« октября 2006 | Main | декабря 2006 »

サハリン航空 函館ーユジノサハリンスク減便

Img_0235_1 ユジノサハリンスクー函館間を週2往復している定期便が来年1月1日から週1往復になります。
 現在使用されている旧ソ連製
《アントノフ24》が改正航空法の安全基準を満たさなくなったので
 米ボーイング社製の
《B737-200型》に転換されます。

36人乗りから108人乗りに。

座席は増えましたが、水曜日にしか函館便を使えなくなったので、ツアー日程を大幅に変更しなくては。
来年のスキーツアーを申し込んでいたお客様も、日程を延ばしたり短縮したり、千歳便に切り替えたりしてます。
お正月休みを利用してスキーツアーに来るお客様の帰国ラッシュも延びるかも。

座席が増えたのはうれしいですね~。
日本に行きたいのに、飛行機が満席で行けない~と言うことがなくなるかも。
いえいえ、108席でも足りない!というくらいに、サハリンからお客さんを迎えたいですね。

サハリン航空によると
「週1便は当面3月24日までで、それ以降は未定」とのこと。
サハリン便も増便して、ウラジオストック便とハバロフスク便を新設してくれると、
すんごーくありがたいのですがね~。

北海道経済を潤すためにも、是非是非
北海道ーロシア極東便を飛ばして欲しいですぅ。

写真は千歳空港。
スカイマークエアラインの下を滑走しているのが、サハリン航空(SAT)です。
ちっちゃ~い☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアへクリスマスカード

061128_2138 年賀状を用意する時期になりましたが、
その前に、ロシアへクリスマスカードを送るという年末行事があります。(私だけ)
年賀状より枚数が多いです!
 今年のカードはコレ。
100円ショップで大量に買い込んできました。
ロシアのクリスマスは
1月7日です。
年末はクリスマスツリーを飾ったまま新年を迎えるのです。
 その頃に届くようにクリスマスカードを送ります。
ロシアでお世話になった方がたへ。
日本にツアーに来てくれたお客さんへ。
ロシアの提携業者さんへ。
ロシアの各企業さんへ。

私がロシアとお付き合いしてからずーっと続けているので、もう15年以上ですぅ~。
一番古いのは、私の一番最初のロシア語の先生です。
それから、大学の教授、同級生、そして日本へ帰国してから付き合ったロシア人漁師たち、通訳時代のロシア人仲間、彼らを通して知り合ったいろんな関係のロシア人たち。
年に1回の挨拶ですが、結構楽しみです。
手紙を書きながら、
「あー、今頃何しているのかな?息子さんはもう大学生かな?」とか
「いつかまたロシアで会えるかな~?」とか
「一緒にアルバート通りのマクドナルドに行ったっけな~」とか
「イリーナって、アンドレイの奥さんの親友の娘だったかな?」とか
いろんなことボッーと思い出しながら書くから、なかなか進まない。
今は、メールですぐに書けるけど、サインペンで自筆するのも悪くない。
でも疲れてくると、ロシア語スペルがミミズのようになってくるー、あ~ゴメン。

受け取ったロシア人が
「あー、そーいえば、マーシャっていうちっちゃい日本人がいたな~」
と思い出してくれればそれでいい。
「また日本に行きたいな~」
と思ってくれる人がいればそれでいい。
「マーシャと取引してみようかな」
と思ってくれる企業があればもっといい。

今晩もちょっくら書き書きしますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからのリピーター客

061126_1100 この時期のロシアからのお客様はほとんどがリピーター客なんです。
 サハリンから稚内にフェリーで到着して、レンタカーを借りて札幌まで来ます。
 1~2週間の滞在期間に東京や京都に行って来ます。

ホテルに到着すると、電話がきます。
「マーシャ、無事に到着したから心配しないでね~」って。
そして、帰国する日の朝に
「マーシャ、これから帰るから~じゃぁ、またね!」って。
わざわざご連絡アリガトですぅ。
毎年、彼らのようなリピーター客が新しいお客さんを連れてきてくれます。
中小企業の社長さんだったり、自分でビジネスしている人が多いので、相談も受けます。
「JAPANとこんなビジネスしたいのだけど、興味ある日本人を紹介してくれ」とかー
「JAPANの商品を買いたいので、安く売ってくれる業者はいないかい?」とかー
いろいろ話を聞いて、私のネットワークでなんとか探してみる。

