« ноября 2010 | Main | января 2011 »

ロシアのチョコレート”アリョンカ”詰め合わせセット販売☆

101227_163502_2 ロシアから直輸入scissors

ロシアのチョコレート
”アリョンカ”

いろいろな種類のアリョンカを詰め合わせて販売いたします。

←一例です。

ぜーんぶ”アリョンカ”です。
板チョコ1~2枚
ウエハス1~2個
ミニチョコ 10~15個

こんな感じで詰め合わせいたします。
ウエハスチョコの数が足りませんので、売り切れの際は板チョコを3枚入れるか、ミニチョコを25個くらいいれようと思います。

1セット 1000円(税込)

101227_163646
1セット購入の場合は
≪レターパック350≫に入れて送ります。

2010年12月31日までお申し込みの方には、ミニチョコ(写真)をおまけにつけちゃいますnotes

1セット1000円+送料350円
合計 1350円也

2セット以上の場合、送料がかわりますのでお問い合わせください。

発送は来年1月10日以降になります。

数量限定ですので、なくなり次第販売終了とさせていただきます。

お問い合わせはこちらまで

hasesho@nifty.com

件名に「アリョンカ」とお書きください。
よろしくお願いいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアから年末年始のご挨拶メール

101224_114656 この時期になると、ロシアから年末年始のご挨拶メールmailtoが届きます。

今日届いたメールを開けてみて、思わず笑っちゃいましたhappy01

←招き猫catのうさぎバージョンですよねnotes

これはロシアのテレビ局からの挨拶状ですが、左手paperにテレビのリモコンを持っています。
「テレビtvを見て見て!」と手招きしているのかな?

さて、ビジネスの方は・・・というと。
昨日で今年中の輸出手続きがすべて終了し、積み込みshipも終わりました。
私の出張中に関係者のみなさんが頑張ってくれたおかげです。

お正月のツアー客の受け入れ準備もほぼ整いましたnote
あとは、飛行機airplaneが定刻通りに飛んでくれればOKなんです。

101223_110521_2
←昨日、札幌国際スキー場skiに行って来ました。

まーまー混んでいました。
ゴンドラがtwo基動いていたので並ぶことなく乗れました。

思いっきり転んで、ひざに大きな青あざができましたweep(泣)
なんてこったぁぁぁぁぁぁ~crying(大泣)

来週からはニセコに滞在してロシアからのスキー&スノーボードツアーsnowboardの受け入れをする予定ですが・・・
筋肉痛ーーーー(イタッ)sad

滑らないで温泉spaでまったりしてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア旅行社と商談会&レセプション☆

Img_1024 2010年12月17日(金)

3日前に来日した極東ロシア地域の旅行会社が2グループに分かれ、北海道のスキー場skiを視察しました。

本日は、2グループが札幌に戻り、夕方からホテルで道内のスキー場経営会社との商談会&レセプションでしたnotes

サハリングループの代表者の挨拶
来日してすぐに、
「ガリーナさん、今回の視察ツアーのサハリングループの代表をお願いします。」
とお願いしたところ、快く受けていただきました。
昨日から「ねぇ、みんな~どんな挨拶をしたらいいか一緒に考えてーup」と言って、マーシャも含めみんなでバスbusの中で相談しました。
「挨拶は長い方がいいの?短い方がいいの?」
って聞かれたので。。。
「うぅ~ん、中間くらい(笑)、通訳する時間もあるから、うぅ~んソレナリニ・・・confident
まずは主催者の方にお礼を言いたいとのことだったので、主催者の名称をロシア語で教えると、かなり長くなった。
「わぁ~難しくて覚えられないからメモpencilに書いて読むね。」
という事になった。
以上、サハリングループ代表の挨拶のミニ裏話。
Img_1027

ハバロフスクグループ代表の挨拶

彼は日本語がとても上手wink
ジョークも言えるほどすごい才能の持ち主。

日本語で挨拶した後、自分で通訳?(ロシア語)した。

「今回参加したロシア人はみんなスキーをスキー(好き)になりました」
とオヤジギャグ的な笑いをとってましたhappy01

日本人が笑った後に、ロシア語で
「日本語のスキーと好きの発音は一緒なので・・・・」
ロシア人達になんで日本人が笑っているか説明してました。
ロシア人達は「ふぅ~んそうなんだぁ~」と思う程度なので、笑えないよね。

