« апреля 2006 | Main | июня 2006 »

ロシア進出~中国企業~

本日の「北海道新聞」より・・・
石油・ガス開発に沸くロシア・サハリン州で中国企業の進出が相次いでいる。
ユジノサハリンスクでは中国企業による大型商業施設の建設工事が進み、今年中にオープン予定。
オフィスビルも建設ラッシュであるが、民間住宅の新設も進めばサハリンの集合住宅の供給不足も解消される。とか。
中国企業は、好景気で住民の購買力が向上しているサハリンは今がビジネスチャンスと見ています。
中国企業は日本企業と比べて技術力は低いがサハリン進出の意欲は非常に高いので、ロシア側は中国企業のサハリン進出を大いに歓迎している。
ロシア側は日本企業の高い技術力を求めているのだが、サハリンに積極的に進出する日本企業がないので、大変残念に思っていることでしょう。
建設関係だけではなく、いろいろな分野にも言えることでしょう。

住民の購買意欲をそそるのは、高品質のMade in Japan製品。。。。
サハリンでは購入できない商品をわざわざ日本に買いにくるツアー客もいます。
お金に余裕のでてきた裕福層は何にお金を使うか?
“レジャー”だと思います。
「日本にツアーに行ってきた、ロシアでは買えないものをたくさん買ってきた」というステイタスを求めて、日本にやってくるリッチなロシア人たち。
そんなロシア人はリピーターになる可能性が大変高いです。
VIP客は年に2,3回来日します。

来週は「よさこい&買物ツアー」でロシア極東からツアー客がきます。
ロシア人にも“よさこいソーラン”の熱気が伝わることでしょう~。
楽しみです・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ロシア人個人ツアー

最近は、ロシアからのツアー客は“フリーツアー”(日本滞在中は終日自由行動)も多くなっている。
日本に着いてから、今日はどこへ行こう~天気が良いので○○へ行こう~雨なので××に行こう~、と毎朝決めている。
交通手段やチケットの手配がわからなくなった時にだけ、連絡がくるので、予約先の電話を教えてあげるのだが、いつも聞かれるのは
「英語で通じますか?」
・・・・ホテルや航空券の予約なら、英語はOKだと思うのですが、コンサートチケットの予約や都市間バスや市内バス、電車はどうなんだろう?旅行会社のカウンターはどうなんだろう?銀行の窓口(City Bank 以外)はどうなんだろう?
英語で質問したことがないので・・・・
「たぶん、大丈夫だと思うよ・・・」と答えていますが、不安な時は日本語訳をしてホテルにFAXして、
「この紙見せてね」と渡しています。

以前、ロシア人が銀行に外貨両替に行った時に、うまく意思疎通ができなくて
「日本人は学校で英語を習わないのか?」と聞かれたこともありました。
「一応、英語は習うんだけどね~、なかなか話さないのよね~」・・・・

YOKOSO-JAPAN! (ようこそJAPAN) めざせ外国人観光客1000万人を目標にしているし、北海道は観光王国なのだから。。。。ちょっとはENGLISHで対応してあげましょう~。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

外国語の案内板が欲しい

060529_0908 ロシア人ファミリーが「ルスツへ行きたい」と言っていたので、パンフレットをホテルに持参した。
バス乗場が少しわかりにくいので、乗場の写真を撮って渡しました。(左の写真)
コンビニの前から出発するのですが、外国語の表示がなく、初めての人には見つけにくいと思います。
せめて
「BUS STOP for  RUSUTSU」
と記載して欲しいなぁ~。
ルスツの遊園地はきっとお子様達は大喜びすることでしょう~。
昨日は大雨でしたので、お子様達は一日中地下鉄に乗って楽しんでいたそうです。
「地下鉄なのに地上を走るのは珍しい!」と感動してました。
そーいえば、地下鉄南北線「南平岸」駅からは地上を走ってますね。
「今日は電車に乗って藻岩山ロープウェイに行く」とのこと。
毎日冒険して楽しんでいるようです。
日本食も気に入ったようで、昨日は回転寿司に行って10皿食べたそうです。
「何が美味しかった?」と聞くと
「すじこ・カニサラダ・ツナサラダ・タマゴ・・・」
おっー!それは良かったね。今から日本通のお子様達でしたーーー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ロシア人ファミリー

ロシア人ファミリーが2グループ、札幌に12日間滞在しています。お子様達は2歳、4歳、8歳、9歳のとっても可愛い&やんちゃ坊主達です。
「遊園地に行きた~い」と言うので、ルスツかテイネオリンピアに行こうとしたのだが、あいにくの雨降りなので延期。
天気の良いときに思いっきり遊んできてくださいな。
060525_1010
図書館で日本のガイドブック(ロシア語版)を見つけました。
「日本英文ガイド・ロシア語版」
講談社インターナショナル著・出版

