« апреля 2014 | Main | июня 2014 »

ロシア・サハリン出張2014  その5

Img_0402ロシア人宅訪問の様子です。

ちょうどパスハ(復活祭)だったので特別な料理を用意してくれていましたrestaurant

イラストが描かれたタマゴがたくさん並んでいましたnotes

洋服に見立てたタマゴ置きや帽子をかぶせたりと、賑やかでしょう~。

この中からひとつ好きなタマゴをとって、お互いにタマゴをカチンッとぶつけ合って割るんです。
「割れたら負けなの?」って聞くと
「勝ち負けはないよ。割り合って祝うんだよ」と教えてもらいました。
Img_0403
マッシュポテトと豚肉

ロシアのおいも、美味しいよねnote
おかわりしちゃったhappy02

ワインwineでみんなで乾杯して、いっぱいおしゃべりした。

「僕の家にお客さんが来ることなんてほとんどないんだよ。
ママもパパも仕事で忙しいから、ゆっくりみんなで食事する時間もないんだ」って10才のアルセイ君

アルセイ君とは2回、日本で会ったことがあるけど、すんごぉーく賢いのです。
最近は東京と大阪に行ってきたのですが、東京駅から10~15分おきに発車する新幹線bullettrainの数に驚いたり、
「品川」という漢字を見て、□が3つでできていることや、川という字も、三本の棒が同じ長さではなく全部違うことに感動してた。
Img_0407

←マフィンの上にチョコレートのコーティングがしてありますbirthday

マフィンというよりスポンジケーキに近いかなぁ~。

お祝いモノなので別腹にはいりました(笑)

ロシアでは、食後のコーヒーcafeは必ずといっていいほどデザートと一緒です。

コーヒーや紅茶だけ飲む、ってことはなく、ケーキやクッキーなどが添えてありますcake
Img_0404

←美味しい料理を作ってくれたエレーナさんです。

朝早く起きて家族の朝食を用意して仕事に出かけ、お昼に一度家に戻り、アルセイ君にランチを食べさせ、また仕事に戻り、夕方アルセイ君を学校に迎えに行き、違う学校(塾のようなところ)に連れて行き、また仕事に戻り、夜アルセイ君を迎えがてらスーパーで食材を買い帰宅して夕飯を作る。

めっちゃ忙しいスーパービジネスウーマンですsign01

尊敬ですconfident

どんなに忙しくても自分の能力を発揮でき場があること、やりがいのあるビジネスに挑戦できること、それに伴い給料もたくさんもらえること(いわゆる能力給)があれば、充実した生活が遅れるのよね。

アルセイ君もそんな両親を尊敬してとても誇りに思っている。
Img_0400
日本からおみやげに
”LaQ”を持って行きました。

”ラキュー”という組み立てブロックです。

すんごーおく、すんごーく喜んでくれましたheart02
さっそく車を作って見せてくれました。

喜んでくれてよかったhappy01

次回は日本で会えるかな?ロシアで会えるかな?

アルセイ君家族はサハリン出身ではなく、北緯64度のコミ共和国の方で、パパとママがロシアの某大手Oil companyの技術者で、期間限定でサハリンへ来ています。
あと1年で転勤になるらしい。

10才のアルセイ君にとって、アタシとの出会いはちょっとしたカルチャーショック(ちょっとおおげさだけと)だったらしい。(出会ったのは9歳の時)
”はじめて知り合った日本人のおばちゃん”だって。
「ウフタ(コミ共和国の街の名前)に戻ったらさぁ~”僕、日本人の知人がいるんだよ”って言ったら、エッ―!sign02ってみんなに驚かれそうだな~」って。

アタシだって「コミ共和国の友人がいるんだ!」って言える。。。
でもぉ~、コミ共和国を知っている人は身近にいないだろうなぁ~coldsweats01
Img_0398
←リビングです。
間取りは3DKです。

このマンションは社宅扱いだそうです。

ユジノサハリンスクの中の高級マンションですbuilding
しかーし、エレベーターはありませんsweat02
6階まで重たい荷物をかかえて階段でした。

共用部分は一般のマンションよりキレイでしたし、自家発電があるらしい。


Img_0396
←キッチン

テレビの下には洗濯機があります。
キッチンに洗濯機を置くんだね。
家事をしながら洗濯もできるってことね。

奥はテラスです。

電子レンジが高いところに置いてあった。
アタシはイスを持って行かないと届かないなぁ~。
あれっ、たしかホテルの部屋もそーだった(笑)

