« декабрь 2011 г. | Main | февраль 2012 г. »

ロシア語を話せる方のアルバイトを募集いたします。

ロシア語を話せて観光業に興味のある方を募集しております
募集地域ー東京都・京都・札幌

主な仕事内容

ロシアからのツアー客の送迎(成田空港・千歳空港)
ロシア人ツアー客の観光ツアーに同行
ロシア人ツアー客のショッピングに同行
ロシア人ビジネスマンの現場視察に同行及び通訳
メディカルツーリズムの通訳

ご希望の方は詳細をご連絡いたしますので、メールにてお問い合わせください。
こちらまで
hasesho@nifty.com

なお、件名に「ロシア語アルバイト」とお書きください。

ネイティブの方、大歓迎です!!!!!
日本語レベル中級でもOKです。

(有)さくらツアー企画
北海道知事登録旅行業第3-540号

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Spring Tour の売り出し始めました!

Photo_2  ←”SAKURA TOUR”ロシア語パンフレットです。

ツアー案内がメインですが、医療やコスメ・食品等のロシア語説明等も作成しています。

ご用命はいつでも承りますので、お気軽にご相談下さいませ。
こちらまで
hasesho@nifty.com

さて、ロシア向け「お花見ツアー」の売り出しを開始しました。

ターゲット地域はもちろん、ロシア極東地域です。

ハバロフスクウラジオストクでガンガン売ります
3月下旬開始のハバロフスクー成田便のツアーは格安ツアーで提供いたします!
とにかくたくさんのロシア人にJAPANへ来てもらいましょう~
口コミで広げてもらいましょう~
リピーターを増やしましょう~

「JAPAN」で有名なのも。。。
その中のひとつは≪SAKURA≫

「さくらを見にJAPANに行こう!」と思うロシア人(外国人)はやはり多く、桜の開花時期のツアーは人気です。

去年は残念ながらすべてのツアーがキャンセルになりましたが、今年はOK
すでに数件のツアーが決定しています

みーんな、おいで!おいで!
日本の桜を観においでね!

当社ではオーダーメイドのツアーも多く扱うのですが、その中で増えてきているのが・・・
≪OKINAWA TOUR≫です

去年の夏に沖縄視察&営業に行ってきたので、それなりのネットワークもつくれた。
それでもまだ足りない。
・・・ってわけで、、、、沖縄でロシア語できる方のアルバイトを募集いたします。
ご連絡下さいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリンのスキー場の様子です。

Ba60d3be2b サハリン州のユジノサハリンスクのスキー場の様子です。

日本のスキー場より規模は小さいですが・・・
結構みなさん楽しんでます








A0af3ccdd3
ロシアの着ぐるみ登場!





3d8cf9ef65
そーいえば。。。サハリンには大きなスポーツショップがありません。

スキーやスノーボードがたくさん売っているショップがないんです。

通販で買うらしい。








画像はロシアのニュースサイトより。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さっぽろ雪まつりツアーFromロシア

Photo さくらツアーのオフィスではロシアのチョコレートが品切れになることはない。

毎日のおやつです

今日はちょっとおしゃれで高級なチョコレート。
チョコレートの中に洋酒がちょっとはいってます。
ウヰスキーボンボンって言うんでしたっけ?

よーく見ると・・・ウクライナのチョコレートでした。

さて、来月6日から≪さっぽろ雪まつり≫が開催されます。
ロシア極東地域からもツアー客が来ます。
ギリギリになってツアーを申し込んでくる現地旅行会社や個人のお客様の対応でバタバタと忙しいです
2月はスキーリゾートよりも札幌市内に滞在するツアー客の方が多いから、マーシャはずっと札幌かなぁ~。

ロシアからのツアーは札幌市内泊滞在がメインです。
他の国よりも滞在期間は長いと思います。
いっぱい遊んでいっぱい買い物していっぱい楽しい思い出作って帰国してもらえるように、全力でサポートするのが当社のお仕事

ロシア人に対してのホスピタリティはどこの会社にも負けないようにガンバル!

あっそうそう、2月はロシアへの出張もあるんです。
いやぁ~この寒い時期にわざわざもっと寒いロシアへ行くのですから・・・
それなりの収穫がなくっちゃねぇ~

今日もロシアの、ちがった、ウクライナのチョコレートを食べながら残業しまーす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニセコリゾート、コテージに滞在しました。

13 ←今回の出張で宿泊したのは・・・ココ

ニセコひらふ地区にあるコテージ
≪LUCUS≫にのんびりと滞在していました

≪LUCUS≫とは、「森」という意味です。

去年もこのコテージに宿泊しました。
マーシャの自宅の倍くらいの広さです!
なんだか贅沢気分を味わってました。

ニセコに到着したのが、11時頃。
チェックインまでニセコに滞在しているロシアのお客様に挨拶に行ったり、宿泊施設さんとのアポを済ませたり。。。

その後、5時間券を買って滑ってました。
まー、5時間もガンガン滑っていたわけではありませんので。。。
そんな体力はないですから
15 ←2階から見下ろした居間です。

