« март 2012 г. | Main | май 2012 г. »

ビザなし船「えとぴりか」

F892bc2e7cc
北方四島とのビザなし交流船「えとぴりか」です
この画像はロシアのニュースサイトから。

試験運航で国後島の沖まで行きました。

サハリンのニュースサイトでも取り上げられていましたが、日本のマスコミが書くキレイな意味(?)ではない、一般市民からの書き込みもたくさんありました

造船にかかった費用!莫大なお金
ロシア人の観光用の船を立派にしてくれてありがとう!
日本人のみんなの税金で作ってくれたんだね。遊びに行くからねぇ~!(タダで)

領土問題が解決して、自由に行き来できる「定期便」になることをお祈りします

さて、マーシャ、つい先日まで、のんびり&まったり&のほほぉ~んとお仕事していたはずなのに・・・今日からいきなり大忙し
連休前の駆け込みツアーがドドドォーンって
おーい、早めに申し込めよぉー
って言いたくなるが、、、それがロシア人なのよねぇ~。
ギリギリに連絡きて!
「おねがぁ~い!」って言われちゃう

マーシャのランチはかっぱえびせんです。
じゃぁ、仕事に戻る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月の「YOSAKOIツアー」の売り出し始めます。

Photo「第21回YOSAKOIソーラン祭り」のポスターが当社に届きました。

2012年6月6日(水)~6月10日(日)開催です。

←ポスターの上がめくれるのでマトリョーシカに手伝ってもらいました(笑)

ロシアの旅行代理店、大手企業のオフィス、商業施設などに配布して貼ってもらいます

≪YOSAKOI FESTIVAL TOUR In SAPPORO≫ロシア向けにPRしていきます

ロシアでは「YOSAKOIソーラン祭り」の知名度はまだまだ低いです
サハリンからチームが参加するにもかかわらず・・・サハリンでもあまり知られていないんです。
もっともっとたくさんの観光客に来てもらって、楽しんでもらいたいお祭りなんですけどねぇ~。

さくらツアー独自の情報発信には限度もあるし、かたよりもあるけど、何もしないよりはいーでしょう。
北海道の観光情報(ホテル・観光施設・イベント・祭り・コンサート・スポーツ・芸術・・・)をタイムリーに発信していきたいですねぇ~

ロシアの人達にJAPANへ来てもらいたい。
それが当社のお仕事なの

ぜんぜん話は変わるけど…昨日、ロシア人のお客様とランチ&お茶した。
ランチはジンギスカンをがっつり食べた
その1時間後・・・カフェへ。
マーシャはおなかいっぱいだったのでコーヒーだけ。
なんと、ロシア人(20代女性)は、チーズケーキ&ショートケーキ&チョコレートパフェをオーダーして全部食べた!!!!!
デザートは別腹とはいえ・・・そんなに食うのか
ワイルドだぜぇ~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

チェブラーシカのガチャガチャ見ぃ~つけた☆

2なんと、1日に2つの違うチェブラーシカのガチャガチャを見つけました

←こちらは、ヨドバシカメラ札幌店にありました。

キーストラップで、1回200円です。
迷ったけど・・・ガチャガチャするのやめました。

1回ガチャガチャしちゃうと、ぜーんぶの種類をそろえたくなっちゃうんだよねぇ~
なので・・・せっかく見つけたチェブラーシカでしたが、パス。

そのあと。。。
大型スーパーの階段の脇のガチャガチャコーナーで、またまた見ぃーつけた


Photo

←ラバーストラップ
1回100円!

おぉぉー、これはかわいいぞぉ~
100円だし!

回ほど、ガチャガチャしました!

ラッキーなことに同じものは出なかったのよ。
ゲーナをGETしたところでやめました。

ガチャガチャしてると周りにお子ちゃま達が集まってきた。
「このオバチャン、何回もガチャガチャしてるー」
って。。。羨望の眼差しが・・・

そーよ!大人買いよ! ・・・えっーと、大人ガチャよ!

