« ロシア・サハリン出張2014 その3 | Main | ロシア・サハリン出張2014  その5 »

ロシア・サハリン出張2014  その4

Img_0375アポとアポの間のほんの数時間、街中を散歩するfoot
1人でキョロキョロしeyeながら歩く。

いつも訪問団等の同行で来ると必ず貸切バスbusでの移動なので、歩くことが少ない。

歩いてこそわかる”サハリン”もあるんです。

歩かないと絶対に学べないコト、経験できないことは”横断の仕方”でしょうー。

信号機signalerのある横断歩道が少ないです。

ロシア人達は車のちょっとした切れ目を見つけて、堂々と悠々と横断しますが・・・
日本人には難しい行動だと思います。

Img_0376
右見て、左見て、もう一度右見て、さらにもう一度左を見て・・
よぉーしダッシュだrunrunrun

って。

サハリンは車rvcarが多いので、メイン通りは車が途切れない。

横断するロシア人の後を追うか、ひたすら車の切れ目を待つか。

とにかく、横断は命がけの冒険ですsweat01(笑)

Img_0378
ロシア人はお散歩が好きです。
天気の良い日sunは公園にでかけたり、森を散歩します。

この日は郊外に出かけるロシア人が多かったようです。

私も誘われました。
「マナさん!これから海waveに行くから一緒に行こう~!」
って。。。
「あー、ゴメンねぇ~coldsweats01アポがあるのよぉ~」
「こんな天気が良い日に海に行かないなんて!!!ダメだねぇ~annoy
私はロシア人みんなに大きな声で何度も言ってるんですimpact
「アタシは仕事に来てるんですimpact!」って。
Img_0379
レーニン広場で馬horseがたむろしてます。

ジッ―と動かないでお客を待ってます。

子供を乗せて引き馬や、乗馬体験horseですね。

パッカパッカとゆっくり歩くのかと思ったら、かなりのスピードで走ってました。
経験者なんだろうけど。。。
信号無視でパッカパッカ走ってたhorse

道端にでっかい糞が・・・sweat02


Img_0383
歩き疲れてレーニン広場のベンチでボッーと休む。

人々の様子を観察する。
ベビーカーを押しているとっても若い美人ママ、子供と一緒にサッカーをしているパパ、プラトークを巻いて世間話をしている老女たち、スケートボードで遊んでいる学生たち、肩を寄せ合いスマートフォーンをのぞいているギャル達、抱き合ってキスしているカップル。

次のアポまで時間がない。。。
あわてて散歩再開するfoot

今回の出張でなんと偶然の出会いが3回もあったのですwobbly

まず1回目

ホテルへ戻ろうとしていると、スーパーの駐車場で
「マナさん!」
と声をかけられる。
去年、札幌の日本語学校に通っていたサーシャでした!
ビックリビックリwobbly
うれしさのあまり半泣きになって抱きつきました。
お互いに時間がなかったので、すぐに別れましたが、サーシャは私が帰国する日に空港まで会いに来てくれたのです。
サーシャはとっても良い子なんです、日本の大学入学を目指して勉強しています。
いつか当社でアルバイトしてくれるといいなぁ~と思ってます。
Img_0434
←スーパー&商業施設です。

数年前にできた新しい施設building
オフィスも併設されています。

入口に日本の某飲料メーカーの自動販売機がありました。

ここでマーケット調査。

いろんな企業からいろんな依頼があるから、アタシって何屋さん?って思う。
ロシアビジネスって幅広いのよ。

商品の流通ルートだったり、価格だったり、店舗の利用状況だったり、広告方法だったり、使用機材のメーカーだったり、建築方法だったり、、、、、
Img_0435

←フードコートrestaurant

偶然の出会い 
その2

この階でもまた
「マナさん!」と呼ばれ、振り向くと
身体のでっかいマダムが立っていた。

ブランド品に身を包んだセレブマダムrougeのTさんです。
有名な方なので名前はイニシャルです。

「うわぁ~偶然ぐうぜん。こんなところで出会うとは!」
「マナさん、どうしてサハリンへ来ること連絡くれなかったのannoy
って言われたが・・・
次回は必ず会うことを約束させられ、、、別れた。
彼女は3日後、電話してきたphoneto
「マナさん、今日は時間があるので会いましょう~」って。
すでに私は日本に帰国してました。
Img_0436

食品売り場

お寿司のパックです。

この大きさで
1パック 3000円~4000円くらいでした。

それでも買っていく人がいるんだよ。

サハリンは他のロシアの地域と比べても賃金が高いけど、でも3000円のお寿司パックは贅沢だと思うのだが・・・

ロシア人にそー言うと
「だって、お寿司だもん、高いでしょ」
って。
「お寿司だから高くで当たり前、食べたい人は買う。だってお寿司だもん。」

「日本だと、これは800円くらいだよ」って言うと
「だってそれは日本だからでしょ。ここはサハリンだもん」
って言われる。

いろいろと楽しいロシア・サハリンです☆

|

« ロシア・サハリン出張2014 その3 | Main | ロシア・サハリン出張2014  その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/59719061

Listed below are links to weblogs that reference ロシア・サハリン出張2014  その4:

« ロシア・サハリン出張2014 その3 | Main | ロシア・サハリン出張2014  その5 »