面白いロシア人に、レセプションに参加していた日本人達は大喜びでしたheart04
ロシア人はこんな人種?なんだ。。。。と思われたんでは?とちょっぴりマーシャは心配になりましたが。。。
まっ、いいかっcoldsweats01
101218_140949 レセプションに前には、商談会がありました。

マーシャは通訳としてブースに座っていたので写真がありません。
←北海道新聞に記事が載ってましたので変わりにUPします。

ロシア側がそれぞれのスキー場のブースを回るスタイルの商談会。
みーんな真剣に話を聞いていましたear

スキー場の特徴を聞いたり、どのような商品として売れるかなども考えながら質問していました。

さて、再度レセプションのお話に戻りますが・・・
スキー場関係者さん、札幌市内のホテルさんも出席し、ロシアの旅行社さんと積極的に名刺交換していました。
ロシア人ツアー客の特徴のひとつは
”長期滞在”ということ。
気に入ればまた来てくれる”リピーター”になるのですrecycle
Img_1032

ハバロフスクのアンナさん。

マーシャが今年の7月にハバロフスクに行った時に知り合いました。
再会をとても喜んでくれましたhappy01

ハバロフスクグループの視察eyeツアーもとても楽しかったようで、いっぱいお話してくれました。
トマムリゾート、フラノスキー場と札幌国際スキー場で滑ってきたそうですski

パウダースノーsnowも、ゲレンデも、ホテルhotelもレストランrestaurantもぜーんぶに感動してくれました!
やったね!

ハバロフスクではまだまだ北海道の知名度は低いので、ロシア語のホームページやロシア語のパンフレットなどで情報をどんどんupwardrightupwardright発信して欲しいそうです。

日本へのツアーの価格は他の外国(近場の中国や韓国・タイランドなど)よりかなり高額dollarですが、”高くても行く価値がある””価格相応のサービスを受けられる”値段に見合うだけのモノがすべてある”
そう言ってくれました。

情報を発信し続けること、口コミで広げることによって、今すぐに日本に行けないけれど、2,3年後にはツアーに参加できる人も増えてくるupと思うし、
実際にツアーに来た人がリピーターとなることもあるだろうし、
とにかく・・・たくさんの情報をくださいねsign01
そう言ってくれました。

もちろん、さくらツアーはいままでもそしてこれからもガンガンrock情報を提供していきますからね!と約束しましたぁ~。

レセプションの後、サハリングループの方はイオンジャスコに買い物presentに行きました。
子供のおもちゃや友達に頼まれたデジカメや漢字練習帳や手袋を買ってました。
Img_1033

←2010年12月18日(土)
12:10 千歳発ユジノサハリンスク行き HZ152便

充実した4泊5日の視察ツアーも終わりです。
ホントーにみなさん、お疲れ様でしたconfident

視察以外にも
「日本人ってどーして○○なの?」
「日本ってなんで○○なの?」
「日本には○○はないの?」
など、JAPANについても質問もたくさんありました。

たとえば・・・
「日本人ってどーしていつも笑っているの? どーして私たちを見てニコニコhappy01しているの?
私たちってそんなに面白いの? 私たち、なんかおかしいことした?」

「どーして道にゴミがないの? ゴミはどこ?」

「若い女の子が素足にミニブーツをはいてたの。寒くないの? 寒くないわけないよね? どーして寒い格好しているの? どーしてタイツはかないの? どーして帽子かぶらないの?」

視察先を出発するとき、玄関でみんながバスに向かって手を振ってくれてpaper、バスが見えなくなるまで手paperを振り続けているのを見て
「どーしてずっと手を振っているの?」

レストランなどで
「どーしてすぐに水がでてくるの?」

まー、とにかく面白い。
「どーして?」と聞かれても答えられないこともあるし、そんな質問されても困っちゃうよcoldsweats01と思うこともあるし。。。
Img_1034
まっ、無事に終了して一安心。