さっそく本屋さんに注文してきました。
カラー写真入りで楽しく読めそうなガイドブックです。
茶道や華道のことが詳しく載っていたので勉強になりそうでしたよ。
説明するよりもロシア人に実際に体験してもらうのが一番!だと思います。

来月のツアーにはまた“茶道体験”を組み込んでおきます。
バスの席に余裕があれば、日本人の参加もOKですのでロシア人と一緒に茶道体験してみませんか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人の「へぇ~」 その2

先日の続き・・・・
スーパーでビール6本セットを買うと、柿の種、ピーナッツ、サキイカ、チーズとかおまけがついてくる時がありますよね。
ロシア人は、「ビールだけ欲しいのに余計なものがついている」と言って、おまけをはずしてレジに持っていった。
たまに、「お買い上げの方はクジをひいてくださ~い」とキレイなおねーちゃんが試飲をかねて宣伝してますよね。
ロシア人は「何か押し売りされるのか?」と思って、ジッーとビールを見ているだけで、おねーちゃんの笑顔を不思議に思い、そそくさとその場を去った。

あのね~、販売戦略、広告宣伝なのよ。
同じビールならおまけのついた方を買う人もいるわけで・・・
くじで何か当たればラッキーかな~と思ってくじつきのビールを買う人もいるわけで・・・

ロシアではおまけ付きの商品はないしー、試飲付きもあまりないしー。
道端で配布しているティシュにも「えっ!タダ?」と不思議に思ってる。
フリーペーパーはさすがにもらわないようだが・・・

不思議な国、面白い国、と感じて帰国しているのだろうな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中古車パーツ カザフスタンへ

中古車パーツのコンテナ便が本日、カザフスタン共和国のアルマティ市に到着しました。
現在、税関チェック中です。
通関後、市内の店舗に運ばれ販売されます。
首をながーくして待っていた顧客のみなさん、お待たせいたしました。
「このお店に来れば、パーツがなんでも揃う」という評判が立つように、日本からたくさんパーツを輸出したいです。
丸車を扱う業者さんはたくさんいますが、パーツは少ないのです。
アルマティ市内でも日本車パーツ専門店はない、らしい。
現地のみなさん、がんばって販売してくださいね。

今日からまたロシア人ツアーです。
サハリンコルサコフー稚内の定期航路を利用したツアーです。
夜10時に札幌到着です。長旅ですな~。お疲れ様~。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ロシア文化に親しむ会

060525_1655 ロシア語サークルロシア文化に親しむ会”の本日の勉強会の様子です。(写真)
講師はスベータさん。本日のゲストはナターシャさんでした。
「旅行」をテーマにロシア語&日本語で意見交換しました。
バイカル湖に行った時の写真を持参してくれたり、来年は絶対にロシアに行きたいと意気込みを語ってくれたり、暇はあるけどお金がないからどこへも行けないと愚痴ったり、たのしい勉強会でしたー。
いつかこのサークルのメンバーでロシアツアーを実現させたいですなぁ~(ひとりごと)
来月は6月22日(木)、テーマは「読書、本」  好きな本、作家、詩人など。

新しく参加してくれた方がいて、その方はこう言ってくれました。
ロシアはすぐ隣の国なのだから、少しでも言葉や文化を理解して、お互いに交流できればいいなと思って参加しました。」
とてもうれしいお言葉でした。
相互理解があってこそ、いろいろな問題も解決に向かうだろうし、経済交流も盛んになることでしょう。
これからも草の根交流を続けていきましょう。。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人が感じる「日本のへぇ~」

タイトルが変ですみません。。。。。
日本人が当たり前と思っていること、普通でしょ、と思っていることが、ロシア人にはとても興味深かったり面白く感じることがあります。

スーパー等で押してもらうスタンプカード。スタンプ10個で100円割引になる、とか。
ポイント貯めると景品と交換とか。
買い物袋を持参して、ビニール袋をもらわないとスタンプ押してくれるスーパーありますよね。
その話をしたら
ロシア人はみんなビニール袋(買物袋)を持参していくのが当たり前だよ」と言うので
あー、そういえば私もロシアではいつもMYバックを持っていたのを思い出した。
日本ってなんて贅沢なんだ、資源の無駄使いなんだ、もったいない、サービス過剰と思ってしまい、今日のコープへの買物にはビニール袋持参した。

