« октября 2015 | Main | декабря 2015 »

ウズベキスタンセミナー

ウズベキスタンセミナー」に参加した。 Img_2374
最近、中央アジアの情報がどんどん入ってくる。

ウズベキスタンサマルカントに2年間滞在していた方が講師となり、札幌国際プラザで開催された。

大変面白かったですheart04happy01
実際にその地に住んでいた方のお話というのはためになるし、生きた情報として受け取れる。
やっぱ、行かなくては!
そして住んでみなくては!
現地で交流してはじめてその国のことがわかるよね。

セミナーで印象に残ったことを書きますpencil

日本の1.2倍の国土、人口は日本の4分の1。
パンbreadは聖なる食料である。
とても乾燥した土地なのでパンが1週間くらいもつ、日本では1,2日でカビが生える。
ウズベキスタンには世界遺産がたくさんあるが、観光分野での人材育成がまだまだである。
観光資源を経済発展に生かせるといいのだが。

タシュケントにある「ナヴォイ劇場」はソ連に強制就労された日本人捕虜が建築に携わった。
1966年に大地震があったがナヴォイ劇場は無傷で、避難所として利用されたそうだ。

このセミナーでわかったこと。
ウズベキスタンとのインバウンドビジネスは時期尚早ということthink

ウズベキスタンだけではなく、中央アジアについて調べてみるとたくさん勉強になりますわぁ~。
中山恭子さんの「ウズベキスタンの桜」を読んでみたいと思った。
そーだ、図書館で借りて来ようrun

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シルクロード・ビジネスセミナー

Img_2372札幌は大雪ですsnowsnowsnow

50㎝近く積もってます。
凍っているところも多くとても歩きにくいです。
慎重に歩かないと転びますshoe
冬道は疲れますsweat02

どこも渋滞rvcarcarbusrvcarしてるので車rvcarでのお出かけは控えたいわ。

これだけ積もるとスキーskiに行きたくなる!
中山峠スキー場ルスツリゾートもOPENしましたnotes

今年は何回行けるかな?

Img_2373
さて、タイトルのお話。
昨日「モンゴル・中央アジア・コーカサス”シルクロード・ビジネスセミナー”」というセミナーに参加しました。

いろいろ学ぶとこが多かったのは事実ですが・・・
今の段階で、アタシの興味があるのは「カザフスタン」と「アルメニア」のみ。

このセミナーではnineヶ国を3つに分けてました。

①モンゴル- - - モンゴル

②中央アジア- - - カザフスタン・キルギスタン・ウズベキスタン・タジキスタン・トルクメニスタン

③コーカサス- - - ジョージア・アルメニア・アゼルバイジャン

ここからはワタクシの思いっきり個人的な意見です。

①は人気あるんですよね。進出を検討している企業もあるみたいだし、視察に行きたいビジネスマンもいるんですよー、へぇ~そぉーなんだぁ~、って感じで。
なんでモンゴルなんだ?
モンゴルの何がそんなにいいのか?
人口は300万人しかいないのに・・・
モンゴルの魅力っていうものがわからん。
ワタクシは全く興味ございませんがね。

②は4ヶ国とも旧ソ連ですが、独立してからの歴史内容が全然違うと思うし、ビジネス環境も別ものだし、国民性もそこそこ異なる。。と思うよ。
・・・と言ってもアタシだって詳しいわけではないが、どぉー考えてもトルクメニスタンとはビジネスするってこと。。。そりゃぁ難しいわよ。
ウズベキスタンは資金管理がイマイチよ。
国際送金が面倒なんだよ。
以前、ツアー客の受入れをしたけど、アメリカドルdollarの入金がヨーロッパの銀行経由で送金されたり、為替レートが???状態だった。
タジキスタンは・・・わかりません。
キルギスタンはそこそこ面白そうな案件があります。

カザフスタン!!!!

