« たくさんの中古車輸出 ロシアへ | Main | ロシアビジネスのお話 »

ホスピタリティ運動

北海道で「観光ホスピタリティ運動」が行われています。

パンフレットには
“ ホスピタリティとは、「心のこもったおもてなし」です。 ”

と書かれています。
旅人にとって、地元の人との心のふれあいはとてもステキな思い出となります。
北海道を訪れた人たちが、
「また、来たい」と思っていただけるように
ホスピタリティ精神で迎えよう! という運動。

日本人観光客だけでなく、外国人観光客に対しても同じです。
とくに、サハリンから来るツアー客は、北海道(札幌近郊)だけを訪問することが多いので

北海道=日本

なのです。
「日本にまた行きた~い」と言ってくれるロシア人を増やし、リピーター客がもっともっと増えるように・・・・・
ホスピタリティ精神いっぱいでロシア人ツアー客をお迎えいたします。

|

« たくさんの中古車輸出 ロシアへ | Main | ロシアビジネスのお話 »

Comments

初めまして、マーシャ様 私、昨年北海道で起業したばかりの者でございます。特別、ロシアビジネスに関係する仕事ではございませんが、最近ブライアン社長と親しくさせて頂いており、ロシアビジネスの概要をお聞きしましたので、メールしました。

凄いですね、ロシア語ぺらぺらなんて!英語、スペイン語は、それなりに通訳する人は居ると思いますが、ロシア語なんて、めずらしいでしょう
すばらしいスキルですね(羨まし~い)

ロシア語って、日本語と文法(主語、述語)同じなんですか?例えばスペイン語のように、文法が同じですと、言葉を並べると、なんとか通じるような?(教えて下さい)

ロシアで知っていることは、正直悪いイメージ(どっからどこまでマフィアなの?)と、恋のバカンス(みんな知っている曲)のイメージしか、ないです(笑)

Posted by: ヒロと申します | 08.07.06 21:45

ヒロ様
コメントありがとうございます。
私もブライアン社長には大変お世話になっております。
今後はブライアン社長のアドバイスの下、新しいロシアビジネスにチャレンジしたいと思っております。
ロシア語は日本語の文法とは違います。
男性名詞、女性名詞、中性名詞があり、さらに主格、生格、与格、対格、造格、前置格があり、形容詞も動詞も全て変化しま~す。
でも、文法が完璧でなくても通じます。
単語&ジェスチャー&伝えたい気持ちがあれば、なんとか通じるでしょう~。

Posted by: マーシャ | 09.07.06 8:53

マーシャ様の能力、行動力、本当に凄いですね、北海道にこのような女性起業家がいらっしゃるとは、恐れ入ります。私の、ビジネスは、おもいっきり北海道民相手です。

私の仕事は、ちょっと、特殊な分類なりますが、代表である私が、主に
【雪】【ゴミ】【防犯】に関する商品を発明もしくは販売権利を取得し、企画プロデュースをする内容です。現在、発明品の一部が製品化となり、除々にですが形となって来ました。

北海道では新しいことに対して、まず否定的から入ります。否定的なうんちくを述べることによって、俺はあんたよりものごと知っているだと言いたい人たち(じーさん経営者)が多いですよね。(すいません愚痴ってしまいました)

先日、ブライアン社長といろいろとお話しましたが、柔軟というか、先進的な考えというか、さらに現状を把握しているなど、構想だけではない行動力に大変刺激を受けました。

ブログを拝見しまして、マーシャ様の行動力にも、同じベンチャーとして、刺激を受けましたし、がんばらないといけないと感じました。今後ともよろしくお願いします。

追伸、私も、中国人や韓国人より、ロシアの金持ちにターゲット絞った方が良いと思います。オイルマネーのロシア人の方が、品がありますし
中国、韓国より、ずっとイメージが良いです。(個人的に、中国、韓国人が集まっている団体と観光地で遭遇したら、そくその場所を離れます)
ロシア人から見た札幌、小樽は、本当に魅力的に映るでしょうね、、

Posted by: ヒロです。 | 09.07.06 10:42

ヒロ様。
お褒めのお言葉ありがとうございます。なんかとてもこそばゆいです。
ヒロさんは「発明王」なんですね。
北海道民のためにすばらしい商品を「発明」しているのですね。
ステキなビジネスだと思います。
私のその「発明品」にお世話になるのでしょうか~。楽しみです。

北海道の年配の経営者は結構保守的だと思います。
新しいことを始めるのに積極的ではないような気がします。
ロシアのことも、
「信用できない国だ」と否定するだけで
今のロシアの状況を見ようとしないし、海外取引なんか面倒だ~って感じですね。

これからもロシアとのビジネスに全力をそそぎま~す!
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: マーシャ | 09.07.06 17:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホスピタリティ運動:

« たくさんの中古車輸出 ロシアへ | Main | ロシアビジネスのお話 »