« марта 2007 | Main | мая 2007 »

カザフスタンからのツアー

引き続き、カザフスタン

カザフスタンアルマティ市からツアー客が来ますが、人気は大阪・京都・奈良です。
アルマティからソウル経由で関西国際空港へ。
このルートが一番便利みたい。
格安チケットもあるし、時間も短いらしい。

関西地区はぜーんぜん詳しくないので、現地ガイドにおまかせしちゃいますぅ。

ほんとーは北海道まで来て欲しいですぅ。
ソウル経由ってことは、ソウルー千歳便も利用可☆
どーにかこのルートでツアー客を増やしたいですね~。
やってみよ~!!!!!

ってことで、明日はカザフとミーティングしましょう~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カザフスタンのニュース

日本経済新聞より

「日本企業が中央アジアで原子力発電の燃料となるウランの権益を相次いで取得する。
丸紅、東京電力、中部電力の3社はカザフスタンで日本の輸入量の四分の一に相当する年間二千トンの権益を取得した。
 カザフスタンではウランの加工技術や軽水炉の建設で日本が支援する代わりに、カザフスタンが日本企業にウランを提供する『相互補完的関係』の構築を目指す共同声明に調印する予定。」

北海道新聞より

「甘利明経済産業相は北海道電力社長ら官民約百人とともにカザフスタン共和国を訪問する。日本側企業はカザフ国営企業との間で、ウラン資源開発の権益確保やウラン燃料加工、カザフでの軽水炉建設に関する技術協力など十件を超える契約や協定を結ぶ。
 日本政府は埋蔵量世界2位でありながら、日本の輸入シェアが1%にとどまるカザフスタンに期待を寄せる。
 資源エネルギー庁幹部は「将来的にはカザフからウラン輸入量の三分の一程度を調達できる」と期待している。」

カザフスタンがアツイね~!

いいね~、
日本とカザフスタンの経済交流が盛んになれば、おこぼれビジネスもでてくるよね~。
いやいや、こぼれてこなくてもアタシャ~拾いに行くわよ☆

今のカザフスタンは勢いがある!
ロシアよりも経済成長率は上なのよ!

カザフスタンのニュースがでると、うれしくなる。
カザフスタンってどこ?」って聞かれることが少なくなるかな?

でー、いま、カザフスタンからは中古車パーツのオーダーがたまっています。
業者さん数社に見積もりお願いして、カザフスタンからOKがでれば、輸出で~す。
日本車の輸入が厳しくなったからパーツのオーダーが増えてきちゃって・・・
マーシャにはさっぱりわからないパーツでも、さすが業者さん、オーダーを解読してくれるんです。どーしてもわからないパーツはマーシャが専門の辞書を引きながら相談します。
困ったことに、興味のない単語って頭にはいらないのですよ。
というかー、日本語でも車のパーツって難しいでしょ?

カザフスタンビジネスがこれから益々面白くなりそうで、ワクワクですな~。

マーシャもカザフスタンに期待しています☆★☆★☆

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア人ツアー客が撮る写真

面白いテレビ番組があった。
「外国人観光客が思わず撮った写真、春の東京編」
( )内は外国人のコメント

では10位からいってみよ~♪

10位・・・原宿の竹下通り   (あまりの人の多さにビックリ)
 9位・・・浴衣    (“Japaneseパジャマ”ってGuide Bookに載っている)  
 8位・・・原宿のクレープ  (女性に大人気、すごく美味しい)
 7位・・・カラオケするスナップ  
 6位・・・お台場の自由の女神   (アメリカにも日本にもあるんだ~)
 5位・・・自動販売機     (種類の多さとカラフルさに思わずカシャッ)
 4位・・・屋台    (美味しいものがイッパイ)
 3位・・・原宿の派手な若者達 (変った若者が集まるとGuide bookで紹介されていた)
 2位・・・雷門   (日本に来た証拠写真)

さ~て、堂々の1位は・・・じゃぁ~ん!!!!!

 1位・・・桜 ☆   (美しい~、見ているだけで癒される)

 桜のみならず、お花見をする日本人、桜の木の下で騒いでいる、飲んでいる日本人を写していたようです。

やっぱり、日本の春ーーーー さ・く・ら  ---ですね~。

でわ~~~

《 ロシア人ツアー客が撮った写真 北海道編 》

マーシャが勝手にランク付け!

10位・・・円山動物園の動物達と
 9位・・・北海道神宮の巫女さんと
 8位・・・お茶会の先生と
 7位・・・レストランのウェイトレスと
 6位・・・お土産やさんのレジのおねぇちゃんと
 5位・・・旅館の仲居さんと
 4位・・・登別伊達時代村の忍者と
 3位・・・登別伊達時代村の花魁と
 2位・・・貸切バス(ジャンボタクシー)のドライバーと

そして、、、ドードーの第1位は。。。。。。♪♪♪

じゃじゃじゃジャァァァァァァァ~~~~~~ンンンンン!!!!!!!!

1位・・・・マーシャとツーショットォォォ☆☆☆

って訳でぇ
ロシア人ツアー客は

「 with パーソン 写真 」 がお好きなようです。

でー、たま~に説明がむずかし~い写真も撮っちゃうようなんです。
Sapporo7
←こんなの。

ススキノで夜に活躍?する車ですよね~。まー、ロシアにはこんな車はないでしょうね~。
いやいや、いまのロシアはわからない。
ロシアでこ~んな車見かけたら教えてくださいね。現地の方ヨロシク☆Sapporo3
あと、こんなのも


カラフルな看板が珍しかったみたい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシアのニュース

日本経済新聞より。

「対日石油輸出量を確保」

日本への石油輸出について
「東シベリアで新たに二ヶ所の有望な油田開発計画に着手した」とロシアのベールイ新駐日大使。
二つの油田は当初予想の3倍の埋蔵量があるらしい。
シベリア産に西シベリア産の一部を加えて必要な油量は確保できるって。

日本との経済協力では
「日ロ両国間の貿易額が2006年には137億ドル(約1兆6千億円)になり、過去5年間で2倍に増えた」
今後はハイテクや鉄道、通信などの分野の技術協力にも大きな可能性がある。
って。

今後、ますますロシアとの関係が深まっていく、というかエネルギーに関してはロシア抜きでは生きていけなくなるんじゃぁな~い。

石油とか天然ガスとか、すんげーおっきなことでロシアとビジネスはできないけど、
その「おこぼれ」っていうか、ニッチな部分ていうか、いろんなところに大手企業ができない(手の回らない)新たなビジネスが生れるんじゃぁな~い?
それが出来るのは、小回りのきく中小企業であるし、ロシアに一番近い北海道であると思うんだけど、どう?