すっかり遊んでしまった。
楽しかったわぁ~heart04
たくさんのおみやげをもらい、ホテルまで送ってもらった。
つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア・サハリン出張2014  その4

Img_0375アポとアポの間のほんの数時間、街中を散歩するfoot
1人でキョロキョロしeyeながら歩く。

いつも訪問団等の同行で来ると必ず貸切バスbusでの移動なので、歩くことが少ない。

歩いてこそわかる”サハリン”もあるんです。

歩かないと絶対に学べないコト、経験できないことは”横断の仕方”でしょうー。

信号機signalerのある横断歩道が少ないです。

ロシア人達は車のちょっとした切れ目を見つけて、堂々と悠々と横断しますが・・・
日本人には難しい行動だと思います。

Img_0376
右見て、左見て、もう一度右見て、さらにもう一度左を見て・・
よぉーしダッシュだrunrunrun

って。

サハリンは車rvcarが多いので、メイン通りは車が途切れない。

横断するロシア人の後を追うか、ひたすら車の切れ目を待つか。

とにかく、横断は命がけの冒険ですsweat01(笑)

Img_0378
ロシア人はお散歩が好きです。
天気の良い日sunは公園にでかけたり、森を散歩します。

この日は郊外に出かけるロシア人が多かったようです。

私も誘われました。
「マナさん!これから海waveに行くから一緒に行こう~!」
って。。。
「あー、ゴメンねぇ~coldsweats01アポがあるのよぉ~」
「こんな天気が良い日に海に行かないなんて!!!ダメだねぇ~annoy
私はロシア人みんなに大きな声で何度も言ってるんですimpact
「アタシは仕事に来てるんですimpact!」って。
Img_0379
レーニン広場で馬horseがたむろしてます。

ジッ―と動かないでお客を待ってます。

子供を乗せて引き馬や、乗馬体験horseですね。

パッカパッカとゆっくり歩くのかと思ったら、かなりのスピードで走ってました。
経験者なんだろうけど。。。
信号無視でパッカパッカ走ってたhorse

道端にでっかい糞が・・・sweat02


Img_0383
歩き疲れてレーニン広場のベンチでボッーと休む。

人々の様子を観察する。
ベビーカーを押しているとっても若い美人ママ、子供と一緒にサッカーをしているパパ、プラトークを巻いて世間話をしている老女たち、スケートボードで遊んでいる学生たち、肩を寄せ合いスマートフォーンをのぞいているギャル達、抱き合ってキスしているカップル。

次のアポまで時間がない。。。
あわてて散歩再開するfoot

今回の出張でなんと偶然の出会いが3回もあったのですwobbly

まず1回目

ホテルへ戻ろうとしていると、スーパーの駐車場で
「マナさん!」
と声をかけられる。
去年、札幌の日本語学校に通っていたサーシャでした!
ビックリビックリwobbly
うれしさのあまり半泣きになって抱きつきました。
お互いに時間がなかったので、すぐに別れましたが、サーシャは私が帰国する日に空港まで会いに来てくれたのです。
サーシャはとっても良い子なんです、日本の大学入学を目指して勉強しています。
いつか当社でアルバイトしてくれるといいなぁ~と思ってます。
Img_0434
←スーパー&商業施設です。

数年前にできた新しい施設building
オフィスも併設されています。

入口に日本の某飲料メーカーの自動販売機がありました。

ここでマーケット調査。

いろんな企業からいろんな依頼があるから、アタシって何屋さん?って思う。
ロシアビジネスって幅広いのよ。

商品の流通ルートだったり、価格だったり、店舗の利用状況だったり、広告方法だったり、使用機材のメーカーだったり、建築方法だったり、、、、、
Img_0435

←フードコートrestaurant

偶然の出会い 
その2

この階でもまた
「マナさん!」と呼ばれ、振り向くと
身体のでっかいマダムが立っていた。

ブランド品に身を包んだセレブマダムrougeのTさんです。
有名な方なので名前はイニシャルです。

「うわぁ~偶然ぐうぜん。こんなところで出会うとは!」
「マナさん、どうしてサハリンへ来ること連絡くれなかったのannoy
って言われたが・・・
次回は必ず会うことを約束させられ、、、別れた。
彼女は3日後、電話してきたphoneto
「マナさん、今日は時間があるので会いましょう~」って。
すでに私は日本に帰国してました。
Img_0436