ビジネスするならココです!
ガッツリ稼げます!
なので、②の5ヶ国はビジネス環境にかなりのばらつきがあると思う。

③もこれまたそれぞれ個性が違う国だと思う。
アゼルバイジャンとは絶対にビジネスしたくない。
はっきり言って、アゼルバイジャン人ってイヤ。
ロシアに住んでいた頃に何人ものコーカサス地方の友人がいたけど、絶対日本人とはうまくいかないと思ったのはみんなアゼルバイジャン人だったから。
ジョージアはうぅ~ん、よくわからん。
アルメニアとはゆっくりではあるが進んでいる案件がある。
幸いにも駐日アルメニア共和国大使館の方とお話しできた。
何か相談事やビジネスで困ったことがあれば連絡下さいとのことだったので今後何かあればアドバイスをいただくことだろう。

カザフスタンには行きたい。
今のカザフスタンビジネスをもっともっと加速させたいrock
ロシアビジネス以上の稼ぎができると思う。
親日家のお国であるから、ネットワークを築けば必ずプラスへ進むrock

カザフスタンビジネスをやればキャパオーバーになる。
それはよぉーくわかってる。
でも、新しいことにチャレンジしたいじゃんrock
面白いことやってみたいじゃんrock

誰もやらないからやりたいじゃんrock

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スキーツアーFromロシア

Img_2340シベリアから運んできたおやつやジュースもそろそろ尽きてきた。
お茶のような色をしていますが、ジュースです。
いまいちだった。
まずくはないが、美味しくもない。
もう買わない。

札幌は一夜にして冬景色snowとなりました。
冬靴を出して、傘をさして通勤。
雪道は歩きにくい、体力消耗する。
ダイエットだ。。とポジティブに考えよう。

今年は去年以上にスキー場の宿泊施設の予約が困難であるski
特にロシア人は長期滞在なので、1日でも予約できない日があれば、ツアー自体が成立しない。
料金もUPupしている。
どーしましょうねぇ~think
年末年始の予約はすでに完売なので、今更の問い合わせはお断りしてますが、2月3月であればなんとか予約可能な日程もあるんですよ。
それでも、なかなか難しい状況。

東南アジアのツアー客って、スキーをするよりも「雪」を見たいんですよね。
「雪」を体験するためスキー場に行って、ソリすべりとかやってる。

せっかくスキーやボードsnowboardで日本のスキー場で滑りたいというロシア人達がいるのですから、なんとか手配したいところです。

ヨーロッパ方面が何かと物騒な状況ですので、モスクワサンクトペテルブルクの富裕層dollar達は東へ向いて来た感がある、、、ってロシアのパートナー企業が言ってる。
「東」というのは、日本も含めアジアのこと。

そーね、そーね、、、、モスクワのマーケットまで進出できたらそりゃ、面白いでしょうねぇ~note

ロシアではルーブル安がこの頃は日常になってきたようだ。

100円=50ルーブルの時期がずぅっーと続けば、それが通常レートになってくる。
そーなんだよ、このレートに慣れればどぉってことはないの。

100円=30ルーブルなんで過去の話。
もうそんな時代は来ない、と思えば文句もでない。

ロシア国民はたくましいのだ。
そして、我々日本人にとってはロシアへ行くチャンスなのだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シベリアビジネス

Img_2343_2今日のおやつnotes

トウモロコシ味のカールって感じです。
甘い。
紅茶と一緒に食べましょう~happy01

さて、シベリアから帰国して1ヶ月が過ぎました。
シベリアから持ち帰った仕事がたくさんあります。
業務提携の契約書を作成したり、ダイレクトメールの準備をしたり、シベリアビジネスのPRのためのパンフレット制作をしたり、、、、

シベリアの各地でいっぱいビジネスの「種」をまいてきました。
これからは「種」がきちんと育つように手助けをしていきます。

シベリアに行かなくてはできなかったこと。
シベリアに行ったから持ち帰れたビジネス。

でっかいマーケットのシベリア。
たくさん面白いことがあるシベリア。
勝手に名付けた「シベリアビジネス」

シベリアの中心、ノボシビルスクで楽しいビジネスを始めますrock

ノボシビルスクへ行きたい方、すべて手配可能です。
ロシア企業のアポ取り、ビジネスマッチング、視察、通訳手配、宿泊手配などなど、なんでもサポート可能ですscissors