若い(20~30代の)ロシア人ビジネスマンはとても積極的です。
“経済大国JAPANとビジネス展開して自分もBIGになりたい”って言ってる。
なんでも前向きに考え、行動する彼らを見習わなくては・・・といつも思います。

ぜーんぜん関係ない写真なんですが。
スキーに乗った、倒れかかった雪だるまです。
ところで、ロシアの雪だるまってたしか3段だったような気がするのですが???
ロシア在住の方、確認お願いしまーす。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアへ行ってみればいいのにね。

先日、北海道とロシア極東地域の経済協力に関する会議が札幌で行われました。
ロシアからはサハリン州、沿海地方、ハバロフスク地方の代表者が参加しました。

経済協力って何するの?
ロシア側の意見としては
「日本企業ももっと積極的にロシアに進出してよ」ってことなのよね。
日本人は消極的というか、保守的というか、慎重というか・・・
まー、そこが日本人の良いところでもあるのだが、
ロシアと対等にビジネスするにはちょっと困る部分でもある。

北海道の中小企業がロシアへ進出することは可能であると思う。
資本金1円の当社だって、なんとかロシアとビジネスできているからさ~。
「アンタはロシア語できるからいいじゃないか」
と言われるかもしれないが、
ロシアとビジネスしている人はみーんなロシア語が堪能。ってことはナイ。
ロシア語できなくてもビジネスしている人はたーくさんいるもん。
通訳頼めばいい訳だし。

当社にもたくさん問い合わせきます。
ロシアとビジネスしたいのだけど~ロシアってどんなところですか~?」とかー
ロシア人って信用できますか~?」とかー
ロシアって大丈夫ですか~?」とかー
変だよね、こんな質問。

ロシアへ行ってみればいいじゃぁん!

自分の目で確かめてみてくださいよ。
・・・・と言っても、すぐに行動できる人って少ない。
通訳同行させるし、専用車を用意するし、ビジネスコーディネイトするし、商談もするし、全ての手配をしますよ。
・・・・と言っても、なかなか行動しない。

ロシア人ってすぐ行動する。
JAPANとビジネスしたい!と思ったらすぐにやってくる。
で、いろいろな人を巻き込んでなんとか成果を挙げようと全力投球する。
そんな彼らを見ていると、できるだけ協力してあげよう、とみんなが思っていろいろ手伝うのですよ。
だからなんとかなっちゃう。
無計画、無鉄砲かもしれないけど、何もしないよりは良い☆
と思う。
だ・か・ら・ロシア人とのビジネスの方が楽しい☆☆☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カザフスタン貿易~重機~

カザフスタン共和国の知人は、カスピ海のオイル基地の責任者である。
すごい出世!と驚いた。

電話がきた。
「来月、知人達と重機を買いに日本に行きますので、会いましょう~」と。
あー、いいタイミングで連絡がきた。
「ねーねー、ところでさぁ~、右ハンドル車の輸入禁止令ってホント?」
「Да-Да-(Yes,Yes) 」って。
「でもさー、去年もそんなこと言ってて、デマだったよね~」
「去年はうわさだったけど、今度は大統領が発表したんだよ。でも、アルマティ市とかは右ハンドル車がほとんどだからもし禁止になったらパニックになるよ。だから反対デモがおきるかもしれない。」って。
「重機は大丈夫なの?」
「Да-Да-(Yes,Yes) 重機は禁止されていない。だからマーシャは重機の情報集めておいてください。」って。

えっー、また重機ですか////////
重機なんて、わっかんねーよー!
ユンボとユニックの違いすら知らないのだから・・・・
ブツブツ言いながらも、送られてきたリストの重機をネットで探しています。

それよりもさ~、もうちょっとかる~い物の貿易しようよ~。
重機って字のとおり、重いんですもの。
それにコンテナとかもデカくて重いし。

最近知り合ったロシア人ビジネスマンにコンテナ貿易の話をしたら
「いいビジネスですね~、パワフルですね~、なかなかやりますね~」などと褒められたのでちょっと気分が良い。
(注:勝手に良い意味に日本語訳しています)
もしかしたらバカにされたのかもしれないが・・・まっいいや。

これからもカザフスタンとは仲良くお付き合いしてゆきますぅ。
いつか行ってみたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ロシア語習得術!

