« 赤いチェブラーシカも一緒に! | Main | ユジノサハリンスクのレーニン広場 »

ロシアへ国際スピード郵便(EMS)で送る

11 海外と取引されている方は、利用されたこともあるかと思います。

←EMS
国際スピード郵便postoffice

「安心・便利・速い・お得」らしいですが、ロシア向けに利用するにはかなり問題があります。

遅いです!

まったくスピードはありません。
速くありません。

窓口の方に
ロシアにはいつ届きますか?」と聞くと、
マニュアルとおりに
「3日後くらいです」
と回答されるでしょう。

しかし、それは”ロシア”に届くのであって、ロシア国内の受取人に届く日数ではございません。

また、、、「3日後までには”ロシア”にEMSは届いていますが、それをロシアの郵便局で処理するのはさらに数日後です」

そしてその処理が終了し、受取人の地域ごとに仕分けされるのはさらに数日後。

その後。。。。飛行機airplaneに乗せられ、各地に運ばれます。
それからやっと、配達人が受取人の住所に配達します。

さて、何日かかって届くのでしょう?

それでは、札幌からモスクワの受取人にEMSが到着するまでの例をひとつ。

3月17日   マーシャのオフィスの近くの郵便局の窓口にEMSを出す。
3月18日   東京の国際局からモスクワに向けて出発。
         3月20日にはモスクワに到着しているはずだが、EMSが入った箱を、モスクワ局で開けることなくほっとかれている。
4、5日経って、EMSがたまってきたのでそろそろ処理しないと、保管場所がなくなっちゃうなぁ~というわけで。。confident
やっと、処理が始まる。

3月25日   「モスクワ到着」の処理完了
         EMSのバーコードを読み取るだけ。
         そして、またそこらへんの箱に入れられ、ほっとかれるcoldsweats01。 
3月28日   仕分けが始まる。
         あて先がモスクワ市内のため、飛行機に乗せる必要なく、配達局に届けられる。
3月27日   配達にとりかかる
3月28日   受取人に届く。 配達完了sign01

というわけで・・・
札幌から11日後にモスクワ市内の受取人に到着しました。

同日、サハリンユジノサハリンスク市あてに出したEMSは、4月3日に到着しています。
札幌発送から18日後でしたcoldsweats01

当社は何度もEMSがロシアに届かず、損害賠償請求をしています。
お金を返金されても、それに伴うトラブルは計り知れません。
信頼をなくすこともあります。

決して、EMSは速くありませんsign01

全部とは言いません。
運がよければ、東京からモスクワの受取人までfive日で届くこともあります。

いま、当社はできるだけDHLを利用するようにしています。
DHLに関してはまだ後日。

|

« 赤いチェブラーシカも一緒に! | Main | ユジノサハリンスクのレーニン広場 »

Comments

privet!!4月30日、ロシアの知り合いにレトルト食品のカレーとスパゲッティーとラザニア&お菓子等々を直近のロシア側通達(7都県発送の食品類は放射能から全て廃棄)を無視しおくりました。 無事着くようトラッキング中です  poka poka

Posted by: kiska | 02.05.11 at 23:44

Kak Dela! Privet! 4月30日に日本からロシア極東(Khabarovsk宛)へ発送したレトルト食品他お菓子類の入ったEMS2箱、放射能からのロシア側通達により廃棄を心配していましたが無事5月19日に送付先宅へ届きましたので報告します Вручение адресату  Poka Poka!
註:受取人不在でKhabarovskの郵便局に5日程保管されてましたので概ね2週間ということになります

Posted by: kiska | 20.05.11 at 11:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/51515983

Listed below are links to weblogs that reference ロシアへ国際スピード郵便(EMS)で送る:

« 赤いチェブラーシカも一緒に! | Main | ユジノサハリンスクのレーニン広場 »