« サハリン&ハバロフスク 出張編 No.1 | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.3 »

サハリン&ハバロフスク 出張編 No.2

Img_0781これぞまさに!

≪THE ロシアの朝食≫

分厚いハム5枚
チーズ8切
白飯の上に目玉焼き
白身魚のフライ
ウインナー・キュウリ・トマト・イモ。
2種類のオレンジ&キーウィ&ぶどう。
ヨーグルト2個

2010年7月18日(日)
朝5時30分(日本時間朝3時30分)
モーニングコールtelephoneで起こされる。
ちょー眠いdespair

ボッーとしたまま顔を洗っていると・・・
ドンrock!ドンrock!ドンrock!とドアdoorをたたく音。
「マナさん!迎えに来たからね!車で待ってるね!」と昨日、空港に出迎えに来てくれたM氏。

M氏は先週、家族旅行で日本に来ていて、札幌で一緒に食事restaurantをした際に
マーシャが「来週、サハリンへ行くんだよnote」と何気なく言ったのを覚えていてくれて、わざわざ会いに来てくれたのです。
でー、こーして朝早くからお迎えにも来てくれました。

ホテルのレストランrestaurantは朝7時OPEN。
夕べフロントに「6時30分にCheck Outする」と伝えたら、マーシャのために6時にレストランを開けて朝食の準備してくれるok、って言ったのに・・・
やっぱり、開いていなかったdespair
仕方ない、ロシアだもん。・・・・と諦めていたら、、、、、

レストランのコックが朝食を部屋まで運んできてくれたhappy01

うわぁ~やるじゃぁん! ロシア!

みてよ、この朝食(上の写真)
すんげーボリュームでしょぉ~happy02!!!!!

全部は食べられません!

10分の1ほど、急いで食べて(残りはTake Out)、M氏の車(プラド)rvcarでユジノサハリンスク空港airplaneへ。
どしゃ降りの中rainユジノサハリンスク市内から空港まで約20分。
Img_0782
←これなぁ~んだup

空港内で見つけた変なモノ。

ビニールテープで荷物bagをぐるぐる巻きにする機械です。
よごれ防止&盗難防止らしい。

右にいるジャージーのお兄ちゃんに200ルーブル渡して、ぐるぐる巻いてもらうんです。

右下にあるのがぐるぐる巻いた後のかばん。(マーシャのではありませんよぉ~)

そーいえば、千歳空港でツアー客に「ガムテープないかい?」ってよく聞かたので、最近はマーシャはガムテープ持参で見送りpaperに行ってます。

Nec_0002
8:00 ユジノサハリンスク空港発
HZ891便

9:15 ハバロフスク空港着

あっという間にロシア大陸のハバロフスク市へ到着です。

マーシャ、ロシア大陸はなんと16年振り!
おおっっっっー!

上の写真は飛行機を降りて、空港建物に向かうバスの中から写しました。
左に見える赤い飛行機airplaneが珍しくて写真とりましたが・・・どこの航空会社かメモするの忘れましたcoldsweats01

建物に入り、荷物のターンテーブルに進もうと思ったら、きれいなおねーちゃんに
「入っちゃダメよng
って言われた。
「えっ?なんで?荷物とらなきゃ!」って言うと
「まだ荷物はきていない(飛行機から下ろしてない)からです。荷物が到着したら放送しますのでそれから入ってきてください」だって。
10分以上は待たされたcoldsweats01

Img_0783 ハバロフスク空港を出る。
天気晴れsun

ハバロフスク空港正面

日曜日のため、お仕事はなく、本日は終日フリーですfree

マーシャはタクシーcarをチャーターしておいたので、two時間ほどハバロフスク市内観光です。
タクシーは事前に日本から予約しておきました。
料金は1時間500ルーブル(日本円約1500円)
Img_0800
←ドライバーはセルゲイさん。

とってもおしゃべりで陽気なおっちゃんですhappy01

マーシャがハバロフスクに到着して驚いたのは・・・
ハバロフスクも日本車が多い!

サハリンは99%、日本車だと思う。
これは納得。
マーシャも中古車輸出rvcarしているし。

ロシア極東とはいえ、内陸のハバロフスクでもかなりの日本車が走っていてのにはちょっとビックリsign01

それをセルゲイさんに言うと・・・
「日本の中古車のおかげで我々の生活は劇的に変化したよ。日本は素晴らしいsign03!日本よ、ありがとうheart02!!!!!」
って、マーシャにお礼を言うんです。

日本車は性能がとっても良い。中古車なのに10年以上乗れるし、遠出しても故障することもない。おかげで行動範囲も広がり、修理の必要もないから経済的でもあるんだよ。

「日本よ、ありがとうheart01heart01heart01!」
って、何度も言うんだもん。

たくさん、たくさん日本のことを褒めてくれたセルゲイさん。

マーシャもお返しに何か”ロシア”を褒めなくっちゃ!
と思ったが・・・
何を褒める?

とっさに思いついたのは・・・
ロシア人ってみーんな温かい人達だよね、ありがとう!notes

しかーし・・・ホントにそうか?と思うこともあるよね。
ロシアに入国して15時間しか経ってないが・・・
睨みつける入国審査官、無表情のウエイトレス、ムスッとした空港カウンターのロシア美人、やる気のないパスポートチェック係、乱暴なボディチェック係などなど・・・
決してホスピタリティがあるとは言えない人々と接し、、、

”やっぱり、ロシアだ” と実感することも。

つまりですねぇ~
公的な機関で働く人っていうか、サービスをしてもしなくても給料の変わらない人って言うのは、笑顔やホスピタリティ精神はムダng!と思っているのでしょー。

でもね、個人と個人の付き合いは別です。

ざっくりと仲良くなれば・・・

どっぷりと信頼し合えれば・・・

がっちりと信用し合えれば・・・

ロシア人は温かいんです☆
 
つづく・・・ 

|

« サハリン&ハバロフスク 出張編 No.1 | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/49103772

Listed below are links to weblogs that reference サハリン&ハバロフスク 出張編 No.2:

« サハリン&ハバロフスク 出張編 No.1 | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.3 »