来年、またシベリアツアーを企画する予定です。
どうぞお楽しみにnotes

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メディカルツアー(医療観光)について

Img_2338今日のおやつ。
ロシアのポップコーン。
スゥイートな味です。
ペロッと一袋食べちゃいましたhappy02

メディカルツアー(医療観光)についてですが。
ロシアからメディカル目的で来る方は、主に治療や手術ですhospital
日本の高度医療を求めて来日します。
癌治療、抗がん剤治療をはじめ、難病治療やかなり難しい手術も受けています。

ロシアでこのまま死を待つより、日本で手術したい。
少しでも望みがあれば日本の医師に手術してもらいたい。
など、かなり重たい案件も多々あります。

入院時には当社の医療通訳がサポートします。
言葉のサポートも重要ですが、付添人としての役割もこなします。
患者さんと看護師さんとの意思疎通がきちんとできてお互い信頼感を持って治療にあたる。
言葉の壁があるので看護師さんはとても大変です。

看護師さんはロシア語の会話集を片手に持って検温に来てくれたり、携帯の翻訳機を駆使して直接コミュニケーションをとれるようにとても努力してくれます。
ホントにホントに頭が下がります。

患者1人1人のことを考えて誠心誠意で対応してくれる看護師さんは本当に素晴らしい職業だと思うし尊敬します。
そんな姿がきちんと伝わるように通訳しなくてはいけないですよね。

今日はMRI検査をしているロシア人患者の横に座り、看護師さんと仕事についてお話ししました。
人のために一生懸命に働く、、、って偉い!としか言えないですよ。
患者さんのことをいっぱい考えて、肉体的にも精神的にも支えてくれる存在の看護師さんってホントにすごいです。

看護師さん達のじゃまにならないよう、コミュニケーションがきちんとできるようにお手伝いしたいと思いました。

話しは戻りますが・・・
日本の国家戦略のひとつと言われている「メディカルツアー(医療観光)」ですが、これは観光に来てついでに健康診断もする、又は医療目的で来たついでに観光もする、というようなイメージだと思いますが、当社のメディカルの受入れは「治療・手術」が多いので、一般に考えられているのとはかなり違います。

これからどんどん増えていくのは間違いありません。
いまでも当社のキャパのいっぱいいっぱいで受入れしているので、今後は医療通訳の育成とか研修を行わなくては、、、と思っています。
ロシア語だけではなく、多言語も必要になっていくことでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

インバウンド。。。という言葉をよく聞くでしょう?

Img_2362今日は千歳空港airplaneへお客様の送迎に行って来ました。
毎年来日するリピーター客です。

大量の荷物。
23キロをオーバーしたスーツケース。
5キロをかるく超えてしまう手荷物bag
超過料金13000円yen

来日した時は片手で持てるほど軽かったスーツケースは両手でも持ち上げられないほどになっていましたsweat02

長期滞在だったにもかかわらず
「あー、もっと日本にいたぁ~いup」と帰国をいやがっていた。
また会いましょう~happy01

さて、最近「インバウンド」という言葉をよく聞きませんか?
「インバウンド」とは「海外からの訪日客」のことです。
つまり外国人観光客。

インバウンド消費が日本経済を救う、、、とまで言われています。
訪日外国人を増やしましょう~ということで、インバウンド業にシフトする旅行会社も多々あるのです。
そんでもって、当社にもいろいろ問い合わせが来るのですが・・・
はっきり言って、ウザイ。
確かに当社はインバウンドビジネスですよ。
でもね、ロシアなの。
ロシアしかやらないの。
(細かく言えば、カザフスタン・ウクライナ・エストニア・・・などあるが)
ロシア圏なの。

いーいかい、うちは、ロシアなの!

