« ロシアもお正月休みが終わりました。 | Main | ロシアのお菓子 »

ロシアのクリーニング店の話

32オーロラ航空は2時間半の遅れairplane

搭乗手続きは通常通りでしたので、11時半にはチェックインカウンターに並び、手続き終了note

出国審査開始まで1時間半watchもあったので、国内線ターミナルまで戻り、レストランでランチrestaurant

みんなでお寿司を食べた後、カフェcafeでデザートを食べ、更に、連絡通路でアイスクリームを食べ。。。

うわぁ~おなかいっぱいだよぉ~happy01
もちろん、ロシア人のおごり(笑)

出国審査入口でみーんなとバイバイpaperして、到着ロビーに降りると・・・
携帯が鳴るphoneto
だった今、別れたばかりのロシア人から。。
「マナさん、手荷物に香水入れていたの忘れて、税関にチェックされちゃったーweep
職員に電話をかわってもらい、ダッシュrunで出発ロビーにもどる。
香水を受け取り、「今度サハリンへ行くとき持って行くからぁ~」と叫び、周りの中国人達からジッ―とみられる。

いやいや、まったくsweat01、最後まで手のかかるロシア人達だよ。。。sweat01

さてさて、タイトルの話。

ロシア人が日本で購入した洋服を取り出し
「マナさん、この服はどーやった洗うって書いてある?」
って聞かれたので、クリーニングタグの説明をした。
洋服の裏側についている「洗濯表示」のことです。
洗濯機不可・手洗い・影干し・アイロン温度とか書いてあるでしょー。

ロシア人が
「日本で購入した長袖ジャンバーをロシアのクリーニング店に出したら、袖が7分丈になって戻って来た(笑)セーターも首が縮んで頭が入らなくなった(笑)・・・」
などなど、楽しいエピソードを聞かせてくれた。

「今度、この服をクリーニングに出すときに、日本語でこう書いてあるって言ってからお金を払うわ。」って。

クリーニング代金を聞いてみると、日本より高いsign01
なのに・・・キレイになるどころか、着れなくなってかえってくる。
変だよね。

クリーニング屋さんが日本語が読めないとかの問題ではなく、クリーニング技術が低いのではないかと思ったのですが・・・

パソコンpcで洗濯表示を調べてみると、
日本の洗濯表示(JIS)と海外の洗濯表示(ISO)は違うのです!
初めて知りました。
イラストが似ているけど違うのよ。
へぇ~と思った。
調べなくてはわからない知識だよね。
勉強になった。ロシア人に感謝します。

ロシア人に「その服さぁ~汚くなったら日本に持っておいで!日本のクリーニング店にだしてあげるから!1日2日でキレイになるよ(笑)」って言っておいた。

他のロシア人には
「3月にはサハリンに行く予定だから、日本から何を持って行く?」
って聞いたら
「マナさん、コラーゲン持ってきて!3ヶ月分しか買ってないから、ちょうどいいや、3月に持ってきてねぇ~」
って言うから
「はーい、了解でーすscissors。でっかいコラーゲンの缶を買っていくねぇ~up

リピーター客やサハリンのお客さんには「さようなら」よりも「また会おうねheart01!」と言う。

ここ2,3年はサハリンへ行くことが増えたため、親密度もかなり上昇しているsign03
たくさんのロシア人とお友達になって遊ぶ!
楽しいよぉ~happy01

|

« ロシアもお正月休みが終わりました。 | Main | ロシアのお菓子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ロシアもお正月休みが終わりました。 | Main | ロシアのお菓子 »