« 根室です。 | Main | 駐日ベラルーシ―大使と初対面 »

ビザなし交流事業と根室観光

20北方四島交流船「えとぴりか」でロシア人達が帰島して行きましたship
風は少し吹いていましたが、天気sunは良く、国後島までは快適は船旅になることでしょうnotes

岸壁に立ち、見送る私たちは、船が港を出ていくまでずぅーと手を振り続けていましたpaper

船のロシア人達も両手をいっぱいに広げて、バイバーイpaper

またいつか会いましょう。
それまで元気でね。
ずーっと忘れないでな。
そんな思いを込めてずぅぅーと手を振っていましたhappy01
15

「えとぴりか」を見送った後、飛行機の時間まで根室観光rvcar

(地元でしょっ、てつっこまないでよねcoldsweats01

日本最東端の駅でーす。

無人駅ですよtrain

たまーに、観光客がやってくるらしい。



14_2ホームに立ってパチっcamera

線路は単線です。
根室花咲線が走っています。

なーんにもないのどかなところですよ。

風の音だけが聞こえる。









16
根室明治公園です。

サイロって珍しいですか?
かわいいサイロでしょ。
レンガで作られています。

5月には一面にたんぽぽが咲いて、黄色いじゅうたんのようになるんですよnotes

小学校の頃、写生会や遠足に来たことを思い出しました。
うわぁー古い思い出。。。coldsweats01


17
根室名物
「エスカロップ」でぇーす!

筍が入ったバターライスの上に、うすいとんかつをのせて、デミグラスソースをかけますrestaurant

根室のご当地料理で通称「エスカ」

根室の喫茶店には必ずメニューにあります。
各店で少しですが、味が違います。

今回は「薔薇」という喫茶店で食べました。
いつもは「どりあん」という喫茶店で食べるのですが。。。あいにくお休みでした。
12

根室駅から中標津空港行バスに乗るbus

地平線に沈むでっかい太陽を見ながら、
「ねむろ、楽しかったなぁ~、たまには地元に来るのもいいなぁ~、また来年も来ようかなぁ~、もちろん、お仕事でrock

って思いながら、空港まで2時間、バスに揺られた。

空港まで2時間もかかるんですよsweat01

そんでもって、中標津空港から千歳空港までの飛行時間airplaneはたったの55分ですから。
飛行機なんて、飛び立って20分くらいたつとすぐに「降下態勢に入りまぁーす」ってアナウンスが入ります。
ジュースも急いで飲まなくっちゃsweat01
10

いまのところ、根室中標津地方でしか売っていない、おみやげを空港で購入。

◎なかしべつ生サブレ
新製品だそうです。

◎根室銘菓 オランダせんべい
根室人なら誰もが知っている。
せんべいなのにやわらかいのです。
初めて食べる人は「このせんべい、しけてるの?」って聞きます。
いえ、こーゆーせんべいなんです。

◎華ふぶき 鮭ぶし
知床産の鮭fishを使用しています。
カツオでなくてサケなんですって。
冷奴の上にかけて食べました。
言われないと「鮭」ってわからないけど、美味しかったですよwink

根室、良かった。
久しぶりで良かった。
根室に生まれていなかったら、マーシャはロシアに行ってないもんね。
根室に生まれていなかったら、マーシャはロシアビジネスはやってないもんね。

というわけで・・・・
これからもロシアとドンドンかかわっていくのであるrock
そんでもって、ロシアからドンドンお金dollarをひっぱってくるのであるrock

根室で、新鮮な田舎の空気を吸って、おいしいものを食べて、懐かしい友人達を再会して、いっぱいパワーを蓄えてきたのであーるrock

札幌に戻り、またまたあわただしい生活run
あわただしくも楽しい毎日です。
ビジネスは思いっきり楽しみましょうーnotesnotes
オッ―rockrockrock

|

« 根室です。 | Main | 駐日ベラルーシ―大使と初対面 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/55924620

Listed below are links to weblogs that reference ビザなし交流事業と根室観光:

« 根室です。 | Main | 駐日ベラルーシ―大使と初対面 »