« ノボシビルスク出張 序章 | Main | ノボシビルスク出張 交通編 »

ノボシビルスク出張 ホテル編

Img_2135≪ノボシビルスク出張 序章≫の続きです。

夕方5時、やっとノボシビルスク空港に到着。

到着ロビーで一番目立つオブジェ。
5本足の馬、です。
シベリアにしかいないという5本足の馬、というなんかの伝説らしいです。
う~ん、それ以上は詳しくないです。

引き取ったスーツケース。
びしょぬれでした。
が降っていたので、飛行機から荷物を降ろしてトラックに積み(もちろん屋根なしのトラック)荷物受取場まで運ばれてきたわけで・・・
雨ざらしだったわけで・・・
お客様の荷物なんで濡れようが壊れようが関係ない。。。ってことか。
運べはいいわけで・・・届いたのだからいいでしょ。。。ってことか。
Img_2136
空港でーす。

お迎えに来てくれた知人達と久々の再会。

10年ぶりの方と7年ぶりの方。
みなさんあまり変わらない。

ホテルへ向かう。

さすが、都会!
ロシア第3の都市。
規模が大きい
そして・・・すさまじい自動車の数!
街まで渋滞。
40分くらいかかる。
車の後部座席に座り、右見て、左見て、きょろきょろ
建築中のビルやマンションがたっくさん

今回の出張では、ホテルを3ケ所体験します。
①まーまーなホテル
②ホテルとしては最低ランク
③かなり良いホテル
Img_2176
CONGRESS HOTEL

コングレスホテル

立地はノボシビルスクシベリア鉄道駅のすぐ目の前です。
シベリア鉄道を利用する方にはチョー便利です。

なので、ノボシビルスク近郊の都市から鉄道で来る出張客が多いです。

アタシが宿泊している間も大きな会議がいくつもあったようで、首からネームプレートを下げて資料が入った紙袋を持ったビジネスマンたちがロビーで集合していました。

なので、朝の8時前後のエレベーターはめっちゃ混んでいます。
Img_2139
部屋はいたってシンプル。

見てのとおりベッドカバーはなかった。

とりあえず必要なものはあるって感じかな。
スリッパはなかったが。

特に大きな問題はなかった。

朝食場所は2階のレストランでしたが、席があまり多くないので早い時間はとても混みました。
ピアノの生演奏があった
イケメンのロシア人だったのでおぉーって思って見とれてた。
Img_2140
ここもやっぱりシャワーが高すぎる

廊下にウォーターサーバーがあるので自分でポットに持ってくる。

フロントの対応はよかった。
待たされることなくチェックインはできた。

1階にとてもおいしいレストランがある。
(この話題は”レストラン編”で書きます)

ロビーも広いのでグループツアーでも対応可能かな、って思った。

アタシの部屋は窓からは「街」が見える。
反対側の部屋からは「ノボシビルスク駅」が見える。
Img_2150

どーしてもこの画像を撮りたかったので、反対側の部屋を清掃していたお姉ちゃんに
「すみませんが、写真を撮りたいので部屋に入ってもいいですか?」と聞いて
「OK」

18階からの眺めです!

駅前広場とノボシビルスク
その向こうにはオビ川です。

こちら側のお部屋に泊まれたらラッキーですよね
予約の際にリクエスト可能かもしれません。
Img_2153


こちらがアタシの部屋からの眺め。

街の方です。
いまいちですが・・・








Img_2147
ロビーの様子です。

世界の国旗が並んでいた。
ちゃんとJAPANの日の丸もありました。

この日からすでにマイナスに近い気温だったので、ロシア人達はコート、オーバー、ブーツ、帽子。

「もう冬ですね」というと
シベリアの人は
「冬はまだです。冬というのはマイナス40度のことです」
言ってました
CONGRESS HOTELはここまで。

Img_2214_2


さて、次のホテルは
CENTRALNAYA HOTEL

ツェントラリナヤホテル

かなりの覚悟で行きました。

とにかく安い。
安いのはどんだけひどいのか?を見てみたかった。
耐えられるか否か。
ソ連時代に建てられたかなり古い、いや相当古いホテルです。
このホテルは、バスなしトイレなしの部屋がメインです。
そこまでランクを落とさなくてもいいだろうと思って、トイレ付きの部屋にしました。一応シャワーもありました。(バスタブはなし)
Img_2209_2

