« ロシア船のマフィア | Main | スポンサーはマフィア »

ロシアマフィアのお話

昨日、「マフィア」という言葉を使ったら、結構反応があったのでまたまた書きます。といっても危ない話でも怖い話でもありません。

10年前にロシア船に乗ってきたマフィアは、服装もきちっとしているし、おとなしいし、軽犯罪も犯さなかった。

当時、日本の風習や文化を全く知らないロシア人船員たちは、こちらがビックリすることを平気で(悪気がなく)やっていた。ビールを飲みながら歩いたり、玄関先に置いてあった自転車を勝手に乗っていったり(捨ててあると思ったらしい)、レストランのフォークを持ち帰ったり、店先のリンゴをつまんだり、、、、

マフィアさんたちがそのような事をしたことはない、と思う。いつもスーツでかっこよく歩いていた。わからない事があれば、これ何?これどうやるの?と聞いてきた。いつも通訳してあげると通訳料まで渡されたこともある。スナックに行ってもアルコールをがぶ飲みしてぶっ倒れることもない。金払いは良かった。いつも「タクシー」と言って手を上げていた。

ちなみに、根室花咲港では日本人が手を上げてもタクシーは止まらないが(電話予約のみで流しのタクシーはいない)ロシア人が手を上げると必ず止まる。

マフィアと言っても、モスクワなどの大都会のマフィアではなく、サハリンや極東のちっちゃなマフィアだったと思う。本当にマフィアかどうかも定かではない。ロシア人船員はお金持ちのことをみんな「マフィアだ」と言っていたし・・・・     つづく

|

« ロシア船のマフィア | Main | スポンサーはマフィア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロシアマフィアのお話:

« ロシア船のマフィア | Main | スポンサーはマフィア »