視察ツアーは終了しましたが、ビジネスはこれからが勝負でっせぇ~up

年明けのスキーツアーsnowboardの企画・販売に全力で頑張らなくては

今回の事業の関係者の皆々様、ブログに書けなかったこともたくさんありますので、ご質問等がありましたら直接ご連絡いただければ、ご回答いたします。

視察先・宿泊先・商談会・レセプション等で名刺交換させていただきましたが、今後のビジネスに関しての具体的な情報交換ができていませんので、お時間がある時にじっくりお話できればいいなと思っております。

お世話になった皆様、誠にありがとうございました。
今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。
                      (有)さくらツアー企画 取締役社長  長谷川真奈

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スノーリゾート北海道は最高です!

Img_1012 視察ツアーthree日目

ニセコアンヌプリのゴンドラに乗りました。
標高405mの地点から一気に1000mまでupwardright

サハリンのゴンドラより大きいね」
「ドアはいつ閉まるの?」
「みんな上手に滑っているねski
「コースがたくさんあるからどこを滑ればいいかわからなくなりそう」
「広いゲレンデで迷子にならないの?」
「夏もこのゴンドラは動いているの?」

こんなせまぁ~いゴンドラの中ですが・・・
かなり賑やかでしたhappy01(笑)
Img_1013
←ゴンドラの終点です。

ここからもう一つリフトに乗ると、さらに頂上に行けます。
そこは標高1200mですupwardright

頂上からは、ニセコひらふ地区やとなりのニセコヴィレッジ地区に降りれます。
しかーし、初心者はムリだと思う。

寒かったので3分くらいの滞在。
すぐにまたゴンドラで降りました。

天気が良ければ羊蹄山fujiも見えたのですが・・・
でも、いーんです。待ちに待った雪がたくさん積もりましたからsnow
パウダースノーですもん。
Img_1015
←パウダースノーのゲレンデをスキーskiで滑りました。

インストラクターがとっても丁寧に楽しく教えてくれました。
初心者だと言ってましたが、アルペンスキーの経験者なのですぐに上達しました。

北海道よりも北の国に住んでいるので、雪にも慣れていますし、運動神経もGOODgoodでした。
すんごぉーく楽しかったnotes!と大満足でした。

リフトまで行って、さぁ!リフトに乗ってみようか!
と思ったら・・・
誰もお金を持ってなくて、リフト券が買えず、仕方なくスキーを背負って坂を上ってホテルへ戻りましたcoldsweats01
これが一番きつかったよcoldsweats02(Byマーシャ)
Img_1016
←なかなかキマッてるじゃぁ~up

初心者でもすぐに滑れるようになって、楽しめることがわかってくれたら、スキー経験者だけでなく、これからスキーをやってみたいと思うお客さんにもスキーツアーをPRしてもらえそうだよねnote

「スキーレッスンに北海道に行く。」
「北海道にスキー研修に行く。」
「北海道のスキーリゾートでスキーが滑れるようになった。」
とか、そんな風に行ってくれるお客さんが増えればいいな。
Img_1017
←お昼restaurantはホテルアルペンさんの1階にあるレストラン「食彩 比羅夫」で海鮮丼です。

海鮮丼はみなさん初めてだったので
「どーやって食べるの?」
「おうちでもこーやった食べるの?」
「刺身を細かく切るの?」

日本の料理はぜーんぶ美味しいってhappy01

ランチの後はスノーモービルに挑戦しました。
スキーやスノーボードsnowboardだけではなく、たくさんのスノーアクティビティがあることをもっとPRして滞在期間が長くても退屈しないプログラムが作れたらいいなぁ~と相談していました。
Img_1018
←スノーブーツをはいて、ヘルメットをかぶって、いざGOOOOOO!!!

最初にインストラクターから乗り方の説明。
そしてインストラクターの後を一列に並んで、いざGOOOOOO!!!!