テレビの横にパソコンを置いてお仕事の続き。

居間は全面ガラスになっていて、しんしんと降る雪を見ながら、コーヒー飲んで、(自分で)足のマッサージしてました。

12月の後半からロシア人スキーヤー・ボーダーがニセコリゾートに来ていますが、ファミリーで来日する人達はこのようなコテージに泊まることが多いです。

ホテルもいいのですが、プライベート感がある1戸建てが人気なんです。
12
←階段もおしゃれでしょ。

2階にはふたつのベットルームがあります。
4名まで泊まれますよ。

小さなお子様がいても、ベットをふたつくっつけて、でっかいダブルベットにして寝ることも可

ベットルームには書斎もあるので、そこでパソコンやってもいいかもね。






14 ←ベットルーム

ちょっと段差があるのよ。
わかってはいるのですが・・・
マーシャは2度もコケました。
いやいや、痛かった

スキーで転ばないのに、ここでコケて青あざ(泣)

ちょっぴり仕事して、ほどほどに滑って、たっぷり食べて、ゆっくり眠りました

そーねー、今回は20%仕事で、80%遊んだかな。
おーい!遊びすぎだろぉ~
11
←1階のキッチン

IHヒーターが付いているアイランドキッチンです。

自炊するための必要最低限のモノは揃っていますので、食材を調達してくればOKなんです。

もちろん、マーシャは料理は作りません。
だって嫌いだもん

なので・・・夕食はレストランに行ったり、コンビニやスーパーで買ってきました。

7_2 ← ヤカンでお湯くらいは沸かしました。

カップラーメン食べたから

コテージの近くに
「つばらつばら」というスープカレーのレストランがありましたので、そこでチキンカレーを食べました。
美味しかったです。
辛さがたしか30段階くらいあったはず。
マーシャは0段階を頼んだら、全く辛くありませんでした。
あと、「つばらチャーハン」も人気メニューですって

泉郷管理センターの目の前にありますので、行ってみてください。



8
←食器もそろっています。

炊飯器・レンジ・トースター・ポットあります。

サマーシーズンはテラスでバーベキューもできます。
ニセコ滞在のツアーは冬しかやったことないんです。
のニセコもたくさん遊べるので、夏のツアーの造成もやりたいですね。
ロシアで売れるかなぁ~。
やってみないとわからないよね。

ラフティングとか組み合わせると絶対面白いでしょ。

子供向けツアーもいいかもね

って、こんなんこと去年もおととしも考えていたのに。。。
実行してない。
あー、実行力ないなぁ~アタシ(反省)
10
←バスルーム

シャワーヘッドがとってもでかかった

去年はふつーだった気がするのですが・・・
忘れた。

ちなみに・・・
歯ブラシは置いてありませんので持参してください。

ゴミの分別も数種類ありますので、注意書きを見ながら分別に協力しましょう。

4
←2階のベッドルームから見た景色。

となりのコテージは
≪ARBOR≫

最大定員6名用のコテージです。

泉郷レンタルコテージにはたくさんのタイプがありますので、こちらのサイトをのぞいてみてくださいね。

ニセコ滞在中は、千歳空港ではなく、ニセコにてロシア人スキーヤー・ボーダー達をお出迎えいたしました。
いちおー、送迎もお仕事20%の中に含んでおくね。

来週からまた、スキーリゾートツアーのお客様たちがやってきます。
千歳空港での新たな出会いと再会が楽しみです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニセコ出張から戻りましたー

Photo_2ニセコリゾートへの出張から札幌に戻りました

←倶知安町(ニセコグランヒラフの所在地)の除雪状況は完璧です!
朝早くからたくさんの除雪車が大活躍しています

札幌市内よりも除雪状態は良いかもしれませんね。

注釈:「倶知安町」ー「くっちゃんちょう」と読みます。
Photo_3
←ゲレンデからの眺望

まっすぐ正面に羊蹄山が見えるはずなのですが・・・

ニセコ滞在中(5日間)、羊蹄山が顔を出したのはほんの数分でした。
いやぁー今回はアンラッキーでした

毎日、降雪&降雪・・・降る降る、、、
かなり積もる積もる。。。
朝起きると、コテージ前のマーシャの車は雪に埋もれてました。。
まずは・・・雪かき
Photo_4
←1000mヒュッテです。
1日1回は利用します。