061121_2108久々にロシア語のお話。
というか、最近は
ロシア語がなかなか上達しないのでアドバイスお願いします。」とかー
「どうしたらロシア語を話せるようになりますか?」とかー
ロシア語通訳になりたいのですが、どうしたらよいでしょう?」
というご相談メールが増えてきています。

ロシア語に興味のある人からのメールはなんとなくうれしいです。
でもー、納得のいくアドバイスなんてできないですぅ。

ロシア語を素早くマスターしたいのであれば
どうぞロシアへ行ってください。
現地で生ロシア語を身体で覚えて来て下さい。
日本人のいない環境、日本語の通じない環境、日本語が必要ない環境に身をおいて下さい。
ロシア語が猛スピードで習得できると思います。

ロシアまで行けない・・・という方は、地道に>>>>>
継続は力なり! >>>>>>
日本にいるロシア人とお友達になるとか。

おすすめ教科書というものはないが、自分の気に入った教科書や問題集やロシアの本を何度も読み返して下さい。

やはり、ネイティブのロシア人講師に習いたい・・・という方は、当社でロシア人講師を派遣しますのでお問い合わせ下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カザフスタンへ中古車輸出危機!

061120_2041 カザフスタン共和国ってどこにあるかわかりますか?
中央アジア諸国のひとつで、ロシアの南に位置します。
カスピ海の油田開発でかなりバブルの国です。
 当社はカザフスタンと貿易をしていますが・・・
最近イヤーなニュースが。

「右ハンドル車の輸入禁止」
というお達しがでた。
この話はもう何年も前からうわさされていて、
「またか~、どうせまたうわさよね~」
と思っていたのですが、どうやら今回はホントかも?
JETROのHPにも載ってました。
カザフスタン向けに中古車を輸出している業者さんも、ちょっと困っている。
日本からの中古車輸入が急増しているカザフスタンですから、日本の中古車業者さんもかなりのダメージかと・・・
あっ、当社は大丈夫ですよ!中古車やパーツを輸出していますが、
中古車輸出専門店ではありませんから~。

右ハンドル車輸入禁止は来年の1月1日からで、2009年には走行も禁止!とか。
かなり厳しい内容ですよね。(日本にとっても)

当社の対応は........今年は動きません。
バイヤーさんもみなさん帰国したので、来年の2月頃まで様子見です。
来年になって実際にどのような対応ができるのか、車やさんと協議します。

写真は我家の壁に貼ってある世界地図です。
ちと見にくいですが、勘弁><

話は全然まったく180度変りますが~。
《ロシア文化に親しむ会》の会員の方へ会報をメールで送信しました。
届いていない方は至急ご連絡下さい。
今月の勉強会は11月30日(木)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スキーシーズン到来

061119_1015 スキーシーズン到来ですぅ。

 《 札幌国際スキー場 》 に行って来ました。
ピーカンです☆
ゴンドラで頂上へ。
小樽港と石狩の方まで見渡せました。
サイコーの景色です☆

オージーのグループも来ていて
「BEAUTIFULLLLLLLL☆」
と感動していました~。
札幌市内のホテルに泊まって、バスで来たそうです。
「二セコは行きますか?」
と質問したら、
「二セコは去年行きました~」って。
北海道ファンですって。

雪質?
頂上付近はまぁーまぁーですよ。
下のゲレンデは午後からは融けてきましたが、充分滑れます。

ロシア人ツアーに去年、パンフレット渡したのですが、
「遠い」
と一言。
宿泊施設がないから、いまいち。
札幌市内に滞在するツアー客だとOKかも。

これから、スキー場の写真入りのロシア語パンフレットでもつくりまーす。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア文化に親しむ会へのお手紙

060928_1646_1 毎月第4木曜日に「ロシア文化に親しむ会」というサークル活動をしています。
ロシア人講師を迎えて、ロシア語やロシア文化、ロシアの習慣等を勉強しています。
ロシアに興味のある人たちの情報交換の場でもあり、日ロ交流の拡大にほんのちょっとでも貢献できるように、ロシア人との交流の時に使うロシア語を学習したり、気軽に参加できる場であるように。
と思っています。