食品売り場

お寿司のパックです。

この大きさで
1パック 3000円~4000円くらいでした。

それでも買っていく人がいるんだよ。

サハリンは他のロシアの地域と比べても賃金が高いけど、でも3000円のお寿司パックは贅沢だと思うのだが・・・

ロシア人にそー言うと
「だって、お寿司だもん、高いでしょ」
って。
「お寿司だから高くで当たり前、食べたい人は買う。だってお寿司だもん。」

「日本だと、これは800円くらいだよ」って言うと
「だってそれは日本だからでしょ。ここはサハリンだもん」
って言われる。

いろいろと楽しいロシア・サハリンです☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア・サハリン出張2014 その3

  Img_0346
朝7時30分に電話で起こされるwobbly
(日本時間5時半)
知人のロシア人が会いに来てくれた。
あわててロビーに降り、おみやげを渡して近況報告。
寝起きなので頭がボッーとしてる。

これからホルムスクに向かうそうなので30分でバイバイpaper

そのあと、朝食を食べてfastfood、本日のアポ予定を確認。

9時、S氏&E女史と再会
「マナさんの行きたいところへ連れて行くよ」と言われ
「今日はバスハだから、教会でイベントある?行ってみたいなぁーup
ということで、ロシア教会へ。
たくさんの人々がお祈りにきてたevent

スカーフをかぶり、教会のなかへ。
ロシア正教徒ではないが、祈った。
「今回のサハリン出張が実り多いものとなりますように。無事に帰国できますようにconfident
Img_0355_2
ロシア人おすすめのカフェへcafe

←カフェの外観

うーーん、いまいちだよねぇ~think

目立たないのよ。
探すのに苦労したもん。

えっ?ここがカフェ?

って思って入ると・・・

なかなかいーじゃぁんnotes
Img_0347
ケーキcakeの種類も多い。

そこそこオシャレなスゥイーツだよ。

どのケーキにしようか迷ったもん。









Img_0348
紅茶もたっくさんあるの。

インテリアもキレイでしょーshine

外観とのギャップがありすぎだよぉ~。

ロシア人も
「もっと目立つようにすれば入りやすいよねぇ~」

「”隠れ家的なカフェ”ってことかなぁ~?」

「いやいや、中のインテリアにこだわりすぎて、外を忘れたんだよ(笑)」
とか、話題にことかかないカフェだった。
Img_0349

カプチーノとケーキ

カプチーノはなみなみに注がれ、カップからこぼれています。
これがロシア流サービスなんです。

カップ8分目しか入ってないとケチng

なみなみかこぼれるほどの量だと”最高のおもてなし”

なみなみだと持ち上げて飲むとき、飲みにくくないですか?
これって、日本人的発想なのかしら?
ロシア人は飲みやすい飲みにくいという発想はあまりなくて、とにかく”量”が重要だそうですよー。
Img_0358
カフェの後、ガソリンを入れにいきました。

10分ほど並びましたrvcar
セルフサービスのガソリンスタンドです。

窓口のオバチャンに
「50L入れる」と宣言して代金を支払います。

この時期のサハリンは砂埃がすごくて、どの車もほこりでボディが灰色です。
車の乗り降りで服もほこりだらけ。

洗車してもすぐに汚れるから誰も洗いません。
Img_0357_2 サハリンのガソリン代

レギュラー 115円
ハイオク  122円

ディーゼル  128円

サハリンはガソリンよりディーゼルの方が高いですwobbly

「ディーゼルの方が高いなんて変だよな~、世界中探してもサハリンだけだぜ」
って言ってました。
そうなの?

サハリンには石油・天然ガスが豊富なんだから、もっと安くすればいいのにねぇ~」

ロシア政府はぜーんぶ外国に高く売るから、地元にはなんの恩恵もないのさ。サハリンの資源を根こそぎ持って行って、お金はみーんなモスクワに行くのさ。」

そーかもしれないが・・・
それでもサハリンは豊かだよ。
Img_0362
北海道のコンビニエンスストア―
≪セイコーマート≫の商品が並んでいるお店です。

サハリン市民は
「セイコーマートの商品=日本製品」ということを知ってます。

料金は高いですが、それでも買います。
おいしい&安心な商品なんですsign03

ちなみに・・・
セイコーマートプライベート商品
「ガラナ」 500ml
日本では98円ですがここでは、250円でした。
MAXIM コーヒー 150g はなんと、1300円!
Img_0365
日本製だけが高いのか、といえばそーでもない。

