« июля 2006 | Main | сентября 2006 »

たくさんのロシア人との交流があった1ヶ月

8月最終日ですね。
今月は超忙しかったです。。。。。まだ少し継続中ですが。。。。。

ロシア語通訳のお仕事、ロシア語翻訳のお仕事、ロシア人アテンドのお仕事、ロシア人エスコートのお仕事、ロシア人ツアー客のお仕事・・・

それに中古車関係&ロシア広告&ロシア企業との商談もろもろが加わった8月でした。

8月を振り返って残念に思うことがひとつだけあります。

それは、日本に来たロシア人みーんなに挨拶できなかったことです。

去年はロシア人ツアー客のアテンド、エスコート、お世話は全て私がやっていました。
ひとりひとりと仲良くなり親近感が生れ、継続したお付き合いができていました。

8月はできるだけ送迎は行きましたが、帰る日に初めて会って、30分後にはサヨウナラ~ということもありました。
なんかちょっと淋しかったです。

8月は私の代わりに、ロシア人ツアー客のお世話をしてくれた方がたくさんいます。
私以上のサービスをしてくれました。
とても感謝しています。ありがとございます。

ロシアの方々と “ FACE TO FACE ” のお付き合いを通して、ステキな信頼関係が築けると思います。
出来る限り、ロシアのみなさんと一緒に過ごす時間を持ちたいです。
いつもホスピタリティ精神を持って、日ロ友好交流を続けていきたいで~す。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシア人ツアーの広告

060829_1511 「週間さっぽろタイムス」に2週にわたり、
ロシア人ツアー”が紹介されました。

日本酒の工場・洞爺湖の足湯・登別伊達時代村・円山動物園・北海道神宮・余市のニッカウヰスキー工場などなどを訪問しているロシア人の写真がたくさん載っているので、ツアーの様子がとても良くわかります。
足湯につかったニコニコ顔のロシア人の写真はとてもほのぼのとしています。

記事を書いたのは当社のロシア人通訳です。
ロシア人から見たロシア人ツアー客のお話です。
私が感じたロシア人ツアー客とは違う見方をしているし、ロシア人同士だから良くわかることがあったり、「なるほど」と思うこともあったり・・・・・

鋭い観察力!

今日も私はロシアのチョコレートを食べながらパソコンに向かって、せっせとロシア語広告つくりをしていました。
すると!稚内のタクシーさんから電話。
「お客さんが船(アインス宗谷)から降りてこないんだけど~、飛行機間に合わないよ~」
「えっ~!」
あわてて各方面に確認すると・・・・
お客さんはすでに稚内空港でチェックイン済み。
ロシア人はサハリンからの船で一緒だった人と同じタクシーで空港に向かったらしい。
タクシーさんはしっかりネームプレートを持っていたのに気づかなかったのかしらね~。
とりあえず、飛行機に間に合ったのでホッ。。。。。
東京のガイドからも
「到着しました~」とメールもきたのでホッ。。。。。

ロシアに広告出したい企業の方、ご用命下さい。
当社も出すので、一緒に申し込むと格安になるかも・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのチョコレート&サハリンのビジネス開拓

060829_1506 ロシアのチョコレートです。

右上の“коркунов”というチョコレートが今人気がある。
おいしいです。
サハリンでは25ルーブル。
約100円です。
モスクワではもっと安く売っていると思います。

左の女の子の絵がついているのは約80円です。

当社の通訳がサハリンから戻ってきたので、たくさんのロシアのチョコレートが入手できました~。

さて、サハリンはどうだったか聞いてみると・・・・
サハリンはオイル関係がとっても元気だそうです。絶好調!
ロシア人だけでなく欧米人が街を闊歩していたようです。

今日の私の頭の中はサハリンモードでした。

サハリンの男性は猛烈に働いているらしい。
で、主婦はのんびり退屈している。


分析・・・・・働けば働くほど儲けられる、お金がもらえる。
       その背景にはサハリンの好景気がある。
       旦那がたくさん稼いでくれるから奥様は働く必要がない。
       家でのんびりしている。
       お金はある、だが何をしていいかわからない。

結論・・・・・金持ち婦人をターゲットにした商品・サービスをサハリンへ提供する! 