最近、NPO法人○×△とか、市民活動団体の調査とかで、当サークルにお手紙がよくくるんですよ。
当サークルの前身は「北海道ロシア語教育研究会」で、そちら宛てにも同じお手紙が・・・
最近は市民活動も活発になってきているようで、ボランティアに参加する方も増えていますね。
だから、こーゆー調査がくるのかな~。

当サークルは 《ロシア》 というキーワードで集まってくる仲間で構成されていますので、小さなサークルですが、みなさん結束が堅いというか、仲良しこよしだと思います。
ロシア人の温かさ、ロシア芸術のすばらしさ、ロシアの自然の雄大さ、ロシア語の響き、ロシアへの望郷など、いろいろな思いで 《ロシア》 を好きなんだと思いますよ。

ロシアに興味がある方、ネットワークを広げましょう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアへさっぽろ雪まつりツアー宣伝しちゃいます。

061116_2112 第58回さっぽろ雪まつり
 2007.2.6-2.12

今年のポスターです。
このポスターと札幌の観光案内と周辺地域のパンフレット等をロシアへ送ります。
ロシアの旅行代理店の店頭に張ってもらいます。
店頭に来たお客様の目にとまるように。

世界的にも有名な
「Sapporo Snow Festival」ですから
札幌を訪問したいお客さんはたくさんいるはず。

サハリンだけではなく、極東地方からのツアーも受け入れしたいなぁ。
去年のツアー客は茶道体験や藻岩山の「もーりす号」に大満足していました。
すすきの会場の氷像がとてもステキ!と感動していました。
さて、今年はどんな企画になるでしょう~。
スキーツアーや温泉ツアーも組み込んで、楽しいツアーにしたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

千島列島で地震!!!!

061115_1618 今、ニュースが流れています。
千島列島でM8の地震!!!!
北海道沿岸に津波警報!!!!!

地震の被害は大丈夫かしら?
心配@@@@@

さっぽろテレビ塔がお色直ししてキレイになりましたね。
ネオンがピカピカです。
台湾の団体ツアー客がエレベーターを占領していました。

札幌市役所の「さっぽろ雪まつり実行委員会」に雪まつりキャラクターやポスターの使用許可を申請に行きました。
ロシア語パンフレットに使わせていただきまーす。

お正月のロシアからのスキーツアーのホテル予約の件で、旅行会社に打ち合わせに行ったのですが、なかなか難しい状況でして~。
二セコですが、オーストラリアの団体がホテル8割占領していて、日本人客も予約できない日があって、
えっー!そんな~!ロシア人にも分けてよ~。
って叫びたい。
今シーズンも二セコはオージーでいっぱいですぅ。
では、ロシア人はルスツへ・・・・と誘導しようかしら。

話は全く変りますが。
東京のロシア語医療通訳を募集いたします。
ご連絡下さいませ~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシアへ帰国したツアー客

061114_2232 サハリンから来たお客様からいただいた(いつもの)チョコレートです。
 中にチョーあま~いマシュマロが入っていて、外側がチョコでコーティングされているサハリンでは一番有名なチョコ。

 日本にツアーに来て、ロシアに帰国すると、お客さんはロシアの旅行代理店に帰国報告の電話をするんですよね。
 個人ツアーのお客様はほとんどが電話するみたいです。
 「昨日日本から戻りました。東京ディズニーランドは天気も良くたくさん遊べて最高でした。ホテルも高級でサービスも良くて料理も美味しかった。新宿の夜景は素晴らしかった。浅草寺でたくさんおみやげを買ってきました。・・・・・」
などなど、ツアーがとても楽しくて大満足した、ということを報告するそうです。
そして
「マナさんによろしくお伝え下さい」
と言ってくれるそうです。

この言葉、うれぴーですよー。
あー、日本に来て楽しんでくれてホントに良かった、ってすごくうれしくなります。
この言葉は私だけでなく、送迎したロシア語通訳やホテルの方、レストランの方、みなさんのサービスのおかげなんです。

