« сентября 2016 | Main | ноября 2016 »

ノボシビルスク③書道展オープン編

14720551_654190114752152_3915065516《書道展オープン編》

2016年10月7日(金)
17:00 「書道展・墨魂」 
オープニングセレモニー開始

先に書きます。
大成功でした!
notesnotesnotesnotesnotes

セレモニーの挨拶は

ノボシビルスク国立美術館の館長 ⇒ ノボシビルスク州文化局プロ美術・文化遺産・美術教育部上級専門員 ⇒ NPO法人札幌ノボシビルスク協会理事長 ⇒ 北海道シベリア文化センター館長 ⇒ 書道家長谷川悠貴氏

と続きました。
もちろん、アタシはロシア語で挨拶しましたぁ~heart04
と言っても、短い挨拶ですから、簡単よscissors

14650726_654190178085479_6517118140その時に、ノボシビルスク市役所から〝感謝状″をいただきましたhappy01

あらまぁ~、それはそれはありがたいですねぇ~。
今までの活動がみなさんに喜んでもらえたことはすんごぉーく光栄です。
当協会の前身である「札幌ノボシビルスク友好交流協会」で活動してきた方達に感謝いたしますhappy01

当日、朝早くから美術館に行き、作品の展示を手伝う。
作品がしのらないように木の板を貼りたかったのだが、硬い木がなく、どーしてもうまく張れなかったり、海外ならではの悩みもあったが、なんとかうまくいった。

アタシは鏡のない休憩室みたいなところで、1人でせっせsweat01と着物を着る。
さて、着付け教室に通った(3回ほどですが・・・)成果の見せどころ! ではあるが、帯はとりあえず結べるが、着物の着方はイマイチであるbearing
えぇーーーい、どーにかなれ!wobblyって感じで、テキトーに着てみたら、着れた(笑)
襟元がずれてても、裾が曲がっていても、帯が斜めってても、、、いーんです。
とりあえず、着物を着ている。。。ってことで、喜ばれましたからcoldsweats01

14729240_654190831418747_4631220586
パフォーマンスが始まる頃には、200名を超える見物客が・・sign03

それも年齢層が若い!
10代20代ばかりである。

いいぞぉー若者!

シーンと静まり返った会場に、墨の匂いと筆を運ぶ音が響く。

ロシア語と日本語のコラボレーションの作品が出来上がる。
はじめて観た書道パフォーマンスに会場からは大きな拍手が沸き起こるnotes
14680677_654190531418777_5271577357

ひとつひとつの作品の前で立ち止まる来場者達。

作品をジッ―と見つめるロシア人達。

キャプションを読んでうなずく人達。

漢字が読める、読めないではなく、芸術として作品を感じ取っています。


14671150_654191181418712_4818367109
一緒に写真を撮るのに行列。。。

抱きつくロシア人美女もいた!(キャァーhappy02

おおおぉーー、日本では絶対にありえない光景に驚く。

いーじゃん、若者達よnote

アタシはビデオを回し、いろんな人にインタビューをしました。
「日本文化に触れられたことがうれしい」
「日本がもっと好きになった」
「日本に行ってみたい」
「日本語を勉強したい」
14716193_910552989089527_7813356721
この書道展がノボシビルスクのみなさんに大きな影響を与えたことは間違いないと思います。

日本を知ってもらうこと。
交流をすること。

一度きりではなく継続することが大切でしょう。

美術館関係者にも大変喜んでいただきました。
こんなにたくさんの来場者が来てくれて、芸術に関心をもってくれる。
うれしい限りですheart04
Img_0931

ツーショット写真の次はサイン会です。

サインをもらうのに行列ができました。

100枚以上は書いてましたねぇ~。
次から次と差し出される紙に、次から次へと筆を走らせていました。

偉いぞ、若者!

がんばれ!

アタシは後でただただ見守っていました。
Img_1412

テレビ局も来ていて、インタビューされました。movie

スンゲー難しい質問されて、、
えっ????
答えられないぞぉ~、アタシ、書道家でないからぁ~、、、、coldsweats02






とにもかくにも、、、、、大成功だった!!!!!!!!

