« ハバロフスク | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.2 »

サハリン&ハバロフスク 出張編 No.1

Nec_0003 いざ!ロシアへ!!!!!

7月17日(土)
北海道スキープロモーション訪問団は新千歳空港を出発airplane

満席でのフライトのため、荷物の重量制限あり。
おひとり様20KGまで。

マーシャのスーツケースは21.6Kgでした。
1.6Kgオーバーwobblyしており、カウンターの前でスーツケースを開けて1.6Kg分の荷物を取り出す。
何を取り出したか?
ロシアのみなさんへのおみやげの”のどあめ”や”ミルキーあめ”や”明治のチョコレート”
1.6Kg分を機内持ち込みの手荷物bagとして搭乗手続き完了!
Nec_0004_2 

「エッーーーーーーwobbly!プロペラ機airplaneかよぉ~!」
「これって国際線だよねぇ~?」
「丘珠から函館行く飛行機かよぉ~?」

どこからか驚きと不安coldsweats01の声が・・・

「プロペラ機の方が安全だよ。着水できるから大丈夫だよ」
って、苦しいホローの声も聞こえてきた。

とにかく、乗るしかないでしょっ。
仕方ないもん、ロシアだもんdash

1時間20分のフライトで
着いたよ。着いたよ。
来たよぉ~sign03
とうとうロシアsign03 

隣の国、ロシアへとうちゃぁ~~く!!!!!

東京へ行くより近いんだからね。
あっと言う間にサハリン
14年振りのロシア・・・

うひょぉ~!

日本時間よりtwo時間進んでいるから時計watchの針を合わせる。
もう、夜9時近くだけど、外はうっすら明るい。

14年前の遠い昔の記憶を思い出して・・・
うぅ~ん、あまり変わってないなぁ~ユジノサハリンスク空港。
相変わらず暗い・狭い・陰気臭いshock

入国審査で行列。
これも変わってない。

入国審査官の女性はこっちをにらんでいるeye
これも変わってない。

スーツケースは丁寧に扱われることは全くなく、ボンボンsweat01と投げられている。
これも変わってない。
「もっと丁寧に扱えよ~」と日本だったらクレームもんだが・・・
仕方ない。ロシアだから。

マーシャのおNEWのスーツケースはすでにキズだらけ。
壊れなかっただけヨシとしよう。

スーツケースを押しながら出口を出ると・・・
そこにはたくさんの顔見知りが・・・notes

「マナさん、ようこそサハリンへ!」
バラの花束tulipをかかえたS氏が笑顔happy01で出迎えてくれたheart04

その横から
「マナサン!いらっしゃい!待ってたよ!」
これまた、大きな花束を渡され、ブチューッとキスkissmarkkissmarkkissmarkの嵐
パートナー企業の皆さんでしたnotes

そして、後ろの方から遠慮がちに
「マナさん!また会えてうれしいよheart02
とお客様のM氏と奥様でした。

デッカイ花束をかかえたマーシャは早くも感動で泣weepweepweep

プロモーション訪問団を出迎えてくれた担当者も当社のパートナー企業なので、日頃の協力に感謝の挨拶notes

ユジノサハリンスクの夜はネオンshineが煌めいていたshine

夕食はパートナー企業のM社長&S専務&T嬢と「サンタホテル」のレストランrestaurantへ。

Img_0773
本場のロシア料理

黒パンにペリメニ。
ペリメニのスープかこれまたGOODgood

普段は全くアルコールは飲まないマーシャですが、ワインwineをいただきました!

ロシアに来れたこと、
ロシアのみなさんが出迎えてくれたこと、
ロシアとお付き合いしていてホントに良かったな、と心から感謝confident

こーして、ロシアに来ることができたのも、今回のプロモーションに参加させていただいたからです。
まだ仕事は始まっていないのに、一口飲んだワインのせいで、マーシャの目winkはウルウル状態でした。
Img_0774日本を出発してたったのthree時間

すでにマーシャはロシアで酔っ払っていましたhappy02

まったく仕事してないのに。
なにも始まってないのに。

いーんだ。
いーんだ。

14年振りのロシアだからnotes

これ、すっぱいジャムが入った餃子のようなペリメニ???
うぅ~ん、デザートにしてはおもすぎるし、おかずにしては合わないし。
ただ、S専務が「子供が大好きな食べ物なのよ」
って言ってた気がする。
ロシア語メモするの忘れちゃった。

Img_0777
今日の宿泊はhotel
「ツーリストホテル」
夜遅く到着して朝早く出発するだけなので、安いホテルにしました。
寝るだけだもん。

(ちなみに訪問団のみなさんとは別宿です)

このホテルはエレベーターなし。
2階の部屋までスーツケースを運ぶ。
(S専務が手伝ってくれました)



Img_0778
お部屋はこんな感じ。
フツーです。

シャワーはついていたが、出ないsad

仕方なく、蛇口の下に頭をつっこんでシャンプーした。
「あぁ~やっぱロシアだ」
とつぶやきながら・・・

ドライヤーもなかった。
フロントに借りに行く元気もなく、ぬれた髪のまま就寝sleepy

日本を出発してfive時間あまり。
すでにマーシャはロシアの大地で爆睡sleepysleepysleepy

つづく。。。。。

|

« ハバロフスク | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.2 »

Comments

昔とは違うと解っていても御心配しておりました、8月6日は広島の日です、山陽本線ではケロイドの人が必ず乗車していました、今は全くいない、悪げは無いけど、米軍の飛行機で通訳しながら商売をしていた、おばさんを思い出しております、20KGとは、昔なら、担ぎや、ヤミ屋みたい、花束を持って待っていてくれる、幸せですね、羨ましい、無責任に”マーシャさん”頑張れ、一般的にロシア人は気さくでおもしろいです、但し、女尊男卑だけは忘れないこと、何はともあれご無事で。 岡山の乃木

Posted by: 岡山の乃木 | 06.08.10 at 21:28

シャワーではなく蛇口でシャンプーですか~。
まあ、蛇口つかえただけでもよし、ですかね(苦笑)
お話の続きを楽しみにお待ちしております!

Posted by: おロシア人 | 06.08.10 at 23:31

待望のお土産話、心待ちにしておりました!
昔と変わらぬロシア的な部分を楽しんで
来られたようで何よりです。私もクヴァス
でも飲みにふらっと出掛けたくなりました。

Posted by: 旅人 | 09.08.10 at 5:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/49074808

Listed below are links to weblogs that reference サハリン&ハバロフスク 出張編 No.1:

« ハバロフスク | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.2 »