スタンプカードの話は続きますが・・・
某市(ロシア船がたくさん入港するまち)の某商店街でスタンプカードシステムがありました。
その商店街で買物をすると切手より小さいスタンプカードがもらえ、そのカードを集めると特典があるのです。
で、ロシア人船員たちの間でも一時期流行ってました。
「面白いな~、ゲームみたいだ」と言って会計の時にそのカードをもらえるのを楽しんでいました。
財布に入っているたくさんのカードをお店の人に見せたり、お店の人も
「おーたくさん集めたね~」と言って、ジェスチャーで会話しているのをみていると
なんだか微笑ましい光景だな~と思っていました。

ある時、私が通訳で一緒に買物をすると、ある店舗でスタンプカードをくれませんでした。
「スタンプカード下さい」と言うと
ロシア人にはあげません」と言われたので
「えっ?どうしてですか?」と聞くと
「日本人じゃないから」と言われました。
私はロシア人に通訳できませんでした。
「いま、スタンプ品切れだって」とうそをつきました。

すんごーーーーく腹が立って、地方新聞の読者の声に投稿しました。
「どーいうことよ!ロシア人だって立派な消費者じゃないかい!ロシア人のおかげで儲かっているくせに!差別するな!」
と怒りの声を書いたら
その商店街で、回覧板がまわったそうです。
ロシア人にもスタンプカードを渡しましょう」と。

めでたし、めでたし。。。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

外国人のレンタカー旅行

以前、国土交通省が外国人旅行客のために10ヶ国語対応のカーナビを作成する、と新聞に載っていたので、再度問い合わせをすると・・・
「必要かどうかの調査をこれから始める用意をしているところ。」との回答。
つまり、まだ何もやっていない。
「調査の結果がでてから、必要と判断されれば作成すことになるかもしれない」との回答。
つまり、カーナビは作らないかもしれない。
ふぅーーーーーん、ぜんぜん期待ゼロ・・・・

いま、ロシア人ツアー客はレンタカーで道央旅行中。ENGLISHがOKなので道は大丈夫みたい。何件かの「道の駅」を教えてあげました。

060521_1241 写真は先日立ち寄った
「フォーレスト276大滝」です。
新鮮な野菜がたくさーん。
バケツにじゃがいも詰め放題100円!
採れたて野菜のテンプラまで売ってました。
あれもこれもとたくさん買いこんできました。
外国人が自由自在に北海道を旅するにはレンタカーが一番便利。
外国語対応のカーナビがあれば大変便利ですよね。
せめてENGLISH版だけでも作ってほしいな~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアビジネスのコーディネイト

ロシアとビジネス展開をしたい日本企業の方へ朗報!
ロシアのビジネスコーディネイト・コンサルティング事業をしている企業と業務提携いたしました。
特にサハリンロシア極東は強いネットワークを持っています。
日本企業のロシア視察の際の手配を全て行います。
せっかくロシアまで行くのですから少しでも成果を上げたいですよね。
ロシア市場視察、ロシア企業との商談、日本語通訳、ホテル手配等全て承ります。

当社とロシア側のネットワーク&情報を駆使して最強のサポートを目指します!

ロシアにも日本と取引したい企業はたくさんあります。がー、取引してくれる日本企業を探せないでいます。両者が結びついて新しい事業展開ができることは日本の経済発展にも少しは貢献するだろうし、両国の交流にもつながりますよ。

ロシアは資源大国です。
栗粉(ウクライナ産)・きのこ・マツタケ・原木・はちみつ・しらかば樹脂・海産物(カニ)の商談がきています。
興味のある企業の方、ご連絡下さいませ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ロシアへプチ旅報告

060521_0908 ルスツリゾート、タワーに宿泊してきました。
札幌市内から中山峠を経由して約1時間半、ルスツリゾート到着。
ルスツタワーは全室スイートルーム仕様で約76㎡もあります。(我家より広い!)
1階はリビングでとなりにツインルーム、2階にはトリプルルーム、リビングにはあとふたつベッドがあり、合計でおとな7人泊まれます。

Img_0212

お部屋は100点満点です! この広さなら身体の大きいロシア人でもOK!
家族4~5人でもOK!