素晴らしい経験をさせてもらった。
楽しかったhappy01
ロシアは面白いぜぇ~up

明日からもたくさんの行事がつづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク②書道展・準備編

Photo_5《書道展・準備編》

2016年10月6日(木)

今回ノボシビルスク国立美術館で「書道展・墨魂」の個展を開催する書道家は長谷川悠貴氏(26歳)です。

ちなみに、同じ苗字ですが、、、アタシの息子でも親戚でもございません(笑)

長谷川悠貴氏は、昨年札幌で開催された「ノボシビルスク・札幌姉妹都市25周年記念式典」にて≪心≫という作品をノボシビルスクへ贈りました。

そのつながりで、今年はNPO法人札幌ノボシビルスク協会の国際文化交流事業に参加していただきました。

昨日の”作品が消えた!”事件annoyをひきづったまま、ノボシビルスクで初めての朝を迎える。
気温0度くらい。今にも雪が降りそうな空模様であった。

ホテルでの美味しい朝食後breadcafe、すぐに美術館へ向かう。

国立美術館の館長と責任者に面会し、書道展開催のお礼を述べる。
国立美術館で個展を開催するということは、スゴイことなのである。
「国立」ですから、最高レベルflairなんです、それも芸術大国ロシアにおける「国立」です。

ノボシビルスクにおいて初の「書道展」
Photo_3
←会場での打ち合わせの様子

どのように作品を展示するか。
壁に直接貼り付けることができないので、上からつるす形にします。

糸の太さ、クリップの大きさや数、つるす位置などなど。

日本での展示とは異なる方法も多々あり、戸惑いは隠せませんが、ココは海外なのだから、柔軟に対応せざるを得ません。
これも大きな勉強ですよね。think

今日1日かけて準備をする。
Photo
現地制作の作品をひたすらつくる。

今日、美術館を見学に行った際、予定していた会場だけではなく、オープニングセレモニーnotesを行うホールにも作品を展示してほしいと言われ、焦る。。。sweat01

アタシが焦ってもしょうがないのですが。。
がんばれ若者!
と応援するしかない。

展示会作品の半分近くを現地で制作したのですよ。
スゴイすごい。。。

さすが若者よ、体力あるじゃんrock

アタシはこの日は別の事業があったため、ほとんどお手伝いできなかったのですが、現地の「シベリア北海道文化センター」のスタッフがとことんお世話をしてくれました。

夜8時頃に様子を見に行くと、まだまだ終わりそうもなかったので、何か宅配を頼むようにお願いすると。。。

「腹切りはやめようよぉ~、ヤクザの方がいいかなぁ~、忍者もあるよぉ~」
と、何やら怪しい会話が聞こえる。。
Photo_2「何?何?なぁ~にぃ~?」と聞き返すと

“ハラキリ”“ヤクザ”“ニンジャ”は宅配ピザ屋の名前だった。

最初はお寿司の宅配だったのだけど、最近はピザもやっているとのこと。

作品は出来上がったけど、キャプションの翻訳などの作業が残ってた。

現地の日本語教師の方(日本人)が手伝ってくれたり、センターのスタッフも遅くまで残ってくれた。

終了したのは夜中の1時近くnight
みなさん、本当にお疲れ様です。
14657443_910551209089705_8642058170
本番当日、会場の作品展示は美術館スタッフが担当。

水色の作業着を着たたくましい男性達が繊細な仕事をしてくれました。
半紙を触るのが初めてだ、扱いが難しいな~などつぶやきながらも、キチンとした仕事ぶりでした。




Photo_4
←美術館の作業室にて

パフォーマンスに使用する紙を作ってます。
正確に長さを測り、カットしてつなぎ合わせます。

長さの測り方、切り方、つなぎ目の長さ、テープの長さから張り方まで細かく指示するとその通りに作業をしてくれます。
プロなんです。

「お任せします」とか「やりやすいように」という指示はダメngらしい。

たくさんの人に支えられ、「書道展・墨魂」が開催されます。  つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク①到着&トラブル編

PhotoNPO法人札幌ノボシビルスク協会は本年度の事業のひとつとして、ノボシビルスク国立美術館で「書道展・墨魂」を開催しました。

現地での様子を数回に分けて報告いたします。

《到着&トラブル編》

2016年10月5日
訪問団は韓国インチョン空港からノボシビルスクへS7航空にて出発しましたairplane

書道展の作品は手荷物を希望したが、大きすぎたため、63000ウオン(日本円で約6300円)をS7航空に支払い、”ゲートバゲージ”にしました。
ゲートバゲージとは搭乗する際に係員に預けることです。
スーツケースと一緒に預けると、丁寧に扱ってくれないし、バンバン投げられるので作品がめちゃくちゃにあるからです。
Photo_2
インチョン空港のS7カウンターにロシア人スタッフがいたので、”ゲートバゲージ”をお願いし、確認の上預けることにしました。

搭乗時、(つまり目の前に飛行機がある、20m先はすでに飛行機)という時に、
ゲートチェックインの係員に作品を手渡した。

そして、飛行機に乗ったairplane

5時間30分のフライトでシベリアノボシビルスクに到着!

