« января 2010 | Main | марта 2010 »

ロシア語教室開催中!

100219_093612 ←ロシアのサモワール

オフィスに飾ってありますshine
売り物ではありません。

マーシャが十数年前にモスクワから運んできたんです。

机の上に飾ってあるのですが、結構場所をとります。

オフィスで日本在住のロシア人向けに
≪日本語レッスン≫を開催してるのですが、
いつも生徒達が
「これ、ジャマだからよけるね」
と言って、ジャマものにされてますweep

さて、今日はご案内。

当社オフィスにて
≪ロシア語プライベートレッスン≫
開催中です。

ロシア人講師が個人のレベルに合わせて楽しく&丁寧に指導いたします。

ロシアとビジネスを考えている企業の担当者さん、挨拶くらいはロシア語でできるようになりませんか?

今までロシア語を習ってきたけど、あまり身についていないなぁ~と思っている方、プライベートレッスンで上達しませんか?

ロシア留学を計画している方、ロシア人のメル友mailtoをGETしたい方、ロシア人美女kissmark(イケメン)とお付き合いしたい方・・・

ロシア語をやったみたいなぁ~と考えている入門者から通訳レベルまで対応いたします。

ロシア語を生かしてお仕事をしたい方、レッスンを受けながら当社でアルバイト(実践)も可能です。(レベルによりますが・・・)

ロシアの情報を知りたい方、レッスン中にロシアのサイト検索も可能です。(パソコンpc持参ください。コンピューター操作の指導はありません)

お気軽にご連絡ください。
メール hasesho@nifty.com
件名に 「ロシア語レッスンについて」とお書きください。

さて、マーシャこれから、ルスツリゾートへ行ってきまぁ~す!!!!!
後日、たっくさぁ~んご報告いたします。
今回の出張では、ロシア向けの動画撮影movieにチャレンジしてきますね。

でわでわぁ~paper

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア語話せる方、アルバイト募集☆

ロシア語の日常会話程度ができる方、募集しています。

仕事内容 : ロシア人ツアー客の送迎 
活動場所 : 新潟県新潟市 ・ 鳥取県境港市、米子市 

お近くにお住まいの方で、ご希望の方はご連絡ください。
連絡先 : さくらツアー企画  メール : hasesho@nifty.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白いチェブラーシカとスイスのステファン選手

Photo ←マーシャの大切な宝物ですcrown

昨日のバンクーバーオリンピックのフィギュアスケート男子を観ていたら・・・

スイスのステファン・ランビエル選手の演技が終わった後、客席から花束に混ざってなんと、白いチェブラーシカがリンク場に投げられ、それを手に彼は椅子に座り、自分の得点が出るのを待っていました。

しっかり映ってました、白いチェブラーシカが!

彼のファンのロシア人が投げたのでしょうか?
スイス人がチェブラーシカを持っている、なんだかとても不思議な光景でしたhappy01

ちなみに彼はシングルSPでfive位でした。
トリノ五輪では銀メダルの選手です。

100218_131128
今日は、アルバイトにY美さんが来ました。
おみやげにいただきました。

手作りの巾着です。
マトリョーシュカがついてます。

事務と雑用が1日で片付きました。
ありがとうございまぁ~す!


| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシアの長期休暇・・・

100215_151130 ←毎日のようにロシア人ツアー客達と出かけていますshoe
今日は一緒にランチrestaurantしました。

パパは先週までタイランドに行っていたそうです。
oneケ月、タイランドの友人(ロシア人)の別荘でのんびり過ごしていたってconfident

タイランドのホテルhotelは9割がロシア人ってこともあるらしいし、別荘を持っているロシア人も多いって。

寒い国、ロシアの人々は南国sunで休暇を過ごしたいんですよね。
ロシア極東地域で人気のあるタイランドへは航空運賃がめちゃくちゃ安い!
滞在費だって格安だし(別荘だったら滞在費ほとんどかからないしね)
ロシアより物価も安いしね。