サハリンでは出産ラッシュです!

分析・・・・・一般市民が経済的に満たされている。
       経済的に余裕が出てきたから、子育て費用に不自由しない。
       精神的なゆとりが生まれている。
       
結論・・・・・子供をターゲットにした商品・サービスをサハリンへ提供する!

女性&子供 ですよ!
子供にはお金かけますからね~。どこの国でも同じですね。
ロシア語広告バンバンだします。
がんばりま~す。    

| | Comments (2) | TrackBack (0)

小泉首相がカザフスタンへ

小泉首相が中央アジアのカザフスタン共和国とウズベキスタン共和国を訪問します。
日本の首相が両国を訪問するのは初めてなんですって。

石油や天然ガスなどの天然資源が豊富な国。
今後のエネルギー確保に向けて首相外交を展開するそうです。
ウラン鉱山の共同開発に向けた技術協力などを盛り込んだ共同声明を発表する予定だそうです。

今後はカザフスタン共和国は日本にとって注目すべき国になるのですよ。
天然資源が豊富ってことは大金持ちの国なんですよ。
オイル成金やそれに付随するたくさんの金持ちたちがJAPANとのビジネスチャンスをねらっています。
日本の首相が訪問するのですから、現地のニュースでも大きく取り上げられるようです。
そーなると、ますますJAPANブームになる。

の取引が始るのですから。。。。
それに伴いいろいろな貿易が生まれてくるのは必須。
経済交流も盛んになる。

これからはカザフスタンとのビジネスが急速に増えていくでしょうね。

当社も負けられません!
のんびりしていられませんね!

中古車やパーツの他、多分野でのビジネスも手がけていきたいです。
昨日もブログに書きましたが、
ロシアカザフスタンの新事業に向けてネットワークつくりに励みます。

当ブログでも何度かカザフスタンの記事を書いています。

“やっぱりカザフスタンはすごいみたい”
“カザフスタンビジネス”
“中古車パーツ カザフスタンへ”
“カザフスタンよりバイヤー来日”
“カザフスタン市場調査”
“中央アジア諸国”

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ロシアとのニュービジネス構想

夏のツアーシーズンも終わりに近づき、当社と提携しているロシアの会社の担当者も夏休みに突入だそうで、メールの問い合わせも少なくなってきたので・・・・
ロシアとのニュービジネスの準備にとりかかる時間ができました。

ブログを読んでいただき、いろいろなご意見・ご相談をいただきありがとうございます。
ロシアとビジネスしたいのです~”という方って全国各地に結構いらっしゃるのですね。
ちょっと驚いた&うれしいなぁ~。

私の全くわからない分野の相談だったり、なかなかいいアイディアね~と関心する事業だったり、勉強になります。

じゃぁ~私に(当社に)何ができるのか?
そんなのチャレンジしてみなきゃ、わかんないよね!
で、堅くなった頭をフル回転して、新事業展開に向けて走ります!
ここで宣言したからには・・・
やります!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのお坊ちゃま

060825_1956 ロシアのお坊ちゃま“ミーシャ”6歳です。
 サハリンでお世話になっているA様のご夫人とお坊ちゃまを日本に招聘しました。
で、お礼に、と食事に誘われました。

とてもお行儀の良いミーシャです。
私たちが話をしている間も、おとなしく絵を描いていました。

ご夫人も穏やかでウイットな女性で、魅力的でした~。

A様とはビジネス上で知り合ったのですが、このように家族みんなと交流ができることをとてもうれしく思います。

「私達はマナサンと知り合えて大変うれしく思います」
と右手を胸にあてて、お辞儀をされると・・・・グッときちゃいますよ。

“あー、この人達に私は何ができるだろう~、できることは何でもやってあげよう~”
と心に誓うのであーーる。

ロシアの人って温かいんですよ。

そんなことを考えながら・・・・
ご無沙汰しているロシアの知人へ今晩は電話をかけまくろう~。
明日は寝不足で千歳へ向かいま~す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア文化に親しむ会

060824_2032 本日はロシア語サークル
ロシア文化に親しむ会”の勉強会でした。
2ヶ月ウクライナに帰省していた講師のスベトラーナからいただいたおみやげのロシアのチョコレートです。

