« ロシアからのリピーター客達との再会☆ | Main | 北海道立北方四島交流センター »

日露国境標石をみてきた

Img_19782015年8月6日~8月7日、根室へ出張。
北方四島の色丹島へ向かう「えとぴりか船」の見送りでした。

色丹島訪問団といろんな団体の関係者とロシア人が乗船して8月7日朝9時30分に根室港を出港いたしました。

根室、寒かった!
東京や札幌は30℃を越しているこの日、根室の朝の気温は15度でした。
昼間も20度ありません。
まじでジャンバーが欲しかった

見送りの後、帰りの飛行機まで時間があったので、プチ根室観光

「根室市歴史と自然の資料館」に行って来ました。

Img_1992
←樺太(サハリン)の日露国境標石です。

樺太の国境標石は日露戦争後の条約に基づいて設置されました。

海で囲まれた日本にとって、陸にある国境標石は、歴史的に樺太にしか設置されたことがなく、日本の対外関係の上で一級資料です

国境標石は第1号~第4号までありました。

第1号と第3号は「サハリン州博物館」にあります。
毎年サハリンに行くときにこの博物館に立ち寄りますので、何度も見ています。

これで、アタシは第1号・第2号・第3号とご対面したわけです。
第4号は不明・・・らしいです。
ちなみに、第3号はレプリカです。
Img_1996_2
国境標石の南面と東面は「日本語」

北面と西面は「ロシア語」です。

この標石が、北緯50度に置かれていたのですよぉ~。
ちょっと感動しました

この歴史的な標石が、ここ根室市にある。
ロシアとの関係が深い根室市。
目の前には北方四島。

今だに国境が定められていない日本とロシア

この標石に関してはいろいろとミステリアスが多いそうです。

Img_1995

次回サハリンへ行ったら、もう一度「サハリン州博物館」に行こうと思う。

もっと詳しくロシアの学芸員に「国境標石」について聞いてみようと思う。

きっとロシア人と日本人ではとらえ方や考えが違うと思うから。

今回の根室出張は収穫あり!(笑)

根室の観光名所「車石」にも行きましたし、根室名物「エスカロップ」も食べました。
次回写真UPしますね。

札幌に戻ると・・・・・・暑い!

|

« ロシアからのリピーター客達との再会☆ | Main | 北海道立北方四島交流センター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日露国境標石をみてきた:

« ロシアからのリピーター客達との再会☆ | Main | 北海道立北方四島交流センター »