「タイランドでゆっくり身体を休めたから、今度は精神面をゆっくり休めたいと思って日本に来たんだよ。」
・・・うまく表現できませんが、、、心をゆったりさせたい、心身ともに安らげる、、、confidentって感じかなぁ~。

日本にはなんでもあるし、不便さが全くないし、満足できる環境だからnotes、、、って。

そんな思いでいつも日本を訪問してくれて、マーシャにたくさんのおみやげpresent持ってきてくれて、食事も誘ってくれるんです。
ロシア人のみなさんってほーんと温かいんですheart04

ロシア人のみなさんがもっともっと日本を大好きになってくれるように、ホスピタリティ精神全開でお世話しちゃいますscissors

話はタイトルに戻りますが・・・

パパの有給休暇って58日あるんだって。
でー、タイランドで38日使ったけど、まだ残っているから日本に来たんですよぉ~。
お嬢様の学校のお休みに合わせて。

ママの休暇はそれ以上で、70日間だってhappy02

長いよね。
日本人がこんなに休暇あったとしても、何していかわからないよ、きっと。
休暇が長すぎて退屈しちゃいそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人ツアー客の不満

100215_131142 札幌に10日間滞在していて、これから登別温泉spaに行くので、ホテルからバスbus乗り場まで見送りに行きました。

登別温泉の第一滝本館に宿泊します。
無料送迎バス「わくわく号」があり、とても便利です。

でも、ちょっと問題は、バス乗り場がわかりにくいのです。
定期便バスではないので、バス停に表示はありません。
同じ時間帯に別のホテル行き(洞爺湖など)のバスもあり、外国人にはわかりにくいようです。

ホテルで彼らと待ち合わせをして、駅まで歩きshoeながらおしゃべりTIMEhappy01
「10日間、何してたぁ~?」
と聞くと、まず最初に言われたのが
「日本は英語が通じない」
って。
ホテルhotelのフロントに観光名所や交通機関やスキー場skiの情報を聞いているのに、通じない。
タクシーのドライバーにも全く通じないcoldsweats01
レストランでもチンプンカンプン。
仕方なく、インフォメーションセンターに行ったが・・・
そこでも英語が通じないannoy
パンフレットに載っているようなことしか教えてくれなかった。

あらっ~、それはそれは残念というか、、、、
マーシャ、ホテルに確認したんだよねぇ~phoneto
「英語でのコミュニケーションは大丈夫ですか?」
って。
ホテル側は「英語だったら大丈夫ですok
って回答もらったので、安心して送客したのですが・・・

彼らはニセコに行ってきたそうなので
「どうだった?」
と聞くと・・・
「さいあくぅ~annoy
って。
「えっ?なんで?」
って詳しく聞くと、スキー場がイヤなのではなく、札幌から遠すぎるってこと。

バスで4時間かかって、スキー滑ったのがたったone時間で、帰りもまた4時間かかって札幌に戻ってきたってさcrying

インフォメーションのバス時間の案内も適当だったらしく
札幌発8時でニセコ発17時のバスがある、って言われたのでバス停に行くと、そのバスは土日のみの運行だったらしく、平日のバス時間は違った。
結局、札幌発10時のバスに乗ったら、ニセコに到着したのが14時。

ニセコ発のバスも15時しかない、ってインフォメーションに言われたから、たった1時間すべって、15時発のバスに乗った。

でー、札幌到着が19時だって。

そりゃぁ~疲れるし、まったく楽しくないよねぇ~down

ニセコで、東京から来た大学生と知り合って、札幌の近くにもスキー場があることを聞いて、次の日”モイワスキー場”に行ったそうだ。

スキー板を持って、タクシーcarに乗って
「モイワスキー場」って言ったのにタクシーのドライバーには通じなくて、???の顔で首を振って、出発しないから、タクシーを降りたってcoldsweats02