雪原の中をひたすら走る。
見渡す限り、雪・雪・雪snow

途中で休憩。
温かいココアのサービスがあって、身も心もホッと温まりますheart02

みなさん、初めての体験でした。
すんごぉーく面白かったって。
Img_1022 ←ただ今、休憩中

いやぁ~まったくもって、充実した視察ツアーです。
現地のみなさんの温かいおもてなしに感謝&感謝の連続ですconfident

みなさん、ホント、楽しくお仕事していますよね。
ホスピタリティが満タン

人と人との出会いっていいですよね。
プロフェッショナルな人ってなんだかキラキラshineしてますよね。
行動範囲を広げると新しいものが見えてきますよね。
いろんな経験をさせていただいてホントにありがとうsign03と言いたいです。
Img_1023



この後は、ニセコからキロロに向かいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア旅行社 視察ツアー2日目☆

Img_0985 視察ツアーtwo日目。

昨日は「到着→移動→裸の付き合いspa」で1日が終了でした。
今日から本格的な「視察eye」がスタートです。

←ルスツリゾートの「ノース&サウスホテル」ですhotel
ホテルの部屋よりも、部屋から見える社員寮についての質問がたくさんきて笑っちゃいましたhappy01
「お家まで徒歩5分なんだ~shoe近くていいねぇ~」
「家族はどこで働いているの?」
「お休みのときはどこへ行くの?」
「1年中、社員寮に暮らすの?」
Img_0989

←ログハウス見学

「スキー場の中にあるので、すぐにゲレンデにGOできるからいいねぇ~ski
「でもさぁ~レストランrestaurantに行くのに外を歩くから寒いよねぇ~」

「ねぇ、ねぇ、雪が違う!ロシアの雪とぜんぜん違う!」

マーシャ「そうだよ!パウダースノーだもん」

ロシアの雪はもっと湿っぽいよ」
マーシャ「そーよ、北海道の雪はパウダースノーだもん」
Img_0991

←雪をさわって確かめてます。

「ほらっ、さらさらよ!」

マーシャ「そーだよ、パウダースノーだもん」

「雪がキュッキュッnotesって音がするよ」

マーシャ「そーだよ、パウダースノーだもん」

「さらさらだねぇ~、おもしろぉ~upい」

マーシャ「そーだよ、パウダースノーだもん」
Img_0993
←雪を集めて、パシャーって上にあげて雪のシャワーを浴びてます。

「みてみて雪のシャワーだよぉ~notes

マーシャ「そーだよ、パウダースノーだもん」

「キャーhappy02!すんごぉ~い、パラパラ雪だぁ~」

マーシャ「そーだよ、パウダースノーだもん」

雪景色に見惚れて、広いゲレンデに感動して、パウダースノーの感激
Img_0994
そして・・・
本日ロシア人のツボに入ったのが・・・

←モノレール

ルスツタワーに行くモノレールが来た時、
「キャーhappy02!かわいぃ~いheart02!なにこれぇぇぇぇぇぇぇ~notes!!!!!」

「モノレールの運転手はどこ???」

はい、入口に立っている人です。
ボタンを押すだけです。
リゾート内をモノレールで移動するとは想像もしていなかったようで・・・
Img_0996
←ルスツタワー内の視察

すべてスイートルーム。
マーシャは個人的にはロシア人ツアー客にはルスツタワーを勧めます。

「10日間くらい滞在して、毎日この階段を上り下りしていたら痩せるね(笑)」
「スキー前の準備運動になるよ」
「景色も最高だねぇ~」
「夏時期もいいよね。夏に長期滞在もおススメだよね、遊園地で遊んで、プールsportsで泳いで、リゾート内を散歩したり・・・」
「家族みんなで来たいねぇ~」
Img_0997

←ルスツタワーから見たウエストMt.

みなさん、とても熱心にメモメモpencilしていました。
エライです!
ロシアに戻ったら、レポートを書いたり、ツアープランを作ったり、サイトに画像pcをUPしたり、お客さん用のパンフレットを作成したりするそうです。