他の商品だって日本より高いです。

「マナさん、ちょっと来て」と言われ、奥の倉庫に連れて行かれた。

段ボール箱が所狭しと並んでいる。

「マナさん、コレは日本製かい?」と見せられたのは韓国製の海苔や中国製のインスタント食品など。

漢字が書いてある段ボール箱の中身は日本製以外のモノもあった。
バイヤーのロシア人に「日本製の商品だ」と売りつけれられたらしい。

コレは日本製、コッチは韓国、あっちは中国、、、って全部に印をつけてきた。

「マナさん、日本のオレンジジュース飲む?」って言って、セイコーマートのオレンジジュースを持ってきてくれた。
いえいえ、、、、ロシアでセコマ(セイコーマートの略)のオレンジ飲まないからcoldsweats01

セコマのジュース=高いジュース=最高のおもてなし

っていう方程式なのか。
出されたから飲んだ。
セコマの味だった。

つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア・サハリン出張2014 その2

Img_0342 ホテルについて書きますねpencil

ユジノサハリンスク市内にはたくさんのホテルがあります。
料金は日本よりも高いホテルもあり、それに見合ったサービスを受けられるか?というと、期待外れが多いですよ。

今回は単独出張のため、今までに宿泊したことのないホテル&日本人があまり利用しないホテルを選びましたnotes

「HOTEL RUBIN」です。

感想
良いところhappy01

○全室Wi-Fi利用可、無料
○エレベーターがある
○立地がまーまー良い(街の中心に近い)
○電子レンジが部屋にある

ダメダメなところng・・・これを書いたらきりがないので、重要な点だけ書く。
○朝食がバイキングでない
○ロビーが狭い

Img_0332
←泊まった部屋
ダブルベット1台
このホテルで一番狭くて安い部屋です。

1泊朝食付き
13,200円yen

キレイよ。
広いし。
スーツケースをどぉーんと開けて置いてもじゃまにならないし。



Img_0333
ミニキッチンも付いてるし、電子レンジもあるし、大きな冷蔵庫も完備。

棚の中には食器がいっぱいありましたcute

この冷蔵庫なんだけどねー、
ジュースをしまってドアをしめたのに・・・
数秒後に、ドアが鈍い
ブゥーーーンって音がして開いちゃったの!

えっwobbly!何!誰?
って焦った。sweat02

日本の冷蔵庫って軽く押してもちゃんと閉まるし、もし閉まらなかったらブザーが鳴ったりしませんか?

この冷蔵庫(たぶんロシア製)、思いっきりドアを押してドーンって閉めないと閉まりませんでした(汗sweat01

電子レンジの場所・・・高すぎて、届きませんでしたsweat02
横にある重たいイスをよっこらしょ、って運んでレンジを使用してました(フゥーッcoldsweats01

Img_0331
ドライヤー完備

ただ。。シャンプーがロシア製なので、品質がめちゃくちゃ悪いです。(リンスとかコンディショナーなんてありません)

シャンプーを持参しなかったので仕方なく使ったのですが・・・

次の日、髪の毛はゴワゴワで、キューティクルが全くなくなってしまい、テンション下がりdownwardrightまくりでした(泣crying

洗面所に排水栓がありません。
水をためて洗顔したかったのですが、流し洗いになっちゃった。
まー、それはいーんだが、コンタクトが流れてしまうと困るので、仕方なくコップを置いて代用しました。
Img_0330

バスは小ぎれいでした。

シャワーの出も良かった。

ただ、、、トイレのトイレットペーパーの位置がとんでもなく後ろについているのよcoldsweats02

トイレの便座に座るでしょー、でぇー、トイレットペーパーって、すぐ横が前についているよね、ふつう。

でもね、ここは、右の後ろにあるの。

運動会のリレーでバトンを受け取るとき、右手を後ろに伸ばすでしょー、そう、そのへんにあるの(笑)

ま、どーでもいーんだけどね。。。
Img_0437
←一番広い部屋のリビング

この横にベッドルームがあります。

1泊朝食付き
1名 17,500円

2名で利用の場合は
2名で19,500円

ベッドはダブルベット1台なので、ツイン利用したい場合はエキストラベットを追加になりますsleepy

Img_0440
キッチンは大きいです。

長期滞在に最適です。

宿泊して3日目の朝、フロントのアンナさんが私を呼び止め
「他のお部屋もご案内しましょうか?」と声をかけてきたのです。

あらまぁ~なんて仕事熱心な方なのぉ~upと感心した。

「もちろん、見たいわ!今度日本人に紹介するね」と言って、見せてもらったのです。

このホテルのお部屋はカードキーなので、フロントに預けることなく自由に出入りできます。
なので、積極的にフロントに立ち寄ったりしないとフロントの人とは仲良くなれません。