インターネットpcでもう一度調べて、自分たちで電車trainに乗ったんだって。
そしたら、乗客の方が
「ここで降りるといいよ」とジェスチャーで教えてくれて降りたって。
降りるとそこにいた人がまた、「あっちだよぉ~soon」ってスキー場の行き方を教えてくれたって。
でー、楽しく滑ってきたって。
帰りに、違う方向の電車に乗ろうとしたら
「ちがうちがう、逆だよ~」
ってまた通りすがりの人が教えてくれたって。

「札幌の人って親切だねheart04
って言われた。

この話を聞くと、観光業に携わる人達よりも、一般市民の方が、なんだかアットホームnoteな感じがする。

外国人がスキーをする = ニセコ

ってイメージができちゃったのかな。
札幌に滞在している外国人にニセコを紹介してもねぇ~、日帰りは疲れるよcoldsweats01

日本に来て、まともに英語で会話できたのはニセコで出会った東京の学生だけだそうだ。
登別温泉spaからまた札幌に戻ってくるので、その時はマーシャがいろんな楽しい場所を案内してあげようと思う。
本当はもっともっとたくさんやりたいこと、行きたいところがあったのに、できなかった。。。っていうマイナスな想い出で帰国してもらいたくないでしょう。

楽しい想い出たっぷりで帰国してもらわなくっちゃscissors

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人達に配るバレンタインチョコレート

100212_134732ロシア人のみなさんに用意したバレンタインheart01のチョコレートです。

デパ地下で見つけました。

箱のイラストも“THE JAPAN”
十二単とさくらcherryblossomの絵柄。

チョコレートは扇形に“THE JAPAN”の和様イラスト。
three枚入ってます。

いつもお世話になっているロシア人の男性達にマーシャからのささやかなプレゼントpresent

もちろん、この投資flairが何十倍にもなって戻ってくるように期待してまっせぇ~sign03
ホワイトディーにクッキーはいりませんよぉ~。
しっかりビジネスで返してもらいますからねぇ~scissors

ロシア人の女性達にはマーシャから“友チョコ”をプレゼントheart04
これからもいっぱいお世話になりまぁ~す!

さてさて、本日もロシアからたくさんのツアー客が来日しましたairplane
スキー道具いっぱいでやってきたスキーヤー達ski、温泉ツアーspaに行くロシア人ファミリー、メディカルツアーhospitalに来た方々・・・
どうぞ、楽しく有意義に過ごしてくださいhappy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア船のおつかい 小樽港まで

100212_104403 ←小樽の港

手前はロシアship
新品のタイヤと中古車rvcarを積んでいます。

日本製の自動車の輸出は減ったdownwardrightと言われていますが、全くなくなった訳ではなく、輸出はいまも続いています。

そのほかにもいろいろな商品が大量に輸出されていますflair

マーシャもロシア船のお仕事があり、小樽の港までおつかいに行きました。

今月末には日本の商品をどどーんupロシアへ輸出します。

奥の船、見えます?
日本の観光船です。
100212_112248
←小樽駅前

今日の午前中は雪snowが降る予報だったので、電車trainで小樽まで行きました。
そしたら。。。晴れてたsun

15分くらい歩いてshoe小樽港の第1埠頭まで。
そしたら・・・お仕事のあるロシア船は違う埠頭とのこと。
でー、そこからまた30分も歩いたcoldsweats01

いやぁ~疲れた。

でー、近くのレストランに入ってコーヒーcafe飲んでた。
もう歩くの疲れたので、ロシア人に電話してphoneto車で迎えに来てもらい、小樽駅まで送ってもらった。
(バブル時期の流行り言葉を使えば“アッシー君”ってヤツです)

また電車trainで札幌まで戻り、またまた早足で外回りのお仕事run
今日はよく歩いたfoot
ドドッーと疲れたけどweep、稼いだ!