明日もこっそり、ガチャしに行こう、と思う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリンのクリリオン岬

1334790155_dsc_4815サハリンのニュースサイトをのぞいたら、キレイな写真がたくさんあったのご紹介します。

サハリン最南端の≪クリリオン岬≫です。

宗谷岬からたったの43kmです。

日露戦争以前に建てられた灯台も残っています。
日本統治時代の名残がありますね。


1334797814_karta

カヌーで半島をぐるっと回ります

クリリオン岬≫の写真をUPしながら、別の話しを書くね

最近、マーシャがちょっぴりブルーになっているワケとは・・・

いつもロシア人ツアー客がお世話になっているホテルさんへ行くと。。。
フロントも営業マンもすべて異動になり、顔見知りが一人もいなくなっていた。
「さくらツアー企画と申します。ロシアからのお客様を送客いたしますので、よろしくお願いいたします。」
と挨拶から始めた。

「さくらツアー=ロシアのお客様」という方程式は引き継ぎされることはなく、「あなたは、どこの旅行会社?」という表情を向けられ・・・
ちょっぴり淋しかった
1334790369_dsc_4843
同じ日、別のホテルへ
「支配人の○○さん、いらっしゃいますかぁ~?」と電話すると

「3月末で退職しました」
とのお返事。

あららららっ。

いつも笑顔
ロシアからのお客様は長期滞在なので、とてもありがたく思っています」と言って、立ち寄ってくれていたのですが・・・
お正月にも挨拶に来てくれてたのに・・・
1334798944_dsc_5249またまたちょっぴり淋しかった

リピーターが多い東京の某ホテルのインバウンド担当者も変わってしまい、タリフを頼んでも送ってくれない。
さくらツアーからの送客は必要ないってことなんだろうなぁ~。
これまた淋しかった

転勤・異動があるのは当たり前なのはわかっているけど、今まで仲良くしてくれた方がいなくなるのはちょっぴり淋しい

新しい人と新しい出会いがあって新しい事を始める、って前向きな考えなんだろうけど。。。
いやぁ~そこまでパワーがないなぁ~

ロシアに対してはチョープラス思考なのだが(イケイケガンガン)、日本人とのネットワーク作りにはチョースローである。(のろのろ)

ロシアも、日本も。。。。って両方やってたら身体がもたん

だから。。。これからも、、ロシアONLYでいくぜぇ~

≪クリリオン≫の写真はこちらをどうぞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カザフスタンのシムケント市

Photo今朝はなんだかテンションが上がらず、どんよりしていたので、大通公園に散歩に行った

花壇の準備が始まっていました。

道路脇には残雪があり、ちょっとだけ肌寒いですが、気分転換のお散歩にはちょうど良かったです

ロシアやCIS諸国のマイナーな地域ともビジネスを進めようーと思っていると、、、念力が通じたのか(笑)
カザフスタン共和国の「シムケント」という都市の旅行会社から≪メディカルツアー≫の問い合わせが来た

「シムケント?????」
早速調べてみた

ロシア語表記     Шымкент
昔のロシア語表記  Чимкент
英語表記        Shimkent

カザフスタンの第の都市で、南カザフスタン州の州都です。
オフィスのでっかい地図をじっーと眺める
あった!あった
ウズベキスタンの国境近くに。。Шымкент発見!

シムケントの旅行会社は、世界中の≪メディカルツアー≫を扱っているそうで、当社を外務省のサイトで発見してくれたそうです。

カザフスタン共和国の当社のパートナー企業は、アスタナ市とアルマティ市とアクタウ市のみだったので、さらにネットワークが広がるのはうれしいでござる

観光ツアーでも、メディカルツアーでも、ある程度の日本の情報を教えなけらばならないのです。
東京から京都までの距離や新幹線の時間、ホテルの料金などのハード料金と、さくらツアーが提供するロシア語通訳やガイドなどのソフト料金などね

カザフスタン共和国はお金持ちの国なので、いろんなネットワークを持っていると面白そうだよ。
JAPAN情報をたっくさん提供しちゃいます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クラスノヤルスクからJAPANツアーへ

Photoさくらツアー企画のオフィスに貼ってあるでっかいロシア地図です。

毎日眺めながら仕事に励んでいます

今回、クラスノヤルスク市からのJAPANツアーが決定しました

シベリア中部の都市「クラスノヤルスク市」を聞いたことがある方も多いと思います。

1997年、当時の橋本首相とエリツィン大統領の首脳会談の行われた都市で、
「2000年までに領土問題を解決して平和条約を締結することを目指す」という≪クラスノヤルスク合意≫がされました。

両首脳はノーネクタイで、個人的な信頼関係を深め、日ロ間の新時代を印象づけました。
そして、我々日本国民は「北方領土が還ってくるかも」という大きな期待をよせていました。
・・・・あれからすでに10年以上たちましたが。。。
進展ではなく、うぅ~ん、領土問題は後退しているのでは、、、

クラスノヤルスク合意が一番「領土問題解決」に近づいた≪瞬間≫だった気がします。

そして先日のニュース。。。
四島交流事業に使用する新しい船「えとぴりか」が根室港で一般公開されるとのこと。
ビザなし交流や墓参で利用する高齢者のことを考え、バリアフリーになっているとか。

でー、この船は14年間のチャーター契約で運行するって!
えっー、ってことは、あと14年間はビザなし交流が継続するってことが前提になっているってこと???
ってことは・・・14年間は北方領土問題は解決しないだろうーってこと?