ロシア側の企業だって、大手ばかりじゃぁないんだから、ちっちゃな取引でも日本とやってみたい。
って考えているよね。
その需要をちょこちょこ拾ってみたいな☆

って訳でーーー
マーシャはその《ちょこっとビジネス》をちょこっとづつやっているのですよ♪

チョコチョコとね。。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアから怒られた(ぐすんっ)

070424_071755 またまたロシアチョコ☆

日本人ツアー客がおみやげに買っていくNo1チョコレートだそうです。

男の子、ちょっと笑顔がコワくないかい?
女の子は“ロシア”って雰囲気だから、おみやげにいいのかもね~。

今日はロシアからちと怒りのメールがきた。
(さほどおこってはないと思うけど~)

「マナサン、団体ツアーのパンフレットがまだきていません! 先日お願いしたのですが、返事がまだです!
 原稿がかけないので広告できません!
急いで下さい!」

「あっ、ごめんなさい。まだ送ってません。
まだ、見積もり出ていません。すみません。。。。。。」

ヤバーッ<<<   反省 (ペコッ)

そう、3日前にメール来てたのですが、あとで・・・と思っていたら、もう3日も経っていた。
スピードUPしなければ、目の前のチャンスは逃げてしまう、っていつも自分に言い聞かせてたのに、
こりゃぁ、大変!

こーゆー時に限って、他のオーダーも来ちゃうんだよね~。
中古車は業者に「お願いね~」ってそのまま流すからいいけど、
日用品とかパーツは、せっせとマーシャが調べなくてはならなくて、ドドーッと見積もりたまっていく。
見積もり=輸出って感じだから、せっせとこなせばなんとかなる。

マーシャが頑張ればロシア人も喜んでくれて、ますます信頼度UPになって、ネットワークも広がって、新しいビジネスが生れてくる。
っていう図式で、どう?

何事もポジティブに行こうよ☆☆☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアビジネス

最近思うことですが、
「ロシア」に抵抗なくなってきている人が増えた?かな~。
というか、
「日本で販路を開拓できないのなら、海外でもいいっかー、ロシアでもいいよ、近いから。」
って言われる。
以前は、隣の国ロシアであっても、すんご~く遠い国に感じていたし、ロシア人と商売することなんて考えなかった人たちも、
ロシアで売れるなら売ってもいいよ」
って。
ロシアのニーズと合えばいくらでもビジネス可能。
日本側がいかに積極的にスピードUPでロシアビジネスにとりかかれるか?
それがネックなんだけどね。

ロシア企業と日本企業が商談して、いざ契約!
ってなった時に
「あー、やっぱりや~め~たっ」
って言うのは日本企業なんです。
ロシアをバカにしちゃぁ、いけないよ。

今のロシアのビジネスマンは、お金あるし、優秀だし、人脈もあるし・・・
そう、この人脈っていうのが大切なんです。
どーゆー人脈か?っていうと
「親方様、行政の許可を出す人、警察、税関などなど」
とにかく権力を持っている人とのパイプです。
これがなければロシアでBIGビジネスは不可能とも言われています。
そして、このパイプを大いに利用する人がチャンスをつかみとるのです。

このような優秀なロシアのビジネスマンにとって、日本とのビジネスを成功させることが更なるステップUPなのです。

ところで、話は全くかわりますが
マーシャの冷蔵庫のロシアチョコがだいぶ減りました。
ご協力ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアンチョコ☆チョコ

070420_134923 またまたロシアのチョコレート☆

「А・ КОРКУНОВ」でございまする。

マーシャの冷蔵庫整理のため、スマートBODYを保つため(あっ、ウソ)))、
大量のロシアチョコレートを処分中。
みんなに無理やりプレゼントしています。
仕方なく受け取っていただいている皆々様、まことにありがとうございます。
勝手に郵送されてきた方、失礼しました。

バレンタインDAYでもないのにね~。
まーまー、そー言わずに召し上がれ☆

さぁ~て、今日のニュース。
「洞爺湖でサミット開催、決定!」

ロシアの大統領も来道するのです。
ロシアのプレスもたくさん来ますよね~。
北海道をロシアにPRする絶好のチャンスでしょう。
もちろん、ロシアだけでなく世界にPRできます!

ロシアから
「北海道ってどこ?」
って聞かれたら
「来年サミットが開催されるところ」
って答えようかな。

来年以降は
「サミットが開催されたところ」
って言えるね。

北海道をドンドンPRしましょうね。
って、マーシャに何ができるか?って・・・
そりゃ~、ロシアのご一行が宿泊しているホテルに乗り込んでいって
直接、トップセールスするってか。
(警備警備・・・でムリよね)

ーーーーというか、サミットってどんな感じなのか、わかりませ~ん。
外国の記者団や報道陣、同行者となんか交流できるのですか~?
誰か教えてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア語通訳募集☆

日曜日のロシアからのメールは仕事メールでなくって、友達モードメールなんだよね。

チュメニシベリア地方)の友人から
「今年の夏は黒海で過ごす予定なんだよ~、マーシャも来れば~」

クラスノヤルスクの友人からは
モスクワに出張に行って来たのでチェブのキーホルダー買ってきたから、送るね~」

サハリンの友人から
「来月、カニ船で稚内に行くから、会える?」

ウラジオストックの会社社長から
「商談で新潟に行きます。北海道までは行けなくてごめんなさい」
とか。

今日は、千歳空港への送迎はなかったので、のんびりメール返信してましたよ。
決算書類の整理をしなくっちゃ、と思いながらもぜ~んぜん進まない。
あー、ごめんなさい税理士さま。
手伝って☆