もちろん、私は毎日、挨拶するし、外出する時も戻った時も声をかけたり、ヒマそうにしていたら、おしゃべりしたりして、とっても仲良くなったheart04
日本からのおみやげもあげたし、営業もしたよ。
さくらツアーのパンフレットをロビーに置いてもらったよ。

つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア・サハリン出張2014 その1

Img_0383 2014年4月、ロシアサハリン州へ出張。

ロシアへ行くときはそれなりの覚悟をしていく。

○睨まれても怯まない
○予定通りには捗らない
○「あー、やっぱりねcoldsweats01」が100回くらいある
○「そーきたか!」となってもそれをとことん楽しむ(笑)
○新たな”ロシアの当たり前”を見つけること
○知らない人には気軽に声をかけないこと

千歳空港からサハリンユジノサハリンスク空港へは、たったの50分で到着しますairplane

土曜日のフライトは
千歳空港18時20分発、
ユジノサハリンスク到着は日本時間19時10分

しかーし、2時間の時差clockがあるため、ユジノサハリンスクに到着すると、時計watchの針を2時間進ませる。
到着 21時10分でした。

飛行機が到着すると、タラップを降り、バスに乗るbus
バスが空港建物まで連れて行ってくれる。

空港建物には「国内線到着口」と「国際線到着口(入国審査があるところ)」の2ヶ所があるのだが・・・
バスはアタシたちを「国内線到着口」に運んだ。

アタシは「あれぇ~up、行き過ぎじゃぁないのぉ~」と思ったが。。。もしかしたら、今年から到着口が変更になったのかも、、、と思い、みんなでバスを降りるbus

しかーし、到着口のドアが閉まっていて、電気もついてないsad

ロシア人が叫ぶ
「おーい!開かないぞぉ~!」
「あたしたち、どこに行けばいいのぉ~annoy

すると、バスのドライバーが
「あー、あっち(国際線)かぁーーーー。もう一度、バスに乗って下さい」と叫ぶ。

「オイオイオイ、お前、どこに連れてきてんだannoy、全く」

もう一度バスに乗る人もいたが、国際線到着口まで20mほどなので、荷物をかかえて小走りしたrunrunrun
「まったくもぉーimpactロシアについた早々、これだもんなぁ~」とあきれた。

更に呆れたことは・・・

国際線到着口近くにいた空港スタッフに(トランシーバーを持って誘導する人)に
「何やってんだぁーannoy、バスの運転手が違うところへ俺らを運んだぞーdash」と文句を言うと
スタッフは
「運転手はアタシではない」
って逆キレしたimpact

ブツブツ文句を言いながらも、ロシア人達は素直に入国審査に並んだ。

荷物をかかえて、ちょっと走ったら疲れたよsweat02
ふぅー。。。
Img_0329 ←荷物がでてくるところ。

ここからスーツケースがボンボンと放り投げられますbomb

ガラガラゴオオーンって。

投げられたくない人はこの横に立って、自分の荷物をキャッチしなくてはいけません。

たとえ、出発地で
「コワレモノ」シールやステッカーやタグをつけてもらっても意味なしです。

荷物係に
「ちょっとーあんたぁーannoy、コワレモノマークがついているでしょぉ~、丁寧に扱いなさいよぉ~」
と注意すると
荷物係は
「なんだよぉーup、そのマークつけたのオレじゃないもん」と逆キレimpactします。

・・・はい、確かにそーです。このマークをつけたのは日本です、あなたではないです。

なので。。。コワレモノは壊れますので、覚悟しましょう~。

日本からたったの50分で、隣の国ロシアに来た。
到着したとたん、かなり疲れるWelcomeを受けたよ。トホホsweat01

超重量級のスーツケースをゴロゴロ転がし、ロビーへ出る。
出迎えのイケメンIVAN君が待っていた。

ミュージックガンガンnotesのインプレッサに乗せられ、急発進&ドリフトwobblyするから
後部座席で激しく揺られ(泣)、ホテルに到着。

土曜日の夜、ユジノサハリンスクの街はちょっと賑やか。
ちょうどこの日はロシアの復活大祭パスハ。

夜11時。
ひとりで夜の街に出る。night
一番近い24時間営業のスーパーマーケットに行く。
Img_0334
調達したもの

水 
ホットドック
チーズ
アイス

今日の夕食です。

23:55 ドド―――ンsign03

パスハのお祝いだろうか、花火が上がる。

さすが、ロシア、0時ジャストでないのよね。
アバウトよねぇ~。

日本時間22時。まだ眠たくない。
お風呂に入って、テレビ観て、寝るsleepy。                 つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人達からのHELPの電話、あれこれ。