小さなチョコレートの包み紙はロシアの建物の写真です。
味ですか~、うん、フツーです。

さて、ロシア語の勉強の方ですが。

今日のテーマは
「夏の思い出・お盆」です。
スベトラーナはロシアウクライナで夏休みを過ごしたお話をしてくれました。
別荘で果物、野菜を採って食べて、のんびり休息したきたようです。
おみやげにキャビアを持ち帰りたかったが、全て輸出禁止!
DUTY FREEでも売っていないそうです。
他のみなさんは、お盆にお墓参りに行ったこと、海に行ったこと、どこにも行かず家で過ごしたこと、高校野球を見ていたことなどなど。

で、話は飛びますが・・・・
ロシアのカジノのサービスのこと。
ロシアのカジノではほどんどがタクシー送迎サービスがあるそうです。
カジノで遊んで負けた人もちゃんとタクシーで家まで送ってもらえるそうです。
お金をぜーんぶ使ってしまっても、ちゃんと家には帰れるってことです。
ふーん、いいね。

なんでカジノの話になったかと言うと・・・
ロシア人ツアー客が日本に来て初めて「パチンコ」を見て、「このお店はなぁ~に?」と聞くことが多い。
朝、8時くらいからパチンコ屋の前に行列ができていて驚いていた。
で、「ロシアにはパチンコ屋さんはないんだよね?」
という話で・・・・
「カジノはあるよ」とスベトラーナが教えてくれたのでした。

そうそう、先日来日したロシアのテレビ撮影隊のロケを見にいった人もいて、その話で盛り上がりました~。
「北海道警察ロシア課」
見たいですね~。
どなたか原作本もっている方がいらしたら是非貸してください!
読みたいな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア語通訳のみなさま

夏の観光シーズンで、ロシア人ツアーの通訳が大忙しでした。
今年はサハリンから本州方面のツアー客が多かったので、東京や京都、大阪での通訳確保に苦労しました。

東京は私の友人、知人、そのネットワークの方々にアルバイトをお願いして、ロシア人ツアー客のお手伝いをしていただきました。
わがままなロシア人もたくさんいたようですが、大変良く働いていただき、ロシアのみなさんは満足して帰国されました。

関西の通訳さんは、ホームページやブログを読んで直接仕事の交渉をしてお願いしました。
わざわざ三重県から京都まで来ていただいたり、ツアー客と一緒にホテルに滞在したり、
お会いしたこともない方にお世話になりましたー。

たくさんの方々のご協力ありがとうございました。
今後も日本とロシアの交流が深まるようにがんばります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ロシアビジネス探して。

当社の通訳がサハリンへ出張しています。
メインの仕事が終わったら、サハリンで「新しいビジネス探してきなさい」と指令をだしておいたら、精力的に活動しているようで。。。。

まず、当社の取引会社に挨拶に行くこと。
次に各企業から依頼されたリサーチをすること。
新規開拓してくること。

名刺をたくさん持たせて、「社長代理」を頼みました。

経過報告のメールがくるのですが・・・

「マナサン、今日は○○会社にアイサツに行きました。たくさんアイディアがありますので戻ったらたくさん話します。」
「マナサン、今日は新しい会社を見つけました。たくさんビジネスがあるので戻ったらたくさん相談します。」
「マナサン、今日は大企業の社長と会いました。たくさん報告があるので戻ったらたくさん詳しく話します。」

オーッ!スゴイじゃ~ん。
たくさん×たくさん×たくさん  
の報告、首を長くして待っています。

おみやげのロシアチョコレートも楽しみなのよね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お茶を点てるロシアのお嬢様

Img_0277 “日本文化体験ツアー”
茶道体験です。

お茶の先生のお宅へおじゃまして、離れの素晴らしい茶室で美味しいお茶をいただきました。

「瀧」と書かれた掛け軸の前で写真。

瀧をイメージして涼しい気分になる。

060819_1008 にじり口から入るロシアのお嬢様です。

扇子を手前において、ゆっくりと頭から入って、一度顔を上げて前を向き、自分の進む方向を確認して、茶室に入る。

060819_1036 先生のご指導の下、お茶を点てるロシアのお嬢様。

上手に点てることができて褒められました~。

ちゃんと正坐もできたステキなロシアのお嬢様でした。

ママは最初は
「私も正坐するわ」と言って座っていたのですが、2分でギブアップでした~。

この後、先生のとっ~ても広い邸宅を見せていただきました。
仏壇や琴、薙刀、竹刀、
能や歌舞伎の写真まで、なんでもある先生のご自宅でしたー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中古車パーツ輸出 ロシアへ