アルバイト募集のお知らせ

稚内・新潟・東京(成田・羽田)・大阪(関空)で、ロシア人の送迎をお手伝いしていただける方、募集いたします。
条件:ロシア語が少しできる方

お願い:  去年ご連絡いただいた方も再度メールをいただきたいと思います。
       条件等が変更になりました。

マーシャまで直接メール下さい。
詳細をお知らせいたします。

メール   hasesho@nifty.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのチョコレート

070420_134829 昨日、小樽港に入港していたロシアの観光船
マリーナ・ツベタエワ号」で来日した知人からいただきました。

ロシアのチョコレート
АКОРКУНОВ」です。

うん、おいしいです。
またまた食べすぎになりそうなマーシャでござる。

さて、ちょっと気になったロシアのニュースをちらり。

アエロフロート来年にも関空線」
2008年度に関西国際空港からロシアの首都モスクワか第2の都市サンクトペテルブルクへの就航を予定している、って。
いいんじゃ~な~い。
(簡単なコメントですまん)
北海道へ就航してくれないかな~。
ウラジオストックー千歳》
とか~
ハバロフスクー千歳》
とか~、どーぞよろしくアエロフロート様様<<<<

次・・・
ロシア現地法人を資生堂が設立」
資生堂は5月にロシア現地法人を設立する。本社はモスクワで来年1月に営業を始める。
今後ロシアでの高級化粧品の需要が高まるとみて、直接進出する。

やっとですか~って言う思いです。
Made in japan の資生堂化粧品は信頼度トップ級です。
値段もスゴイ高いです。
それでも、リッチなロシア人・ビジネスウーマンは購入します。
美容にはお金かけますからね。
キレイなロシア人女性はますますキレーイになっていきますぅ。

女性をターデットにしたビジネス開拓って成功率が高いと思います。
化粧品はまさにソレよねぇ~。
美容に関してのニッチ分野で、ロシアビジネスが可能であろうー、うんできるよ。
でもマーシャはオシャレ関係にかなりウトイ、というか・・・・・・・

でもね、でもね・・・

マーシャは化粧品をロシアへ輸出していま~す!

あっ、ばらしちゃった。へへっ。

いつも言ってるでしょっ、
「マーシャはロシアビジネスは何でもヤル!」
って。

話はぜーんぜん変りますが・・・
昨日、夜景の見えるとてもステキなレストランですんご~く美味しいお料理をいただきました。
GoodロケーションVery NiceDinnerを食べたいロシア人ツアー客に自信をもっておすすめできます。
レストランのロシア語バージョンも作っちゃいますよ~☆

K氏・O氏・T氏・Y嬢のみなみなさま、スパシーバ・バリショーエ))))))))))

| | Comments (1) | TrackBack (1)

サハリンからの観光船

070420_100401 小樽港に入港している、サハリンからの観光船
「マリーナ・ツベタエワ号」

本日出港、サハリンへ帰ります。
これは午前中の写真なので、あまり荷物はありませんが、午後からは船の前にはロシア人が買った商品がドンドン運び込まれます。
その商品を見ていると、サハリンで不足している?物とかおみやげに喜ばれるものとか想像できちゃう。
でっかい液晶テレビなんかがたくさんあ070420_100616るし~、コンピューターもある。
暖かくなってきたので、子供用の新品の自転車が多かった。


ロシア人バイヤーが買った中古車が船の前に勢ぞろいです。
これからクレーンで順番に積み込まれます。




070420_100339
でねー、すごいバラエティなんですよ、この中古車たち。

乗用車あり、
トラックあり、
バスあり、
バイクあり、

←なんと、こんなキャンピングカー?までありました~。
ミニミキサー車もあった。
4WDの高級車もあり、

すごいでしょ~。


マーシャは小樽までのドライブ疲れました~。
スピード違反の取締りがたくさんいたよ。
安全運転しましょう~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウラジオストックから

今月になってロシア極東のウラジオストックハバロフスクに「JAPANツアー」をPRしています。
ウラジオストックは反応GOODよ。
それも、団体ツアーなんですよ。
さすが、マーケットが広い!

個人向けのオーダーメイドツアーよりも、団体の名所巡りツアーのリクエストが多いんです。
サハリンからのツアーはリピーター客&オーダーツアーが多いですがね。

所変ればニーズも変る

ってことね。

団体ツアーにはロシアの添乗員も一緒に来ちゃいます。
それはそれで楽でもあり、プレッシャーでもある。
ウラジオストックー新潟ー東京ってルートですけどね~。

ウラジオストックではある程度は日本(東京)の情報をキャッチしているので、当社がほんの少しオリジナルなサポートをすればOKって感じ。

ホントはね~北海道へも集客したいのだけど~。
問題は“お金”ではなくって“情報不足”な訳。
「北海道ってどこ?何がある?何を見る?どこが観光名所?何が面白い?」
っていう基本的な情報がロシア極東に伝わってない。

いかに北海道がスバラシイところか!
北海道は大自然いっぱい!

って、北海道をPRすれば、どんなにお金がかかってもロシア人は来る。
絶対来る!

