« サハリン&ハバロフスク 出張編 No.3 | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.5 »

サハリン&ハバロフスク 出張編 No.4

Img_0795スパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂

極東ロシアで最も大きく、高さ70mです。

丘の上に建っているので、ホテルの部屋eyeからも見えました。
金色の玉ねぎ形の屋根が印象的flairで、再建されてまだ7年くらいなので、壁も白くてキレイでしたshine

内部の装飾も素晴らしかったですsign03

ここから見渡すアムール川もなかなかGOOD。

さっき行った展望台よりも高い所にあるのでこっちの方が雄大さを実感できちゃいます。

遠くまで住宅街が広がっているのがわかり、ハバロフスク市の大きさにちょっぴり驚きました。Img_0793

となりは、「栄光広場」です。

←戦没慰霊碑があり、記念碑の壁には戦死した兵士の名前が刻まれていますpencil

真ん中には献花台tulipがあり、戦没者を偲ぶ永遠の火が燃えています。

ロシアでは結婚式の後に、新郎新婦が献花台にお花を供える光景がよく見られます。

セルゲイさんが
「日本にも“永遠の火”はあるのか?」と聞くので、マーシャの知識の範囲で答えておいた。
Img_0797
街の中を説明してもらいながらドライブrvcar

市内にあるジナモ公園clover

ハバロフスク市創立125周年記念に作られて人工の池が3つありました。

その奥には屋内アイスホッケースタジアムがあります。

この公園、札幌で例えると、中島公園かな?

セルゲイさんが
「札幌市は何歳だい?」
って聞くので、マーシャの知識の範囲で答えておいた。
っていうかぁ~、ハバロフスク市民にとって、北海道も札幌もほとんど知名度がないので、おおまかに説明しておいた。

・・・今回の仕事にそって、「北海道のスキー場snowはとっても快適なんだよ! スキーskiやスノーボードの興味のある人に宣伝してね!」
Img_0799
レーニン広場です。

広場の真ん中には赤い花崗岩で作った噴水があるのですが、この時間は出ていなかった。

ポツン、と一人&ハト。
ちょっとさびしいショットですが、午後からはたくさんの人々で賑わうnotes、市民の憩いの場ですって。

レーニン広場の周りには、州政府・銀行bank・ホテル・大学などの建物が並んでいます。
スターリン時代に日本人抑留者が建てた学校もありました。
Img_0791
ハバロフスク市内の街並みです。

歩道が広いと思った。
人々ものんびりと歩いていたshoe
せかせかと急いでいる人はいなかった。
日曜日だからお仕事の人はいなかったんだろうけどね。

セルゲイさんにロシアのお土産が買えるお店を数軒教えてもらったので後で行くことにして、ホテルhotelへ送ってもらった。

セルゲイさんとのハバロフスク観光ツアー終了end
two時間だったので、1000ルーブル支払ってお別れ。

「またいつか会おうね!paper
Img_0805_2
本日からtwo泊します
「インツーリストホテル」

ハバロフスクの老舗ホテルのひとつです。
ガイドBOOKbookには必ず載っている、日本人御用達のホテルです。

この日は関西方面からの団体ツアー客がたくさんいました。
チャーター便が就航しているようです。

ウインターシーズンsnowには北海道とハバロフスクにも直行便airplaneができることを祈っています。

そして・・・ロシア本土・極東地域、ハバロフスクの富裕層dollarを北海道のスキー場へ送客すること。
それがマーシャのお仕事であ~るrock

ハバロフスクのスキーヤー&ボーダー達snowboardに、北海道のパウダースノーsnowを思う存分体験してもらいたい。
Img_0802
←お部屋の中

とても存在感のあるクーラーです。
(わかります?窓の前、床にどーんと置いてある)

でかい。
うるさいcoldsweats02
ガーガーと元気が良すぎます、このクーラーbearing

部屋からの眺めは
まさにロシア

現地で携帯からUPした画像はこちらから

Img_0803
←バスルーム

フツー。
シャンプー&石鹸はありました。

シャワーは出ました(ホッ)
ドライヤーもありました(ホッ)

特にコメントないです。

さて、ホテルに荷物を置いたので・・・
ひとりで散歩shoeにでかけまぁ~す!

つづく。

|

« サハリン&ハバロフスク 出張編 No.3 | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.5 »

Comments

こんにちはー!
お久しぶりでーす。ハバロフスクの景色懐かしいです。見てて行きたくなりました。(*^ω^*)ノ彡
スパソ・オブラジェンスキー大聖堂、大好きです。
携帯の待ち受けにしています。
ホテルのエアコン、相変わらず、音がうるさいんですねぇ。懐かしいなー(o^-^o)

Posted by: 境 福子 | 12.08.10 at 19:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/49128696

Listed below are links to weblogs that reference サハリン&ハバロフスク 出張編 No.4:

« サハリン&ハバロフスク 出張編 No.3 | Main | サハリン&ハバロフスク 出張編 No.5 »