« | Main | お客様たち »

温泉でリフレッシュ☆

090606_151242今日はマーシャのつぶやき

お疲れな1週間でしたので温泉へ行ってきました。
札幌から車で約1時間30分

「浜益温泉・浜益保養センター」です。
日帰り入浴 大人500円

こじんまりとしたジミーなところですが、温泉の泉質は良し。
硫黄の臭いがする透きとおったお湯でした。
内風呂は源泉かけ流し。
露天風呂にも洗い場があって、夏は気持ちいーかも
写真は「千本ナラ」
浜益の観光名所なので立ち寄りました。
ここにたどり着くまでの道は狭いです。
対向車が来たらどーするんだい?とヒヤヒヤでした
でー、国道に出るまでの道は途中から未舗装(ジャリ道)でした。
おぉー、こんな道は根室の花咲港の(地元民しか知らない)近道を通って以来だー。

話は飛びますが・・・
根室の花咲港のジャリ道のことをロシア人達は
スラビャンカ
と呼んでいました。

なぜか?

当時(もう13年も前)、マーシャとカニビジネスしていたロシア船の船員の多くは、ロシア極東ウラジオストク近郊の「スラビャンカ」という漁師町から来ていました。
その小さな町の道路はすべて未舗装だったので、日本のジャリ道のことをそー呼んでました。

花咲港から根室に行く時、通常はちゃんと舗装された道を走りますが、
急いでいるロシア人を車に乗せると
「マーシャ!急いでいるからスラビャンカ通って!」
と言われました。
「えぇー、スラビャンカはいやだよぉぉぉぉぉ、石が飛んできてマーシャの車が傷つくもぉぉぉ~ん!」
と言って断るのですが・・・・

マーシャの車はスラビャンカのせいで、傷だらけで、下取りは0円でした(泣)

090606_151711 さて、話を戻します。

「千本ナラ」って何?

「新日本名木100選」に選定されている樹齢820年(推定)、幹周り4.8メートル、樹高18メートル級の大木が3本並んで、送毛(おくりげ)山道頂上付近にひっそりと息づいています。長い時を経て悠然とたたずむその姿は、訪れる人の感動を誘います。

「千本ナラ」の由来は、三本の巨木から千本の枝が伸びているように見えるから名付けられた。

以上、石狩市のHPより

温泉&森の中のマイナスイオンに癒され、リフレッシュした1日でした

|

« | Main | お客様たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 温泉でリフレッシュ☆:

« | Main | お客様たち »