中古車パーツ輸出は、なかなか楽しい。
で、何が楽しいか?って、
それは・・・・いろいろな人と出会えるからです。
どうゆーこと?って
・・・車屋さん、パーツやさん、オークションやさんはもちろん、通関業者さん、海運さん、船会社さん、バン詰めさん、税関さんなどなど。

ロシア側でも、税関、鉄道、運搬、税務署、パーツ屋、広告屋などいろいろな関係者とコンタクトとることになる。
たしかに面倒なことも多いが、人脈が広がる、視野が広がる、勉強になる。
とプラス志向に考えると、
 うん、楽しい。

パーツはコンテナ輸出しているのですが、
ロシア側とたくさん打ち合わせすることがあります。
どこ経由にするか?  中国orロシア極東or中東orインド?
コンテナの大きさ?  40F or 20F?
部品の数から価格はもちろん、バン詰め方法、輸送経費から保険の有無。
一度失敗すると、次からはこーしよう、あーしようといろいろアイディアがでてくる。

「輸出書類が足りない!」
「パッキングリストが間違っている!」
などはまだいいが。
「ラジエーターが破損してる!」
「部品の番号が消えている!」
というクレームにはこちらでは何とも手に負えない。
次回で勘弁して~。

ロシアの鉄道駅に到着する40Fのコンテナはかなり目立つらしい。
「なんだなんだこれは?」と野次馬が集まる。
「へっー日本から中古車のパーツだってよ~」
コンテナを開けていると
「えっーいいなー、オレの車のドアミラーとかないかな~?」
「おっ、エンジン結構新しいじゃぁーん」
次から次へとコンテナからでてくるパーツに興味津々。
で、ロシア広告最強の“口コミ”で、このうわさはすぐに流れる。

「JAPANから中古車パーツの輸入いいじゃ~ん、ビジネスになるね~」
と考えるロシア人をGETするのである。
現地リサーチをしっかりやって、売れるパーツをどんどんロシアに送りたいものです。
ロシアからリクエストきても、それを日本で集めるのが難しいですがね。。。。

日本から大量の中古車がロシアへ輸出されているのですから、パーツの需要だってたーくさんあるようです。
中古車は壊れたら買い換える
    ↓
壊れたらパーツ交換
になることを目指して!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ロシア人ツアー雑記あれこれ

その1・・・札幌に滞在していたサハリンの作家さんが帰国。
札幌駅まで見送りに行きました。
なにやら、毎日映画館に通っていたようです。
サハリンの日本センターで日本語を習っているので、映画は半分以上理解できたようです。
サハリンにいる日本人(樺太時代から住んでいる人を含め)に興味があるらしく、彼らについて記事を書いたりしているそうです。
今回の来日で、ますます日本通になったようです。

その2・・・東京ー京都ツアー最終日。
午後には北海道に戻ってきました。
金閣寺・銀閣寺に大感動だそうです。
しかーし、とても暑かった。とのこと。
ロシアに帰国したらきっと「涼しい」と思うのでしょうね。

その3・・・2年前にサハリンー小樽の定期観光船で北海道に来たロシア人が今回はサハリンー稚内の定期航路で来日です。
飛行機が嫌いなんですって。
ロシア国内の移動もシベリヤ鉄道だそうで。。。。
長旅は慣れているらしく、稚内からの5時間の列車の旅もへっちゃら。
このまま東京まで列車で行っても平気よ!ですって。
まーまー、とりあえずホテルで休んでくださいな。。。

ちょーど日本のお盆時期に来日するツアー客は、どこへ行っても人・人・人の波に驚いています。
それプラス“暑さ”ですからね~。
大変だったようです。
北海道も来週には涼しくなるでしょう~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアの有名作曲家の子孫からプレゼント