オフィスに戻って、またまたお仕事ガンバル!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの印鑑は大きいんです☆

100210_103037 ←すすきの氷の祭典

詳しくはこちら

駅前通りの南4条から南7条の間の道路に氷像が飾られています。

今日はほぼ1日中、外回りのお仕事run
歩道はツルツルに滑ります。
スケートリンクを歩いているようで、転ばないように、ブーツを滑らせながらトロトロ歩くfootから時間がかかってしまうcoldsweats01

昼間のすすきのを通り、雪まつり会場snowの脇を歩き、JR札幌駅まで行き。。。

ロシア人ツアー客から電話phonetoがきて、
「出張書類にサインpencilが必要だ」と言うので、会いに行った。

書類にマーシャのサインと会社の印鑑を押してあげた。
日本の会社の印鑑ってだいたい直径3㎝くらいで、赤色で押すでしょう。

100210_142624 ロシアの印鑑って、直径6㎝くらいあって、青色で捺印するんです。

←こんな感じ。

ロシア人がマーシャが捺印した印鑑を見て~
「うわぁ~ちっちゃぁ~い」って。

「で、これなんの印鑑?」
って聞くので

「これは会社の印鑑だよ」
って言うと

「マナさんの会社ってなんて言うの?」
って聞くから

さくらツアーだよ」
って教えると・・・

「えぇ~!!!!そぉ~なんだぁ~、知らなかったぁ~」
って無邪気に笑って、隣のロシア人となんだか笑いながら話してたからhappy01

「なになに?」
ってマーシャも話に混ざろうとしたら・・・

笑いながら
「あのね、私達の周りの友達や知人が、いつも日本に行く時や日本から商品を輸出してもらう時とかは“さくらツアー”に頼んでいる。。。って言ったたのよ。
でねー、そんな話をするときは、”私達はいつもマナさんに頼んでいるんだ”って言ってたのよ~(笑)
≪さくらツアー≫イコール≪マナさん≫だったのね(爆笑)」

マーシャも大笑いでしたがhappy02・・・

アンタ達、もうfive年以上のお付き合いなのに、マーシャの会社名を知らなかったのね。

いーんです。
マーシャのお客様はさくらツアーのお客様ですからheart04
さくらツアーのお客様はマーシャのお友達sign03ですから。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道の観光振興・・・

100209_125133 なんだかお堅いタイトルになってしまいましたが・・・
最近の新聞記事で“おっ”sign01と思う記事がありましたので、ちょっと書いてみます。

←北海道新聞の記事memo

「期待は大きくupwardright、潜在力も高いのにflair、それを十分に発揮できず低迷を続けるー中略ー北海道の産業界では、さしずめ観光がこれに該当するのではないかー中略ー」

当社は旅行会社です。
ずばり、観光業ですsign03
しかし・・・日本人をターゲットにしていないため、ありがたいことに、観光業の低迷も不況もさほど感じておりません。

毎年北海道を訪問する観光客が減少しているdown
どんな対策が必要か?
こんな風に書いてありました。
「鍵となるのは、付加価値の向上と外国人客誘致だ」

ほほっ~、外国人客ですかぁ~。

続きはこー書いてありました。
「観光客数の拡大を追うのではなく、いかに客にお金moneybagを使ってもらうかがより重要になってきたー(中略)-外国人客の誘致も有望だろう -(中略) - 中国をはじめ、東アジア、経済新興国からの入り込み増に期待をかける」

中国は5年後には海外旅行者は1億人に達するとみている。

うわぁ~one億人だって!
スゴイよねwobbly

そして、ここからが重要ーーー

「2020年代には資源大国として発展目覚ましいロシア人客の急増upwardrightupwardrightも予測しており、これらを見据えた北海道観光の長期ビジョンづくりを提唱する」

「海外からの一般客の大量受け入れと合わせて、外国富裕層向けの宿泊施設のネットワーク化や優秀な通訳、ガイドの養成などレベルの高い受け入れ態勢の整備を求める」

おおっー!
ロシアの観光客って、2020年代に増えるんだって!
すげっー!


