« ロシアへ輸出・・・のご相談 | Main | カザフスタンへのツアー提案 »

ロシア語で筆談

080829_192118ロシアのチョコレートをいただきましたheart04
我が家のめちゃかわいいチェブラーシュカも大喜びですhappy01

ロシアから聴覚障害者(ろうあ者)の方がツアーに来ました。
ホテルにノート1冊bookと筆記用具pencilを持って会いに行きました。

ロシア語でノートにマーシャの自己紹介を書きまくると、安心してくれた様子。
まずはホテルの説明、朝食の場所やチェックアウトの時間、お掃除の時間など。
それから、どこへ行きたいか、何をしたいか、予定はどうするか、などなど、いろいろ筆談pencil

あっという間にノート半分使ってました。
急いで書くからスペルもめちゃくちゃ。
それでもなんとか理解してくれて、マーシャのスペルの間違いまでチェックしてくれました。

ジェスチャーや顔の表情think、しぐさなどで会話ができた。

親指を立ててgood“GOOD”
両手を合わせてpaper、“ありがとう”
指でキーボードpcをたたくマネして“メールするね”
とか。

ろうあ者の方とあまり接する機会がなかったけど、全くと言っていいほど、苦もなく普通に意思疎通できた気がする。
(それもロシアの方と!)
最初は「いま何したいのかな?何を書けばいいのかな?どうゆう風にロシア語で説明しようかな?」って脳ミソフル回転recycleだったけど、すぐに慣れた。
・・・マーシャが慣れたのではなくって、ろうあ者の方がマーシャの気持ちを察してくれたんですよね。

ノートいっぱいに縦、横、ななめ、逆さまに二人で書きまくったロシア語。
文章や単語の羅列。
読み返してみると・・・かなり恥ずかしー。
よくまぁ~こんな走り書きのロシア語、読んでくれたな~と赤面coldsweats01
ひとつの単語からその時の状況が思い出される。

これ、すんごぉぉぉぉぉ~く大切なノートbookになった。
これ、ずっっっっっ~ととっておこう。
いつかまた再会した時に
「あの時のノートだよ」
って見せたら・・・

うひょぉ~ドラマだねぇ~bleah

ふと思ったのですが、
「世界共通の手話ってないのかな?」って
ネットで調べたら、世界共通はないらしい。

|

« ロシアへ輸出・・・のご相談 | Main | カザフスタンへのツアー提案 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/42319338

Listed below are links to weblogs that reference ロシア語で筆談:

« ロシアへ輸出・・・のご相談 | Main | カザフスタンへのツアー提案 »