シャワーです。

シャワーを出すとシャワーヘッドが天井を向いてしまいました。なんじゃこりゃ~

ってわけで、シャワーを股にはさんでシャンプーして流して、リンスして流して、、、と。
シャワーヘッドを下に置けばいいと思うでしょ。
置くと水が四方八方に勢いよく飛ぶから床が水びたしになるのよ。
カーテンしめればいいでしょ、と思うでしょ。
カーテンが短くて床まで届いてないのよ。
とにかくいろいろ試したのよ。
どーやっても快適さなんてものは全くなく、股はさみになったわ(笑)
Img_2210

シャワーのとなりのトイレ。

ふつうはあるでしょ。というモノがないですよ。

ないもの
冷蔵庫
クローゼット
トイレットペーパーホルダー
(見えます?タンクの上に置いてあります)
シャンプー
リンス
歯ブラシ
ポット
コップ
ドライヤー
いっぱい不便。

フロントのおねーちゃんはチョーやる気なし。
ソ連時代のサービスそのもの(っていうかサービス精神皆無)
エレベーターはいつ停止してもおかしくないほど古い。

「ドライヤーを貸してください」とフロントに直接頼むと
「ここにはないわ、客室係に頼んでよ」
「客室係ってどこにいますか?」
「上にいると思うけど」
「えっ、どこにいるのよ?何号室なのよ?」
かなりしかめっ面でアタシを見る
「今ここに持ってきてもらうから」
「はい、では待ってます」
待つこと、5分、、、10分、、、20分。。。
「ねぇ~まだなの?」
「客室係が持ってくるって言ったから.。。」
待つこと30分。
やっと客室係がドライヤーを持ってきた。

こんな感じです。

ロシア人から聞かれました。
「マナさん、なんでそんなホテルに泊まってるの?」
「どれだけひどいか見てみたかった」

ここは日本人は泊まるとかなりストレスがたまることでしょう。

ただ一つだけ最高なことがあります。

「立地が抜群!」

すぐそばに「オペラ座」があります。
夜にオペラやバレエを見てもすぐ帰れます。
それに、ホテルにレストランはありませんが、ホテルの周りにはたくさんの素敵なレストランもあるし、朝食可能なカフェもあります。

安ければ部屋はどーでもいい、寝れればいい、という方は我慢できるかもしれませんね。

部屋やサービスの質からいうともっと安くてもいいと思うが、立地が文句なしだからなぁ~。

これでCENTRALNAYA HOTEL 終わり。
Img_2312

さて、次のホテル

AZIMUT HOTEL

アジムットホテル

International Hotel Chainです。

もぉー、最高!
前日のホテルから見ると天国です!

このホテルは当社の日本人ツアー客が毎年利用しています。
快適なホテルです。
オペラ座までは徒歩10分
ノボシビルスク駅までも徒歩10分ってとこかしら。
Img_2290
ベットも寝心地いい。
冷蔵庫にもアルコール類ジュースが入ってます。
水が1本サービスです。

各階のエレベーターホールにウォーターサーバーがありますので自由に飲めます。
ペットボトルが空になったら、この水をもらってきてました。

ロビーも広くてフロントもしっかり対応してくれます。
さすが、チェーンホテル。
そこそこサービスが行き届いています
Img_2293

朝食が最高!

朝食のレストランは2階です。
すごーい種類がいっぱいでした。
おいしそうな料理がたくさん並んでいました。
(レストラン編で写真UPします)

うん、これは良い
日本人が宿泊しても文句はないでしょう。

ここのレストランは夕食も対応しています。
月曜~木曜までディナービュッフェをやっています
行く機会はなかったのですが、外国人には評判が良いそうです。
次回は必ず食べに行こう~
以上、AZIMUT HOTELでした。

|

« ノボシビルスク出張 序章 | Main | ノボシビルスク出張 交通編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ノボシビルスク出張 ホテル編:

« ノボシビルスク出張 序章 | Main | ノボシビルスク出張 交通編 »