« クラウドファンディング | Main | サハリンへ行きたい人、一緒に行きませんか? »

ロシアから荷物を送る方法

Img_2344ロシアから日本へ荷物を送ることがスムーズにできるようになれば、ロシアで立派に生きてゆけるだろう~(笑)

EMSとかDHLとかFEDEXとか料金の高いシステムを利用するのではなく、あくまでもローカルで格安な方法を選択した場合についてです。

とにかく時間と労力と、いかにイライラせずに我慢強く郵便局にいられるか、ですね。

実際にノボシビルスク中央郵便局での経験を書きます。

5ヶ所くらいの窓口がありますが、どの窓口で何をすればいいのか???なので、とりあえず空いている(並んでいる人が少ないところ)に並ぶ。

「あのぉー、日本に荷物を送りたいのですが、どーしたらいいですか?
「専用の箱を買いなさい」
「どこで?」
「4番窓口」と言われ、4番窓口に並ぶ。

4番窓口にて
「国際郵便の箱を下さい」
「どの大きさ?」
「えぇーーーと、真ん中の箱を1つ下さい」
お金を払う。

箱にとりあえず荷物を積める。
その箱を持って(10キロ近くある)今度は1番窓口に行く。
並ぶ、かなり待つ、、、、ちょっとイライラしてくる

1番窓口にて
「これを送りたいです」
オバチャンが中身を全部取りだす。何が入っているかチェックする。
申請書をもらう。

申請書を書く
くつした10足、1キロ
手袋。。。。石けん、、、などなど。

申請書を書き終えたらまた1番窓口に行く。
オバチャンが申請書と中身をチェックする。
「この書き方はダメ、重さがきちんと書いてない、袋に包まれているものとバラのものを書き分けなさい、、ぶつぶつ。。。」
こちらも文句を言ったが、さすがにロシア人オバチャンパワーに負けてギブUP
ロシア人に助けてもらう。
ロシア人があーでもない、こーでもないと強気の姿勢で戦ってくれて勝利
オバチャンを言いくるめた。

10キロの荷物を持って1番窓口を離れ、机の上で荷物をきちんと箱に詰める。

詰めた荷物を持ってまた1番窓口へ。
オバチャンがガムテープで梱包する。
上にテープを貼って、荷物を逆さまにしてまたテープを貼ったり、ぐるっと巻いたり。。。
とにかく激しく扱う。
ドンッ、て机に置いたり、ボンッ、て投げたり。。。
もうちょっと丁寧に扱ってくれないかなぁ~
食器類は入ってないけどさぁ~。
人様の大切な荷物なんだからさぁ~。
と言ってもロシア人には理解できないのだろうなぁ~。
この荷物はお客様のモノ、お客様は他人、あたしぁー、関係ないわよ。。。ってこと。
この荷物はアタシのじゃぁ、ないもん。ってことで全く丁寧に扱わない

さて、やっとのことで梱包された荷物。

この荷物を抱えて次は2番窓口へ。
並ぶ、行列である。
こんなに人を待たせるのか、、、と思うくらい待たせる
20分くらい待ったかな。
もちろん、お待たせしました、なんて挨拶は皆無。
「これを日本に送りたいです」
日本への送料がいくらか調べている様子、、、で更に待たされる。
お金を払う。
控えをもらう。

やっと終了。
疲れた
ロシア人の助けがなければ送ることができなかった。

荷物を1つ送るのに1時間以上かかる。

2番窓口が混んでいても、ヒマな3番窓口の人は絶対に手伝わない。
自分はあくまでも3番窓口だから。

荷物は18日かかって札幌の自宅に到着した。
思っていたより早い!
ビックリした!
以前は2ヶ月くらいかかっていたのに。。。
ロシア人に報告したら
「マナさん、それはラッキーと言うのですよ」
とのこと。
次回はもしかしたら3ヶ月かかるかもね。。。

このテキトーさが、いかにもロシア

あぁーーー、ロシアって面白い(笑)

|

« クラウドファンディング | Main | サハリンへ行きたい人、一緒に行きませんか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロシアから荷物を送る方法:

« クラウドファンディング | Main | サハリンへ行きたい人、一緒に行きませんか? »