« ロシア人ツアーその② | Main | ロシア人ツアーおまけ »

ロシア人ツアーその③

Img_0528 ハードスケジュールが続き、マーシャはバテバテでございましたよ。
 トラブル続きで胃がきりきりして倒れそうになっていたけど、ロシア人が喜んでいる笑顔を見れば、ホッとしてました☆

北海道の大自然はホントに素晴らしいと思ったツアーでもありました。
登別伊達時代村から洞爺湖へ向かうオロフレ峠、くねくねカーブにドキドキしたがら恐る恐る眼下をのぞき、カーブを曲がると目の前には洞爺湖が現れ、湖面のブルーに癒され、

Img_0549_2 
洞爺湖から京極噴出し公園へ向かう国道沿いはじゃがいも畑が広がり、蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山を見ながらの雄大な北海道の風景は素晴らしいです。

←京極噴出し公園
夕方6時に到着したので、ちょっと暗いし寒かったです。
みなさん、売店でコロッケ&ホットコーヒー飲んでました。
サムッ(ブルブル) 

夜の8時にツアー終了(お疲れー)
バスを降りて、お別れするとき、ロシア人のみなさんからいただくとっても暖かいお言葉。

「Спасибо☆」

そう、この言葉に癒されるから、ずっとロシア人とお付き合いできるんです。
トラブルもあったし、泣きそうになったし、逃げ出したくなったし、倒れそうになったし、胃が痛くて吐きそうになったし、ドタバタいろいろあったけど。
「Спасибо☆」
って言ってもらえたらそれでいいっ。

この「Спасибо☆」って言葉は、ロシア人達と接してくれたみなさんにも伝えたい。
バスのドライバーさん、観光地のチケット売り場のおねーさんたち、レストランのウエートレスさんたち、登別伊達時代村の忍者達、劇の出演者達、一緒に観ていた観光客さん達、浜田園のみなさん、京極の売店のおにーさん、写真を撮ってくれた通りすがりのみなさん、そして円山動物園のサル達にも(笑)

いろんな出会いがあった。
いろんなこと覚えた。
いろんなこと学んだ。

マーシャからもみなさんに
「Спасибо☆」

注:「Спасибо☆」=「スパシーヴァ」」と読みます。
   訳=ありがとう

|

« ロシア人ツアーその② | Main | ロシア人ツアーおまけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/16227056

Listed below are links to weblogs that reference ロシア人ツアーその③:

« ロシア人ツアーその② | Main | ロシア人ツアーおまけ »