« 国後島と色丹島でどんどん建設中! | Main | ロシアからの夏ツアーのピークで忙しいぃ~(汗) »

ロシアの原子力電池のこと。

Ae5c6b1182 ←どこの地図かわかりますか?

日本の北、ロシア極東地域です。
左がロシア大陸、真ん中の縦長の島はサハリン島(旧樺太)、オホーツク海を挟んで、右はカムチャッカ半島です。

黄色いポイントは何かな?
原子力電池が放置されている(海に捨てられた)箇所らしいです。

ロシアのニュースのタイトルで
「福島より危険!」とありましたので読んでみると、原子力電池の話でした。

ソ連時代から、ロシアの灯台では原子力電池が使用されていて、使用済の電池はそのまま放置されていることも多いそうです。

原子力電池の寿命は約10~30年。
すでに使用できないものは、海に捨てられているらしい。(そのままドボーンとではありませんが・・・)
もしかしたら、そこから放射能が漏れているかもしれないらしい。
1980年代からガンの発症率が増えたのはこれが原因か?とも書いてありました。

海に捨てられたものは、海流に乗ってどこかへ行ってしまったかもしれません。
ロシアの専門家はこれを問題にしています。
まずは使用済の原子力電池がどこにあるか確認し、環境への影響を調査し、回収すべきである。とのこと。

北方領土にも黄色いポイントがある!
ヤバいっすね。

画像はロシアのサイトより。

|

« 国後島と色丹島でどんどん建設中! | Main | ロシアからの夏ツアーのピークで忙しいぃ~(汗) »

Comments

初めてコメントします。
原子力電池の投機場所の地図については、ロシアのサイトから入手したと記載されてますが、入手先のURLを教えていただけませんでしょうか。宜しくお願いします。

Posted by: hitorotoshi | 23.08.11 17:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロシアの原子力電池のこと。:

« 国後島と色丹島でどんどん建設中! | Main | ロシアからの夏ツアーのピークで忙しいぃ~(汗) »