マレーシアとかインドネシアとかタイランドとか、やらないから、誘わないで。

いーですか、うちはロシアだから!
ロシアのインバウンドだから!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのトイレ事情

Img_2358今日のおやつ。

ノボシビルスクの中央市場の片隅のお店で見つけたお菓子です。
スーパーではあまり見かけないので10個ほど買ってきましたbag
日本のお菓子にもあるタイプで、ウエハスをチョコレートでコーティングしたサクサクお菓子。
ロシアっぽくなくフツーです。
どこにでもあるタイプ。

さて、タイトルの話。
「トイレ事情」は日本と比べるとどこのお国もランクは下でしょうtoilet

まず、トイレの数が少ない。
公共施設にも必ずあるわけではない。
道の駅なんてものはないので、ドライブrvcarの途中でトイレに行きたくなったら、野原の草むらでどうぞ、ってこと。

トイレットペーパーはトイレに流せません。
使用したトイレットペーパーはゴミ箱に捨てます。
トイレットペーパーの質が悪くとてもかたい紙なのでそれを流すとトイレが詰まってしまいます。
トイレットペーパーがないことも多々ありましたsweat02

便器に便座がついていないこともある。
つまり、様式トイレなのに座ってふんばれない。
便器におしりがつかないように両足で踏ん張って腰を浮かせて、さらにふんばるのです(汗)
電気椅子状態ですsweat02

ノボシビルスクの某大学教授のもとへ行った時
教授用のトイレがありました。
生徒たちとは別のトイレです。
トイレに行く時にトイレのカギを持参して、外からカギkeyをあけてトイレに入ります。
誰でも自由にトイレに入れないのです。

他の大学に行った時もそうでした。
ここはカギではなく、ドアについているカギを暗証番号で開けてトイレに入ります。
ロシア人は「秘密の部屋です」と言ってました。

ロシアに行く方へ。
トイレがあるところではなるべくトイレを済ませましょう。
もう少し後でいいわ。と言ってももう少し後にはトイレがない場合がほとんどです。

以前、バスbusで約3時間くらい移動するツアーがありました。
途中にはトイレはありませんので、ツアー客にその旨を伝えたところ、男性は道端でいいのですが、、、さすがにお嬢様はそうもいかず。。。
お嬢様達は朝からほとんど水分をとらずバスに乗車してました。
なんだか不便ですsweat02

帰国して一番うれしかったことは・・・
自宅の暖かい便座に座れたことですhappy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昆布入りのロシアのチョコレート

Img_2356
ロシアのチョコレート

「昆布入り」なんですよ。

テレビ東京「世界の秘境で大発見!日本食堂17」でも
紹介された珍しいチョコレートですsign01

味ですが・・・
昆布の味はほとんどしません。
なんとなぁ~く和風だしの味っぽいなぁ~とも感じますが、「昆布が入ってます」と言われなければ「あっ、昆布だ」とは思わないです。
ちょっとザラっとした小さい粒が舌に残るのですが、これが昆布の一部?かな。
そんなの気にせずに食べましょう~。
ビター味チョコでおいしいですnotes

先日、お得意様向けに販売したところ、即日完売でしたbell
そのうち一般向けにも販売したいなぁ~と思っています。

さて、今日のトラブル。
ガソリンスタンドで
「どこでタイヤ交換されましたか?」
「ト○タですrvcar
「タイヤが逆についてますよ。ト○タで付け替えてもらってください」
「えっ????タイヤが逆って何さ?」
車を降りて確かめる。
ガソリンスタンドのイケメンおにーちゃんがとても丁寧に説明してくれる。
「タイヤって進む向きが決まっているんですよ、ほらっ、矢印が書いてあるでしょ。この向きが逆なんですよend

右前とタイヤと左後ろのタイヤが逆についていたんです。

すぐにクレームannoyの電話をする。
「あのさー、あんたんとこでタイヤ交換したんだけどさぁー、タイヤ逆についてんだよねぇー、そっちのミスだよねー、どーゆーこったい、ひどいじゃんよぉー、事故ったらどーすんだよー」
ってことを、柔らかい表現でかつ怒っているannoyことを伝えました。