おー!ガンバレ!ガンバレscissors


Img_0999
←フロントで記念撮影

この後、ランチrestaurantをして、ニセコに向かいました。
ニセコまで約45分。

まずはニセコのHanazono308を見学しました。

ニセコの標準語は英語。
表示はすべて英語で、その下に小さく日本語が書いてある。

ニセコのコンドミニアムを視察しました。
Img_1002
ホテルとはまた違う滞在施設。
立派ですshine

「ため息が出るくらいスゴイですねぇ~」
「こんなところに住めたらいいなぁ~」

オーナーが海外の方ということを説明するとちょっと驚いていました。
「日本人は買わないの?」

投資目的で購入する外国人のこと、ニセコには海外資本dollarがたくさん入ってきていることを説明しました。
「日本人は投資しないの?」
Img_1008
←ニセコヒルトン

とてもステキはロビーですよぉ~。

ヒルトンを視察した後、いざアンヌプリへ。
6時にノーザンリゾートアンヌプリに到着。

ホテルにニセコ地区の業者さんが集まっての情報交換会です。

これで本日の視察メニュー終了sign01



Img_1010

←夕食はフュージョンレストラン
「エクラ」にて。

たくさん食べましたぁ~。
とってもおいしかったですhappy01

今日も一日お疲れ様でしたーconfident

この後はもちろん
裸のお付き合いですspa

残念ながら今日もエステkissmarkに行く時間がありませんでした。。。。
Img_1009
←本日泊るお部屋です。

ステキ!

ではー、おやすみなさぁ~い!

明日もまた、体力&気力があったらUPします。
お楽しみにねぇ~!!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア極東地域の旅行会社の招聘事業

Img_0972 2010年12月14日(火)
14:00 千歳空港airplaneにて

ロシア語の横断幕ですsign01
「ようこそ、北海道へ!」と書いてあります。

ロシア極東のハバロフスクユジノサハリンスクの旅行会社が北海道のスキーリゾートと札幌市を視察eyeに来ました。

日本側がご招待する招聘事業です。
ハバロフスクチームはトマム・サホロ・富良野を周りsnowboard、札幌に戻り、札幌国際スキー場を視察します。
サハリンチームはルスツ・ニセコ・キロロを周りski、札幌に戻り、テイネスキー場を視察します。
12月17日には両チームが合流して、各スキー場と商談会&レセプションwineです。
Img_0978
マーシャはサハリンチームに同行しています。
千歳空港から約1時間30分でルスツリゾートへ到着bus

バスの中はワイワイとにぎやかにおしゃべりタイムでした。
いっぱい話すことあるんですよね。
視察ツアーの詳しい内容から始まり、”ビジットジャパン事業”とはなんじゃらホイ?とか、さらには各スキー場の概要やらアクセスやら・・・

一番言いたいことは。。
そりゃぁ~
ロシア人ツアー客をたっくさん北海道のスキーリゾートへ送客してちょーらいflair!」
ってことですよ。
そのために、実際に自分の目eyeでリゾートの良さを確認してお客様へガンガンrockセールスしてくださいませってことですよ。

上の写真はルスツリゾートのレストランrestaurant、郷土料理「雪花亭」
「どこのレストランに行くぅ~up何が食べたぁ~upい」
って聞いたらみなさん一斉に
「もちろん!日本料理!notes
Img_0975
←お寿司を写真にとるエレーナちゃん。

サハリンにもたくさんのお寿司屋さんがあるけれど、本場で食べるお寿司は格別においしいhappy01

シカ肉もおいし~。
北海道はシカが増えすぎちゃったので、ちょっとだけ食べます・・・
って雑談もアリ。

デザートに豆乳プリンが出たのですが、
なんだか初めての食感だったようで・・・

食事のあと、キレーなイルミネーションshineの中を散歩。
寒いからちょっとだけね。
Img_0982
←ベタッーとくっついてます。
寒いもん。

散歩のあとは、みーんなで温泉spaへGOsign01

ここからが「裸のお付き合い」の始まりはじまりぃ~notes

湯船につかって、「おぉ~極楽!極楽!」と言いながら、のんびりまったりとしてました。
疲れも吹っ飛びます!

サハリンチーム、みーんな若い!
とってもかわいいですheart04
いろんなことに興味をもって、たくさん勉強してロシアへ帰国したら、バリバリ仕事してくれることでしょう。
マーシャはみんなから”元気パワー”rockをもらってます。
Img_0974
←ルスツリゾート
「ノースウイング」のお部屋です。

ゆったりとしています。

それでは~
おやすみなさぁ~いsleepysleepy

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア極東も天候が悪く、輸出船が来ない!

