« カザフスタンのビジネスマン | Main | ロシアは書類社会 »

ロシア文化に親しむ会

080626_173333 ロシア文化に親しむ会のお勉強会でした。

本日の講師はロシア極東・ウラジオストック出身のイリーナさんです。
テーマは「ロシアの料理」restaurant

ロシアの料理」と言って思い浮かべるものは何ですか?
えっ?ウオッカ?
それは飲み物でしょぉ~。(笑)

ボルシチ・ピロシキ・ペリメニ(水餃子風)

ピロシキの中にいれる具もいろんな種類があります。
肉入りピロシキ・キャベツ入りピロシキ・ポテト入りピロシキ・ゆでたまご入りピロシキなどなど・・・
リンゴを細かく切って砂糖を少しいれてつくるピロシキもあります。甘いお菓子風ピロシキですね。

マーシャ、ボルシチくらいなら作れます。
今度ロシアからロシア産?の本物のスビョークラ(赤カブ)をGETしたらボルシチに挑戦してみます。

なんだかロシア料理が食べたくなりましたhappy01

|

« カザフスタンのビジネスマン | Main | ロシアは書類社会 »

Comments

美幌町の病み上がり人です。
私もロシア風・水餃子が食べたくなったよ。
サハリン州ポロナイスク市訪問での出来事を思い出しました…黒っぽい食パンに山盛りのバターそして少し酸っぱいキャベツ…残留日本韓国朝鮮人宅でのおにぎりと味噌汁と胡瓜の漬物…ユジノサハリンスクのレストランで高級シャンパン、コニャック、ウォッカを飲みながら、トナカイの特大ステーキを食べた(とても美味かった) トナカイはアイヌ民族の言葉ですね。
1991年夏の出来事でした。12月にソ連邦崩壊、ビックリ仰天しました。
ロシア料理が恋しくなったら、また貴サイト訪問します。

Posted by: 美幌音楽人・加藤雅夫 | 28.06.08 at 10:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/41656435

Listed below are links to weblogs that reference ロシア文化に親しむ会:

« カザフスタンのビジネスマン | Main | ロシアは書類社会 »