感謝・感謝×100万回ですぅ。
ロシアの旅行代理店には、必ずお客さんの声を私に伝えるように言ってありますので、
お客さんが旅行報告の電話をかけてきたらすぐに私の耳にも届くようにしています。

反省点もたくさんでてくるのですよ。
たとえば、ホテルの朝食。
“朝食バイキング” だったのですが、“和食バイキング”だったらしく、パンとスクランブルエックやベーコンを食べたかったお客さんには不評だった。
あらかじめチェックしておけば良かった>反省。
月曜日は美術館や博物館は休み、と伝えるのを忘れてお客さんが時間の無駄をしてしまった>反省。

これからもロシアからたくさんツアー客が来日して、相互理解&人的交流が盛んになることを祈っています。
みなさんも、ロシアの方を見かけたら
「ズドラーストヴイッチェ!」
と声をかけてあげてくださいませ。(特に北海道の方、特に札幌の方、ヨロシク☆)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシア語通訳って先生じゃぁないですよね~

不定期ですが、専属で通訳をしている会社があります。
とてもご丁寧な方が多い会社なのか。。。
「先生のご都合はいかがですか~?」 と連絡がきます。

せんせい?!

ってことはないでしょうー、ただの通訳よー。
あまりにも不自然に感じるので

「あの~、先生じゃぁないので、先生って呼ばないでください」
というのですが。。。

次の日もまた
「先生のご都合に合わせますので~・・・・・」 って。

だ・か・ら・・・違うって}}}}}}}}}}}}

なんか「先生」って偉そうに聞こえないですか?
わたし、エラくないんで。
と言うのですが。。。

ロシア語教室の先生をやっていた時は「先生」って呼ばれてもOKだったけどさぁ~
(それでもなんか違和感だったな)
通訳は「先生」じゃぁないと思うのだが。
どうです?通訳さんたち?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの好青年

サハリンから男子大学生が2人、札幌に遊びに来ました。
背の高いなかなかのイケメン&ユーモアある好青年です。
(写真撮るのを忘れちゃった。)
夜遅くに札幌到着でしたが、すぐにすすきのに遊びに行ったそうで寝不足~と言ってました。
スポーツ観戦が大好きだそうで、バレーボールか野球を観たい。って。
でもね~世界バレーボールも野球アジアシリーズも北海道ではやってないんだよー。
で、札幌ドームで行われているコンサドーレの練習試合を案内しました。

ホテルのフロントに飾ったあった日ハムのサイン入りの野球ボールを見ながら、
野球の事を熱心に聞くので
「今年の日本一は北海道の野球チーム“日本ハムファイターズ”なんだよ」と話すと
「記念に何か買いたい」と言うので
デパートに行ってメガホンとキーホルダーを買ってあげました。
サハリンにも日ハムファンが増えたりして・・・・・(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアでは中古車も高級志向

061111_2011 本日の北海道新聞夕刊1面です。

「好況ロシア・中古車も高級志向」

ロシア極東向け中古車の輸出は好調です。
ロシア経済の好調ぶりを反映して、年式が新しい中古車が主流になっています。

数年前ですと、日本人はもう絶対に乗らないような超古~い車が大量に輸出されていましたが、今ではほどんどありません。

小樽港から今年1~9月までにロシアへ輸出された中古車は1万3千422台。
計76億300万円相当ですって。
すごい金額ですよね~。驚き☆

ロシア人バイヤーさんはネット上のオークションで買うのが主流になってきたので、以前よりずっと格安で購入し転売するのです。
ということは、スンゲー儲けているってことよ。
極東のバイヤーは金持ちよ。
ロシア内陸まで売り込んでいるやり手のバイヤーはなかなかよ。

先日は、関西のオークションで落札したのですが、
ロシア人が
「冬タイヤをつけてくれ」って言うから。私もその言葉とおりに
「カーナビは取り外していいから、そのかわりに冬タイヤつけてくださ~い」とお願いすると・・・
「あの~こちらでは冬タイヤはないんですぅ~。めったに雪は降りませんから~」って。
そーだよねー。
結局こちらで冬タイヤを買うことに。
あー、メンドウ。
札幌のオークションだったら良かったのに。。。

まだまだロシアの中古車市場は伸びますよ。
ロシア極東を窓口に内陸ー内陸へ運びますから・・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシアへ宣伝します!