トラブル発生!

作品が消えた!

ひょぉえぇ~~~~~!!!!!!!


荷物がない!

作品がない!wobbly

なぁにぃ~upannoy

あのさぁ~、インチョンのS7の搭乗ゲート前であずけたよねぇ~。
大事な大事な作品だよぉ~。

どぉ~ゆぅ~ことぉ~annoybombpunch

Photo_3
ノボシビルスクトルマチェボ空港の事務所に言って、文句言う。

調べてもらうと、荷物はインチョン空港に残ったまま。

はぁ~upupup

呆れて倒れそうだsad

主要作品がなければ「書道展・墨魂」が開催できないではないか!
どーにかしろぉ~annoy

「てめぇ~annoy何考えてんだぁ~punch、ちゃんとゲートで渡しただろうが~よぉ~annoy」と叫びたいのを抑え、まずは作品が届くのが最優先ということで・・・ノボシビルスクに訪問団が到着したことを喜ぶことにした。

結局、明日、S7航空で香港経由でノボシビルスクまで運ぶ手配をしたもらった。
必ず明日受け取れるという確約もなく、不安いっぱいweepで空港を後にした。

ココはロシア

何が起こるかわからないdashimpact

まさか、到着早々、こんなトラブルに巻き込まれるとは・・・トホホであるcrying

結局、次の日、なんとか作品は届いたconfident

2
しかーし、S7航空は一切謝らない。
「荷物の取り扱いはソウルのインチョン空港側がやるものであって、S7航空は関係ない」
「もし、文句があるんなら、S7のホームページの問い合わせから連絡しろ」
「S7航空はモスクワだから、モスクワに言え」
と全く悪びれることがない。

「あのさぁ~dash、追加料金を払ったよねぇ~、アタシたちはS7航空の客だよねぇ~annoy
「お客の荷物をキチンと届ける責任はないわけぇ~?」
と言ったところで、わかるわけがない。

作品が無事に届いたからヨシとするしかないのである。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プーチンTシャツとグッズたち

T_1_2プーチン人気は衰えず。

ノボシビルスクで購入してきました。
プーチンのTシャツとグッズです。

いつ、どこで、どのタイミングで着ますか?

アナタはコレを着て歩けますか?(笑)

もし、もしも、、ご希望の方がいらっしゃいましたら販売させていただきます。

メンズのMサイズです。

何種類かありますので、全部UPします。


T

T_2

T_3

T_4

Photo


マグネットです。
サイズは6.5㎝×6.5㎝

欲しい!と思った方は

こちらまでメール下さい。
hasesho@nifty.com

件名に「プーチン」と書いて下さいね。
販売価格をお知らせします。

いま、事務所はプーチングッズでいっぱい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク初の書道展は大成功でした!

ノボシビルスク初の書道展は大成功でした!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初雪が降りました in ノボシビルスク

初雪が降りました in <br />
 ノボシビルスク

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク到着

ノボシビルスク到着

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シベリアへ行ってきまぁ~~~す☆

Img_0792
札幌市立山鼻南小学校から生徒たちの作品を預かりました。
これらをノボシビルスク市立第4小学校へお届けいたします。

今年6月に両小学校は姉妹校提携しました。
これからたくさん生徒たちの交流をしていくうえで、NPO法人札幌ノボシビルスク協会もお手伝いすることになりました。

ノボシビルスク第4小学校で
「札幌まつり」を開催しますheart04
札幌についてプレゼントをしたり、クイズをしたり、書道の練習をしたり、折り紙を折ったり、、、
ノボシビルスクの生徒たちは日本語で歌を歌ってくれるそうですnotes
先生たちからも出し物があるそうです。
楽しいプログラムが予定されています。
なんだか今からワクワクですheart04heart04
Img_0793
「国際交流」っていいですねhappy01

文化や風習の異なる人たちがお互いに理解し合い、絆を深めていく。

交流とは人と人とのつながりですよね、人の交流があって、信頼関係が生まれ、そこから更なる強い結びつきができ、経済交流が進んでいく。
アタシはそー思ってます。
(たぶん何度も書いているはず)
アタシはノボシビルスクトムスクでたっくさんの人と交流してきますflair
そこから新たなネットワークとビジネスが始まるのです。

頑張ってきます!scissors
ガンガン突撃してきます!rock
毎日の状況はFacebookにUPしていきますので、見てくださいpaper

それでは、いってきまぁ~すpaper

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« сентября 2016 | Main | ноября 2016 »