« ノボシビルスク出張 交通編 | Main | ノボシビルスク出張 街中編 »

ノボシビルスク出張 レストラン編

Img_2145≪序章≫≪ホテル編≫≪交通編≫に続いて≪レストラン≫編です

ノボシビルスク到着日はさっそくロシア料理!

コングレスホテルの1階にある
「BEERMAN&GRILL」

インターナショナル料理restaurant、なんでもそろってます。
ロシア料理はもちろん、パスタ、パエリア、中華、お寿司までありましたよ。

おしゃれなファミリーレストランって感じ。

Img_2143
まずはコレ。
シベリアボルシチ

スメタナをたっぷりまぜておいしくいただきましたぁ~happy01

ここのサービスは満点heart01
もしかしたら日本よりウェイトレスはサービス精神旺盛かもしれません。

お店に入ると、ウエイトレス、ウエイターが「こんにちはぁ~heart04」と挨拶します。
(日本ではお客様が入店したら挨拶するのが当たり前ですが、ロシアでは当たり前ではありません)

担当のウェイトレスがやってきて、「ご来店ありがとうございます」と言いました。
かなりびっくりしたsign03

そして、どの料理にしようか迷っていると
「当店のボルシチはとってもおいしいですよ、いかがですか?」とアドバイス。
これまた驚いて口がぽかぁーんとあいたwobbly

そしてさらに
「ボルシチと一緒にこちらのサラダや前菜もぜひお召し上がりください」とまたまたアドバイス。
これまたひっくり返るかとお思うほどたまげたぜぇ~up
えっ!!!ここは本当にロシアか?
サービス精神あるじゃんsign03
さすが都会!
さすがノボシビルスク

素晴らしいサービスとおいしい料理でおなか満腹happy01
ノボシビルスクの初日は大満足の夕食でしたheart04
Img_2161

次の日のランチ

地元のみなさんが食べる定食って感じです。

たしか、某税金事務所の社食みたいなところ。

レストランほど美味しくはありませんが、まずくもありません。
庶民の味。


Img_2162

ウズベキスタン料理のレストランrestaurant

とても人気のあるレストランで、予約がとりにくいらしい。
雰囲気も良く、なかなかGOODsign03

ウズベキスタンはシルクロードの中継地として発展してきた国で、様々な文化が交差する地でもあり、食文化も多様であるような気がします。


Fullsizerender_2


メニューを見ても、今まで見たことのない料理がたくさん並んでいました。
オーダーはみなさんにお任せして、どんな料理がでてくるのかワクワクしていましたhappy02


Img_2165

ウズベキスタン料理で一番ポピューラーなものが「プロフ」

お米がちょっとかたかったけど、エキゾチックな味がした。

お肉は羊肉か牛肉なんですって。





Img_2166

見た目はロールキャベツ

ですが・・・
巻いてあるのはキャベツではなく、ぶどうの葉っぱなんです。

ぶどうの葉っぱに味をつけて、お肉を野菜を巻いてます。

ぶどうの葉っぱを食べる。。。という発想がすごい。
これまた初めての食感でした。

Img_2167

「らぐめん」

中央アジアのラーメンだそうですnoodle

うぅーん、ラーメンではなく、うどんですね、これは。

野菜がたっぷり入ってました。





Img_2173_2

食後はもちろんデザート

スウィーツもいろいろ種類がありました。

このケーキはふわふわ&あまあま
チョコレートもとろりぃ~。

とろぉ~り、、なのかただ溶けているのか。。

すんごぉ~く甘い。


Img_2174


これもまたスィート。

うわぁぁぁぁぁぁぁぁ
めっちゃ、甘い。

ぉぉぉぉーーー、甘甘甘。。。

紅茶を3~4杯のみながら食べました。



ウズベキスタン料理はここまで。


Img_2198_3

ノボシビルスク市内から約30キロ、学園都市「アカデミガラドク」にあるレストランでビジネスランチrestaurant

ビジネスランチは
スープ
前菜
メイン
パン
がセットになってます。

量が多いな~と思ったら、スープなし、パンなしにもできます。

アタシはスープなしパンなしにして、コーヒーcafeとデザートを追加しました。
Img_2199

マッシュポテトの上にレバー肉がのってます。

こんなにでっかいレバー肉を食べたのは初めてsweat02

血液が元気になったかも(笑)