061110_1012 おっきなステキなポスターをいただきました~。
ロシア人ツアー客に人気のスポットです。
大倉山のジャンプ台に行くと
「おーっすごい!オレもジャンプしたい!やらせてくれ~!」と嘆願するロシア人もいるのですよ。
リフトに乗って
「きゃーこわ~い」と叫んでいるお嬢様もいるし。

冬の藻岩山には「もーりす号」が登場してツアー客を山頂展望台まで連れて行ってくれます。
「もーりす号」は20人乗りのキャビンを持つ雪上車が16人乗りの木製ソリを牽引して走るのですよ。
今年の冬のツアーでは、吹雪にもかかわらず、防寒着に包まれてロシア人は大喜びでした。
これらのポスターはロシアの旅行代理店の店頭に張ってもらいます。
店頭に来たお客さんの目にとまりますよ~。でかいですもん!
「ここに行ってみた~い」
と思ってもらって、札幌に遊びにきてもらおう☆

ステキな写真を見たら「あー、行ってみたい~」と思いませんか?
私はサンクトペテルブルクに行った時に、偶然「キジ島」の写真集を道端で見つけて、絶対にこの木造教会を見たい!と思い、すぐに夜行列車でカレリア共和国のペトロザヴォ-ツクまで行き、船でオネガ湖に浮かぶキジ島まで行った。
かなりの長旅でしたが、木造教会を目の前にすると疲れもふっとび感動の涙まで出てきましたよ。
プレオブラジェンスカヤ教会はユネスコの世界遺産です。
また行きた~い。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア人の落し物

突然、某警察署から電話がきた。
「警察です」と聞いただけでも「えっ!何?」とビビっちゃう。
自分は何も悪いことしていないけどさっ。
ほらっ、振り込めサギとかさー、いろいろあるから。

ロシア人が・・・・」と言われて
「えっ!ロシア人が何かやらかしたかー×××・・・!!!!!!!! 
それとも事故か!!!!!!!
もしかしたら病気で倒れたか!!!!!! 」
とか頭の中でいろいろ想像しちゃって。。。。。

ロシア人がJRの車内で落し物したようで・・・・・・・」
「へっ?」
(ホッとして「エッ?」って言うつもりが「ヘッ?」になったよ)

書類が7枚くらいあったのですよ。
書類といっても、旅行日程表と列車の時刻表のコピーとホテルの住所と地図みたいなものです。
ほとんどがロシア語なのですが、当社から送った書類は英語で書いてあったのでその書類は警察の人も読めたらしく、電話かけてきました。
ロシア人はもう帰国していて、これらの書類はもう必要ないとは思いますが、念のために本人に確認してください。
とのこと。

あ====ビックリした‘‘‘‘‘‘‘‘‘

すぐに本人に確認して「不要である」とお返事いただいたので、警察にも連絡しました。
ロシア人の方から「ご丁寧にありがとうございました」と言われました。
書類が落し物として警察に届いて→本人に連絡とって→確認して→きちんと処理する。
という作業というか手続きの流れを説明したら、「ホッー、すごいな」と言っていた。

ロシアだったら、「なんだこの紙切れ?こんなのいらないよな」ってすぐにゴミ箱に捨てられるよ。
今回はロシア語だったから
「なんだこれ?」と不思議がられて、警察まで届いたのでしょうね。

良かった、振り込めサギじゃぁなくって・・・・・ホッ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからのスキーツアー

060520_1728 スキーツアーの人気No.1は
《NISEKO》

今年は 《 RUSUTSU RESORT 》 も人気上昇中。
写真はRESORTの入り口にある
“カルーセル”です。
スキーやスノボだけではなく、スノーモービルやスノーラフティング、チュービング、パラグライダーなどが体験できるし、レストランがたくさんあって退屈しないのが一番ですよ!
疲れたら温泉での~んびり。

ロシア人のスキーツアーはなんと!
10日間以上ですから!!!!!!!!!!!!!!!!
去年は20日間もNISEKOに滞在したグループもいました。
うらやましい限りです。