101213_165020 明日からツアー同行で出張でーすhappy01

オフィスでチェブラーシカとペリケンくんがお留守番ですconfident

マーシャの時間clock&体力rock&気力がありましたら、随時ツアーの様子をブログにUPpencilしていきたいと思います。

さて、週末から北海道は雪snowが降り、そろそろスキー場snowboardもOPENですねsign03
ホント、今年の雪は遅かった。

ロシア極東地域も同じく雪が降り、強風typhoonのため海も時化で、ロシア船が出港できずにいます。
でー、マーシャの輸出商品を積み込む輸送船shipもまだ日本に来てない!
おー、どーしよう???困った。despair

今週中には入港予定とのことだが・・・
無事に間に合うことを祈りながら、出張に出かけますrun
ではではーいってきまぁ~すpaper!!!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからのお正月・訪日ツアー

101210_204746 ←北野武の映画のDVD。
もちろんロシアバージョンです。

本棚に置いてあるはずのクリスマスカードxmasを探していたら、このDVDを見つけました。
まだ新品shineでした・・・

忙しい師走にDVD鑑賞するヒマなんてないですよね。
っていうかぁ~、わが家にはDVDプレイヤーなんてないですからcoldsweats01

さて、今年中のロシアからのツアーは本日で締め切りendました。
年越しをJAPANでするロシア人は去年よりちょっと減りましたdown。(当社比ですが)
理由は簡単です。
12月30,31日の宿泊がとれないからですweep
ロシア人は長期滞在で、今年中に来日するツアーの滞在期間の平均は10日間です。
12月30,31日の宿泊がムリな場合はJAPANには来ません。
諦めて他の外国へ行きますairplane

1月1日~5日にかけて来日するツアー客は増えましたup。(当社比ですが)
ツアーの受け付けをギリギリまでやっていますので、もう少し増える見込みです。
どんどん増えてくれなくっちゃ困りますよぉ~notes
稼がなくっちゃねrock

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア語が使える職場・就活の問い合わせ

101208_112455ロシアのサンタさん。

クリスマスxmasが近いのでオフィスの飾りもクリスマスバージョンになっています。
まー、個人的にはクリスマスって言ってもあんまり興味がないのですが、世間はクリスマスモードに突入しているようなので、一応。。。オフィスも飾り付けしましたshine

さて、タイトルの話し。
ここ数カ月、就活の電話telephoneが来る。

ロシア語が少し話せるので働かせてほしい」
ロシア語を使って仕事をしたい」
ロシアビジネスに興味がある」
「海外と貿易したいのでやり方を教えて欲しい」

当社は人材が不足しています。
しかし、ロシア語が話せれば採用するわけではございませんでぇ~、≪ビジネス≫ができないと即戦力にはなりません。

もし、ロシア語通訳として仕事をしたいのであれば、フリーのロシア語通訳として活動すればよいと思います。
北海道はロシア語通訳の活躍の場がありますからねrock

昨日、どう対応してよいかわからない電話がありました。

「少し前に新聞で御社のことを読みました。うちの娘がロシアへ留学しているのですが、日本で就職先が見つからないと帰国しないと言ってますので、御社で雇っていただけませんか?」
って。
親から電話がきたんですconfident
「早く帰国して欲しいのです。親としては・・・」
って。
本人からの問い合わせでしたら、何点か質問したりできるのですが、親ですよsign01
電話口でなんて対応したら良いのでしょうcoldsweats01???

ロシアに留学しているってことはぁ~
それなりにロシアでのネットワークを作っているであろうから・・・
帰国後に起業してロシアビジネスやればいいのに。
ロシアで生活するという経験ってなかなかできないですからね。
娘さんにとってはとても貴重な体験でしょうnotes

世間話をしながら、そんな風に電話口で対応しておきましたが。。。

娘のために親が就活。
なんてやさしい親なんでしょう。
それとも過保護?