060814_1014 ロシアからプレゼント届きました~。
去年、札幌に来たお客様からです。
サンクトペテルブルク市の写真集です。

ロシアで有名な作曲家リムスキー・コルサコフの子孫たち。
去年の感動を思い出しました。

去年のブログはこちらを見て下さい。
ひいひいひい孫のかわいいお坊ちゃま達の写真です。

彼らが帰国してからもメールのやり取りをしていて、小学校の入学式の写真やヨーロッパ旅行の写真を送ってくれていました。

060814_1013_2
いろいろな出会いがあるけれど、楽しい出会い、長続きする出会いっていいですよね。

「日本旅行は楽しかったな~また行きたいな~」と思ってくれればいいな。
アルバムの写真の一枚に私も一緒に写った写真があって、
「これ誰だっけ?たしかマーシャだったよね~」
とか、会話に出てくればうれしいな~。

たくさんのロシア人とのステキな出会いがあるから
ロシアとの交流はやめられない。

ロシアの方って温かい人ばかりですよ。
ロシアのみなさん、これからもマーシャをよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中古車輸出 ロシアへ

前にも書きましたが、今はロシア内陸への中古車輸出準備でバイヤー達とコンタクトとっているのですが、サハリンや極東地方のように港から港渡し、というわけにいかないのでいろいろ手続きがあるみたい。

バイヤー達もいままで極東のバイヤーから購入していた方がほとんどなので、直接JAPANから輸入するのは初めてばかり。
で、変な注文が多い。
「輸出車の中に電気製品やカップラーメンいれてくれ」とかさ~。
そんなことできるわけないだろ~!

予想していた通り、重機のオーダーが多い。
「日本から直接輸入できるのなら、シベリアの石油パイプラインで需要がある重機を買いたい。」
とのこと。
ロシア極東の港まで輸出は簡単だが、そこからシベリア鉄道に積み替えてシベリアまで。
結局は極東の通関業者にお願いすることになるのだが、極東のバイヤーが仲介にはいらないので、その分安くなる。

サハリンロシア極東地方への中古車輸出はたくさんの業者さんが取引していると思うけど、シベリアとか内陸の方への輸出はまだまだ供給不足だと思いますよ。

ロシアは隣の国だけど、距離がとーいですな~。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ロシア少女も盆踊り

060812_1910 どこの商店街でも見かける夏の盆踊り。

近所に住むロシア人の少女も一緒に参加しています。なかなか上手に踊ってますね~。

子供盆踊りの最後にはおみやげもらえます。
100円相当のお菓子です。

ロシア人は踊りが大好きだから、ロシアにも盆踊りを輸出するとかなりウケルと思いますがね~。
ヤグラの周りにビアガーデン作って、シャシリク焼いて。。。。
当社から日本の浴衣を輸出しますので、みなさんに着せてあげますよ~。

そうそう、日本の浴衣がロシアでなかなか好評なので、ちょっと輸出してみようと思います。
通販ができればニュービジネスになりますよ~!

では、みなさん、それぞれの商店街や町内会で夏祭りを楽しんでください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京ツアーのロシア人グループ

真夏の東京観光でバテバテのロシア人ツアー客たちです。
ほとんどがサハリン州、極東地方のお客様なので、東京の暑さは予想外でしょう。

浅草寺、東京タワー、秋葉原コース。
日本語を勉強している学生さんがいて、レストランに入って注文を日本語で実践練習していたそうです。
今日のロシア人ツアー同行通訳は大学院生のキルギス人が担当したのですが、同年代ということもあり、また、学生さんがブリヤット人だったので親近感があったようで、おそろいのドレスを買ったそうです。
 まー、なんて微笑ましい~。

あさってから京都ツアーです。
京都もさらに暑いのではないでしょうか。
ロシア人のみなさん、バテないようにね。

私は札幌の暑さでさえパワーダウンです。
夏は苦手ですぅ。

そうそう、昨日まで札幌に滞在していた16歳の“画家の少年”がいました。
一人旅の少年です。
とても無口で物思いに耽っているような・・・
で、ホテルの朝食は一度も食べないで、毎日ケンタッキーを食べていたようです。
16歳の少年だからきっとモリモリたくさん食べると思って、朝食バイキング付きにしてあげたのにー。
なにやらたくさんのお土産を買って帰国しました。
日本に絵の題材探しにきたのかな~?