Img_2200
3人で別々のデザートcakeを頼んで味比べ。

全部おいしい。
全部甘い。
全部食べた。









Img_2215
寿司屋です。

ロシアで寿司を食べてみよう~!
どんだけおいしいのか
どんだけまずいのか
どんだけオリジナルなのか
どんだけ面白いのか
どんだけ奇想天外なのか

興味津々で行きましたnote


Img_2233
ロール寿司です。

ロース寿司の中には必ずクリームチーズが入ってました。

なので、お魚の味よりもチーズの味の方が口に残ったって感じ。

値段はちょっと高いなぁ~と感じた。
ジュースもコップが小さかったなぁ~。


Img_2235

メニューです。

なんか美味しそうでしたのでオーダーしました。

おぉー、食べたいなぁ~bleah

「コレ食べる」と言うと

「マナさん、メニューはあくまでもメニューだからね、この写真のとおりではないかもよ」

「そーだよね、でもいいよ、頼もう」
待つこと20分。。。
出てきた料理は・・・・・
Img_2234


コレ(泣)

ひどすぎるぅーーーーannoy
コレって詐欺よpunch

「だから言ったでょぉ~」とロシア人。

値段もそこそこ高いし(泣)




Img_2236
これもまたメニューの写真とは違った。

写真にはでっかい野菜とお肉がたくさん盛り付けられていたのに・・・

やっぱ騙された。

味?
うーん。ダメだ。

ここのレストランのほかにも日本食レストランはありますので、次回は別のお店にチャレンジしますね。

Img_2243
朝7時30分
朝食を食べにホテル近くのカフェに行きました。

カフェというより、パン屋さんの中にイートインコーナーがある。

「ПЕКАРНО」パン屋

かなり有名店みたい。
ロシア人に話したらみーんな知っていた。

会社に出社する途中にパンを買いに立ち寄るOLがいたり、朝食用に焼きたてのパンを買いに来た近所の主婦など。。。
(勝手な想像ですが、たぶんそうでしょー)

Img_2249


焼きたてのパンがいっぱい並んでました。bread
どれを選んでよいか。。。迷って買ったのは
ポテトのひき肉が入ったピロシキとソーセージ入りのパイ。
窓際のカウンターに座り、雪が舞う中、行き交う人々を眺める。

コーヒーが美味しかった。

さて、今日1日のアポイントを整理して、何をどのように説明するか頭の中でビジネスプランを組み立てる。

よぉーし、今日も1日充実した時間を過ごすぞぉ~rock

やっと来たんだから、シベリア!
結果をだそうぜ、シベリア!
Img_2295
ノボシビルスクで一番良かったレストランをご紹介しましょう~。


「Печки Лавочки」

おすすめです。

絶対に行ってください!

オペラ座のすぐ近くです。




Img_2296
上の階から眺めるとこんな感じ

なかなか広いです。
窓際の席が人気です。

料理も豊富ですし、どれもGOODです。








Img_2300
気温はマイナス4度、雪snowが降って風も冷たかったので、暖かいものが食べたいよね。

やっぱり、ロシアといえば

ボルシチでしょー。

毎日食べても飽きません。
またまた食べます。





Img_2303
ボルシチセット

黒パンもついてます。

洋辛子もついてました。
なめてみると・・・
うわぁ~辛い。

ボルシチにちょっとだけ入れてみる。
味にパンチがでてなかなかいーじゃん。

あー、あったまったぁ~。


Img_2298
スープもたくさん種類があるでしょ。

ノボシビルスクに来て食事で感じたこと。
「魚料理が少ない」
ってこと。

ロシア出張といえば、サハリン州やロシア極東地域だったでしょ。
海がすぐそばの地域では「魚料理」はたくさんありました。

内陸のノボシビルスクでは海のモノがすくないなぁ~。

レストランのメインは「肉」です。
「肉料理」はかなり安いと思った。
Img_2299
ペリメニロシア風餃子)も大好きです。

食べすぎた1日でした。

ロシアではぜひ、ボルシチペリメニを食べてくださいね!

ノボシビルスクは物価が安い。
サハリン州よりずっと安い。

ルーブルが安いので、今が旅行のチャンスですよflair


つづく

|

« ノボシビルスク出張 交通編 | Main | ノボシビルスク出張 街中編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/62555266

Listed below are links to weblogs that reference ノボシビルスク出張 レストラン編:

« ノボシビルスク出張 交通編 | Main | ノボシビルスク出張 街中編 »