そんな予測、初めて聞いたよ。

外国人富裕層が満足できる宿泊施設ってすんごく少ないweep
優秀な通訳も少ない。
レベルの高い受け入れ態勢はすぐにはできないよねー。
今から少しずつ努力していかなくてはいけないと思う。

この記事読んだだけで、いろんな問題点や課題がたくさん見えてくるeye
あーした方がいい、こーしたらいーんじゃないかい。。。
っていう、現場の声がどこまで届くんだろう。
・・・まったく届かないのが現実なんだけどね。

最後のまとめにこー書いてあった。
北海道観光の発展には、世界を視野に入れた中長期の戦略が欠かせない。
道・経済団体は国際的なPR活動を強化するとともに、外国人客の旅行ニーズや消費動向などを国別に詳しく把握するなどして、きめ細やかな戦略の策定を急いでほしい。」


そーそー、誰もがそー思っているのよ。
でも、やらないのよー、誰も。

”外国人客”ってひとくくりにすんなよannoy
っていつも思う。

中国人とシンガポール人とドイツ人とロシア人・・・みんなそれぞれニーズが違うんだよねぇ~、これって当たり前なのにさ、国別に分けないんだよね。

“PR活動の強化”って意味を勘違いして行動するヤツが多い。
観光セミナーを外国で行ったりとか、パンフレット作って配ったりとかすればいーわけじゃないでしょ。

セミナーだって、やって終わり、ではなくてその後のフォローが大切。
それぞれの外国人客のニーズに合わせた魅力的shineなツアーを売り込みましょうよ。

ちなみに・・・
中国人向けのツアーをロシアで売っても売れませんから!
まったくニーズが違いますから!

あと、パンフレットだって、日本人向けに作成しているパンフレットをそのまま外国語に翻訳しても面白くないんです。
求めている情報が違いますから!

続きは次回。





| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからの新婚旅行☆☆☆

100208_085002 ←大通西5丁目会場の大氷像
≪イオラニ宮殿≫

“氷像”です。
夜、ライトUPflairされると一段とキレイですshine

イラオニ宮殿は、アメリカ合衆国・ハワイ州ホノルルのキングストリートにあります。
アメリカ合衆国に存在した唯一の宮殿crown





100208_085833
←大通西7丁目会場の大雪像
≪ドイツのフラウエン教会≫

巨大な丸天井がとても印象的な、石造りのバロック様式の教会です。

さて、タイトルのお話。

ロシアから新婚旅行のカップルheart01が来日しました。
結婚式を終えてすぐに飛行機airplaneに乗って、日本に来ました。

ホテルhotelのお部屋にキレイなブーケtulipを用意して、お祝いのカードmailを添えてお迎えしました。

飛行機が欠航になったら、生花がしおれてしまうので、ロシアから飛行機が飛んだのを確認してから、お花屋さんにブーケを買いに行きrun、ホテルの部屋に飾りに行きました。

Ismfileget_2
←こんな感じでぇ~す。

新婚旅行に“JAPAN”を選んでくれてありがとう~heart04

ちょうど「さっぽろ雪まつり」も開催していますし、
どうぞステキな想い出shineをたくさん作って帰国してください。

“雪まつりツアー”はどちらかと言うと、忙しくない。
「ご自由に雪まつりを見学してくださぁ~い!」パターンが多いからね。

今日はオフィスにパソコン講師を呼んで、ホームページ作成pcのアドバイスや、動画movieの取り込み方法や、パソコンのトラブルを解決してもらった。

マーシャはこれから、ロシア語のブログに動画をUPしようと目論んでいますscissors
画像にロシア語も追加します。

さぁ~て、どんな風にできるのか?
でもねぇ~携帯の動画ってあまりよく映らないのよね。
とにかく、やってみるnotes

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さっぽろ雪まつり開催!

100205_085308 第61回 さっぽろ雪まつり 開催☆

公式サイトはこちらです。

←大通西10丁目会場の雪像
≪ちびまる子ちゃん≫

朝の通勤途中に写しましたcamera
すでに観光客の姿もちらほら。

西11丁目会場では
「国際雪像コンクール」があります。
15ケ国ほど参加するそうですnotes
国によって作品のカラーが違うのが面白いな~と思っていつも観察してましたeye
ちなみに、去年の優勝国は南国タイ、でした。

雪まつり会場はオフィスから徒歩one分のところなので、あとで行ってきまぁ~す!