ロシア極東地方やサハリンの人が冬に旅行する外国って、2パターンだそうです。
1・・・南国のビーチ ( タイ・ハワイ・シンガポール等)
2・・・スキーリゾート ( スイス・カナダ・JAPAN等)

ロシア極東からは長野県のスキー場へ。
サハリンからは北海道へ。

ロシア極東地方のスキーヤー達も、パウダースノーの北海道へ来たいそうですが、直行便がないので不便なんですよね~。
ウラジオストックー函館便ができるといいのですが。
いつか・・・・・期待しています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアの連休明けて・・・

覚悟はしていました。
朝からメールの嵐で・・・
きっと、お客さんからの問い合わせがたまっていたのでしょうね。
スピード命!で返メールしますよ☆

最近のロシアからのツアー客は、USドルだけでなく、ユーロ札も持ってくるんですよ。
「わっー、しばらく見てなかったから見せて~」
ちなみに 1ユーロは143円でした。

ちょっと先の話ですが。
来年の2月6日~2月12日 《 さっぽろ雪まつり 》 が開催されます。
ロシアで宣伝するときのパンフ等にシンボルマークやポスターデザインを使用するためにさっぽろ雪まつり実行委員会の承認を得るのですが、基本的には国内外へのPRや啓発活動のために広く活用してOKなんですよ。
今年も可愛いデザインです。
世界的に有名な 《 Sapporo Snow Festival 》 ですから、海外からのお客さんもたくさん来ますね。
一番近い国ロシアからもたくさんの方に来て欲しいですぅ。
飛行機が欠航にならないように祈ります。
(今から心配していても仕方ないですが・・・)

今日はトヨタへタイヤ交換&車の点検に行って来ました~。
前からロシア人バイヤーさんに頼まれていたサーフのカタログもGET。
お店のインテリアとしてカタログを飾りたいんですって。
“カタログだけでなく本物の車が置けるようにビジネスが発展しますように。。。”とメッセージを添えて送りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアも祝日&ロシアのキャリアウーマン

ロシアも3連休 
(4日が“国民統一の日”で、今日が振替休日)
というわけで。。。。ロシアからのメールは一通も来ませんでした。
こーゆー時に限って、こちらから確認したい事項や緊急連絡があったりするんですよね。

今日はうれしいことがありました~。
10年と9ヶ月振りにサハリンのお友達レーナと札幌で再会しました。
写真をUPしようと思ったのですが。
「恥ずかしいからダメェ~」と言われちゃった。
レーナとは誰?
私が10年以上前に通訳を担当していたロシア船に乗船していた監視員の娘さんです。
サハリンに出張で行った時に初めて知り合いました。
あれから10年経ちましたが、全然変わってなくて、相変わらず知的で可愛いレーナです。

彼女は、かの有名な
サハリンエナジー社にお勤めです。
今回、チャーター便で日本に来ました。

私の“ロシアの女性観”を変えたのがレーナでした。

当時、私が思うロシアの女性って
《 早く結婚してー早く子供産んでー結構すぐに離婚しちゃう 》 
だった。
《 仕事よりも結婚が優先 》って感じた。

でも、レーナはモスクワの大学を卒業後、サハリンへ戻ってエナジー社に就職し、一人暮らしを始めて、数年後には自分のマンションを購入、仕事バリバリこなすキャリアウーマンで、週に3日はスポーツジム、年に1,2回は海外旅行・・・・

日本ではどこにでもいるフツーのOLかもしれないが、サハリンではちょっと珍しい女性だったと思う。
そしていま、レーナのような女性はサハリンにもたくさんいるって。

レーナに
「ところで、サハリン2はどうなるの?」って聞いてみると
「別に~。全面的に中止になるってことはないわ。私達はいつもと変らず仕事しているわ。」って。

来年はサハリンで再会する約束をしてバイバイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

連休最後の千歳空港

061105_1046 3連休最後の日、日曜日だし、千歳空港は大変混雑していました。

朝9時、国際線到着ロビーはシーンとしていましたが、10時にユジノサハリンスクから到着するとにわかに賑わいが。
お出迎えの方も多かったです。

サハリンからのお客様は東京便に乗り換え、いざ東京ディズニーランドへ!
「ディズニーランドって入場するのにすごく行列するんでしょう?」
と聞くので
「そうね、人気のある乗り物だと並ぶと思う。」と言うと
「お金を払ったら、先に入場させてもらえないの?」
「えっ!それってワイロってこと?、ないない、ない・・・と思う・・・・」
受付のオネーチャンにドル札にぎらせて、別の入り口から入れてもらうってこと?
うーん、ここはJAPANだからな~。