ロシア極東もバブルバブルバブル☆

「そんなに北海道って魅力的なんだ~じゃぁ、行ってみよう!」
っていうよ、富裕層は。

ハバロフスクはまた客層が違うっていうかー、ビジネス絡みが多いな~。
ハバロフスクとはツアーでなくって、他の分野でのビジネスをやってみたいな。
そんな雰囲気だ。なんとなくね。
この辺の情報をせっせと集めるわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツアープランニングのこと

当社は、“企画”会社なので、いろんなプランニングをします。
その名のとーり、“ツアー企画”はせっせと新しいプランを出していかなくてはロシア人にあきられてしまい、日本に来てくれなくなります。
マンネリ化は絶対にダメですよね。

去年の当社の人気プランNo1☆“日本文化・茶道体験ツアー”でした。
その様子はコチラ と コッチ とあと コレも

もちろんそのほかにも
“日本のお宅訪問ツアー”も面白かった・・・
これは協力していただける日本人家庭が少なくて、日程が合わず実現したのはたったの3回でした。
ロシアからのリクエストは多いのよ。
「日本人の家ってどんなの?」
「どんな生活しているの?」
「畳の部屋はどうなっているの?」
「家具とかどんな感じなの?」

う~ん、説明が難しいでしょう~。
「ほらっ、こんな感じよ」
って実際に見てもらうのが一番なんだけどね。

「我家でよければ、見に来てください」
と協力していただけるご家庭がありましたら、ご連絡下さいませ。
(札幌市近郊に限ります)

ではでは、今年のちょっと面白いプランは?
う~ん。むずかしいねぇ~。
“日本文化体験ツアー”“華道”を加えようかな~と思っています。

いちおー、マーシャも華道はできる!
女子大の華道部だったのよぉ~
信じられないでしょ~、うっそ~ って思うよねー。
そのとーり、全然合わなくて1年で華道部を辞めました。

あとー、“着物でへんし~んツアー”なんてどう?
女性は振袖着て日本女性に変身してー、
男性はどうする?
ハカマ!?
ロシア人女性も着物似合うのよ~
その変身ぶりはコチラ

みなさんも何かステキなアイディアがあれば、アドバイスお願いいたします。
条件は「ロシア人に喜んでもらえるプラン」
採用の方にはロシアのチョコレートをお送りいたします☆

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア語医療通訳

1990年に、ロシアサハリン州のユジノサハリンスク市で大やけどを負った3歳のコンスタンチン君が札幌の病院に運ばれてきたニュースを覚えている方も多いのでは?
 国境を越えた救出劇

国や地方自治体の“人道支援”の枠組みの中で、北方四島からの患者の受入れも行っていますが、
最近はロシア人個人が自費で日本の病院に治療に通ったり、検査入院したり、手術したりすることもあります。

ロシアから医療機関の問い合わせも何件かあって、予約をとったりします。
ロシア船が入港する町の歯科医にはよくロシア人を見かけます。
週に1度、港に入港するたびに、通院するのです。

1週間検査入院するロシア人の医療通訳を当社がやっています。
一日中通訳するのではなく、検査結果を本人に説明する時や、検査方法を伝える時だけですが、専門的な言葉も多いです。
それ以上に担当医とのコミュニケーションが大切なんですよ。

マーシャは病院で通訳したことあります。
と言っても・・・・“医療通訳”っていえるほどのもんじゃぁ~なかったわ。
ロシア船の通訳をしていた頃。

ロシア人船員が船でエタノール《工業用アルコール》をウオッカ代わりに飲んで、
急性アルコール中毒になって、救急車で病院に運ばれた。
夜中の2時に電話が鳴って

「いま、ロシア人が病院に運ばれてきました~、とりあえず手当てしますが、言葉が通じないので明日朝すぐに来てください」
って、

「言葉が通じないのではなくって、意識がないってことらしい」

朝4時に今度はロシア船から電話きて

「マーシャ、セルゲイが病院へ運ばれた~」
って。
「あー、知ってる。夜中に病院から連絡きたよ」

朝、駆けつけるとセルゲイは頭をおさえてベッドでうずくまっていた。
「あーんた、なんでエタノール飲んでんのさ~、アホッ!」

「だって~ウオッカなくなって、店屋もしまってて、、、、、」

医者が来て
「もう少し遅ければ死んでましたよ、って伝えて」

「もう少しで死んでだってさ!アホッ!」

「えっ、医者がアホっていったのか?」

「心の中で言ってるよ、きっと」

医者「タバコは絶対にダメですから、って伝えて」

「タバコはダメだってさ」

「いや、オレはタバコなしでは生きられない」

医者「いや、入院中は絶対にタバコはだめ」

「マーシャ、お願いだ~タバコ買ってきてくれ~」

「ダメ!」

数時間後・・・・・
看護師さんが飛んできた
「通訳さん!タバコはダメって言ってくれなかったのですかーーーーー」
ってスゴイ怒ってる。

「えっ、言いましたよ~」

「セルゲイさんは階段のところでタバコ吸ってましたーーーー」

お見舞いに来た船員からもらいタバコ吸ったらしい。
それからマーシャは一日中、セルゲイの監視。

「セルゲイ、タバコ吸わないでよね~、アタシが怒られるんだからね~」

次の日かな、夕方また病院から呼び出し
あわてて病室に行くと
テーブルにウヰスキーの水割りが2杯おいてあった。

セルゲイが
オレにウヰスキーを飲めって言うんだよ信じられるか~!
オレはもうアルコールなんて見たくないよ!
さっさとこのウヰスキーをもってってくれ!」

ハッキョしてました。

医者と看護師数人がセルゲイを囲んで、困った表情で立っていました。

「あのね、アルコールを飲んで身体の毒素を排出するんですって」

って、説明しても聞く耳持たずのセルゲイ。
結局ウヰスキーは飲まなかった。

医者の通訳と言っても
「今朝、ご飯ちゃんと食べたかい?」
「おなら出たかい?」
「うんち出たかい?」
とかだけだったわ。
あとは、
船にセルゲイの着替えを取りに行ったり、ロシアにいる家族に電話したり。。。

マーシャの話で長くなりましたが~

ロシア人が日本の高度な医療を受けに来ることももしかしたら増えるのかもしれないですね。
特にサハリンの人々にとっては、ロシア本土へ行くよりも日本の方が近いし、信頼できると考えているようです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシアのカメラマン

マーシャの友人、バレーリー氏はシベリアに住むカメラマンです。
ひろ~いロシアシベリア地方を毎日ヘリコプターに乗って取材をしています。
最近はお互いに仕事の相談やアドバイスをしています。
当社のパンフレットや会社案内を渡したら、いろんな人に宣伝してくれて、問い合わせも結構きています。

バレーリーはカメラマンなので、ぜひ日本の写真を撮りたいって。
いま、JAPANブームだから面白い企画になりそうよね☆
でー、テレビ局のプロデューサーも連れて行って、日本で番組を撮りたいって。

「何の番組?」

「何にする?」

「北海道を紹介する番組は?」

「旅番組?」

「そうそう、ロシアのカッコいい俳優さん連れてきてさ~、温泉入ったりおいしい日本料理食べたりするの、どう?」
(日本の某テレビ局では毎日のようにやってるよね)

「へぇ~、オレ行きたい」

「アンタはカメラ回してればいいのよ、イケメン連れて来てよ~」

「ギャラが高いよ~」

「プロデューサーに相談しなよ~」

「いちおー言ってみるけど~」

「でっ、スポンサーはいるの?」

「えっ!マーシャに決まってるじゃん!」

「・・・・・」

今年になってまたまたJAPANブームに火がついたようですね、ロシアでは。
日本食レストランも繁盛しているらしいし、日本語を学ぶ学生も増えているとか。
モスクワの友人から
「日本語教師が足りなくて困っているから、誰かいな~い?」
って。。。
日本語教師の免許を持っている人はたくさんいると思うけどー、ロシアで教えたいって言う人を探すの難しいよね~。

JAPANブームで日本に来るロシア人も益々増えるのかしら~。
いいね~いいね~、北海道にも是非来て欲しいですなぁ。
せっせとPR広告作ります、はい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カザフスタンのお客様

200704151459000 カザフスタン共和国からのお客様が北海道へ来ました。
 カザフ人は日本人とそっくりなんですよ。
それにとても親日家です。

登別伊達時代村を案内しました。
真っ暗闇の中の忍者ショーはイマイチだったようですが、日本伝統文化劇場のお大臣遊びは楽しんでいたようです。
 登別温泉に宿泊しましたが、畳のお部屋はパスでした。
おっきな露天風呂に感激していたようです。

カザフスタンに帰国したら、たくさんの人に
「JAPANへ旅行に行ってきたよ~。すんごく楽しかったよ~」って宣伝してくださいね~。
日本へどんどん旅行に来てください。
当社が120%満足していただけるようにサポートいたしますぅ。

カザフスタン共和国は日本ではあまり知られていない国かもしれませんが、今はロシアと並ぶ資源国で経済成長率もスゴイのですよ~。
なんてったって
カスピ海オイルマネーですからね~。

マーシャはロシアだけでなく、カザフスタンとも仲良く交流したいと思っています。
ビジネス開拓の情報収集にも励みます☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マトリョーシュカのノート

070408_135410 またまた登場。
Petit jamシリーズです。

ロシア語で
матрёшка

って書いてあるでしょう。
かわいすぎてただのメモ帳扱いにはできないっ。

先月からノートパソコンを買おうと思って毎週大型電気店に行って、いろいろ説明してもらって、値段もチェックしてアレコレ悩んでました。
 でー、機種は決まったはずだったのですが・・・迷ってしまって。
結局買えなくて、1ヶ月が過ぎた。
VISTAがあまり売れていないようで、どんどんディスカウントしてますよね~。
しか~し、お目当てのノートパソコンは1円も安くなってないんですよ。
 マーシャが重視しているのは、重さ!
とにかく軽くて持ち運びに楽なのがいい。
VAIOにすんご~くカラフルなソートパソコンがあるんですよぉ。
コーラルピンクサマースカイブルーフレッシュグリーンとか。
キャリングケースとかもついていて、かわいいな~と思ったけど、ちと重い。

来週こそは、、、買わなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの新聞

070414_185339 ロシアの新聞です。

日本の新聞と何が違うか?
・・・・カラーがとっても多いかな~。

広告も多いし、テレビ番組表も詳しい。
読み応え充分って感じ。

ナナメ読みでも面白いよ。

クロスワードに挑戦したけど・・・
デキナイ。

ロシア人ツアーですが、
東京から北海道に来たお客様が、温度差にビックリしていましたね~。
ロシアは東西にひろ~いけど、日本は縦に長いのですよ・・・

といってもロシアの方がずっとずっとデカイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアもの

070411_113233←これ、「HENNA」のロシア版。

主に北アフリカから中央アジアで栽培されているハーブ。
髪にやさしい100%天然の植物染料です。

値段を聞いてビックリ!
ひと袋・・・約10円ですって。
(ヤスッィ!)

「マナさんもカラーするなら、おひとつど~ぞ」
って、フロンドヘアーのキレイなロシア人に言われたら・・・
(あ~これで染めるとキレイな髪になるのか~)
と思ったが・・・・
イヤイヤ、ムリムリ。
「いいの、わたしゃ~寝ぐせヘアーだから・・・」

ロシアのニュースですが。。。
ロシアの首都モスクワロシア第2の都市サンクトペテルブルク間の高速鉄道計画が進んでいます。
モスクワと周辺の主要都市を結ぶ計画もあります。
ロシアは日本の新幹線技術を導入したいそうです。
ロシアに日本の新幹線が走る日も近いのか?
すごいな~。
ちょっと前まではこんなこと考えられなかったな~。
ふぅ~ん。

さて、ツアーの方ですが・・・
今週のロシアからとカザフスタンからのお客様達はみ~んな東京&横浜滞在なんですよ。
でねー、何かトラブルがあっても対応できるように、資料を持参して仕事に出かけているのですが、(スーパーに買物に行く時も分厚いファイル持参です)、全く携帯が鳴らない。
ツアーは順調のようで、何事もない。

これは全て東京の優秀なガイド達のおかげなんですよ。
「おまかせ下さい」と言って、本当に良く働いてくれます。
みなさんのおかげで、マーシャは大変助けられています。
感謝・感謝です。