さてさて、今、頭を抱えているのが、ロシアからの「関西ツアー」。
グループツアーだと大型バスbusを手配しなくてはいけなくって、はてさて、どこのバス会社に頼めばいいのか?料金はどのくらいするのかさっぱり???状態。

ネットで検索してpc見積もりお願いすると、思っていた以上に会社により価格の差があるんですよねぇ~。
安いからいいってこともないだろうしなぁ~despair

ツアールートとか高速代金を確認したりとか、ホテルhotelの周辺の環境聞いたりとか、施設の入場料を調べたりとか。。。
細かい作業がいっぱいあるねぇ~coldsweats01

関西地域の宿泊施設や観光施設にいろいろと問い合わせしていると、
「京都ではロシア人ツアー客が増えています」
と言われました。
へぇ~そーなんだぁ~。

もちろん、当社のツアーにも“京都”はルートに入ってます。
リクエストが多いですもん。
やはり、知名度でしょうねぇ~up

オリジナルツアーをたっくさん作って売りまくりますrock

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの広告雑誌

100204_100409ロシアの広告雑誌です。

140ページもありますbook
カラー広告は表紙と2,3ページのみであとはモノクロです。

なんでも載ってますsign03

何ページにも渡って商品を載せている企業もあれば、企業名と電話番号telephoneだけもあります。

当社はどのように広告を載せるか検討中ですconfident

この中でマーシャが興味を持ったのが、不動産物件の広告。
すんごーくたくさん物件がありますnotes

めっちゃ高いですぅ~up

何と比べて?
と聞かれれば・・・札幌の物件と比べてです。

だから、札幌や北海道の不動産価格を知ったロシア人達は一様に
「安い!日本で不動産を買いたい!」
と言うんです。

最近はロシア人投資家と一緒に不動産物件を見て回る時間がとれなくて残念なのですが、
今後もできるだけ時間を作って、ロシアンマネーmoneybagを使わせよう!
と思ってます。

北海道の物件をどんどんロシア人富裕層dollarロシア人ビジネスマンやロシア企業に買ってもらうのはどうでしょう?
マーシャ、ロシアから投資家連れてきますからrock

| | Comments (0) | TrackBack (0)

登別温泉 ロシア人ツアー 

100106_172056 ←登別温泉spa 「第一滝本館」

着物姿の女性達がおしとやかに案内してくれる様子に
「おぉ~JAPANだわぁ~」と感激bleahしていたロシア人達。

登別温泉の老舗旅館「第一滝本館」は、1500坪のでっかい大浴場spaがあり、sevenつの泉質が楽しめる≪温泉天国≫なんです。

もちろん、ロシア人ツアー客達も大満足。
温泉の後はプールでひと泳ぎt-shirt

ロシア人団体ツアーはとにかく面白い。
今回は大型バス1台貸切busで行動しました。

札幌ではドラックストアに立ち寄ると・・・

うわぁ~runと一斉に店内に入り、ロシア語が飛び交います。
スタッフ(通訳)が商品を探したり、説明をしたり、レジに並んだり・・・

ロシア人がドラックストアで購入するもの、ベストthreeはいつも同じなので、事前にどこの棚においてあるかチェックeyeしておくのも大切なこと。
立ち寄るドラックストアが決まっていれば、お店に頼んで商品をそろえておいてもらうのも一つの方法です。

ひとりで同じ商品を10個、20個買うこともしばしばです。
「友達、親戚に頼まれてきた」
っていうパターンが多いから。

高速道路carのサービスエリアのコンビニ24hoursに立ち寄りました。
ここもまた、うわぁ~runと一斉に店内に入り、ロシア語が飛び交います。

ふつうさぁ~高速道路のコンビニで買うものって言うと、「今すぐ必要なもの」がメインですよね。
ジュースとお菓子、たばことライター、小腹がすいたからおにぎりriceballやホットドックとか。