すぐに担当者が自宅まで謝罪に来てくれて、車も持って行ってくれたけどね。

なんかショックだったよ。
信頼していたから。
すべて車のことはお任せしてたから。
「定期検査ですよ~」とか「オイル交換の時期ですよぉ~」とか「保険継続しておきますねぇ~」とか面倒みてくれてたのに。。。

タイヤの取り付けミス、とは。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シベリアの印象

Img_2335ロシアのジュース「モルス」

重たいのに3本も買ってきました。
飲みやすいジュースですhappy01

シベリアから戻って、雑用をちゃっちゃとやりながら、アポイントをこなしてます。

シベリアに行ってきたんですよ~note」から話を始める。

シベリアの印象を聞くと・・・
「寒い・凍土・抑留・・・」って、なんだか、パッとした明るい単語がでてこない。

まー、そうだろうなぁ~。
シベリア鉄道に乗ってみたい、という方もいましたが、みなさん行ってみたいとは思ってないようです。

シベリアの魅力を伝えるのはかなり難しいです。

ノボシビルスクに滞在している間にネットワークがどんどん広がり、カメロボ市やトムスク市、クラスノヤルスク市からも招待されたんです。
うれしいお誘いでしたが時間がなくて行けませんでしたweep
日帰りで行ける距離ではありませんからねぇ~。
「すぐ隣の町ですよ」と言われても・・・300~500Kmもあるしrvcar

よし、来年もまた行くぞ!

シベリア鉄道&ノボシビルスクの旅」を来年7月頃に企画しておりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽しく儲かるロシアビジネスをやろうね☆

Img_2333ロシアのポテトチップスです。

塩味・チーズ味は、まぁ~いいとして、キュウリ味はどーなんでしょうsweat02

カルビーのポテトチップスに慣れてしまっている日本人としてはロシアのポテチはかなり違和感が。。。ビミョーだわcoldsweats01

ロシアの味しか知らないロシア人にとってはこれが「THEポテチ」なのですから、美味しいのでしょう。

まずくはないよ。
ただ、、、慣れていない味。

チーズビットはまーまー日本と同じ感じ。

最近は、動けば金になる。。的な仕事はあまりなく、ネットワーク作りに猛進しています。
もちろん、日本のネットワークではなく、ロシアでのネットワークですよnotes

ロシアとの情報交換を密にすることによって、面白いビジネスが見つかるでしょflair
それをヤルかどうかはよぉーく考えるけどね。
自分でできる範囲のビジネスを楽しく面白くやるのがロシアビジネスを長続きさせる秘訣とおもってるから。

誰と一緒に、とか、どこの企業と合同で。。。とか、やらないから。
”コラボ”という言葉が流行ったこともあったけど、難しいよ、これって。
どっからどこまでがどっちの責任で、どーゆー利益配分で、どんなふうに仕事を分担するかとか考えたらストレスたまって倒れそう。

自分だけでできるビジネスをしっかりやってがっちり儲けましょう~rock

やりたいロシアビジネスがいっぱいありすぎて自分のキャパを完全にオーバーしているんですよdash
まずは楽しく儲かるビジネスからやりましょう~heart04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのチョコレート 完売御礼!!!!!

10_500リピーター客のお客様のご注文で完売となりました!
お買い上げいただきありがとうございます。!

「ミニチョコ10個入り」

1セット 500円(税込)

完売!

ロシアのミニチョコレート10種類の詰め合わせです。
写真は一例です。

いろいろな味を楽しんでくださいnotes

Photo_2


「ミニアリョンカ5個入り」

1セット  300円(税込)

完売!

