« ロシア文化に親しむ会 | Main | 稚内経由サハリンへ »

北方領土のロシア人

先日、根室まで迎えに行ったロシア人達は北方領土の国後島から来ました。
国後島から船で根室まで、それからはるばる札幌まで。
ホテルに到着して、別れる時、
右手を左胸にあてて、
「今日はわざわざ根室まで迎えにきてくれてありがとうございます。大変感謝しております。本当にありがとうございました」
と言って深くお辞儀をしました。
そして両手で握手してきました。

「いえいえ、どーいたしまして」
たいしたことしていないのに、こんなに感謝されて・・・

彼らだってすんごぉ~く長旅して疲れていて、初めての海外で不安いっぱいなのに、一生懸命お礼を言ってくれた。
日本語で「ありがとう」と言ってくれた。

「根室日帰りなんて疲れるよね~」ってブツブツ言ってた自分がすんごぉ~く恥ずかしくなった。

次の日は当社のスタッフが彼らをサポートしました。
まずは100円ショップに行って、携帯灰皿を購入。
街では禁煙地域があることを教えて、デパートでの買物の方法を教えて、地下鉄の乗り方を教えて、、、、
初めて見る「お弁当」にとっても驚いていたそうです。
いろんなおかずがあって、色とりどりでキレイなのでどれを買おうか迷ってました。
9歳のN君は、2回目のマクドナルドに満足気味。
地下街をウインドショッピングして、物価はロシアとあまり変わらないって。

ロシア人」って一言で言っても、住んでいる所で違う印象があります。
モスクワに住んでいるロシア人にとっては、マクドナルドは見慣れた看板ですが、国後島に住むロシア人にとっては都会的なファーストフードだし。
同じサハリン州でも、サハリンプロジェクトで景気が良いユジノサハリンスクの人とはやっぱり生活レベルが違う国後島のロシア人。
そして、今もずっとロシア人の温かさを失っていない国後島のロシア人。
なんだか、素朴でとっても人間味のあるロシア人に会って懐かしさを感じていました。

マーシャのホームグラウンドだった根室花咲港に来ていたロシア人達はみんな、北方四島の人でした。
彼らと毎日出会い、ロシア語を学び、一緒に仕事して、充実した日々を過ごしていました。
島に住むロシア人との出会いがあったから今、こーしてロシアとビジネス続けられていると思っています。
出来る限りみんなに恩返しをしたい。
日本とロシアの距離が縮まるように・・・

って訳で~
これからもどっぷりロシア

|

« ロシア文化に親しむ会 | Main | 稚内経由サハリンへ »

Comments

マーシャさん こんばんわ
スパシーバー。ロシア語で書けばいいんですがパソコンがABC~、あいう~ですのでご免なさい。無料で見ていますので、たまには生きている証拠コメントします、頑張っておられる様子よくわかります。
早、来年は乃木66に成ります、ロシアと北海道(日本)の繁栄、一昔のこと思えば目をみはるものがあります、乃木は嬉しいのと、してやったりと思う心が入り混って満足しております。早くシベリア鉄道時速350キロで日本、ドイツ、フランスの高速車両が走ればいいですね、サハリンー宗谷海峡連絡船(後日トンネル)-稚内ー天塩ー留萌ー深川(民間鉄道(株))、深川ー札幌ー函館ー青森(JR東海(株))早く計画を建てねばなりません、ロシアと北海道(日本)発展の礎と成る鉄路を結ぼう、マーシャさん能力とバイタリティある人が結集して早期にやります。
岡山駅から新幹線でパリ駅に行ってみたい、人生最後の乃木の野望です。
 ”プチーン君、見ていたらよろしく(ロシア語でなくあやまる)”
マーシャさん言ってみただけ、気にしないで。
花咲港の蟹がマーシャさんの先生ですか、蟹がマーシャさんを作ったんですね、蟹に感謝して一句添えておきます。
 荒れくるう 北の冬うみ 蟹踊る -岡山の乃木

Posted by: 岡山の乃木 | 29.09.07 at 22:02

岡山の乃木様
いつもコメントありがとうございます。
日本からヨーロッパまで新幹線でいけるようになったら楽しいですね。ロシアに途中下車したり、ロシア人と交流したりして夢が広がりますね。
すてきな一句ありがとうございます。
これからもがんばります♪

Posted by: マーシャ | 01.10.07 at 11:04

はじめまして

はじめてコメント致します。

マーシャさん こんばんは

国後島いいですね。自由に行き来出来るようになりましたら行ってみたいですね。ロシア語に関心がありますので勉強したいですね。
知っていますロシア語の単語はダー、ニェット、ハラショーなどを知っています。

一日も早く北方領土の返還を願っております。


Posted by: Sourcolor | 02.10.07 at 20:39

Sourcolor様、コメントありがとうございます。
国後島は手付かずの自然がたくさん残っているとロシア人が言ってました。
どんなところなのか自分の目で見てみたいです。
国後島を自由に行き来できる日が早く来ることを祈っています。

Posted by: マーシャ | 10.10.07 at 16:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/16607760

Listed below are links to weblogs that reference 北方領土のロシア人:

« ロシア文化に親しむ会 | Main | 稚内経由サハリンへ »