フロントの対応も良かったです。ロシア語の表示やパンフレットはありませんでしたが、作成しても良い、との許可をいただきましたので当社で勝手にロシア語版を作らせていただきます。
Img_0213 Img_0214

チェックイン時にフロント前に
「オリジナルクッキー」と「ヤーコン茶」が置いてあり、
ウエルカムしてくれるのがとてもステキ!
これまた美味しいのです。

当社のツアーではルスツリゾートは冬しか利用していませんでした。
スキーシーズンはスノーボードやスノーモービル愛好者が訪れていました。長期滞在してウインタースポーツを楽しんでいました。
では、夏はどうかな?
遊園地は2,3日で充分かな~、じゃぁ、GOLF? ゴルフツアーか~。。。。
ロシア人向けゴルフツアーなんて希望者いるかな~?
さっそくロシア側に聞いてみよう!
金持ちロシア人がゴルフにはまったら、ゴルフ用品とか売れるだろうな~。。。。

これからロシア語訳してロシアに報告しまーーす。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ロシアの依頼でプチ視察

夏のレジャーシーズンに向けて、ロシアでは“北海道リゾートツアー”を宣伝しています。
で、ロシア語パンフレット作成のため、これから札幌近郊のプチ旅に出かけます。
ロシアが自ら「穴場ツアー」みたいな企画をしてきて
「えっ?ここどこ?」・・・・・・・

サハリンー稚内ー礼文ー利尻のコースが初登場なんです。
あー、離島までは視察に行けな~い。

では、行ってきます。報告は後日。   マーシャ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアアニメ “チェブラーシカ”

ロシア文化フェスティバル2006 in JAPAN」
チェブラーシカの作者 ウスペンスキー来札記念講演会 が開催されます。

日時 2006年6月5日(月) 18:30~
会場 りんゆうホール (札幌市東区北9条東2丁目)
参加費 500円
申し込み締め切り 6月3日 (定員になり次第締め切り)
問い合わせ、申し込み  日本ユーラシア協会札幌支部
                電話  011-707-9722

みなさん、チェブラーシカをご存知ですか?
ロシアで有名なキャラクターです。日本でも映画が公開され、有名になってきました。
作者ご本人から楽しいお話が聞けると思います。
お時間のある方、どうぞご参加下さい・・・・とのことです。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

ロシア海域へ

夕方、北海道の道東の港から鮭鱒船がロシア海域に向けて出港しました。

今年は小型・中型合わせて44隻ほどです。毎年船の数は減ってきています。
ロシアに支払う入船料、燃料代が高くなり、せっかく漁をしても赤字になるのです。

日本船には必ずひとりロシア人オブザーバーが乗船します。
長年彼らの通訳をしてきましたが、日本側にとって景気の良い話は一度もありませんでした。
どんなロシア人オブザーバーが乗船するか、これが大事なんですよ~。
日本側にとっては・・・・・真面目なロシア人・ちゃんと仕事するロシア人=はずれ。
              テキトーに働くロシア人・酔っ払いロシア人=ラッキー!
詳しく書きませんが、まぁ、そーゆーことなんですよ。

ロシアに許可をもらい、お金を払ってまで鮭鱒漁に出る日本船。
ロシアのせいで俺らの生活が苦しくなる」と漁師たち。
その一方
ロシア船で運んでくるカニやウニを買う輸入業者たち。
ロシア船の入港のおかげで潤う市場。

いずれにしても、北海道の経済発展はロシアの動向と深い関わりがあるのです。

余談ですが・・・・・
昨日の夜は某繁華街はロシア人&船員さんで活況だったようです。(毎年恒例です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

決算のこと・・・・

当社の第2期決算が終了―。
税理士さんが決算書を広げて

この数字はロシア人があなたを信頼している証です。
            これからもロシアを裏切ることなく精進するように


とのお言葉をいただきました。

ロシア企業は当社を全面的に信頼して一緒にビジネスをしてくれています。この信頼関係を崩したり、裏切ることなんて絶対にできない。
ロシア人は一度信頼関係ができた人間を裏切ったりはしない。と私は思ってます。

超未熟な経営者にベテラン税理士さんはありがたいお話をたくさんしてくれました。
ビジネスってやっぱり信頼関係が一番大事なんだ。。。。。

当社にしかできないサービスで信頼度UPを目指してガンバロウと誓ったのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシア語翻訳 

060516_2050 どちらかと言うと、書くことより話すことが好きなんですが。。。。。。
ロシア語翻訳には必需品の露和辞典(写真)、もう10年以上もお世話になっています。
最近はロシア向けの広告やパンフレット作成が多くなってきて、翻訳の量も増え、机に向かって地道な作業・・・・(ツアーがない時ですが。)

