« май 2013 г. | Main | июль 2013 г. »

ホロシャビン知事が国後島を訪問

Skr_28062013093425サハリン州のホロシャビン知事が国後島を訪問しました。

街から空港までの道路をきれーな舗装道路にするそうです

ずっと前から計画されていたのにいまだに舗装道路が完成されていない。

いっぱい予算があったはずなのに、、、、どこに行ったのでしょうねぇ~そのお金???

Skr_28062013093435
最近、、、中国の投資家がサハリン州へ視察に来ています。
住宅や幼稚園建設などに興味のある中国企業などなど。。。

積極的に投資するらしい・・・

あららららぁぁ。。。隣の国ロシア、一番近いロシアサハリン州にも中国が進出していくのですねぇー。

今回のサハリン出張で、そのへんも様子を探ってこようかなぁー
未来のサハリンはどうなるのかなぁ~
じっくりキーマンにあって、ウラ事情でも聞いてきましょう~

ただいま、残業中
もしかしたら・・・日付が変わるかも・・・トホホ

画像はロシアのサイトより。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアで釣りをするのか?!

Skr_24062013125055サハリンに行くからねぇ~」とロシア人達にメールをしたり、いま札幌にいるロシア人に言うと・・・8割の人が

「マナさん、釣りにいこうぜぇ~」と誘う。

男も女も子供もみーんな言う。

「・・・はい、、、でもぉ~アタシ、プライベートな時間がないしぃ~、それにぃ~釣りにあまり興味がないしぃ~・・・」
と答えると。。。

「マナさん、魚だけでないよ、カニも釣れるよ!」とさらに大きな声で誘われる。
。。。(写真はまったく関係ありません、ロシアのサイトの写真です)

「・・・はい、カニはいいが。。。。時間がない、って言ってるのよぉー、そこのとこ、聞き逃してないかいキミ達、、、」
って言うと、、、
さらに。。。

「大丈夫よ!30分くらいで海まで行けるから

。。。あんたたち、、、海に行く時間しか考えてないでしょ。釣りをする時間を考慮しなさいよ!って言いたいが。。。
何を言っても、誘われる。。。釣りに。

釣りには行かない

サハリンの人達ってみーんな釣りが大好きよ
釣り関係のビジネスは儲かっているみたいよ。ほら、某企業が進出してるでしょ。
それに、「ココでしか釣れない魚」を求める人をターゲットにしたビジネスもなかなかいいみたいよ。
高額なツアーになるけど、それでも行きたい人はいるのだよ。

さて、サハリン出張まであと1週間
全然準備がはかどらなくてイラッとくる。
スーツケースは出したが、中身はまだからっぽ。
これからロシア人達へのおみやげ買って詰めこむ。
パンフレットやポスター、プレゼン資料も入れる。

ヤバッ、焦る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

誰もやらないビジネスを。。。ロシアで☆

765先日、取引先の方から”女子会”に誘われ、ルンルン気分で参加した

ロシア人ではなく、日本人との飲み会なんて、とっても久しぶりの気がする

お店は「TSUBAKI HALL」
札幌市中央区南2西1

イタリアンのおしゃれなお店です。

ワインも豊富で、料理もとっても美味しかったです。
”女子会”にはうってつけのお店ですー

さて、タイトルの話です。
ロシアには日本企業がまだ進出していない”未開の地”がたくさんあります。
その地に足を踏み入れた最初の企業のビジネス成功率はかなり高い
もちろん、その地に合ったビジネスでなければ成功しませんが。

ロシア通の日本人からよく言われること。
ロシアは行ったもん勝ちよ!あなたもさっさと行きなさい

ロシアビジネスに精通している人ですら「えっ!そんな会社がロシアへ行ってたのか!」と驚くこともしばしばだと思います。

この情報を得るには、現地のロシア人とのネットワークが欠かせません。

ロシアに現地法人を作るとか、そーんな大げさなことをしなくても、ビジネスはできるでしょう。
764一番簡単なことは・・・
「現地を見ること

ロシアに行ってみると、行っただけの収穫があります。

自分が考えていたことと全くことなるアイディアがでてくることもあります

いま、ロシアにすごぉーく行きたい。
行けば99%、新しいビジネスが成功すると思っている。
それは、誰も行かない”未開の地”に行くからであり、誰もやらないビジネスをその地で始めようとするから
たぶん、みなさんは、
「エッ―、そんな遠いところー。」
というのが最初の印象かもしれない。
でも、違うと思う。
なぜなら、、、日本に興味を持っているロシア人がソコにはいるから。
日本のナマ情報を持ち込んだら、飛びつくロシア人がソコにはいるから。
763
←ミルク村
札幌市中央区南4西3