むむむっ・・・マーシャの考え、ヘン?

総事業費、たしか20億円くらいかかっているよね?
これって、我々の税金だよね?

おっーと、、、タイトルからは話しがズレちゃったよ。。。
もどる

クラスノヤルスクからJAPANツアーにどのルートで来るのか?
北京経由なんです
そんなルートがあったのか!
と、勉強不足で恥ずかしい

日本までの直行便が飛んでいない地方からでも、JAPANツアーは売れるんです。
日本に興味を持っている人・行きたいと思っている人は経由便でも苦にならないでしょうー。
だいぶ前ですが、シベリアに短期間住んだ時に感じたことがあります。
ロシアの内陸部で海外渡航のアクセスが困難なところほど、海外に対する憧れが強い!”
若者たちはインターネットで世界中から情報を集め、”いつか行くぞ”を夢見ている気がします。
日本のアニメをPRすると集客できそうです

シベリアの都市、ノボシビルスクオムスクアルタイイルクーツクケメロヴォなんかも面白いマーケットだろうな
ヨシ、やろう
待ってろよ!シベリア
”さくらツアー”が進出するからね!
ウヒォーォォォォォ!!!なんだか、楽しくなってきた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア語通訳になりたいなら・・・

Photoロシア語通訳になりたいのですが・・・」という相談を受けることがある。

マーシャがいつもアドバイスするのは
「何年かロシアに住んでみてください」と言うのよ。

ロシア語ができても通訳ができる訳ではなく、いろーんなロシアを知らなくては仕事にならないと思う。

日本人のクライアントに対して、ロシアの文化や風習、ロシアのスーパーで売っている商品の値段、今流行っているドラマやゲーム、税関チェックの方法など、雑談の中で話すことはたくさんある

クライアントに信頼されなければ通訳の仕事はできないし、お金もらえない。

ロシアに住んだら、語学の勉強もそうだけど、ネットワークを作ることにも専念してほしい。
日本に帰国してから、通訳だけではなくロシアビジネスを始めようと思った時に、役に立つことがあるかもしれないから。

ロシア語通訳は儲かるか儲からないか?
と聞かれたら
「儲かります」

何を目指すか?だね。
会議通訳や同時通訳など、とにかく報酬額が高い仕事を目指すか。
あるいは、そこまで報酬が高くなくてもいいからある程度の仕事をいろいろこなせる通訳になるか。

マーシャは、後者の方が断然に良い。と思う
需要も多いし、たくさんの経験ができるし、楽しいと思うよ。
そして、ある程度通訳を経験して、ロシアと日本のネットワークができたら起業すればいいと思う。
っていうか、ロシアビジネスを勧めるね。
ロシアとのビジネスは、まだまだライバルも少ないし、チャンスがたくさんあるよ

ロシア語を学ぶ目的はみなさん違うと思いますが(特に学生さんたちは)、せっかく難しいといわれるロシア語を習得したのなら、ぜひとも利用して欲しいと思う。

ロシアからのビジネスオファーが来るけど、最近は20代のビジネスマンとか青年実業家からの問い合わせが多いんです。
彼らは同年代の日本人とビジネスしたいと思っているのよ。
でもなぁ~ロシアと積極的にビジネスしようと思う20代なんかいるかよ。。。
ロシア語を学ぶ若者に期待しようっと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人も大満足≪ルスツリゾート≫

Photo「ゴールデンウィークはルスツリゾートへ行きましょう~!」

って、ロシア人ツアー客にPRします

北海道最大級の遊園地・ルスツリゾートは4月28日(土)OPENです。

GW期間中は、タカラトミーのホビーが大集合します。
「それいけ!アンパンマンショー」
「ドラえもん」
「チョロQランド」
「リカちゃん」
「メタルファイト・ベイブレードZERO-G」