当社のビジネス相手はロシア人なのですから、ロシア語ができてあたり前、ロシアと直接商談できてあたり前。

なので・・・ロシア語翻訳報酬で儲けようとは思ってません

ロシアとビジネス始めたいと思っても、まずは言葉の壁があると思います。
挨拶文や会社案内等のロシア語訳を受け賜ります。
ロシア人ツアー客に渡すパンフレットも作成しています。
たとえば、レストラン・ホテル・中古車販売・スポーツ用品・日用品店・おもちゃ・こども用品・キャンプ用品・部品屋さん等々。
北海道にツアーに来るロシア人数千人に配布しますよ。

ロシア語翻訳はお気軽にご相談くださいませ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

中古車 ロシアからオファーきてます。

至急求む! 下記の車、輸出可能な業者さん、連絡ください。直接マーシャまでメールお願いします。

Landcruser Prado engin 2.7 L  1999-2003 

お近くの港からコンテナ輸出いたします。
人気車ですので入手困難かもしれませんが、何卒よろしくお願いいたしまーーす。
主にトヨタ車のオーダー数十件たまってます。

昨日のブログに書きました、「○○丸」の件でご意見メールいただきました。ありがとうございます。みなさんに甘えてもうひとつ。。。
「日本でよくフクロウの置物を見かけますが、なにか意味ありますか?」というロシア人からの質問です。
「フクロウは幸せのシンボルです」と答えました。(あってますか?)
「幸せ?どうしてフクロウは幸せのシンボルですか?」

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ロシア人ツアーからの質問

バスツアーにはたくさんのロシア人が参加するので、いろいろな質問をされます。
毎回質問される項目BEST5・・・

1位  年金 ・・・ 年金は何歳から、いくらもらえるのか? 
2位  給料 ・・・ 平均的な給料はいくらか?
3位  税金 ・・・ 税金はいくら払うのか?
4位  教育 ・・・ 教育制度(6・3・3年)について。大学について。
5位  生活、余暇、レジャー ・・・ 休みの日は何してるの?

お金に関することが大変多いです。日本人はみんな毎月100万円の給料もらっていると思っていた方がいて、こちらがビックリしちゃった。
ロシアの年金生活者はとても大変だが、経済大国の日本はきっと優雅な年金生活を送っているのだろう?とか。
教育制度はロシアと違うので興味深いらしい。
働き者の日本人は休日には何をしているのか気になるらしい。

今回のツアー客にバスのドライバーがいて、日本のドライバーと意気投合して写真撮ったり、ジュースで乾杯していた。
「バスのタイヤは約60000キロ走ると交換するのだが、日本はどうだ?」とロシア人。
「うーーん、そのくらいだな~」と日本人ドライバーさん。
「おー!同じだ!同じだ!」と握手して喜んでいたのが微笑ましかった。

次の質問の答え、どなたかアドバイス下さい。
「どうして日本の船の名前は全て“○○丸”と、最後に“丸”がつくのですか?」

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ロシアの新聞の求人広告

昨日の写真にあるロシア・サハリンの新聞を読んでみると。。。。。
求人広告が興味深かった。日本ではあまり見たことのない求人がありました。

「求む!船長・漁労長・甲板員・船員たち」

この求人が一番多かったです。
あとは「コックさん、経験者求む」「バス運転手」「建設作業員」「エンジニア」
“売ります”コーナーは日本車の売り情報。
“貸します”コーナーは事務所、マンション。
“その他、メッセージ”コーナーには「お部屋リフォームします。」「サハリン州どこまでも宅配します。」「重機レンタルします」「世界中にお花を届けます。」「電気製品修理いたします。」

新聞ネタでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア広告ビジネス

060511_1218 ロシアの広告媒体を利用して、自社の宣伝、自社製品を売り込むことが可能です。
ターゲットは日本に来るツアー客、ビジネス客です。
ホームページのアドレスを載せてサイトに誘ったり、商品の写真を載せたりできます。

たとえば・・・
「中古車買うなら○○カーショップ。日本から直接輸出します。」
「日本食品は××スーパー。食材輸出します。」
「日本での宿泊は△△ホテル。予約は011-222-33**まで。」
「子供用品はおもちゃランドの□□□。販売元募集します。」
などなど。。。。。

特に、中古車関係の広告は効果あると思います。
小樽の場合、毎月150~200人(船員を含めるともっと多い)のロシア人が車を買いに来日するのですから、札幌圏の中古車ショップの宣伝をするといいかな、と思います。

今度から当社のツアー客で、中古車購入希望者には事前にどんな車が欲しいのかリクエストもらって、来日した時に車を紹介できるようなシステム作りを考えています。

ロシアと積極的にビジネスしたい企業の方のご参加おまちしておりまーーーす。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