外貨両替も行列ができていました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ロシアのニュース~北海道極東研究学会より

061104_2015 日ロ北海道極東研究学会(極東研)が発行している会報をご紹介いたします。

 No.87 秋季特別号の特集は
「不安定な日ロ関係」
○漁船拿捕・銃撃事件の衝撃
○平和条約と4島問題
サハリン2事業の中断

拿捕事件に関しては、日本側とロシア側の主張を比較し、今後の課題等も書かれています。
北方領土問題が解決されていれば、このような悲しい事件も起きなかったのですが。

特集以外にも
拡大続く日ロ経済のニュースやロシアの政治・経済・社会ニュース、寄稿エッセイなど。

ロシアと交流している人にはとってもありがたい会報ですので、ぜひ読んでみてください。
何かビジネスヒントが隠されているかも?!!!!
あなたもロシア通に・・・・

日ロ北海道極東研究会のHPはこちらです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアより南国の北海道へ

061101_230412_m サハリンからフェリーで稚内へ、列車で札幌へ。
長旅でやってきた南の国「北海道」
 札幌駅で記念撮影です。
ふたごのお嬢ちゃまはとてもかわいいですぅ。
 色白のロシア美人です。

寒いと思ってたくさん着てきたら暑い!って。
北海道もサハリンと同じく寒いって聞いていたけど、ポカポカで気持ちい~い、って。
みなさん元気に明日から北海道観光です。

さて、11月にはロシアからのディズニーランドツアーが多くなります。
 モスクワサンクトペテルブルクから来日するロシア人も当社の送迎サービスを利用してくれます。
 現地ではあまり宣伝していないのですが、リピーター客の紹介とか、エージェントのクチコミとか。
東京のロシア語通訳さんは忙しいです。

先日、横浜の中古車オークションに同行したロシア語通訳さんは初めての経験をして楽しかったと報告を受けました。
オークションのシステムをロシア人に説明するのはちょっと難しそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン航路は日ロ交流の船

061023_0700_1 サハリンコルサコフ港と北海道の稚内港を結ぶ国際定期フェリー航路の便数が減るそうです。
 燃料油高騰&重機・建設機械の輸出のピークが過ぎて今後の大幅な増加が見込めないとか。

サハリンの人にとっては、日本に行く手段のひとつとして、安くて早いフェリーは人気があります。
 飛行機料金の半額ですからね~。
リピーターもたくさんいます。
061101_1253_1  
当社では稚内にロシア語ガイドを送迎に派遣して、お客さんを受け入れしました。
先日、小樽港とサハリンホルムスク港間を運行しているフェリー会社の代表者と会ったときに
「当社は船会社なので、フェリーの問い合わせがたくさんきます。
コルサコフー稚内のフェリーも利用したツアーを是非売り出したい」
と話していました。
ツアー客だけでなく、中古車バイヤーさんやビジネスマンも利用しやすいと思います。
サハリンの方にたくさん利用してもらいましょう~。

サハリン航路のおかげで、多くの交流が生れています。青少年交流や観光交流、ビジネス交流まで幅広いと思いますよ。
飛行機は料金が高いからなかなか来れませんが、フェリーだと他の外国へ行くよりも安く来れます。
サハリンから気軽に来れる「隣の国JAPAN」の足なのですから・・・

上の写真は、サハリンのチョコレート。パッケージはサハリン島。
チョコレートと言っても、中はチョー甘いマシュマロです。
(写真撮る前に食べてしまったので、空きスペースが・・・)

下の写真は、お世話になっているTお嬢様の中国出張のおみやげです。
いつもいつもありがとうございますぅ。
パッケージには「優の良品」って書いてあります。
バラエティーなアメが入ってました。こちらも甘かった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« октября 2006 | Main | декабря 2006 »