ロシア人達って違うんです。

なんでも買います

水(それも2Lのペットボトル2本)
バナナ banana(5本くらいまとめて)
みかん (3袋)
ドリップコーヒー 
カップラーメンnoodle (いま食べないのに)
タオル
化粧品
ひげそり
パン
ヨーグルト (3パックセット)
つけもの
ノート
シャープペンシル&けしごむ
電卓
箱のティシュペーパー
サインペンのセット
旅行用シャンプー&リンスセット
手袋
靴下
などなど・・・

ドリップコーヒーなんて、一人が買うと、「あっ、それいいねぇ~」って、私も私も~ってみーんなが買ってしまって、すでに売れ切れcoldsweats01

ロシア人、コンビニのっとり!状態でした。

“なんでもかんでも” 買いました。

“なんでもかんでも” はロシア語で “Все подряд ” と言います。

最近のマーシャのお気に入りのロシア語です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サホロリゾート 報告 その2

100131_103847 サホロ岳の頂上fujiから広大な十勝平野を眺めるeye

これこそ!!!!

THE ホッカイドーゥ

「ほっかいどう!でっかいどぅ!」
ってコピーがあったけど、
いやぁ~まさにソレ!

雄大な北海道をめちゃくちゃ感じられますsign03
いやぁ~絶景shine!という言葉以上。
自分ってなんてちっぽけな人間なんだろうー。
とか思っちゃうよ。
100131_095057
さて、ゲレンデはと言うと。。。

雪質は最高ですgood
完璧なパウダースノーsnow

コースskiの斜面はかなり一定していて、バーンが長い!
滑りやすいですよぉ~。

非圧雪バーンも多く、いまどきの若者ボーダーsnowboardにはもってこい!のゲレンデだと思いますよぉ~。

あとねぇ~、ゴンドラの改札を抜けるとすぐにゴンドラに乗れます。
階段がないので、楽チンでしたhappy01

100130_113810
←ゴンドラに乗って写しました。

右下のレンガ色がゴンドラ乗り場。
左の建物はレストランrestaurant&ショップ&K-ラウンジ。

そーいえば、レストランで「カレーラーメンnoodle」を食べました。
最初は「えっ?カレーラーメン?」って思ったのですが、ちょっと冒険してみました。

これまたうまいflair
スパイスの風味が効いていて、なかなかGOODでしたぁ~。
サホロの名物なのかな?


100130_114759 ←樹氷見えます?

サホロ岳fujiは1059m

頂上付近は樹氷がとってもキレイでした!

コースの両側に広がる一面の樹氷の中から、太陽の光sunが差し込み、shineキラキラshineと雪の結晶が輝く。

幻想的な世界に迷い込んだ感覚ですlovely

うわぁ~、また行きたくなりましたねぇ~。

さてさて、みなさんはどうですか?
一度サホロリゾートで癒されてください。

スキーやボードだけではなく、アクティビティも充実していました。
スノーラフティングエリアはサホロリゾートホテルの目の前です。
コースにはアップupダウンdownがあってかなりスリリングhappy02

サホロリゾートまでは札幌からJRで90分くらいです。
JR新得駅からサホロリゾートホテルまで無料送迎バスbusが運行しています。

ぜひ、サホロリゾートで 「THE ホッカイドォー」を体験してくださぁ~いsign03

さてさて、ロシア人ツアーのお話・・・
今週からは「さっぽろ雪まつりツアー」です。

寒いロシアから北海道にやってきてairplane
「あれっ、札幌って以外と暖かいね」
って言われそうです。

たくさんのツアー客に出会えること・・・
それが何よりの楽しみであり、やりがいでもあります。
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

