« ロシア人の購買力 | Main | 日本人向けの”ロシアツアー”もやります。 »

ロシアの「ちょっとそれってヘン!」な話

Dscn0187ロシアの紅茶です。

ミント系の紅茶でした
さくらツアーのオフィスに遊びに来てくれた方にはもれなくこの紅茶の試飲&ロシアのチョコレートがついてきます

最近、来客が多い!
それも日本人!

いやぁ~わざわざ当社までお越しいただき、恐縮です、、、、、っていう思いなんだけど。

うん?・・・ちょっとまてよ・・・
ロシア人のお客の方が”わざわざ”だよね。
だって、ロシアからわざわざ当社まで来てくれるわけだから・・・
おっーと、ロシア人のお客様、失礼いたしましたー

さて、タイトルの話・・・
ロシア人からはたくさんの「(日本では)ありえない話」「(日本では)理解不可能な話」「(日本では)考えられない話」を聞きます。
今日の話はコレ。

ロシアの某航空会社の国内線のこと。

アレクセイ氏とその家族が旅行先のA都市から家に帰るため、朝8時に空港のカウンター前で手続きに並んでいると
「この便のボーイング機が故障のため、機材をDC機に変更します」とのアナウンス

時間後、DC機が到着し、搭乗手続きが始まる。

アレクセイ氏の手前で、
「はい、ここまで」
と言われ、搭乗手続きが終了した

つまり、DC機の座席はボーイング機の半分しかないため、予約者の全員は搭乗できないのです。

アレクセイ氏を含む残りの人達はどうしたか?
次の日の夜、なんとか用意できたDC機に乗れたのでした。

アレクセイ氏は1日半もA都市に足止めでした。
宿泊費も自腹です

・・・・・航空会社の説明・・・・・
「飛行機が1機故障したから、別の飛行機を1機用意したから何の問題もない」
。。。。1機だが、座席数が違うでしょ?
「いや、1機だ」

アレクセイ氏は別の便に乗れなかったのか?
。。。。別の便に乗るためには、また新たに航空券を購入しなければならないのです。
。。。。追加の便はその日の夕方に用意すると言われたので、仕方なく待機していたのだが、結局その便は次の日の夜になったのです。

呆れた顔をしているマーシャにアレクセイ氏は言いました。
「これがロシアだ」

|

« ロシア人の購買力 | Main | 日本人向けの”ロシアツアー”もやります。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロシアの「ちょっとそれってヘン!」な話:

« ロシア人の購買力 | Main | 日本人向けの”ロシアツアー”もやります。 »