遊園地で遊ぶのも楽しいですが、ウエストMt.山頂では雪遊びも楽しめます

遊び疲れたら・・・レストランでおいしい料理を食べて、のんびり温泉に入るのもヨシ。

マーシャのおすすめは・・・ルスツタワーの露天風呂、かな。

札幌発着の無料バスもありますので、ご利用下さいませ。
詳しくはルスツリゾートのホームページをご覧ください。

GW期間は「お花見ツアー」でロシア人ツアー客がたくさん北海道に来ます。
日本の桜を満喫した後は、「ルスツリゾート」に誘おうと思っています。
うぅ~ん、さくらの開花はいつかしら?
気になるところです。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Маша и Медведь

ロシアの人気アニメです。
はまってます☆

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ニブフ民族の催し物Inユジノサハリンスク

Skr_31032012192049ロシアのニュースサイトを見ていたら、「ニブフ民族の催し物」がユジノサハリンスクの博物館で行われた様子が載っていた。

「ニブフ民族」とは、アムール河下流地域とサハリン中部以北に住む少数先住民族です。

古くは「ギリヤーク」と呼ばれていました。

彼らは固有の言語「ニブフ語」を話し、「ニブフ」とは「人間」を意味します。
文化や風習は独特です。
Skr_31032012192101
先月、サハリンへ出張した際、ロシア人ガイドがニブフ族について歴史などを話してくれたのが印象に残ってます

さて、話はがらっと変わりますが・・・
当社のスタッフやロシア語ガイドからの情報を集めると。。。
何やら中央アジアの富裕層が日本でガンガン消費しているらしい。
もちろん、人数で比べるとチャイナには負けますがね。(あたりまえよねぇ~)

さくらツアーもカザフスタンからのビジネスツアーや視察ツアーはやっていますが、富裕層向けの観光ツアーはまだまだ宣伝不足なので、そろそろ投資してみようかーと考え始めました
マーシャの言う「投資」とはお金ではなくって、時間と労力のことです。

オフィスに貼ってあるでっかいロシア地図を眺めながら・・・
次のビジネス戦略を練り練りします(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

来客の90%はロシア人です☆

Photoここ数日はロシア人の来客がとっても多い。
今日も午前中だけで3名のロシア人。
みーんなそれぞれおみやげをもってきてくれます

←イクラ缶2つ
「プチッツァマラコ―」
「Dove」

今日のおやつは「プチッツァマラコ―」で、今日の夕食はイクラ丼に決定

さくらツアーのビジネス相手は90%がロシア人なので、オフィスに来るお客様も90%がロシア人・・・ヘンな数字ですが
日本人のお客様が来るとドキドキしちゃいます。
えっ、こんな狭いオフィスにわざわざ来てくれるなんて、、、申し訳なくってねぇ~
おやつTimeに来社される日本人の方には、ロシアのチョコレート&紅茶をごちそういたしますねぇ~。
すすきのの帰りにお立ち寄りの方には・・・ロシアのシャンパンかウオッカかクリミアワインをごちそうしますねぇ~(ウソです)

ロシア人にはよく言われます。
「マナさん、身体のでっかいロシア人のためにもっと広いオフィスを買いなさい!」って。
マーシャは言い返します。
「いーんだよ、あたしゃぁ~ちっちゃいんだから」って。

午後からは日本在住のロシア人が3年ぶりに遊びに来ました。
完璧な日本語に驚き、さらに・・・ロシア的なユーモアを日本バージョンで会話する語学センスに脱帽でした。(うーん、うまく表現できないが)
最初、日本企業に就職し、外国人差別やいじめに会い、何度もロシアへ帰国しようと考えたけれど、「日本が好きだからもう少しがんばろう」と我慢してきた話を聞いて、泣きそうになっちゃいました。(ウルウル)
今は外資系企業で生き生きと働いてます。

そのうち、さくらツアーが儲かったら・・・
広いオフィスを購入しようと思います。
・・・・いつになることやら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人ツアーの送迎~新千歳空港~

Photo
新千歳空港国際線ターミナルにはロシア語標記もあります。

←右下がロシア語です。

この周辺で、マーシャはロシア人ツアー客と抱き合って、お別れします。
たまには涙することも。。。

再会を約束してバイバイと手を振って見送ります。
バイバイしながら涙することも。。。

この日は(7日)はボーイングに変更になりました
なので、飛行時間は50分くらいでしょう。
4
3日前の4月4日(水)は悪天候のため、新千歳ーサハリン便は欠航になり、その便のお客さんも搭乗するので、チェックインカウンター前は行列ができてました。