携帯電話 ロシアからオファーきてます。

ロシア携帯電話事業をしている企業からのオファーです。

携帯電話を購入したいそうです。企業の担当者が来日します。見本の携帯電話を購入して帰国したいので商談してくれる日本企業を探しています。

個人的な意見ですが・・・日本の携帯電話事業は先進国の中でも遅れている方だと思いますが、(日本企業の独占割合が高すぎ)
携帯電話そのものの品質、技術は高水準なのかな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人ツアー第2日目

060510_1231 本日も元気にバスツアー出発!
小樽水族館見学の後は、天狗山ロープウェイ。小樽の町が一望できました。
でも、観光客がぜーんぜんいなくて閑散としていました。

ランチは運河沿いのレストランでバイキング。
お寿司&焼肉&洋食&和食&デザートたくさん食べて満腹。

となりのお土産やさんで売っている芋焼酎(アルコール44度)を見つけて
「これは何だ?」
                              「いもから造られている酒です」
060510_133300 「えっ?いも?はぁ?いも?
「はい、いもだよ」
「不思議だ、飲んでみよう」と言ってレストランに持ち込んで飲みました。
なんだ~これは弱すぎる、アルコールが入ってないぞ~!!!」
「これ44度って書いてあるよ」
「いや、これは20度しかない」
あんたがアルコール度数決めないでよ・・
一本ひとりで飲んでしまいました。
(写真、手に持っているのが芋焼酎)

 ジンギスカンのタレをお寿司にかけて  060510_1306食べて「うーん、美味しい!」と満足してました。
                                16歳のお嬢さんのお母さんがツアーに参加していたので
「ママ、車買ったの?」と聞くと
「なかった。トラックが欲しかったけどいいのが売ってなかった」
「あら、残念」
「どんなのが希望かメールちょうだい、今度来るときまで探しておくからね」

 ひとり、見るからにロシア人ではない男性が参加していたので 
                              「出身どこなの?」と聞くと
                              「ニカラグア
                             20年前にロシアに来てロシア人と結婚060510_1456                               してそのままロシアに残ったらしい。
(写真左の男性)

余市ニッカウヰスキー工場では試飲コーナーで張り切って飲んでました。
63度の原酒を飲んで
「うーーん、まぁまぁだな~、もう一杯おかわり」
「おねーちゃん、もう一杯おかわり」
「お嬢さん、もう一杯おかわり」
「まだ足りない、もう一杯おかわり」
「お客さん、飲みすぎです!」と言われても
「オッケーオッケー大丈夫!」とおかわりすること5杯。ついに原酒をしまわれてしまいました。
試飲コーナーには、梅酒やリンゴ酒など数種類並んでいましたが、ロシア人が選ぶのは常にアルコール度数の高い酒。
甘いワインを飲んで「わー、まずい。おいしくなーい。なんだこれ」
「甘くて香りも良くて美味しいと思うけどな~」と言うと
「甘いのは酒ではない、ジュースだ。アルコール度が40度以上じゃないと酒じゃない」
お酒が飲みたいのではなくて、アルコールが飲みたいんでしょーーーー。

帰りのバスの中は、みんな酔っ払い。テンションが超ーハイでした。
にぎやかで楽しかったですが・・・・

ドタバタと過ぎた2日間、みなさん楽しい思い出ができたでしょうか?
みさなんと会えてステキな時間を過ごせました&たくさん勉強させられました。
ありがとうございます。

どうぞお気をつけてお帰りください。また会いましょう~。
                             

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人ツアー第1日目

        060509_0936                          

お天気も良く、ロシア人のみなさんも元気にツアー開始。
チョコレートファクトリーにはたくさんの観光客、台湾、中国からのバスが8台も来ていました。
メルヘンチックな建物に「わぁーかわいい~」
写真とりまくり・・・
おいしいお菓子をおみやげにたくさん買ってました。
今回のツアー客はサハリンの方が多かったです。
16歳のお嬢さんが参加していたので
「ひとりで来たの?」と聞くと、
「おかーさんが中古車を買いに来たので、ついてきた。おかーさんは車探しに出かけていて、私は観光ツアーに参加した」とのこと。
「おかーさん、いい車が見つかるといいね~」
060509_1207
北海道神宮ではおみくじ引いてました。
台湾語のおみくじがあるので、間違ってそちらをひいてしまい
「マナさんこれ読んでください」と持ってきたのだが、
「あー、これは日本語じゃないから読めない~。」
これからロシア人ツアー客が増えたらロシア語のおみくじもできるのかな~?
うーん、難しそうだね~。