山小屋ですが、なかなかいー雰囲気なんですよ。
蒔きストーブがあって、ほんわか温まるヒュッテです。
あんまん食べました

ニセコのゴンドラがリニューアルしたことは以前にも書いてますが。。。
今回は「ラッキーゴールデンゴンドラ」には乗れませんでした。
まーねー、そんなに何回も乗れるわけではないですからぁ~。
Photo_5
←ラムステーキ
(メニュー名は忘れました)

HANAZONO308のレストランでランチです
ここの一番人気は・・・
「カニラーメン」
その他には、でっかいチキンレッグ1本が入ったチキンカレー、ビックサイズのピザなど、かなりボリュームがあります。
疲れた身体にたっぷりのエネルギー補給です

ここのレストランは250席、ほとんどが外国人・・・
しかーし、今年はオージーが少ない
ランチタイム時は席を探すのが大変なのですが・・・今年はそれほど苦労せず。
ニセコでオーストラリアからのスキーヤー達を受け入れしている旅行会社やコンドミニアムのオーナー達の話では、震災後の影響がまだあるそうです。
そーねー、夜のひらふ坂もさほど賑わってなかったし、コンドミニアムやコテージも空室が多かった。
ロシア人達は?というと・・・
マーシャのお客様達はほとんどがリピーターなので、減ってはいませんが、新規客は増えていません。

後日、マーシャの宿泊したコテージ情報をUPいたします

いっぱい書きたいのですが・・・
出張から戻ってきたら、めっちゃ仕事がたまってる。
来客も多いし・・・
マッサージやエステにも行きたいのに・・・
いえいえ、お仕事がんばる
かせぐぞぉ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニセコHANAZONO308

ニセコHANAZONO308
ゲレンデはパウダー。60%が外国人です。例年よりはかなり少ないなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人スキーヤーとニセコリゾートへ

ロシア人スキーヤーとニセコリゾートへ
ニセコリゾートに出張中です。平日のゴンドラは空いてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのみなさん、さようなら&こんにちは!

Img_1140お正月を日本で過ごしたロシアからのお客様の帰国が始まりました。

スキーリゾートで年末年始を迎えた方は、ゲレンデの松明滑走と花火を見ながらシャンパンでカンパぁ~イ

札幌で過ごしたみなさんは、元旦から初売りに出かけていっぱいお買い物

温泉で新年を迎えたみなさんは、宿泊施設のお正月料理を堪能してました。

Img_1142空港のカウンターの前に集まってくるさくらツアーのお客様のみなさまに
「楽しく過ごせましたか?」と声をかけて、おみやげを渡して、次の再会を約束してお別れします。

笑顔ロシアに帰国するお客様を見ているととっても幸せな気持ちになります
大きなトラブルもなく、元気に過ごせてホントに良かった。

ロシア人のみなさんが満足して帰国してくれるのは、宿泊施設さんのホスピタリティのおかげ、レストランの温かいサービスのおかげ、ロシア人のみなさんと接してくれたみなさんのおかげなんです。
感謝&感謝です
Img_1139記念写真をパチパチと。

また来てね
また会おうね

さて・・・見送りが終了したら、、、
1階の到着ロビーに下りて、今度はお出迎えです!

再会の喜びが待ってます・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのみなさん!新年おめでとうございます!

Img_11352012年1月4日、12:30.ほぼ定刻通りにサハリン便が到着いたしました。

お正月休みを日本で過ごすロシア人達が笑顔でやってきました。

さくらツアーのお客様達を貸切バスに案内してニセコリゾートやルスツリゾートへ送り出しました。

札幌市内に滞在するツアー客はマーシャと一緒に札幌へ
本日のお客様のうち8割がリピーター客。
Img_1136
久しぶりの再会がうれしくって、みーんなと抱き合って喜んでました

子供達はぐぅーんと背が伸び、お嬢様は一段とキレイになって。。。

「マナさんは変わらないね」って言われて。。。
ちょっぴりうれしかったり。。。

みなさんはスキーリゾート&札幌に7~20日間滞在します。
思いっきりスキーやスノーボードを楽しんで、のんびり温泉に入って、美味しい日本食を食べて、札幌ではたっくさん買い物をして帰国します。
Img_1137
←なかなかイケメンのお坊ちゃま達でしょー

この後みんなで回転寿司を食べに行きました。

今日はたーくさんのロシア人ツアー客と再会し、新年早々とっても素敵な一日でした。

みなさん、どうぞ楽しい休暇をお過ごしくださいませ。
何か困った事がありましたら、マーシャはいつでもどこへでも飛んで行きますからね

さくらツアーのお客様をいつも温かく迎えてくださる宿泊施設の皆様、ありがとうございます
意思疎通が困難な時はいつでもマーシャの携帯に連絡くださいませ。
24時間、ロシア語サポートのコールセンターですから(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« декабрь 2011 г. | Main | февраль 2012 г. »