サホロリゾート 報告 その1

100131_091103 ≪サホロリゾート≫へ行ってきました。

去年の6月に、ロシアの旅行会社の方々を招待した「視察ツアー」以来の訪問happy01
その時の様子はこちらを読んでね

たったtwo日間の滞在でしたが、かなり充実していました。
天気sunにも恵まれ、とっても美味しい料理restaurantを食べて、クタクタになるまで滑ってski、指圧系マッサージをしてもらい、マイナスイオンスパで疲れた身体を癒して・・・

…では、サホロリゾートの報告を始めます。





100130_154646
←サホロリゾートホテルのエントランス

北海道のほぼ中心に位置し、雪snowと森cloverに囲まれた静寂の中にあるワンランク上のリゾートホテル・・・かなっ。

夏に訪問した時は、”森の中の隠れ家”で、“森林浴満喫&リフレッシュ効果絶大”的な感じでしたが。

冬の静寂の中の滞在もこれまた快適good




100130_191018
←フレンチレストラン「サホロガーデン」

また夏の話になりますが、ロシアのエージェントさん達と一緒に食べたフランス料理がとても美味しかったのを思い出してました。
ロシア人にみなさんも“美味しいぃ~bleah”とうなっていたくらいですから。

夕食はthreeヶ所のレストランがあります。

上記のほか、北海道郷土料理「ゆきざき」
イタリアンレストラン「プレアディス」




100130_180543
セレブなDinnerをご紹介いたしまぁ~す。

←オードブル
ノルウェーサーモンとブリニのサラダ仕立

ワインwineにとっても良く合うオードブルですよぉ~。
グラスワインはチリ産の少し苦みのあるワインでした。

スープは新得産ユリ根のポタージュ。







100130_182959_3
←釧路産真鱈のポワレゴルゴンゾーラのソース

淡白な味のタラにちょっとしょっぱいゴルゴンゾーラのそーソースをからめて食べると、なんだかチョー高級の“タラ”に感じてくるから・・アラッフシギnotes 

次の肉料理を待たずに、すでにおなかがいっぱいになりそうな・・・
いやいや、まだいけるぜぇ~(食べられるぅぅぅ)







100130_184459
←十勝牛ヒレのステーキ
    ポメリーマスタードソース

うわぁ~でっかいsign01
マーシャの手よりでかいsign01
食べると・・・

うわぁ~~やわらかいsign03

焼き加減がちょーどいいし。

←左上は 季節のサラダ




100130_184743
←自家製パンbread

ライ麦パン&くるみパン

ホテルメイドのパンって絶対に美味しいよね。
何個でも食べられそうでしたが・・・

あまり食べ過ぎるとほかの料理が入らなくなるしぃ~。








100130_190342
←パティシエ特製デザートcake

しっかり食べます、別腹に・・・

茶色い線、お皿の模様ではありません、チョコレートで書いてあります。

さぁ~どーでしたぁ~
セレブなDinner

北海道産の新鮮な厳選素材をたっぷりと使用したオリジナリティな料理で、もちろん、とっても美味しかったですheart04

ワインも豊富に揃っています。
フランスのワイン蔵と同じ状態・環境で徹底管理されているワインセラーがあり、フランスを中心に北海道産の限定ワインなど約1000本をストックしてあります。

ワイン通の方も十分満足できるレストランですよぉ~。

さて、この日は土曜日。
サハリン便の出迎えはどうしたの?
って突っ込まれそうですが(汗)

帰国するツアー客は当社スタッフがちゃんと送りましたpaper
お迎えは・・・
マーシャ、サホロでセレブDinnerしている間に、ジャンボタクシーrvcarとバスのドライバーさんがロシア人ツアー客をそれぞれ出迎えてくれました。
もちろん、言葉は通じませんので、ドライバーさんから電話phonetoが来て通訳しましたよぉ。

ロシア人ツアー客のみなさん、ごめんなさぁ~い。
見送りはちゃんと行きますからねぇ~、いつもより多くお土産presentもっていくからねぇ~。

明日は、サホロリゾート報告パート2を書きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« января 2010 | Main | марта 2010 »