神宮では桜が咲いていて、お花見グループもいました
「これが日本の文化か!」
といってお花見グループを覗きました。
するとロシア人が「一緒に酒飲みたいな~、ウオッカはないのか~」などとジェスチャーで会話してました。
時間があれば、酔っ払い日本人&ロシア人のお花見ができたのですがね~。
「日本人は絵馬にどんな願い事を書いているのか?日本語じゃないとダメか?」と聞かれたので
いろいろあるけど、「大学合格とか家族の健康とか結婚とかかな~」と言うと
「オレは商売繁盛って書きたい」といってロシア語で書いてました~。

明日に続きます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシア観光船入港

060508_0858 本日予定通り、サハリンからの観光船が小樽港に入港しました。
天気も良く、桜も開花したので、明日からのバスツアールートにお花見コースも入れちゃおうかな~と企んでます。
写真は、本日午前9時の大通公園です。サクラきれい~。
明日は札幌市内観光です。
ロシア人団体見かけたら声かけてくださいね。
“こんにちは”は
「ズドラーストヴイッチェ」です。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

高校ロシア語教育

本日の北海道新聞1面「高校ロシア語教育強化」という記事が。
北海道とロシア極東地域との交流が活発になってきたので、高校からロシア語を教えよう、生きた語学力の育成を目指す。北海道が文部科学省のロシア語の推進地域に選ばれたそうだ。
で、これから高校生用のロシア語教科書と教員用の指導書やらを作成するそうだ。
すごいね~、高校からロシア語習うなんて。
根室市や稚内市、小樽市なんかはたくさんのロシア人が街を闊歩しているので、実地訓練には最高の環境だと思います。
私のロシア語も根室市で鍛えられたのですよ。(ロシア船員のみなさまのおかげです)

ひとつ心配事が・・・ロシア語の文法は超難解です。「難しくてもうや~め~た~」となる生徒さんがいないように。。。。というかー文法なんてあまり知らなくても会話はできますから。単語を並べてジェスチャーでなんとか通じるものです。
会話ができる楽しさを実感できたら、語学力は伸びます! 

さぁーみなさんもロシア語習ってみましょう~。
職場やグループでロシア語を習いたい方、ロシア人講師を派遣いたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアで日本料理店

ロシアシベリア地方の某都市から、「日本料理店事業計画書」が送られてきた。
こまかーい字でビッシリ書いてあり、目がチカチカ。とりあえずポイントはおさえて訳してみました。行政機関に提出する書類らしいのですんごーーーく詳細に書いてありました。

日本食の食材を輸入したいということなので、詳細は今後打ち合わせをすることになった。みそ・しょうゆ・お茶・とうふ・米・つけもの・わさび・うめぼし・レトルトカレー・インスタント麺・枝豆などなど。。。日本の食器、座布団、爪楊枝、おしぼりも欲しいそうです。

「お店の名前、“さくら”にしたら!」って言ったら
「“さむらい”か“おむすび”にする」といわれた。へぇ~。

昨日の「ロシア語の教科書」へお問い合わせありがとうございました。本日送付いたしました。売り切れでーす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア語学習

060505_2007 6月初旬のロシアからの北海道ツアーは
“よさこいソーラン祭り見学ツアー”
ロシアシベリア地方とカザフスタン共和国からは
“中古車買付けツアー”
がやってくる。
 去年のよさこいソーラン祭りではロシア人はおおはしゃぎ、一緒に踊っていました。音楽に合わせてノリノリダンス。とても楽しそうで微笑ましかったです。
ロシア人はダンスが大好きですからね~。

写真は「ロシア語教科書」です。
全てロシア語です。
独学で使用するのにはちょっと難しいかもしれませんが、ロシア人講師と一緒に勉強するとХОРОШО(GOOD)です。
なかなか評判の良い教科書でして、ロシア留学経験者はご存知かもしれません。
良く使われる表現の例文が多く、文法学習にもOKです。文法大嫌いな私もこの教科書でなんとか覚えました。
数冊ありますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。先着順でーす。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ビジネスはスピードが大切

ブログを読んでいただき、ロシアビジネスに興味を持った方々から毎日メールをいただいています。幅広い話題&多種多様のビジネスプランの相談があり、大変勉強になっています。
その中でも、中古車関係が多いです。
  中古車パーツ、ロシアへコンテナ輸出しましたーと書いてからは
ドドドドッッッッーーーと問い合わせが増えました。
ロシアからのオーダーを流しているのですが、やはり、すぐに見積もり出してくれて写真まで送ってくれると
「オッ、がんばってくれるじゃぁーん。」と思ってたくさん流しちゃいます。
ビジネスにはスピードが必要ですよ。
“思い立ったら吉日、即行動!”  っていう言葉、大好きなんです。