これからも協力お願いいたします☆

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア人のおやつ

070411_121814 さて、これは何でしょう?
ロシアのチョコレートではありません。

ドライ・デーツ
(ナツメヤシの実)です。

今日、ロシア人宅へ伺った時にお茶菓子にでました。

ドライ・デーツは
太陽の恵みをいっぱい受けて生命力がとっても強く、栄養豊富で
“神の与えた食物”
って言われている。
カルシウム・マグネシウム・鉄分・ビタミンB,C・食物繊維が豊富。
鉄分はプルーンの2倍ですって。

「美容に効果バツグンよ~お肌にいいのよ~マナさんもど~ぞ」
な~んて、キレイなロシア人に言われたら
「(そっかーこれ食べればお肌キレイになるのか~)、うん、食べる食べる!」
ってマーシャは5粒食べた。

味は・・・干し柿をあま~くした味だな。
中に種はいってる。

帰りにお土産に20粒ももらってきた。
家でぜ~んぶ食べて、鏡を見たけど・・・変わんねぇ~(結論ハヤッィ)

「ナツメヤシ」ってネットで調べたらいろいろ出てきた。

「一日2.3粒食べましょう~」って。

マーシャ食べすぎだよ! 25粒は・・・・

ロシアの新聞たくさんもらってきた。
ニュース記事を全部読むのは大変だからタイトルしか読まないけど、カラー広告とか見ると、今何がハヤっているのか、どんな商品が売れているのか、何の業種が多いのかわかるよ。
ダイエット食品だったり、サプリメントだったり、携帯電話だったり、タバコだったり、
証券会社に銀行、航空会社、本屋などなど。

さて、今晩こそ「虫の生活」読まなくては・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア極東ビジネス

本日の日経新聞記事より

ロシアの最大手、極東に進出」

ロシア原子力庁とロシア最大のアルミニウム会社ロシースキー・アルミニウムは、ロシア極東にアルミ工場と原子力発電所を同時に新設する。

アルミ工場と原発を一つの事業体として建設するのは世界初。

日本を含むアジア諸国に輸出するって。
中国と日本を戦略市場と位置づけているって。

日本向けでは特に自動車、造船、鉄道など輸送、建設、食品産業向けに売り込む方針だそうだ。

北海道には自動車関連企業の工場が進出してきている。
ってことは~
ロシア極東との取引が増える?
ロシア極東とのパイプが太くなる?
ロシア極東とのルートが出来る?
   →航路開設とか~定期便就航とか~

とかとか、いろいろ考えたんだけど、どう思う?

マーシャの結論は簡単、
”これからのロシアビジネスにロシア極東ははずせない。”
ってこと。
ロシア極東に一番近いのは、北海道だしね。

カニビジネスでお世話になったロシア人達の大半はロシア極東在住だし、今はリッチになって事業しているし、マーシャのこと覚えていてくれるし、旅行関係ではすでに提携企業があるし、信頼関係も深まりつつあるし~。。。。
あらゆるネットワークを使ってロシア極東の情報収集に励みますぅ☆

今日はね~「サマースポーツツアー」のロシア語パンフレットを作ってました。
ラフティング、テニス、ゴルフ、乗馬、サイクリングをしよう!
北海道の新鮮な空気をたっぷり吸って、のびのびと身体を動かして、疲れたらのんびり温泉に入ってリラックス!
って感じの、思いっきりリフレッシュツアー☆IN北海道

写真の提供お願いいたします!
スポーツしている写真が欲しいのですよ。
テニスしている写真、ゴルフしている写真、自転車乗っている写真、なんでもOK☆
採用の方にはロシアのチョコレート進呈いたします。

アナタの写真がロシアのHPや新聞に載っちゃうよ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ブログから生れるロシアビジネス

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
マーシャに直接メールをいただき、これまたありがとうございます。
100%マーシャ本人がメール返答しております。
大量の迷惑メール等に埋もれたり、ウイルスメールに入ってしまったり、見逃すメールもたま~にありますので、
返事が来ない!と思われた方はお手数ですが、再度メールを下さいませ。

偶然にも“ロシアは隣の国”ブログを発見して、マーシャと一緒にロシアビジネスの新規事業を始めた方も何人かいて、中古車輸出も順調に行っている方もいて、そして何よりマーシャには未知の分野において協力してくださる企業さんも出現して、ロシアとの商談にやりがいがでてきた今日この頃です。

ロシアでどんな事業が求められているか?なんてマーシャにだってわからない。
だからこっちから
「こんな商談あるけど、どう?」とか
「こんな商品あるけど、いる?」とか提案してあげると
なんらかのアクションがあって、
時間はかかるかもしれないが、クチコミで誰かを紹介してもらったり、別のビジネスに結びついたりすることがあるのよ。

ロシア側から
「この商品すぐに輸出して」とか
「ビジネスパートナーを探して」とかは、毎日のように問い合わせがくる。
でも、日本企業をさがす努力をマーシャは怠っている。。。反省。。。。
というかー、マーシャがすぐにでも自分でできるビジネスのみを優先しちゃっているのですよ。

偶然出会ったブログから生れるビジネスってほーんと稀だと思うけど、ホントにあるんですよ。ビックリですよね。

日本市場ではもう伸びない、日本に飽きた、なーんていう企業さんにとって、海外に目を向けることはプラスになるでしょ。
それが、たまたまロシアの需要にマッチしたビジネスだったら、絶対に成功するよね~。

って訳で。。。。
ロシアにはまだまだビジネスチャンスが転がっていそーなので、宝探しを続けます。

☆ ☆ ☆    ☆ ☆ ☆    ☆ ☆ ☆    ☆ ☆ ☆   ☆ ☆ ☆ 

今日は久しぶりにテクテク歩いて仕事に行ったら、雨降ってきた。(運ワルッ)

