« 夏のTOKYOツアー from ロシア | Main | ロシアのネットワークはビジネスに必須です。 »

択捉島の企業「ギドロストロイ」と日本の関係。

28745e676a 先日、北方四島のひとつ、択捉島でギドロストロイ社の設立20周年記念式典が開催されましたsign01

ギドロストロイ社は択捉島の政治経済を牛耳っている大企業です。

ロシアの北方四島での実行支配の象徴とも言われています。

ギドロストロイ社なくして北方四島の発展はなかった、とも言えます。

ぶっちゃけ言っていーですかぁ~?
これほどまでの成功を成し遂げたのは・・・日本企業の技術によるところが大きいのではないでしょうか?
ギドロストロイ社やその関連企業の水産加工機械やその他モロモロの機器は日本から輸出されていますよね。
日本製の評判はとても高く、多くの工場で元気に働いています。

「北方領土を還せ!」と叫んでも還してくれませんよ。
だって、こんなに経済発展しているのですからup
それも、日本企業のおかげで。。。
8ec55ab54e 
震災後、日本からの加工機械の輸入を心配していたロシア極東地域ですが、放射能検査もパスし、納期が遅れることもなく、納品されたとのことです。

「北方領土は日本の領土だ。ロシア領土と認める経済活動は禁止だ」
と言っても、金儲けdollar優先の日本企業は北方領土とビジネスしています。

毎日のように北方四島関連のニュースが報道されています。
もちろん、ロシアの地域のひとつとしてですよ。
ロシアには領土問題なんて存在しないのですから。

日本で報道される北方領土に関するニュースといえば、ビザなし交流のことかしら(ちょっと皮肉ってますよ)
ビザなし交流から戻ってきた人のインタビューkaraoke
「友好的な交流ができました。」
だって。
なんだかのんきね。

マーシャの立場上(ロシアとビジネスしているわけなのでぇ~)、北方領土に関しては詳しく書けないのがなんともムズムズしちゃうのですがね。。。

最近の、北方領土に関する日本とロシアの報道のギャップにあきれてしまい、この話題を書いてpencilしまいました。
ご意見ご批判等いろいろあると思いますが、いつでもメールOKです。

|

« 夏のTOKYOツアー from ロシア | Main | ロシアのネットワークはビジネスに必須です。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/52196173

Listed below are links to weblogs that reference 択捉島の企業「ギドロストロイ」と日本の関係。:

« 夏のTOKYOツアー from ロシア | Main | ロシアのネットワークはビジネスに必須です。 »