticketを購入していたのでかなり前の席に座れました。
日本ではきっと数万円もするだろうなぁ~。
Photo_2

素晴らしいshine
キレイ!shine
別世界だわぁ~heart04

始るまでロビーをウロチョロしたり、2階席の方に行ってみたりと落ち着かず、ちょっと興奮ぎみでした。






Photo_3
外国人は我々だけでした。













Photo_4とにかくステキな舞台でしたflairshine

ぜひみなさんもチャンスがあればロシアの芸術に触れてみてください。

来年の2017年10月にも訪問団を募集しますので、一緒に行きましょう~。

来年は「白鳥の湖」「くるみ割り人形」を観劇したいなぁheart02

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク④札幌まつり編

Photo《札幌まつり編》


ノボシビルスク第4学校にて「札幌まつり」を開催しましたnotes

この学校は今年の6月に札幌市山鼻南小学校と姉妹校提携をしました。

「札幌まつり」とは?
札幌のことを知らない子供達に札幌を知ってもらおう~、札幌からのお客様と仲良く遊ぼう~、日本文化に直に触れ合おう~という感じheart04

学校の多目的ホールには生徒と先生達が約120名程集まりました。
Photo_2
我々日本人訪問団が入場すると、大きな拍手で出迎えてくれましたpaper

はじめて会う「日本人」にちょっと興奮している子供達もいました。

まずは、校長先生の挨拶。
副校長から進行の案内。

アタシからの札幌プレゼンテーション。
10枚くらいの札幌の観光地の写真を見せて簡単に紹介しました。

そのあと、クイズ大会!!
「この漢字はどーゆー意味でしょう?」「札幌はどこにあるでしょう?」とか選択肢から答えます。
Photo_3とにかくみーんな元気に手をあげますpaper

立ち上がって目立つように手を揚げますpaper

「おねがーい、おねがーい」と言ってまっすぐに手をあげます。

その真剣なまなざしがとってもかわいいheart02

正解者は前に出てきて、日本人からプレゼントを手渡しされ、記念写真を撮りますpresent

その後、教室にもどり、書道教室&折り紙教室を開催しました。
上級生にはコマのおり方を教え、下級生には兜と鶴を一緒に折りました。

折り紙も日本からいろんな絵柄のついたモノを持参したので、興味深々でしたね。
上手に△に折れない子もいたり、途中で飽きちゃう子もいたり、「手伝ってぇ~」と日本人に折り紙を渡す子や、「コレでい~い?」と言って見せてくれる子や、「できたぁ~できたぁ~」と大喜びの子など、、、とても賑やかに遊びましたhappy01

Photo_4実は、、、我々訪問団はソウルからノボシビルスクへ向かう飛行機airplaneの中で折り紙の練習をしてました(笑)

←これが証拠の写真だ!

隣りに座っていた中央アジア系の男性が不思議そうにジッ―ッと見ているから、できたコマをプレゼントすると、回して遊んでいた(笑)





Img_1251
書道もプロがキッチリ教えていました。

初めて持つ筆、初めて半紙に書く感覚、何もかもが初めての体験。

小さい頃から日本文化と触れ合えるって素晴らしいでしょ。

日本をもっともっと身近に感じて欲しい。
シベリアのど真ん中のノボシビルスクと札幌市、けっして近くはないが、こーゆー交流を通して心が通じあって行くと信じてます。


129
ホールに戻り、出し物。

まずは、日本語を学習している5年生達からの挨拶と、日本の歌の披露karaokenote

SMAPの「世界にひとつだけの花」を合唱してくれました。
9月から日本語を学び始めてばかりなので上手ではありませんが、一生懸命に歌ってくれました。
何よりもうれしかったのは、、、「日本語という大変興味深く素晴らしい語学に出会えたことをうれしく思う、これからもがんばって日本語を勉強していきます」との挨拶の言葉。
Photo_5

そして、副校長と先生達は
「恋のバカンス」を披露してくれましたnote

最後の方は日本語バーションで歌ってくれました。
ノリノリでしたぁ~(笑)

楽しいステージでしたsign03




Img_1394
最後に、当協会が札幌山鼻南小学校からお預かりしてきた生徒達の作品を贈呈しました。

(当ブログ2016年10月3日をご覧ください。タイトルは「シベリアへ行ってきまぁ~す」)

そうそう、この日もさぁ~
「マナさん、着物を着て下さい、子供達は着物を着ている日本人を喜びます」
って言うからさぁ~、着たわよ。
副校長の部屋を借りて、せっせsweat01と帯をまいたわよ。。。
まさか2回も着るとは思わなかったわ。。。あー、着付け教室に通ってよかったわ~とつくづく思ったのであるconfident
Img_1221

ここ、学校の入口です。

この学校はロシア国内の優秀校300に選ばれているそうですflair

校長がそれを自慢していたので、スゴイことなのでしょう。





Photo_7
副校長のお部屋で記念写真

右から
ノボシビルスク市教育局中等教育部副部長
⇒ NPO法人札幌ノボシビルスク協会理事長(アタシ) ⇒ 校長 ⇒ 副校長 ⇒ シベリア北海道文化センター館長 ⇒ シベリア北海道文化センター副館長

札幌まつりの後、ダッシュdashでバス停へ向かい、トムスクへ旅にでるのであった。

つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« октября 2016 | Main | декабря 2016 »