ロシアへの輸出の相談に某企業へ行ったらおいしいお菓子をご馳走になったので、次回はロシアのチョコレートを手土産に持っていこ~。

明日からロシア人ツアーとカザフスタン人ツアーが成田空港に到着するので、ガイドとの打ち合わせで脳みそフル回転(グルグル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア文学

070408_201247 前回の「ロシア文化に親しむ会」で話題になった本。

《虫の生活》
Жизнь Насекомых

ヴィクトル・ペレーヴィン

札幌市の図書館になかったので、購入希望を出しておいたら、北海道立図書館から取り寄せてくれました。
さっそく近くの区民センター図書館に取りに行きました。
しばらくぶりにロシア文学でも読んでみます。

今週は東京ツアーのお客様が結構いるので、東京のロシア語通訳さんやガイドさんはフル回転です。
お客様の希望を組み入れて都内観光をしたり、時間があれば横浜や鎌倉まで連れて行ってくれています。
マーシャが知らない東京の穴場的な場所にも行っているようで、すごいな~。
来月にはマーシャも東京へ行きたい・・・・

ロシアカザフスタン向け北海道ツアーの新しいパンフが出来たので、次は東京ツアーのパンフを作成します。
東京の観光名所の写真を募集いたします。
「この写真使ってもいいよ~」というのがあれば、ぜひご寄付くださいませ~。
よ・ろ・ぴ・く・・・ねぇ~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

変ぼうロシア その3

「変ぼうロシア」の続き

ロシアのWOMANが元気です。
経営者側も消費者も女性。
化粧品会社やファッション業界は女性向けの商品を開発、急成長です。

モスクワの中堅クラスの所得(月収18~20万円)の女性達をターゲットとしたブティックが人気です。
日本と変らないでしょう~。
外資系企業に勤務していたら、お給料はもっともっと高いです。
日本と変らないでしょ~。

もちろん、地域格差はあります。
でもだんだんとロシアの景気の良さが地方へも波及しているっていうか、地方も頑張っているような気がします。
特にサハリン州なんかは、オイル関係の外資系企業に勤務していたらモスクワとあまりかわらないお給料ですし、ロシア各地から集結している技術者は高所得ですよ。
そのかわり、仕事は忙しいらしく、思い通りに休暇はとれないみたい。
夏季休暇を楽しみに一生懸命働いているってメールが来ていました。
さっそくできたての「北海道ツアー」パンフレット送付して勧誘・勧誘・・・

当社と取引しているロシア企業の社長さんは9割が女性です。
みーんな野心があって元気ですよ!
いつもマーシャは元気つけられます。

「なんで日本企業の社長は男性が多いの?」って質問された時、
そんなこと疑問に思ったことなかったのでちょっと驚いたことがあった。
「社長が女性で仕事しやすい」
ってロシアから言われた時、なんだかうれしくなった。

日本じゃ、そんなことあんまり言われないもん。

さて、今週はちょっとのんびりしていたので、来週からは駆け足です。
やることたまっている。のではなく・・
やりたいことがたまっているのですよ。

やりたいことやらないとストレスたまるからねっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア研究会のお知らせです。

日ロ北海道極東研究学会主催で研究会が開催されます。

日時  4月27日(金曜日) 午後6~8時
会場  札幌学院大学社会連携センター4F教室
住所  札幌市中央区大通西6丁目
      (地下鉄大通り駅1番出口徒歩1分)

テーマ 「立ち上がるロシア極東と北海道」

報告者  望月喜市 (北海道大学名誉教授)

入場無料です。参加者は直接会場へどーぞ。
報告者は2月下旬から3月中旬にかけて、ハバロフスクユジノサハリンスクを訪問し、現地で取材する傍ら現地の発展への息吹をつぶさに感じてまいりました。
この動向に積極的に対応し、ビジネスチャンスの拡大と地域経済学の発展を図ることは、隣接する北海道の官・産・学にとり必要であると考える次第です。
この問題を巡り、参加の皆様とご一緒に考えたく存じます。

以上、当社に連絡が来た文章です。

報告者の望月教授は、旧北海道ロシア語教育研究会顧問、ロシア文化に親しむ会協力会員ですので、マーシャのブログでも紹介させていただきます。

興味のある方はどうぞご参加下さいませ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

変ぼうロシア その2

Img_0405 富士山・・・ではなく

羊蹄山。

二セコひらふ地区から眺める羊蹄山。
キレイですね~。
(1週間前の写真です)

ロシア人は
「Mini Fuji Mountain」と言ってました。

「来年はMt.Fujiを見にTOKYOツアーに参加してね」とお誘いしておきました。

さて、昨日の続き
「変ぼうロシア」

消費熱、広がり見せる富裕層。

モスクワの「エルメス」の売り上げは毎年30%の伸び。
このままいけば、5年後にはロンドン、ベルリンのエルメスといい勝負ができるって。

「エルメス」のスーツは平均62万円、革靴は11万円。

買えね~よぉ~。

マーシャはエルメスのスカーフは5枚持っている。
バブル時にフランスで買ってきた。
う~、あの頃は信じられないくらいバブってたよねー。

話ずれた。

高価な買物ができる人はどんな人か?
「一口で言えば成功者」とエルメスのオーナー。

しかし、石油関係や銀行家ばかりでなく、書店の経営者とかもいて、モスクワのビジネス界は広がりを見せている。地方や旧ソ連の国々の顧客もいるって。

消費活況の担い手は、富裕層ばかりでない。ハイパー・マーケットと呼ばれる郊外の超大型食料品店は、家族連れに人気だ。

買物は、日本のスーパーの2倍近い容量のあるカートで1週間や10日分のまとめ買いをするのです。
外国資本の大型店チェーンの狙いは・・・・地方
「次の主戦場は地方」
ですって。

っていうかー、それを見越している地方のロシア人はいるのだよ。
サハリンロシア極東の地元のスーパーは大型店出店に危機感持っていて、投資して大きくしようとしていたり、差別化を図ろうとしている。
差別化のひとつのアイディア、選択枠としてーーー

「日本の商品を取り揃えるスーパー」

「Made in Japan がたくさんありま~す戦略」

って感じらしい。

マーシャのところに、見積依頼や輸出して!という連絡が最近多い。
流通システムなんて全く知りませんが、

ロシアで売れるなら売っちゃうか!