23456札幌大通公園です。
やっと一息ついてます。

チョコレートは届きましたか?
まだお手元に届いていない方はご連絡ください。

さて、タイトルの話。。。

コミュニケーションが取れないとき、ロシア人や日本人がアタシの携帯にHELPを求めてきます。

お話そのone
夕方、温泉旅館spaにチェックインしたロシア人から
「マナさん!明日の朝食がついてないって言われたよ、なんでぇ~annoy???」
「えっ、そんなことはない、何かのまちがいだ。」
フロントの人に電話をかわってもらう。

ロシア人が朝食がついてないって言ってますがーーーup

フロント 「いえ、朝食はついてます。朝食のクーポンがないので
”Breakfast ,NO Coupon"と言ったのですが-通じなくてぇ~」sad

あーーー、それじゃぁ、通じないわぁ~sweat02

”Breakfast NO”
   ↓
朝食がNO
   ↓
朝食がないってどーゆーことだannoy
   ↓
マナさんに電話しなくっちゃ!

”No Coupon"の意味がロシア人はわかりません。
なぜなら、夕食restaurantにはちゃんとクーポンがあるのに、どーして朝食にクーポンがないのか?
クーポンがない=朝食がない
という考えになってしまいます。

日本人だったらすぐにわかるでしょー。
あー、朝食はクーポンなしでレストランに行っていいんだ。って。

なので・・・ロシア人にきちんと説明してあげます。
「夕食にレストランに行くときはそのクーポンを持っていってね。明日の朝はカギだけ持ってレストランに行けばOKよ。朝食用のクーポンはないのよ。たくさんおいしいもの食べてね!」

「あー、そうか、わかったよ。ありがと、マナさん、じゃぁーねぇー」ガチャン.(電話が切れる)

45678
お話そのtwo

支払に関してロシア人に通じないこと。

某デパートにてカード支払いをしようとしていたロシア人から電話phoneto

「マナさん、指を一本立ててるんだけどぉー、①ってなんだい?」

販売員に電話をかわってもらう。

「お世話になりますぅ~、いま、お客様がクレジットカードでお支払されるのですが、一回支払かボーナス払いかをお聞きしたかったのですがぁ~up

ロシア人に聞くことなく、「1回でお願いします!」とアタシが回答します。

ロシア人にとってクレジット支払は基本的には「1回」です。
ボーナス支払いってないですから。

なので・・・ロシア人がクレジット支払をするときは「1回」でお願いします!
「何回にしますか?」と聞いてもロシア人が混乱するだけです。

日本人にとっては当たり前のことやすぐに理解できることも、ロシア人(外国人)にとっては意味不明のことも多々あります。
彼らと一緒にいると、こちらまで異文化に触れることができるので面白いよね。
文化・習慣の違いだよねー。
国際交流って楽しいですよ。視野が広がっていくから・・・

これからの時期、ロシアから日本語を学びに来る学生達が増えますupwardright
一緒に観光したり、ショッピングしたりと遊んでくれるボランティアを探しています。
できれば15-23歳くらいの活動的な方を希望いたします。
ロシア語ができなくても可
ロシア語に興味ある方でしたら、ナマのロシア語を聞くチャンスですよnotes

お問い合わせは  こちらまで → hasesho@nifty.com
件名に「ボランティア」と書いてください。
よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからのお花見ツアー☆☆☆

Photo ロシアは5月1~4日&9日~11日が連休になりますhappy01

この休みを利用して「北海道お花見ツアーcherryblossom」のお客様が来日しています。

ちょうど満開の桜cherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomをみることができ、とても満足のロシア人達です。

お花見ツアーは来週半ばまで続きます。

それが終われば。。。ちょっと一息つけそうです。といっても1日くらいですが。。。

ロシア出帳の疲れがとれないままツアーの受入れでドタバタでしたから。。。
チョコレートの発送も今日から始めます。
すでにオーダーいただいたみなさん、順次発送いたしますのでお待ちくださいね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« апреля 2014 | Main | июня 2014 »