ロシアで一番有名な「アリョンカ」チョコレートです。
かわいい包み紙を開けてサクッと食べて下さいhappy01


次回の販売予定は2016年1月頃となっておりますので、事前予約を受け付けます。
お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先
メール hasesho@nifty.com
タイトルに「チョコレート」とお書きください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク出張 帰路編

Img_2328ノボシビルスクトルマチェボ空港内です。

ノボシビルスク最終日、夜9時にホテルをタクシーで出発car

早めにチェックインして空港内を散歩。
おみやげpresentは街のショップより2倍は高かった。
”空港価格”ですね。

22時50分、ハバロフスク行のS7の搭乗案内の放送があったので、掲示板で更に確認して3番ゲートへ行く。
23時からゲートが開く、、、って書いてあるのに、、、23時20分やっとゲートがあく。
係員がたった1人で、乗客のチケットticketを確認する。
めっちゃ時間がかかるのよcoldsweats01
23:50分、ハバロフスクへ向けて飛ぶairplane
ノボシビルスクの夜景nightがすんごぉーーーーーくキレイでしたheart04
シベリアの大地に広がる無数の光が遠くまでキラshineキラshineと光っていた。
ノボシビルスクってこんなに広いんだぁ~って驚くshine

ダスビダーニア・シベリア

ダスビダーニア・ノボシビルスク

Img_2334
シベリア・北海道センターからいただいたおみやげ。
これを枕に睡眠したいところだが。。。
眠れない。sweat02

夜中の1時30分に食事が配られる。
こんな時間に食べられない。

まずい食事なので黒パンだけ食べる。
写真を撮る気にもなれない。

眠れないが目を閉じてダラッーとしてる。

朝4時30分、ハバロフスク空港着。
現地時間は8時30分。

バスbusに乗って空港建物へ移動。
乗り換えのためここで待機。

ユジノサハリンスク行のアナウンスがあったので、ゲート前に並ぶ。
そんでもって、ここでもまたアナログな行動が。。。。

係員のおねーちゃんが2人、机の上に名簿を並べてる。
A4用紙が4枚、搭乗者名簿です。
おねーちゃんに自分の搭乗券を見せる。
おねーちゃんが2人で名簿から名前を探してチェックする。
列が進まないのなんのって、、、きちんと並ばないし、横入りはするし。。。
とにかく遅い!

なんでバーコードとかにしないのさ!
機械でピッとやれば早いのにさ!

乗継時間が1時間くらいあるのに、並ぶ時間が30分sweat02、、、って何よ、コレ。
寝ていないのでなお更疲れてムッとするpout

朝9時40分、ユジノサハリンスクへ向けて飛ぶairplane
間宮海峡を飛ぶ。
海だ、サハリンだ。
なんだかホッとするconfident

11時、サハリン州・ユジノサハリンスクへ到着。
なんか、空気が違うよ。
匂いが違うのよ、ロシア大陸とは。

タチアナさんが迎えに来てくれた。
「マナさん、おかえりぃ~heart04」って。
サハリンからシベリアに出発してサハリンへ戻ってきたから、「お帰り」だね。

眠気を我慢して、サハリンでのお仕事開始!
アタシってなんて働き者なんだ!
サハリンのエージェントを数社回る。

Img_2329

最後にCITYMollに行ってお買いもの。

←こんなビールが(笑)

ロシアのジュースと、アルメニアのコニャックと、ポテトチップスとチョコレートを買う。

フードコートでお茶して、知人たちとおしゃべりして、眠気をふっとばすcafe

5時、空港へ行く。
ガラ―ンしてる。
搭乗手続き1番乗り!
っていうか、人が少ない。

DutyFreeショップでハチミツを買う。

定刻で新千歳空港に到着するairplane
日本の匂いがした。
税関の「おかえりなさい」の一言がうれしく感じる。

無事に帰国できて良かったconfident

あっという間のシベリア出張。

事前に準備していったおかげで大成功といっていいほど収穫があったsign03
現地で大きな商談が入って契約できたことが予想外の成果sign03
全てのアポイントを消化できなかったのが残念despair
観光が全くできなかったのもガッカリsad

時間と労力を費やした結果、

その何倍ものリターンがあるrecycle

それがロシアビジネスの醍醐味。

新規事業が目白押しですrock
ガンガン行きますrock

帰国しても休む暇なし。
やることいっぱい!
うれしい悲鳴がキャァーhappy02

いーぞいーぞシベリア

広いぞシベリア

シベリアビジネス、ガッツリやります!

とことんロシアです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« октября 2015 | Main | декабря 2015 »