食事の後のデザートです


現実的に考えると、ロシアにはしょっちゅう行けないよね
7月に2回、ロシアに行くけど、サハリン州だから簡単に行けるけどさぁ~、ロシア本土までは遠い。
サハリンは3泊4日だが、ロシア本土となると1週間は必要になるでしょ。

うぅー、行きたいねぇー
たぶん。。。この「行きたい」モチベーションがあと数か月続けば、きっとアタシは秋にはロシア本土へ行くでしょう。

ロシア本土といっても、ロシア極東ではなく、その先です。
広大なロシアの真ん中あたりが面白いマーケットでしょう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからのオーダーメイドツアー

556本日いただいたロシアからのおみやげです

右のチョコレートはおなじみの「アリョンカ」

左は・・・
ゼリーよりもかたく、カンテンよりもやわらかい。
かなり甘い。
すごく甘い。
何と言う名前のお菓子なのか?

さて、タイトルの話。
ロシア人富裕層向けのツアーはほとんどがオーダーメイドです。
ロシア人のリクエストに100%答えてあげるように最大限の努力をして、120%満足して帰国してもらいます

今日のオーダーは「東京から近い島で3週間滞在
さて、どこを紹介するか?
東京都内では5星ホテルに宿泊する富裕層のリピーターですから、民宿を紹介するわけにはいきませんよね。
でも、島には豪華なリゾートホテルはないのです。
何件か紹介して、見積もりを出しましたが、やはりNO
結局、いつもの沖縄の高級リゾートになりました。

555
カザフスタンからのオーダーメイドツアーは
「某博覧会見学のビジネスツアー」

日本企業とのマッチングもお願いされたので、探さなければ・・・

話は変わりますが、、、
来月のロシアでの営業に向けて、ロシア語のパンフレットや資料を作成しています。
にわかデザイナーとなり、スタッフとイラストや画像の配置を考え、こっちにしたりあっちにしたりと、楽しく作業しています

ロシアでパンフレット等を配布したい企業さんがいらっしゃいましたら、当社の営業先でも配ってきますのでご連絡ください。
1社100枚程度でしたら無料でお引き受けいたします。

ロシア語翻訳も承りますのでご用命ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアで営業してきまぁ~す!

Skr_20052013155302ロシアの子供達の夏休みはとっても長い。
3ヶ月もある

そんなに長い休み、何をする?
旅行に行くのである。

祖父母のいる田舎に行ったり、子供キャンプに参加したり、家族で海外旅行に行ったりする

自宅でジッ―としていることはない。

夏休みに日本に遊びに来る子供達は両親と来るのがほとんどでしたが、今年は子供だけで参加できる「子供ツアー」を売り込んだら、売れた
子供向けにプログラムを作り、「楽しそう!」をいっぱい盛り込んだ。
何よりも、3月に現地でプレゼンテーションをして、両親の不安を少しだけだが払拭できたことが売れた要因でもある。。。と自分流に分析している。

ロシアで営業すればそこそこの成果がでるのである
ロシアに行って、実際にキーマンに会い、じっくりとお話しすると、信頼感が生まれ、お互いに良いビジネスができるのである

行動しなければ何も始まらない。
行動すれば何かが動き出す

どんなビジネスもそーだよね。

ロシアにちょっとだけ興味を持っている人が良く言う言葉は
ロシアには行ってみたいと思うんだよねぇ~、でも行ったからって何をすればいいか、とかよくわからないしぃ~、たーだ行ってもねぇ~」
とか。

でもさぁー、何もしなかったら何も起きない。

なので・・・ロシアに行って、いっぱい営業してくる

たくさんの人に会って、お話してくる。
新しいビジネスチャンスを見つけてくる

本場のボルシチを食べてくる
うまいペリメニを食べてくる。

行くのはまだ先ですが・・・
今はプレゼンテーションの資料作りでバタバタです。

上の写真は、子供キャンプの様子です。ロシアのニュースサイトより。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアツアーのプレゼンテーション☆

25ロシアツアーのプレゼンテーションを日本人相手にやることになった

ロシアで、ロシア人向けのプレゼンテーションは何度も経験しているが、日本人向けとなると初めてである。

アットホームな感じで進めたいなぁ~と思ったので、ロシアのチョコレートとキャンディーの詰め合わせセットを用意してみなさんにプレゼントした・・・

「あらっ~カワイイ包み紙ねぇ~」「これ、見たことあるわぁ~」という声が聞こえてきて、和やかな雰囲気になった。

ホッ、良かった

みなさんが心配していることや気になることをお話しした。

まず、なんといっても、トイレ事情でしょー
ホテルやレストランはいいとしても、長い移動の間はどーしても地元のトイレを利用することになる。
決してキレイではありませんので、覚悟するように。。。と言っておいた。

どのくらいお金を持っていったらよいか
ちょこっとしたおみやげを買うのか、琥珀のネックレスを買うのか。
目的によって金額は変わるので、たくさんの例をあげて説明しました。

劇場で観劇する際の服装、飛行機の手荷物について、料理について、ホテルについて、、、などなど。

ホテルに関してですが、ホームページを見ると、「エアコンあり」となっていても、それは「エアコンが正常に動く」ということではありません。
「エアコンはついているが、動かない」ということが多いです。

最近、日本人とのネットワークも広がってきた。
その中で「一度、ロシアに行ってみたいわぁ~」という声を多く聞くようになった。
隣の国≪ロシア≫の事をみーんなに知ってもらいたい、という気持ちはあるが、アタシに何ができるのかなぁ~と悩む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの料理・ボルシチ☆

76ロシアのお客様(リピーター客)からおみやげにロシアのビーツをいただいた

いつも、ロシアのチョコレートやジャム、はちみつを持ってきてくれるのだが、今回はビーツだった。

前回来たときに「マナさんがロシアのビーツが食べたい」と言った。とのこと。
アッ。。。覚えていない

久しぶりにボルシチを作ることにした
冷蔵庫がからっぽだったので、キャベツと玉ねぎと人参と肉を買いに行った

牛のバラ肉が欲しかったが、売っていなかったので仕方なくカレー用の豚肉にした。

54
キャベツをザクザクに切る。

玉ねぎをテキトーに切る。

人参を千切りに切る。

ビーツを細く切る。

肉はパックから出してそのまま鍋にぶっこんだ。

煮る。
とことん煮る。
うーん、30分くらいかなぁ~。

塩と胡椒をかなりテキトーに入れる。

まー、こんなもんだろう。。。って感じでテキトーに作る。
味見する。
66
でーきーたぁ~

とりあえず、ボルシチの味になった。
ビーツのおかげでボルシチができあがりましたぁ~

そこそこ美味しい
今日から3日間はボルシチである。

料理に興味ないから、今度はもっと美味しく作ろう、とか、こーしたら味が良くなるとか、まったく冒険しません。
食べられればいいのよ。

本場の味を味わいたい方は・・・
ロシアへ行きましょう~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大好きなロシア人ファミリーと遊ぶ☆

444_2大好きなロシア人ファミリーです。
毎年来日してくれます。

サハリンでも再会します。

いっつもニコニコ笑顔で幸せなファミリーです。
一緒にいると“ハッピーパワー”をもらえます。

ロシア人って、家族のつながりがとても強いです。
仕事よりも家庭を優先することも多いです。

一番右のイケメンのワロージャは、来週から出張でシンガポール行きます
8月末まで帰国できないそうです。

右から2番目のお姉ちゃんは、7月5日に結婚します。おめでとう!!!
そんでもって、結婚式に招待されました。
もちろん、参加します!

左から2番目の妹は、14日に期末試験があるって
でもたくさん勉強してきたから楽勝!だって。

札幌滞在中はたくさん遊びました!
サッポロビール園でジンギスカンをおなかいっぱいたべた。ビールも飲んだ
洞爺湖温泉では遊覧船にも乗ったし、サミット会場になったホテルでランチもした。
定山渓温泉にも登別温泉にも行った。

買い物はハンパない!
ロボット掃除機ルンバを買ってた。
「こんな掃除機、ロシアでみたことない!」と感動してた

メガネを注文したけど、出来上がりが1週間後だから、マナさん、サハリンに来るときに持ってきてね、、、って引換書をあずかった。

毎日毎日、笑顔ロシア人に出会えてめっちゃうれしいです。
元気パワーをもらって、ますます張り切ってがんばります

来月はなんと、なんと、、、、、2回もロシア出張です
1ヶ月に2回も、、、、、
いーんだろうか、そんなに行っても。
日本を留守にしてもいーのだろうか。。。
ヤバイなー。