もしかしたら将来有名な画家になったりして!
しまった!サインもらうの忘れた!
しまった!一緒に写真とるの忘れた!
しまった!モデルになってあげればよかった!(失礼)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアのビジネスウーマン

今日帰国したミス・マカロワはサハリンで中古車部品工場を経営している社長さんでした。
いつも彼女は機関銃のように話していたので、こちらから質問する機会もなかったのですよ。
うちの会社はロシアに中古車輸出しているよ、パーツはコンテナで輸出するよ。なんでも注文して!ドーンと送るからさ!」
と言っておいた。

ナマのロシア人と接していると、すぐにビジネスに結びつく事が多くてラッキーです。
お互いにどんな人物かわかっているから、信頼度がグーンとUPする。

ミス・マカロワのような人を惹きつける魅力のある女性はきっとビジネスでも成功者なんだろう。
見習わなくては・・・・

いま、札幌に滞在しているツアー客の中にちょっと有名な作家がいます。
サハリンに住んでいた日本人をテーマにした小説を書いたそうです。
今回もなにやら新しい題材を求めて来ているようです。

「マーシャ、うなぎが食べたいんだけど。外で焼いているうなぎよ。外で食べるのよ。
以前、テレビで見たんだけど、夏になれば日本では外でうなぎを焼いて外で食べるんでしょう~、美味しいそう。絶対食べたい!バーベキューも一緒に食べたいし。」

「う~ん、どこだろう?それって本州じゃないかな~、土用の日とか~。
札幌ではビアガーデンはあるけど、うなぎは焼いてないし~。」

「テレビでやってたのよ~。食べた~い~」

“外で食べるうなぎ”についてご存知の方、教えてください。
うなぎを題材に小説書くのかな???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人ツアー最終日、お別れ。

Img_0272 短かったです。

今日で札幌を離れます。
12:20札幌発稚内行き「サロベツ」に乗車。
5時間20分の旅です。
本日稚内のホテルに1泊して、明日の朝10時のサハリン行きのフェリーで帰国です。

リュッドミーラさんの一番印象に残ったのは
「登別温泉」だそうです。060809_1209
温泉もとても気持ち良かったし、お部屋で食べた料理もとてもおいしかったそうです。

日本の温泉旅館を体験してもらおうと、夕食はバイキング料理ではなく、部屋食にしたのです。
これがなかなか好評でした。
ただ、正坐が苦手なのでタタミに座っての食事は辛かったらしい・・・・
でも、誰も見てないから足を伸ばしてもOKなのよ。

いろいろな体験をして、それぞれ楽しい思い出を持って帰国されました。
「絶対にまた来るからね」という言葉が、当社にとって最高にうれしいお言葉です。

日本とロシアの民間交流のお手伝いができることを光栄に思い、これからもたくさんのサービスをしていきます。
ロシア人にもっともっと日本の事を知ってもらいたい。

お互い、隣の国同士なのですから。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽しいエピソードだらけのロシア人ツアー客

060808_101627_m なかなかいい感じのミス・マカロワ。
ロシアの貴婦人ね~。

小樽も暑い。天気良すぎる。
小樽運河散策には暑すぎた~。

ミス・マカロフは小樽の某店舗に飾ってあったインテリアの鏡が欲しいと言い出し、店員に
「売ってください」と直訴。
「これは売り物でないので~」と断られても引き下がらず。
部長が出てきて
「私の判断ではなんとも・・・・社長が昼過ぎに来ますので・・・・」
ランチの後、再度訪問。
「社長さん、売ってください。大変気に入りました。」
と社長さんにお願いするが・・・・・
「申し訳ないが、売り物でありません」

060808_105620_m
残念。
ミス・マカロワ撃沈。

日本人だったらここまでしないよね~。
これは飾り物で売り物でないのがわかったら、欲しくても「売って」なんて言わないよね。

ロシアではミス・マカロワみたいな女性は結構いますよ。
「言うだけ言ってみよう~、言わなきゃ損・損」って感じかな~。
「言ってみて、ラッキー」
ってこともたまにあるしね。