楽しい問い合わせをちょっと紹介しちゃいます。
ロシアに個人旅行に行きたい、日本人が行ったことのないような場所を教えて。」
ロシアは広すぎて・・・・北極圏なんかいかがかしら?
ロシア美人と結婚したいのだが、紹介して」
→国際結婚相談所ではありませーーーん。
「御社で研修させてください。From 東京」
→当社は北海道なんです。飛行機通勤は無理です。
「美味しいウオッカを輸入してください」
→はい、考えます。

みなさん、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。    МАША

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン便満席

060503_2235 サハリンから日本語学校に留学している友人のナースチャが一時帰国するので、お土産をもたせた。
ナースチャのお父様は日本船のオブザーバーで何度も日本に来ていて、去年はロシア人形をいただいた。
ナースチャの妹サーシャも去年日本に観光に来ている。
ありきたりだが、“ふろしき”“着物柄のストラップ”“お箸セット”を渡した。
 サハリン行きの飛行機は日本人で満席らしい。観光か?ビジネスか?
たぶんビジネス人が多いのだろうな~。
サハリン便はSAT(サハリン航空)が独占しているから競争がなくて、航空運賃が大変高い!高すぎる!どうにかしてほしい。

4月から千歳到着が朝9時になったので、お出迎えにでる時間が早くなり、連休明けには小樽に観光船が来るので朝6時半に札幌出発の日が続く。早寝早起きの健康的な生活になる。
さて、どんなロシア人ツアー客と会えるのか今から楽しみです。
休み中にビンゴゲームの景品を買いだめしておきます。(バスの中でゲームするのです)それと、「日本のクイズ」も作らなければ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアとのネットワーク形成

ロシアは口コミ社会である。「人の口が一番の広告よ」ということわざらしきものがあるようだ。少し前まで、ロシアの広告媒体を100%信じる人はいなくて、口コミの方がはるかに信用性がある、と言われていた。
今はロシアの広告も信頼度は高くなっているので、それらを利用して宣伝広告する大手企業もたくさんあります。

しかーし、口コミが信頼度を下げたわけではなく、今でも
          口コミは最大の広告である、と私は思います。

「日本に行ってきて楽しかった、また行きたい」とロシアに帰国してからみんなに宣伝してもらい、「私も日本に行きたーい」と思ってくれるロシア人をひとりでも増やして、日本に来てもらう→お金をたくさん使ってもらう→経済潤う。

「日本は最高!」と言ってくれるロシア人を増やすには、日本滞在を思う存分楽しんでもらうしかない。ホスピタリティ精神満タンでお迎えします。当社の使命です!

で、たくさんのロシア人と交流することでネットワークも広がっていくのです。

ツアー客に歯医者さんがいました。世間話しながら・・・
「オレ、日本車乗ってるんだよ、もう10万キロ走っているのに故障しないよ」
「私も日本車乗ってるよ!当たり前だけど(笑)」
「友人がドバイから中古車輸入しているけど、高いんだよ」
「あらっ、じゃぁ私が日本から輸出してあげるよ、って友人に伝えて」
「うん、わかったよ。帰国したら伝える。マーシャのアドレスおしえとくよ」
そして1ヶ月後、彼の友人からメールきて、商談してます。

ツアー客と仲良くなっていろいろ話をすると、ロシア情報が満載になります。
ロシアのテレビや新聞ではわからない、一般市民の生の声が聞けるのです。

最近は「日本とビジネスやりたい人はご相談ください」とロシア人に挨拶しているので、半分笑われながらも、「口コミ宣伝」を期待して言い続けています。。。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ロシアは休日(メーデー)

ロシアから仕事のメール&電話は全く来ませんでした。みーんなお休みなんですね。

先日、ロシアへのコンテナ輸出で大変お世話になった大手総合物流会社へお礼のご挨拶に伺いました。
コンテナ輸出が初めてで何もわからず、INVOICEを何度も書き換え、PACKING LISTの提出もギリギリになり、ご迷惑をおかけしました。
いろいろ丁寧にアドバイスいただき誠にありがとうございました。
今後はもっと勉強いたします。

貿易、輸出入は難しい、面倒だと思っている方大丈夫です。なーーんにもわからない私でもなんとかできました。
日本で売れなくなった商品、時代遅れの商品、在庫があまっている商品などなど、海外で需要があればどんどん輸出してみてはどうでしょう?
日本でヒットしなかった商品でも、海外でマッチするかもしれません。
視野を広げてみてはいかがでしょう?

          ロシアに関してはご相談ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« апреля 2006 | Main | июня 2006 »