ってことで、今年は食品卸の事業もやっちゃいます。
いわゆる、大型スーパーで売っている商品です。
ロシア企業から送られてきた輸入希望リストとにらめっこです。

「この商品、安く売ってあげるよ」
という業界の方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変ぼうロシア

070329_111030 札幌から中山峠を下りて、二セコに向かう途中にある
“京極噴出し公園”

雪解け水が勢いよく噴出していました/////

冷たくっておいしいお水。
ペットボトル3本にくんでTake out!

以前、夏にロシア人ツアーで訪れた時、水の流れる音、マイナスイオン、森林の匂いでみなさん癒されていました~。

さて、北海道新聞に連載されている
「変ぼうロシア」、現地からの報告は興味深い。

広告ビジネスは毎年30%ずつ伸びているそうです。
もちろん、日本のメーカーの宣伝も目立ち、クレムリンの入口にはTOYOTAの高級車「レクサス」の大看板がある。
日本企業も続々ロシアに進出している。
「儲かるから出る」っていう単純な論理ですって。

ロシアの経済成長の勢いは止まらないみたいですね~。

ふ~んすごいんだね~ロシアは・・・
なんて思いながら、本日はせっせとロシア語のパンフレット作成していました。
観光地やホテルさんからいただいた画像をたくさん使って、
「目で楽しむ広告」に挑戦してましたー。

ロシア語でいろいろ説明書くより、視覚で訴えるのもいいよね。
なーんて勝手に納得してます。
あとはロシア人に校正してもらって、で・き・あ・が・り☆

北海道ーサハリン間の定期フェリーを使ったツアーのパンフレットには、
必ず「アインス宗谷」の写真が載ってますので~。
それも、一番上の右端です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

NISEKO

070329_162412 先日、二セコへ行った時の写真です。
まさに「春スキー」

道路には雪はなく、ゲレンデの雪もベタ、ザラメ、固って感じですが、まー滑れます。
パウダースノーの何倍も疲れます、体力使いますよね~。
マーシャは「スキーダイエット」と呼んでいます。
でも、おいしいバイキング&のんびり温泉で、効果は???ですが。

シーズン初めから年末年始、つい最近までロシア人が大変お世話になったホテルさんへご挨拶に行ってきました。

二セコのホテルさんってみなさん丁寧で親切で笑顔ですよね。

070329_162246

ホスピタリティ精神、見習わなくては、って思います。

特にウインターシーズンは連泊するお客様って多いと思うので、ステキな想い出作りをしてもらうのに、ホテルのサービスって大切だと思う。

ロシア人達だって、
「あっ、ここのホテルいいな~、また来年も来よう」
って言うもん。070329_160906

今年はぜひサマーツアーでロシアから来て欲しいな。

《夏のNISEKO》

もいいかもよ。
ラフティングとかゴルフ、テニスなんていかがかしら。

ロシアのなが~い夏休みに間に合うように、
いまから大急ぎでPRしてみよう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アニバーサリー

070402_110329 本日は当社の設立記念日なのでございまぁ~す。
あっと言う間に3年経ったのね~。
まー、マーシャはアニバー女ではございませんので、祝い事なぞはしませんよぉ。

当社もとうとう4年目に突入ー。

ここまでこれたのも、ロシアのみなみな様のおかげでございます。
おっと、失礼、日本のみなみな様のおかげでございま~す!

←このロシア本のように、
ひとつずつ信頼を積み重ね、崩れないように高~くなって、
小さなマトリョーシュカから初めてだんだん大きくなる会社でありますように。

ちと、意味不明の文章ですが。。。
マーシャが何を言いたいかというとですねー。

これからもロシアとの絆をしっかり作って、信頼関係を築いていき、ロシアビジネスに励むのだー。

ということ。

ロシアがあってのマーシャであり、(有)さくらツアー企画であります。

今後ともどーぞよろしくお願いいたします☆

スパシーバ バリショーエ ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜満開ツアー from ロシア

Img_1122_1 東京を訪問中のロシア人ツアー客様。

満開のサクラにウキウキ☆

「Ohー!
 SAKURAだーぁぁぁ!
  ウラッー!
 まさにJAPANだぁぁ!」


と歓喜してました。

東京ディズニーリゾートがお目当てだったのですが、思いがけずサクラが満開☆


Img_1136_1 ラッキー!を連発☆

サクラの木の下でうっとりと、JAPANを満喫していたようですぅ。

浅草寺、仲見世の人の多さにビックリしていましたね~。

←半そでですよ~。
ポカポカ陽気。

帰国したらロシアも春になっているかしらね。

さて~、来週、成田着、関西着、新潟着のロシアカザフスタンからのツアー客様、サクラは間に合うかしらね?
北海道ならこれから咲きます!
サクラを見に、北海道へどーぞ!”

さて、マーシャの旅ですが(いちおー仕事です)
“北”へ向かうはずが急きょ変更ー。

最初の予定ー
稚内まで行って~ロシア人が最初に上陸する場所を見て~ホテルやレストランなど観光施設のロシアマップを作る下見をして~ロシア人送迎を請け負ってくれている方達にご挨拶をして~その後・・・・
留萌に行って~マーシャのカニビジネスの出発地に戻って~お世話になった方達にご挨拶して~なんかロシアにつながることないか探って~その後・・・・
道央地方を視察して~ロシア人の喜ぶことないかな~ロシア人を喜んで迎えてくれる企業ないかな~とかとか。。。でした。
がー、

・・・・・ボツ

その理由

・・・・言えない。

でもちょっとだけ、言っちゃう。
ロシア人っすかぁ~、お断りしますぅ~」
だって。
カチンときたから“北”はブブゥー。

でー、

二セコに行きました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« марта 2007 | Main | мая 2007 »