また違う日にはこんな電話も・・・
「働きながらロシア語を勉強したい」
って。
当社、余裕のある大企業ではございませんので、お給料yenを支払って勉強してもらうわけにはいきませんpunch

当社のお仕事は≪ロシア語通訳≫+≪ロシアビジネス≫で儲けています。
当社のクライアントはロシア人です。
当社のビジネス相手国はロシアカザフスタンです。

いつも書いてますが、ロシアビジネスは毎日がドキドキですheart02

いろんなアクシデントやトラブルimpactもあります。
でも、楽しいですよhappy01

でー、結局何が書きたかったかって言うと~
ロシア語を使って仕事をしたいのであれば、「起業するのもアリだと思います」ってこと。
ロシア語でロシアと対等にビジネスができるのですから、チャンスflairはたくさんあると思いますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本人&外国人のためのNISEKOガイドブック

101207_114120今シーズンのNISEKエリアガイドですbook

Nisekoに滞在する外国人向けに英語も併記されています。
情報満載notesのガイドブックです。

レストラン・カフェcafe・バーbar・ショップ・ホテル・エステサロンkissmarkなどなど。
ニセコってこんなにいっぱいお店があるんだぁ~。
さっそく、行ってみたいレストランをチェックclipしておきました。

毎年、ロシア人ツアー客に配っていて喜ばれましたので、今年も送っちゃいます。
長期滞在しても退屈しないほど、レストランはたくさんあるし、スキーskiやスノーボードsnowboardだけでなく、アクティビティもあります。

さて、マーシャは今年は何回、何日間、何週間、ニセコに滞在できるでしょうか?
早くフレフレ、雪snow
101207_114330
←中はこんな感じ。

おすすめメニューも値段yenも書いてあります。
ニセコエリアのバス時刻表も便利かもbus

そうそう、話しは変わりますが・・・
今日、初めてトルクメニスタン共和国から問い合わせがきました!
おっとビックリsign03
みなさん、トルクメニスタンってなんかイメージありますかぁ~?

カザフスタンの近くの独裁国家というイメージしかないのですが・・・
勉強不足でスミマセンcoldsweats01

ネットpcで検索してみたが・・・謎の国らしい。
天然ガスの埋蔵量が世界有数らしいsign01

トルクメニスタンとお付き合いのある方がいらっしゃいましたら何か教えてください。

話しは戻るが・・・
ガンバレsign01!雪snow
フレフレsign03!雪snow

スキー場がOPENしないと、なんだかスキーツアーに気合いが入らないんですよねぇ~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシアのジュエリーBOX

101206_074628ロシアのジュエリーBOXringです。

ふたの絵は、three頭の馬horsehorsehorseが人を乗せたそりをひいている場面です。
そのほかには、昔話の一場面のイラストartが描かれることが多いです。
いかにも“ロシア”というイラストです。

≪冬≫≪馬車≫≪ふとったおばちゃん≫≪ひげのおじさん≫≪ロシアの毛皮帽子≫などなど。

さて、師走。
みなさん、お忙しいですよね。
当社もドタバタですrun

毎年、12月に輸出する商品があるんですが、その件で取引先に連絡phonetoすると、担当者が会社を辞めちゃってて、引き継ぎもなく、何をどーしてよいか???になってたcoldsweats01

この企業とは、やっとのことでロシア輸出を許可してもらった経緯があり、それはひとえに担当者ががんばってくれたおかげでもあるんです。

企業側は「ロシアになんか輸出したくない」っていう態度だったのを、担当者が「新興国ロシアのマーケットはムシできない」ということを上司に説得して、当社経由で輸出が成功したんですが・・・

101206_074735 また最初からやり直しか?sweat01
って、思っていたら・・・
わざわざ当社まで部長さんが挨拶に来てくれました。
以前と同じように取引をしてくれるって。
あぁ~ホッとしたconfident

大きな企業になると、担当者が変わるとまたまた最初から(挨拶・名刺交換)始めなくてはいけないんですよね。

頑張ってくれる担当者には当社もできるだけ答えてあげようと思うけど(がっつり商品を買ってあげたり、ロシア人ツアー客を送客したりするけれど)、なーんにも協力してくれないと、こちらも仕事が怠慢になっちゃう。