ツアー客を見送った後は、1階に下りてお出迎え。
知人友人もたくさんいて、おしゃべりに花が咲きました☆


| | Comments (0) | TrackBack (0)

インフラが進む北方領土・国後島

Bc0e8db487
ロシアが実行支配している北方領土ではインフラ整備が進んでいます。

←国後島

ロシアの「クリル発展計画」で巨額の資金がどんどん島に投入されています。

島民達の生活がどんどん良くなっているようです。

四島がどんどん発展しているのに、日本政府は毎年数億円の予算を「ビザなし交流事業」にあてています。
ビザなし交流も今年で20年目です。
20年もたつのに領土問題の進展はありませんよね

☆「ビザなし交流」とは・・・お互いにビザを取得せずに行き来して交流を深めること。
148b782a22
ロシア側は
「領土問題は存在しない」
「四島はロシアの領土」
を主張しています。

先日、サハリンを訪問した団体が持っていた北方領土問題に関する資料がロシア税関に押収されるという。。。なんとも???なこともあったし。

国後島や択捉島の企業は一番近い北海道との経済交流をとっても期待しているし、普通の観光ツアーにも行きたいし、、、、
国後島の知人、友人からいろいろなビジネス案をもらうけど、実行できないのがなんだかもどかしいっていうか・・・

画像はロシアのニュースサイトからです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのお嬢様のお誕生日☆

Photo「白い恋人パーク」のお菓子つくり体験工房に行ってきました

この日は来日中のカーチャお嬢様のお誕生日で、ママがケーキつくりを誕生日のプレゼントにしたのでした

マーシャと当社のスタッフもプレゼント持参で同行して、楽しんできましたぁ~

お菓子つくり体験は何種類かあり、その中の
「ミニクッキーハウス」作りを選びました。

生地をのばして型抜きをします。
トッピングをした後、焼きます。
アイシングというお砂糖(のりの役目)で家を組み立て、いろんな型のクッキーをはりつけます。


Photo_3
でっきあがりぃぃぃ~

どぉーだ!

おいしそうでょぉ~

ちなみに、バニラ味とチョコレート味が選べます。

所要時間は約2時間でした。
焼きあがるのはたったの20分なのですが、
コネコネしたり、トッピングをどこに何をどーつけるかなど考えたり、アイシングに結構時間がかかりましたよ。

カーチャはとても楽しそうに作ってました
いろんなことを体験するっていいですね

Photo_4

←これ、トッピングして焼く前の状態です。

☆型のシュガークラフトをたっくさんトッピングしましたよ。

ミニクッキーハウスの他にも、14cmのハート型の白い恋人が作れたり、クッキーにチョコペンでお絵かきする体験もできますので、ぜひみなさんもどぉーぞ。

ロシア人のみなさんに楽しんでもらえるツアーをどんどん作ってPRしていきます

ロシア人ツアー客を歓迎してくださる観光地さん、観光施設さん、一緒にロシアでPRしてください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年度始め・会社のこと

Photoさくらツアー企画のオフィスに勢揃いしている、マトリョーシカチェブラーシカたちです

新しい年度が始まり、
「さて、今期もがっつりいくぜぇ~」と新しいナニカにワクワクしながら決算処理してます。

ロシアビジネスに関してはやりたいことが山ほどあるし、やらねば進まないこともたっくさんあるし、独占できるビジネスもいっぱいあるけど・・・
優先順位がつけられなくって

マーシャのモットーは
「楽しくロシアビジネスしようねっ
なので、、、
苦痛を伴うビジネスはイヤよね

何が苦痛か?って・・
いやぁ~それは書けないよね

ビジネスではないが、ひとつ書くなら・・・
ロシアビジネスを始めれば儲かると安易に考えている日本企業からの相談を受けること。
まったくもってこれは無料相談でお金にならないし、時間のムダ。

あとひとつ書くなら。。。マスコミの取材とかインタビューとかNPOからのアンケートとか。
まったくもってこれも時間のムダ。
当社の事は取り上げてほしくないし、知名度も必要ない。

楽しくビジネスするためにはどうするか?

ロシア人に喜んでもらうこと
ロシア人に笑顔になってもらうこと
ロシア人に楽しんでもらうこと

ロシアとビジネスしますロシアで儲けます

今期も相変わらずロシアでがっつりいきます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« март 2012 г. | Main | май 2012 г. »