北一ガラスやオルゴール堂はメルヘンチックでお気に召した様子。
たくさんのお土産買ってました。

060808_113732_m
札幌に戻ってからも、駅前の電気屋さんでゲームやマッサージセットを購入。
 とにかく購買意欲はすごいし、質の良いものを選んでいる。

今回のツアーって、すんごーーーく中身の濃いスケジュールなんですよ。
いろいろ盛りだくさんです。

サハリンで広告だしたらかなり反響あったらしく、問い合わせ殺到 BY サハリンの旅行代理店。

さて、明日は札幌最終日。
そしてミス・マカロワの息子さんのバースディです。
ステラプレイスのレストランでバースディパーティーを開催します。

ミス・マカロワはツアー初日に、水着をガトーキングダムに忘れてきて、大騒ぎ。
次の日、無事に戻りました。

このツアーは
「ミス・マカロワで始まり、ミス・マカロワで終わりそう」
楽しい出会いをありがとう!!!

注:ミス・マカロワは“ミセス”ですが、「ミス・マカロワ」にしておきました~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアブームは下火だが、ロシアビジネスは・・・ヤルヨ

060808_0918ロシアの日本人」
中・上級者用ロシア語会話編

1994年、モスクワで印刷された本。
紙質も悪く、印刷状態も変、写真もモノクロ、ちょっと臭う。。。。本ですが、なぜか私はいつもこれを開いて勉強していたので、もうボロボロです。

東京の「ナウカ」で買いました。
その「ナウカ」が破綻だそうです。
ロシアの書籍を輸入、出版して75年。

ロシア語を学習する人も、研究する人も減ったのですね。

私の所属する「ロシア文化に親しむ会」の前の「北海道ロシア語教育研究会」のそのまた前の「共に学ぶ場」の頃(1990年くらい)はすごーいロシア語ブームで、
ロシア語教室の生徒は100人を超えていました。
それが今では・・・・・細々と。。。なんとか続けている状況。

それに比べて、ロシアでの「日本語ブーム」はまだまだ続くようです。
たくさんのロシア人は日本に興味を持っています。
そんなロシア人と交流するためには、やはりロシア語が必要です。
ロシアと、文化交流だって経済交流だってますます広げていけるのに・・・

でもね~
だれーもロシアに興味持たなくても、私はロシアとビジネスしますよ。
だって、ロシアが要求してくるんだもん。
“JAPANとビジネスしたい”って!

誰もやらない事をやるのが、ビジネスだと思ってますから~。

みんなと同じことしても、面白くないでしょう~。

つい最近まで「チャイナビジネス」って、経済界は言っていたのに、撤退している企業も多いし、もうみんな興味なくなったでしょう。
みーーーーんなが「チャイナ」なら、私は「ロシア」よ!

| | Comments (5) | TrackBack (1)

ビジネス調査団?Fromロシア

060806_130900 連日猛暑の道央圏。
写真は蘭島海水浴場。
気温32度。大賑わいです。

サハリンの人にとって、
北海道は南国なんです。

ギンギラ太陽ときれいな砂浜を求めて。
北海道に住む人にとっては、夏のバカンスは沖縄やグアム、ハワイって感じですが、サハリンの人達にとっては
北海道も南国リゾートなんですよ。

サハリン州から「ビジネス調査団」もどきのロシア人達がやってきて、私はお世話係り。

「日本を見ないで、JAPANとビジネスできないからさ~」とかなんとか言ってますが、目的は観光&買物&遊びのような気がする。
会社から出張費としてもらっているようですがね~。

業種も様々で、「○○企業に商談に行きたい」だの「××工場の見学に行きたい」だの、とりあえずやる気はあるらしい。
どの企業も少なからずオイルマネーの恩恵を受けている企業なので、お金はある、らしい。
で、JAPANとなんかやってみるか~という目論みなようで。
当社としても、ロシアでのネットワークが広がるので、ありがたいことですが。。。。。
ロシアとビジネスしてもいいよ~という北海道の業者を探すほうが100倍難しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マッサージ大好きロシア人ツアー客

060805_092308_m 昨夜23時に札幌到着。
ホテルチェックインが遅かったのですが、夜の街を散歩した後、女性ツアー客2名はマッサージを依頼。
 1セット40分では物足りなくて、さらに1セット追加。
終了は午前3時。
 その間に息子達はインターネットカフェで遊んでいたそうです。

