« サハリンからのVIP&リピーター客 | Main | ロシア、ハバロフスクへ情報発信 »

ロシア極東・ハバロフスクと仲良く

当社も一歩前へ。

ロシアハバロフスク州の企業数社と業務提携できました~。
何を?って・・・
いろいろいっぱい。

ツアー客の受け入れ、ビジネスマンのサポート業務、通訳業務、中古車販売、中古パーツ販売、広告代理業務、ビジネスコンサルタントとか、そんな感じです。
日本とビジネスしたい企業も多く、話が具体的に進んでいく。
ただ漠然と何かやりたい!というのではなく、
「当社は日本から○○を輸入したい、数量はこのくらいで、金額は××US$で交渉してくれ」って感じ。

ハバロフスク市はハバロフスク州の州都で人口約70万人、州人口は約155万人です。
経済や文化の中心地でもあります。
日本総領事館もあり、日本との交流も積極的です。

ロシアとのネットワークもだんだんと広がっていきます。
いろいろな方との交流があって、日本とロシアとの人的交流が増えて、相互理解が深まり、日本とロシアの関係もよい方向に向かうといいですねぇ~。

そうそう、新潟空港でロシア人ツアー客の送迎のアルバイトができる方がいましたら、是非ご連絡くださいませ~。
片言のロシア語ができればOKです。
よろしくお願いしま~す!

|

« サハリンからのVIP&リピーター客 | Main | ロシア、ハバロフスクへ情報発信 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/11858780

Listed below are links to weblogs that reference ロシア極東・ハバロフスクと仲良く:

» ハバロフスク便り sugiyamenko 4 [N45-50]
ハバロフスク便りsugiyamenko④ 写真はレーニン広場から見るムラヴィヨフ・アムールスキー通りの風景です。 ハバロフスクの地名の由来は、1649年この地を探検に訪れた、エロフェイ・ハバロフの名前から1858年に名付けられました。市内から空港へ向かう郊外に、第二次世界大戦終結時に捕虜となり、この地に抑留されながら亡くなった約300名のお墓と慰霊碑があり、かつては小泉首相もお参りに訪れました... [Read More]

Tracked on 12.09.06 at 9:04

» 『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館) [エルミタージュ図書館]
 副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事がきっかけとなり、突然、仕事を放り出し、大学時代以来2回目の海外旅行に出る。出発は大阪港からフェリーで上海へ。そこから鉄路シベリアを経由しロンドン。さらにアメリカも東海岸から西海岸まで大陸横断鉄道で移動し、成田へ。仕上げは「ムーンライトながら」だ�... [Read More]

Tracked on 21.09.06 at 11:29

« サハリンからのVIP&リピーター客 | Main | ロシア、ハバロフスクへ情報発信 »