お付き合いは担当者次第ってこともよくあるconfident

話しは変わりますが・・・
たまーにやってくる金融機関の営業マンが
「しゃちょー、来年の家計簿お持ちしましたぁ~」って挨拶にきた。
「あのさぁ~、アタシが家計簿bookつけるように見えるぅ~?」って聞いたら
「あぁ~、見えませんdespair」って。
・・・・「あっ、でも、後ろに料理restaurantの作り方とか載ってますぅ~」って言うから
「あのさぁ~、アタシが料理するように見えるぅ~?」って聞いたら
「ああぁ~、見えませんdespair」って。

家計簿なんてめんどくさくって書く訳ないしぃ~
料理なんて大っきらいだから~、料理するヒマがあったら、ロシアのサイト読んで情報収集しまくるってsign03

ところで・・・
いつになったらスキー場skiがOPENするんでしょう~。
ガンバレ!雪snow

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの天気

101203_150735 ←北海道スキーリゾートskiの英語版パンフレットです。

ロシアの旅行会社やロシアの大手企業、ロシア人富裕層、リピーター客へ送っていますnotes

今年は、ロシアのマスコミ各社へも送付するようにしました。
北海道スキーリゾートをどんどんPRして欲しいからheart04

さて、今日はすごい天気ですねぇ~typhoon
強風で傘sprinkleも飛ばされそうです。

ロシアの天気予報サイトを読んでいると。。。

ロシアの南部、黒海に面しているカフカス地方では、昼間は19度です。
ロシアの北部、サハ共和国では、夜はマイナス49度です。

うひょぉ~bearing、その差は68度です。

同じ国でもこんなに差があるんですねup
さすが大国ロシア!

札幌は今日は雨rainなので雪はすっかり融けてしまいましたが、ロシアのシベリア地域では吹雪typhoonですし、サハリンでも雪が積もってるようですsnow

スキー場snowboardのOPENが延期になっていてなんだか残念ですsad
去年は11月に2回も札幌国際スキー場で滑ってますし、12月の最初の土日は層雲峡黒岳スキー場へ行ってました。

今年は雪が少ないですね。
これからガンガン降って、早くOPENして欲しいですsign01

ガンバレ、ゆきsnowsnowsnow

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアへの駆け込み輸出・・・・

100909_084937チェブラーシカのマトリョーシカ

販売中ですsign03

チェブラーシカの身長は5.5cm
登場人物5人の人形です。

販売価格  2800円(税込)

ご希望の方はこちらまで
→ hasesho@nifty.com

さて、タイトルの話し。
毎年のことですが、この時期になると、ロシアでは・・
「来年1月1日から関税が上がるupwardright、税金の法律が変わる、手数料がUPupする、税関検査が厳しくなる・・・coldsweats01
などなど、うわさが流れ、ロシアの輸入業者・バイヤーはあわただしくなるんですrun

でー、12月には輸出のオーダーが増えるupwardrightupwardrightupwardright

「マナさん、今年中に○○を大量に輸入しちゃいたいから手続きして!」
って感じ。
そー簡単に言われても、商品を揃えるのが大変よcoldsweats02
今年中・・・って言われても、輸送を考えると12月上旬には輸出手続きを終えなくてはいけないでしょうー。
バタバタどころじゃないよrun
ドタバタsweat01×バッタバッタsweat01×どんどこドンsweat01×キャァーッhappy02
って感じで毎日が過ぎる。

もっと余裕を持って仕事したいが、そんなこと言ってられない。
ビジネス相手はロシア人なんだからさぁ。

「商品そろえてくれ!」
「ツアーの見積もり早くして!」
なんて、いっつもよ。

新しいビジネスのアイディアあるから着手したいと思うけど・・・
新しいマーケットを開拓したいと思うけど・・・
新しいネットワークをつくりたいと思うけど・・・

時間がなくてできない。
ストレスannoyたまることもあるけど、これって贅沢な悩みだと思う。

だって、今、目の前にあるビジネスが楽しいもんheart04
今、やってるビジネスが何よりも楽しいもんheart04

いやぁ~、いいっすよぉ~ ロシアhappy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« ноября 2010 | Main | января 2011 »