朝はちゃんと時間通りに集まり、貸切ジャンボタクシーで札幌市内観光へ。
 いつもお世話になっているジャンボタクシーさんが羊蹄山のおいしいお水をみなさんにプレゼントしてくれました。ありがとうございまーす。
060805_132640_m
今日の札幌は暑かったですね。
北海道神宮のお賽銭箱を覗き込んで
「たくさんはいっているね~」

ランチをたくさん食べて、藻岩山ロープウェイで札幌の街を眺めて、楽しんでましたね。

ツアーが終了した後も
「これからガトーキングダムに行ってくるわ!」と
元気ハツラツのロシア人グループです。
明日は、登別温泉に泊まります。

上の写真は チョコレートファクトリーの中。
下は北海道神宮、みんなでパンパンお参りです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア語ガイドテキスト

060804_2009 「日本案内ロシア語ガイドテキスト」
発行、ロシア語通訳協会

日本の全体像を簡単にロシア人に説明できるハンドブックです。
日本の主要都市や有名観光地についての説明もあります。

個人的な意見ですが・・・・
日本人にとっての有名な観光地とロシア人が興味を持つ観光地にはちょっと違いがあると思う。

北海道庁赤レンガは日本人ツアーのルートには必ず入っていますが、ロシア人にとっては全くと言っていいほど興味がない。
なんで日本に来たのに、アメリカの建物見るの?
ってこと。
それよりも、地元のちっちゃな神社の方がよほど珍しい。賽銭箱や鳥居とか。

外国人ツアー客をターゲットに観光地ではいろいろと工夫しているようですが、ロシア人をターゲットにはしてくれないんですよね~。
ほとんどが中国、台湾、韓国向けのサービスのみ。

翻訳サービスの営業に行っても、
「中国語はやらないの~?」と聞かれることが多い。
当社は6ヶ国語扱っていますが、残念ながら中国語はないのですよ~。
語学堪能な通訳が多いので、
「今度は中国語マスターして」とお願いしようかな。
社長命令で・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

観光地になる北方領土

夏はサハリンを訪れる観光客がとても増える。
当社と業務提携しているサハリンの旅行会社も毎日大忙しです。

日本時間夜7時にFAXを送信しようと電話かけたら(自動切換)、なんと従業員が
「アロー(もしもし)」と出た。
サハリン時間夜9時である。
「えー!まだ働いているの~、偉いね~」と言うと
「忙しい~」と悲鳴上げていた。
サハリンのオイルマネーで潤う市民がみーーんな旅行に出かけるのですよ。

面白い話を聞いた。(面白いのは私だけかもしれないが)

夏はクリル諸島(千島列島)のツアーが人気があるが、今年はカザフスタン共和国からのツアー客が大変増えているそうだ。
カザフスタンのオイルマネーをたくさん持ったVIP達が、島の大自然と大海原を求めてクリルまでやってきたそうだ。

クリル諸島には、日本の領土である”北方領土”も含まれている。

つまり、日本人とそっくりなカザフスタン人が“日本の領土”を訪れているのですよ。

へぇ~、カザフスタンのオイルマネーが“北方領土”にまでやってきたか!
次は北海道へ!

この時期は“北方領土”も立派な観光地になっている。
なんか複雑な気持ちですね、日本人としては・・・

ロシア政府は北方四島を「経済特区化」を検討しているようです。
水産加工や観光分野で、日本や中国、韓国から投資を呼び込む狙いだそうですが。。。
ビザなしで観光に行けるようになるなら、北方四島に行ってみたい、と思う日本人はたくさんいると思います。
日本人、秘境好きですからね・・・

でも、そーなったら領土返還なんてありえなくなりそうですね。

つまり。。。。。カザフスタンのオイル成金達に

“クリル諸島&JAPANの旅” 

という2国共同プランで、カザフスタンのオイルマネーを呼び込もう!
ということ。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人バスツアー

060801_142546_m_1 北海道神宮にて。

060801_142559_m_1

   
060801_130136_m_2

060801_154534_m

 

         

テレビ塔のロシア美女。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« июля 2006 | Main | сентября 2006 »