動けば、何か新しいコトが動き出す
行動すれば、見えなかったモノが見えてくる
そんな気がする。
だから、ロシアへ行く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの小学生が日本へプチ留学☆

4ロシア・サハリン州の州都・ユジノサハリンスクで日本語を学んでいる、小学5年生の女の子3名が、札幌の外国人向け日本語学校へプチ留学しました

←最終日に、卒業証書を受け取り記念撮影をしました。

そのあと、浴衣を着たまま、YOSAKOIソーラン祭り見学に行きました

日本語の勉強はとても楽しかったそうです。
教室の勉強だけではなく、外出して実践会話をしたり、チョコレートファクトリーでクッキー作りをしたり、アニメショップ見学に出かけたり・・・
買い物ごっこ、紹介ごっこ、ゲーム、アニメのカラオケ・・・
面白いプログラムがたっくさんありました!
Photo
←日本語教師が子供向けのプログラムを作ってくれました。

浴衣ドレスも喜んでもらえてよかった!
通販で購入したかいがありました。。。

日本を好きになってくれてよかった
日本語を楽しく学んでくれてよかった
充実した学校生活を送ってくれてよかった

かわいい娘さんをさくらツアーに預けてくれたロシアのご両親に感謝いたします。
きっと、たくさん不安があったことでしょう。
でも、安心してください、子供たちはとても成長しました。
日本語もいっぱい話せるようになりました。
日本の習慣やしきたり、生活を学びました。
10歳の女の子達にとって、「日本に留学した」ことは貴重な体験になったことでしょう。

今後もたくさんの生徒さんを受け入れます!
日本語学校さんの協力のもと、ロシアへ向けてどんどんPRしていきます

「プチ留学 IN 札幌 From ロシア」

今後はロシア本土からの受入も拡大してきます。

札幌で日本語を学ぶ。
1週間から入学できる日本語学校です。

ロシア人にとっては、≪札幌≫で学ぶことが一番いいと思います。
なぜか?
ロシアと気候が似ているので、過ごしやすいのです。

夏休みに東京や大阪の学校に入学したロシア人は強烈な暑さでダウンしてしまう学生もいるのです。
体調を崩したら勉強どころではありませんからね。

「札幌で日本語を学びましょう~」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たくさんのロシア人と出会って・・・

Sdc12726今週初めから「YOSAKOIツアー」がロシアからドンドンきています

毎朝、ロシア人のツアー客に会うため、ホテルを回っています
みーんなに言われます「マナさん、自転車いいね」って(笑)

リピーター客との再会では毎回大泣きしています。
うれしくて
うれしくて・・・

ビジネスの話もいっぱいします。
旅行業の関して言うと・・・
フツーの一般的な”観光ツアー”はあまり魅力的ではない。
ちょっとひとひねりしなくては、面白みがない。
それは、穴場的な観光地に行くとか、体験型ツアーにするとか、ではなく。
ビジネスに絡めること、、、、がウケルらしい。
ロシアからの”日本でビジネス探し”とか”日本で技術を磨こう”とか”日本で修業しよう”とか。
そーゆー、何かひとつ大きな目的のあるツアーが良い。
ってアドバイスされた。

今もっている技術をさらに向上させるため、日本に行きたい。
それは、建築技術だったり、美容・エステ技術だったり、IT関係だったり。
これから札幌での受入れ先探しをしなくっちゃ!!!

昨日はロシアで集客力のある”大物”と出会った。
今までお付き合いしていたツアー会社は、”観光”をメインとしていて、あまりオリジナルなツアーは造成してくれなかったので、今度はマナさんとビジネスしたい
とうれしいことを言ってくれた
かなり、手配が面倒なツアーになるが、誰もやらない&どこの旅行会社もやらないのであれば、当社がヤル
1人でも集客できるのであればヤル
儲けも出す

今日はロシアのマスコミ関係者と会った。
「ねぇー、広告費安くしてよぉ~」とおねだりしたら、OKだって(笑)
そのうちロシア極東のテレビCMでさくらツアーオリジナルCMを流そうね!
って約束した。
えぇー、モデル誰にする???
うちのスタッフ達にする~
マナさんが着物着ればぁ~
いやいや、ロシア人が出演した方がいいかなぁ~
って話が盛り上がって、そのままランチに突入

事務所の仕事がまったくできず、予約の手配がたいへーん。。。。。

いろいろあるが、元気にやってます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« май 2013 г. | Main | июль 2013 г. »